藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[A-Z]◆PSYCHO-PASS -サイコパス-

PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.7「Don't take God's name in vain」

ehshell 2019-12-06 23-03-52-21PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.7「Don't take God's name in vain」です。

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、第一期が2012年秋アニメ、二期が2014年秋アニメですから、テレビアニメですと、ほぼ5年ぶりという感じでしょうか。一期から考えると、もう7年目のアニメシリーズになります。

この『PSYCHO-PASS サイコパス』は、近未来の日本を舞台にした、SFミステリという感じでしょうか。事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たちです。〈シビュラシステム〉という人間を管理するシステムが存在する理想的な世界・日本での刑事たちの活躍というか、あがきが描かれます。

第一期では、〈シビュラシステム〉の存在を際立たせ、主人公である狡噛慎也と常守朱がそれにそれぞれの考えで立ち向かうところを示しました。第二期では、その常守朱と〈シビュラシステム〉の関係がどうなるか、映画版では、〈シビュラシステム〉自体が世界に広がっていくという様子が描かれています。

この『PSYCHO-PASS サイコパス3』では、その映画版の続きということで、治安の悪化した世界に立ち向かうために〈シビュラシステム〉を構築し、鎖国をしていか日本が、鎖国を取りやめたところから始まります。

前回の第六話は、炯と如月が、連続爆破テロの手掛かりを得るため、公認宗教団体〈ヘヴンズリープ〉への潜入捜査を開始することから始まります
操作は順調に進んでいるように見えましたが、その陰で連続爆破事件が継続して行きます。その標的は、重要参考人であるアウマ上人。事件によって、巨悪が明らかになっていきます。
その間に、炯と如月は潜入捜査を見破られ、ついには彼らの他に潜入していると思われる外務省行動課メンバーを明らかにするために、炯の妻・舞子が〈ヘヴンズリープ〉に拘束されてしまいます。
ということで、絶体絶命の炯と如月そして舞子がどうなるかというところで今週です。

ということで、PSYCHO-PASS 3 第七話「Don't take God's name in vain」感想を書いておきます。
続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.6「カエサルの金貨」

113006PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.6「カエサルの金貨」です。

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、第一期が2012年秋アニメ、二期が2014年秋アニメですから、テレビアニメですと、ほぼ5年ぶりという感じでしょうか。一期から考えると、もう7年目のアニメシリーズになります。

この『PSYCHO-PASS サイコパス』は、近未来の日本を舞台にした、SFミステリという感じでしょうか。事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たちです。〈シビュラシステム〉という人間を管理するシステムが存在する理想的な世界・日本での刑事たちの活躍というか、あがきが描かれます。

第一期では、〈シビュラシステム〉の存在を際立たせ、主人公である狡噛慎也と常守朱がそれにそれぞれの考えで立ち向かうところを示しました。第二期では、その常守朱と〈シビュラシステム〉の関係がどうなるか、映画版では、〈シビュラシステム〉自体が世界に広がっていくという様子が描かれています。

この『PSYCHO-PASS サイコパス3』では、その映画版の続きということで、治安の悪化した世界に立ち向かうために〈シビュラシステム〉を構築し、鎖国をしていか日本が、鎖国を取りやめたところから始まります。

前回の第五話は、入国者の宗教活動が全面解禁となる信仰特区で発生した、特区賛成派を狙ったと思われる、腹に爆弾を埋め込んだ男の自爆テロから始まりました
特区反対派の重要人物から調査は始まります。 対象は難民弁護官のテレーザ陵駕、ニュータウン工場労働者の顔役であるジョセフ・アウマ上人、そして自爆犯も信者だった公認宗教団体〈ヘヴンズリープ〉教祖代行であるトーリ・アッシェンバッハ。しかし彼らの色相はクリアで、犯人は判明しません。
そんな中、特区賛成派唯一の生き残りである入国管理局オブザーバー、久利須=矜冶・オブライエンを狙ったと思われる二度目の爆破事件が発生します。

ということで、PSYCHO-PASS 3 第六話「カエサルの金貨」感想を書いておきます。
続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.5「アガメムノンの燔祭」

ehshell 2019-11-23 01-28-01-15PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.5「アガメムノンの燔祭」です。

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、第一期が2012年秋アニメ、二期が2014年秋アニメですから、テレビアニメですと、ほぼ5年ぶりという感じでしょうか。一期から考えると、もう7年目のアニメシリーズになります。

この『PSYCHO-PASS サイコパス』は、近未来の日本を舞台にした、SFミステリという感じでしょうか。事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たちです。〈シビュラシステム〉という人間を管理するシステムが存在する理想的な世界・日本での刑事たちの活躍というか、あがきが描かれます。

第一期では、〈シビュラシステム〉の存在を際立たせ、主人公である狡噛慎也と常守朱がそれにそれぞれの考えで立ち向かうところを示しました。第二期では、その常守朱と〈シビュラシステム〉の関係がどうなるか、映画版では、〈シビュラシステム〉自体が世界に広がっていくという様子が描かれています。

この『PSYCHO-PASS サイコパス3』では、その映画版の続きということで、治安の悪化した世界に立ち向かうために〈シビュラシステム〉を構築し、鎖国をしていか日本が、鎖国を取りやめたところから始まります。

前回の第四話では、都知事選に絡んだ事件の終幕でした。
アイドル政治家・小宮カリナのメンタルケア・スタッフ土谷博士は、彼女ではなく彼女を模したAIのストーカーだったということだったのですが、〈ビフロスト〉の狙いはAIに絡む事件を起こし、都知事選を利用してAIを〈シビュラシステム〉に認めさせるというものだったという気がします。

ということで、PSYCHO-PASS 3 第五話「アガメムノンの燔祭」感想を書いておきます。
続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.4「コロッセオの政争」

ehshell 2019-11-15 22-28-31-56PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.4「コロッセオの政争」です。

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、第一期が2012年秋アニメ、二期が2014年秋アニメですから、テレビアニメですと、ほぼ5年ぶりという感じでしょうか。一期から考えると、もう7年目のアニメシリーズになります。

この『PSYCHO-PASS サイコパス』は、近未来の日本を舞台にした、SFミステリという感じでしょうか。事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たちです。〈シビュラシステム〉という人間を管理するシステムが存在する理想的な世界・日本での刑事たちの活躍というか、あがきが描かれます。

第一期では、〈シビュラシステム〉の存在を際立たせ、主人公である狡噛慎也と常守朱がそれにそれぞれの考えで立ち向かうところを示しました。第二期では、その常守朱と〈シビュラシステム〉の関係がどうなるか、映画版では、〈シビュラシステム〉自体が世界に広がっていくという様子が描かれています。

この『PSYCHO-PASS サイコパス3』では、その映画版の続きということで、治安の悪化した世界に立ち向かうために〈シビュラシステム〉を構築し、鎖国をしていか日本が、鎖国を取りやめたところから始まります。

前回の第三話では、事件が二転三転しました。
アイドル政治家・小宮カリナのメンタルケア・スタッフ土谷博士の転落死から、薬師寺・ヘラクレス・康介の第一秘書、リー・アキの死亡と、どちらの陣営の犯罪かわからない状態でした。
そんな中浮かんだ、茗荷谷を取り仕切るブローカー・榎宮春木。そして、そんな榎宮の前に現れる梓澤廣一。暗躍する法斑静火。それぞれの思惑がみえないまま物語りは進んでいくという感じでしょうか。

ということで、PSYCHO-PASS 3 第四話「コロッセオの政争」感想を書いておきます。
続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.3「ヘラクレスとセイレーン」

ehshell 2019-11-08 21-55-08-27PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.3「ヘラクレスとセイレーン」です。

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、第一期が2012年秋アニメ、二期が2014年秋アニメですから、テレビアニメですと、ほぼ5年ぶりという感じでしょうか。一期から考えると、もう7年目のアニメシリーズになります。

この『PSYCHO-PASS サイコパス』は、近未来の日本を舞台にした、SFミステリという感じでしょうか。事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たちです。〈シビュラシステム〉という人間を管理するシステムが存在する理想的な世界・日本での刑事たちの活躍というか、あがきが描かれます。

第一期では、〈シビュラシステム〉の存在を際立たせ、主人公である狡噛慎也と常守朱がそれにそれぞれの考えで立ち向かうところを示しました。第二期では、その常守朱と〈シビュラシステム〉の関係がどうなるか、映画版では、〈シビュラシステム〉自体が世界に広がっていくという様子が描かれています。

この『PSYCHO-PASS サイコパス3』では、その映画版の続きということで、治安の悪化した世界に立ち向かうために〈シビュラシステム〉を構築し、鎖国をしていか日本が、鎖国を取りやめたところから始まります。

前回の第二話では、まず偽装事故の解決が描かれました。
その過程で、外務省行動課・狡噛慎也と宜野座伸元が登場しました。どうやら、鎖国が解除されたことで、海外との関わりの部分で、厚生省公安局刑事課一係のメンバーを中心に、行動課が作られたようです。今後、公安局との関わりが気になります。
そして、この事件の裏には、ある組織が関わっているようで、その組織のメンバーが、慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフが追っている事件、さらには常守朱ちゃんとも関係しているようです

ということで、PSYCHO-PASS 3 第三話「ヘラクレスとセイレーン」感想を書いておきます。
続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.2「テウメソスの生贄」

ehshell 2019-11-01 08-06-14-42PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.2「テウメソスの生贄」です。

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、第一期が2012年秋アニメ、二期が2014年秋アニメですから、テレビアニメですと、ほぼ5年ぶりという感じでしょうか。一期から考えると、もう7年目のアニメシリーズになります。

この『PSYCHO-PASS サイコパス』は、近未来の日本を舞台にした、SFミステリという感じでしょうか。事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たちです。〈シビュラシステム〉という人間を管理するシステムが存在する理想的な世界・日本での刑事たちの活躍というか、あがきが描かれます。

第一期では、〈シビュラシステム〉の存在を際立たせ、主人公である狡噛慎也と常守朱がそれにそれぞれの考えで立ち向かうところを示しました。第二期では、その常守朱と〈シビュラシステム〉の関係がどうなるか、映画版では、〈シビュラシステム〉自体が世界に広がっていくという様子が描かれています。

この『PSYCHO-PASS サイコパス3』では、その映画版の続きということで、治安の悪化した世界に立ち向かうために〈シビュラシステム〉を構築し、鎖国をしていか日本が、鎖国を取りやめたところから始まります。

前回の第一話では、その鎖国を取りやめて移民を受け入れ始めた日本を舞台に、厚生省公安局刑事課一係に、アタシらい〈監視官〉慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフが赴任するところが描かれました。
彼らは、課長となった霜月美佳配下で行動するようですが、どうやら何か想いがあって、一筋縄ではいかないメンバーのようですね。

ということで、PSYCHO-PASS 3 第二話「テウメソスの生贄」感想を書いておきます。
続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.1「ライラプスの召命」

psp03PSYCHO-PASS サイコパス3 Episode.1「ライラプスの召命」です。 

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、第一期が2012年秋アニメ、二期が2014年秋アニメですから、テレビアニメですと、ほぼ5年ぶりという感じでしょうか。一期から考えると、もう7年目のアニメシリーズになります。

この『PSYCHO-PASS サイコパス』は、近未来の日本を舞台にした、SFミステリという感じでしょうか。事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たちです。〈シビュラシステム〉という人間を管理するシステムが存在する理想的な世界・日本での刑事たちの活躍というか、あがきが描かれます。

第一期では、〈シビュラシステム〉の存在を際立たせ、主人公である狡噛慎也と常守朱がそれにそれぞれの考えで立ち向かうところを示しました。その常守朱と〈シビュラシステム〉の関係が第二期ではどうなるか、映画版では、〈シビュラシステム〉自体が世界に広がっていくという様子が描かれています。

この『PSYCHO-PASS サイコパス3』では、その映画版の続きということで、治安の悪化した世界に立ち向かうために〈シビュラシステム〉を構築し、鎖国をしていか日本が、鎖国を取りやめたところから始まります。

今までのメンバーが登場するのか、〈シビュラシステム〉はどうなっていくのか、気になりますね。

ということで、感想を書いておきます。
続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」

2019031701PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」です。 

なんとTVアニメ三期の発表があった「PSYCHO-PASS サイコパス」です。

今回の「PSYCHO-PASS サイコパス」の劇場版は、三部構成になっているということです。
3つの物語の舞台は約100年後の日本とアジア――その現在、過去、未来に起きる事件が語られるらしいです。
事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たちで、彼らを描くことで、これまで語られていなかった『PSYCHO-PASS サイコパス』のミッシングリンクが紐解かれるということのようです。

第2弾のCase.2「First Guardian」では、須郷が公安局に来る前の国防軍時代の様子が描かれました。
そして、その須郷におやっさんこと征陸執行官が絡むというお話しでした。お話し的にはCase.1よりも前ということですが、ポイントは花城フレデリカですかね。

ということですが、このCase.3は、第一期の主人公であった狡噛さんが中心のお話しということで、逃亡者となって、ストーリーからは引いている彼がどういう展開になるの楽しみです。

ということで、感想を書いておきます。
続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2「First Guardian」

2019021701PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2「First Guardian」です。 

またまた、今週も公開早々の映画を見に行ってしまいました。
今年は映画たくさん見に行ってますねぇ。三月早々には、Case.3がありますし。

今回の「PSYCHO-PASS サイコパス」の劇場版は、三部構成になっているということです。
3つの物語の舞台は約100年後の日本とアジア――その現在、過去、未来に起きる事件が語られるらしいです。
事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たちで、彼らを描くことで、これまで語られていなかった『PSYCHO-PASS サイコパス』のミッシングリンクが紐解かれるということのようです。

第1弾のCase.1「罪と罰」では、霜月美佳を主人公として、テレビ版の二期以降のシビュラシステムと公安メンバーとの関係を描くという感じだったでしょうか。
一通りシビュラシステムとの対決は済んでいて、共存といってもいい関係なのですが、海外輸出を前提にしてなんだか不穏な雰囲気があるように見えました。

ということで、感想を書いておきます。続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」

2019012701PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」です。

またまた、今週も公開早々の映画を見に行ってしまいました。
今年になってから毎週のようにアニメ映画見に行ってますね。まぁ、いいですけれど。

うちのブログでは、アニメの感想については、見ているものをすべて書いているわけではありません。見ているけれどもタイムリーに見ないとか、最初から感想を書いていなかったとかの理由で、感想を書いていないものも多々あります。
実は『PSYCHO-PASS サイコパス』もその一つで、遅れて見始めたので感想を書き損ねていました。

でもまぁ、前回の劇場版から、感想を書くことにしましたので、今回も書いておきます。

今回の映画は、三部構成になっているということです。
3つの物語の舞台は約100年後の日本とアジア――その現在、過去、未来に起きる事件が語られるらしいです。
事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たちで、彼らを描くことで、これまで語られていなかった『PSYCHO-PASS サイコパス』のミッシングリンクが紐解かれるということのようです。

ということで、感想を書いておきます。続きを読む

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス

Image1

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパスです。

うちのブログでは、アニメの感想については、見ているものをすべて書いているわけではありません。例えば、今期については、『黒子のバスケ』とか『蒼穹のファフナー EXODUS』とか、見ているけれどもタイムリーに見ないとか、最初から感想を書いていなかったとかの理由で、感想を書いていないものも多々あります。

実は『PSYCHO-PASS サイコパス』もその一つで、本広総監督が好きじゃないからとか、なんだかの理由で遅れて見始めたので、感想を書き損ねていました。

でもまぁ、今回の劇場版については、これだけ単独でも楽しめるとか(本当か?)、色々理由を付けて感想を書いておくことにします。

実際は、あ、3期とかが来れば、ここから続けられるななんて思ったからだというのは、秘密です。

映画館は、都会ではなく大阪堺市で見ましたが、このスクリーンでは公開終盤ということもあって、お客さんは少なかったです。

あれ?カタログ買っていないや。

ということで、あっさり感想ですが、ご容赦を。

続きを読む
記事検索
最新コメント
RSS
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ