藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[A-Z]◆SSSS.GRIDMAN

SSSS.GRIDMAN #12 「覚醒」

2018122302
SSSS
.GRIDMAN #
12 「覚醒」です。

いよいよ最終回です。

この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。
ポイントは、特撮の再現でしょうか。トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

先週の第十一話は、最終回に向けての地均しがされた感じでした。特に裕太とグリッドマンの関係ですか。
グリッドマン自体がどういう存在かということが分かったことで、落ち着くところがアカネちゃんの救済であることが明確になったのですが、どういう終わり方をするのか残った謎は無事解明されるのか気になります。

ということで、SSSS.GRIDMAN 最終回 第12話 「覚醒」感想行きます。
続きを読む

SSSS.GRIDMAN #11 「決・戦」

ehshell 2018-12-16 09-33-11-55SSSS.GRIDMAN #11 「決・戦」です。

この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。
ポイントは、特撮の再現でしょうか。トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

先週の第十話は、精神的にもいよいよ追い詰められた感じのアカネちゃんというお話しでした。
追い詰められたアカネちゃんの怪獣は逆にグリッドマンを追い詰めますが、それもアンチくんのニセグリッドマンで跳ね返されます。アンチくんもグリッドマン側ということで、いよいよ孤立ですね。
そして、アカネちゃんが裕太を自ら潰しにいくわけですが。

ということで、SSSS.GRIDMAN 第11話 「決・戦」感想行きます。
続きを読む

SSSS.GRIDMAN #10 「崩・壊」

2018120901SSSS.GRIDMAN #10 「崩・壊」です。

この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。
ポイントは、特撮の再現でしょうか。トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

先週の第九話は、アカネちゃんが、グリッドマン同盟を夢の中へと誘う怪獣を作り、夢の中の世界と現実の世界が交差するお話しでした。
アカネちゃんは、グリッドマン同盟をうらやましがっており、自分も友達ちを欲しがっているという感じでしたが、結局夢の中でも友達になれませんでした。というか、そういう友達ではなく、現実で普通に友達になればいいのにということなんでしょうか。

ということで、SSSS.GRIDMAN 第10話 「崩・壊」感想行きます。
続きを読む

SSSS.GRIDMAN #09 「夢・想」

ehshell 2018-12-02 10-32-05-87SSSS.GRIDMAN #09 「夢・想です。

この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。
ポイントは、特撮の再現でしょうか。トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

先週の第八話は、アカネちゃんをどうするかということで、内海と六花ちゃんが対立するというお話でした。
ツツジ台の世界では、どうやらアカネちゃんが神のようですが、内海はそれを元の現実の世界から切り離されたためだと考えているようです。
それに対してアカネちゃんが六花ちゃんに語った内容は、この世界自体をアカネちゃんが作ったということで、それを産み出す仕組みが街に立っている怪獣だというものです。
六花ちゃんは、それをグリッドマン同盟に語っていないので、その辺りがポイントになるのでしょうか。

ということで、SSSS.GRIDMAN 第9話 「夢・想」感想行きます。
続きを読む

SSSS.GRIDMAN #08 「対・立」

2018112502SSSS.GRIDMAN #08 「対・立です。

この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。
ポイントは、特撮の再現でしょうか。トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

先週の第七話は、怪獣アノシラス(2代目)から裕太に伝えられた「アカネちゃんがこの世界の神」だということを確認する回でした。
アカネちゃんはもはや自分の存在を裕太に隠すつもりはなく、また裕太も自分がグリッドマンであることをアカネちゃんやアンチに隠すでもないという状況です。
そして、アレクシス・ケリヴが仕掛けてそれに乗ったアンチが切り捨てられたって感じですか。

ということで、SSSS.GRIDMAN 第8話 「対・立」感想行きます。
続きを読む

SSSS.GRIDMAN #07 「策・略」

gm01SSSS.GRIDMAN #07 「策・略です。

この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。
ポイントは、特撮の再現でしょうか。トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

先週の第六話は、かなり重要な秘密解明回でした。
裕太は、怪獣アノシラス(2代目)と名乗る少女と出会い、この世界がツツジ台で閉じた世界で、アカネちゃんが望む世界に改変されているということを聞かされました。
そして、敵のアレクシス・ケリヴ本体も動き出しそうな雰囲気なので、いよいよ起承転結の「転」という感じですね。

ということで、SSSS.GRIDMAN 第7話 「策・略」感想行きます。
続きを読む

SSSS.GRIDMAN #06 「接・触」

ehshell 2018-11-11 08-34-54-22SSSS.GRIDMAN #06 「接・触です。

この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。
ポイントは、特撮の再現でしょうか。トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

先週の第五話は、アカネちゃんが、グリッドマンの正体についての確証を得ようとして、裕太本人に接近する回でした。
ただ、逆に動いたことで、アカネちゃんが裕太たちを疑っていたのと逆に、アカネちゃんをグリッドマンが同盟側が疑うようになった気がしますがどうでしょうか。

ということで、SSSS.GRIDMAN 第6話 「接・触」感想行きます。
続きを読む

SSSS.GRIDMAN #05 「挑・発」

2018110401SSSS.GRIDMAN #05 「挑・発です。

この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。
ポイントは、特撮の再現でしょうか。トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

先週の第四話は、アカネちゃんが、グリッドマンの正体についての確証を得ようとする回でした。
アカネちゃんは、裕太がグリッドマンではないかとあたりをつけ、裕太と仲のよい六花ちゃんから情報を得ようと近付くわけですが、どうやら、アカネちゃんと六花ちゃんは、幼馴染みなようですね。

ということで、SSSS.GRIDMAN 第5話 「挑・発」感想行きます。
続きを読む

SSSS.GRIDMAN #04 「疑・心」

ehshell 2018-10-28 07-56-07-11SSSS.GRIDMAN #04 「疑・心です。

この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。
ポイントは、特撮の再現でしょうか。トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

先週の第三話は、少年怪獣アンチが登場した回でした。
グリッドマンが一度アンチに破れて、再度立ち上がるのが縦筋ですね。
横筋は、アンチが今までの怪獣と違ったのは、自立して意志をもっているということでしょうか。グッドマンとは引き分けのようなので、まだまだ登場しそうです。オープニングにも意味ありげに出てますし。

ということで、SSSS.GRIDMAN 第4話 「疑・心」感想行きます。
続きを読む

SSSS.GRIDMAN #03 「敗・北」

a1SSSS.GRIDMAN #03 「敗・です。

この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。
ポイントは、特撮の再現でしょうか。トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

先週の第二話は、いつの間にか修復されていた学校から始まりました。街は修復されているのにも関わらず、クラスメイトが三人消えています。この辺りが、今後のポイントになりそうですね。
そして、怪獣を作っている犯人が明らかになってしまいました。どうやら、犯人が許せないと思い作った怪獣で、その相手を殺すという動きをするようです。

ということで、SSSS.GRIDMAN 第3話 「敗・北」感想行きます。
続きを読む

SSSS.GRIDMAN #02 「修・復」

ehshell 2018-10-14 09-23-12-05SSSS.GRIDMAN #02 「修・復」です。

本当は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」の感想を書きたいところですが、まぁ4クールもあってきちんと書きつづけられる自信がなくって、こちらにしました。
いや、「ソードアート・オンライン アリシゼーション」が初回1時間で、録画30分しかしていなくて、見れていないというわけではないで・・・(苦笑)

さて、この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。ポイントは、特撮の再現でしょうか。
トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

先週の第一話では、冒頭で空から何かが降ってきて、その影響で裕太が倒れて記憶をなくしてしまうところから始まりました。そしてグリッドマンと出会うという感じです。
誰かが作った怪獣が暴れ、それをグリッドマンとなった裕太が倒したのですが、翌朝になると街はいつの間にか直っているという感じですか。

ということで、SSSS.GRIDMAN 第2話 「修・復」感想行きます。
続きを読む

SSSS.GRIDMAN #01 「覚・醒」

2018100702SSSS.GRIDMAN #01 「覚・醒」です。

さて、この秋アニメの第三弾です。
本当は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」の感想を書きたいところですが、まぁ4クールもあってきちんと書きつづけられる自信がなくって、こちらにしました。
いや、「ソードアート・オンライン アリシゼーション」が初回1時間で、録画30分しかしていなくて、見れていないというわけではないで・・・(苦笑)

さて、この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。ポイントは、特撮の再現でしょうか。
トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

ということで、SSSS.GRIDMAN 第1話 「覚・醒」感想行きます。
続きを読む
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ