藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[さ]◆少女☆歌劇 レヴュースタァライト

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第12話 「レヴュースタァライト」

sks2018092801少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第12話 「レヴュースタァライトです。

このアニメを選んだのは、単純にCMを見て面白そうと思ったからです。
なんとなく、ウテナとか幾原さんっぽい感じがしていたんですが、どうやら監督の古川さんが幾原さんの弟子といいますかそんな感じで、「ユリ熊嵐」とかを手がけていたらしいです。

それは置いておいて、ブシロードがスポンサーということで、バンドリのようにメディアミックス展開で、実写、アニメ、ゲーム、コミックスを連動して展開していくようです。

さて、内容ですが、少女☆歌劇とあるように、おそらくは宝塚を意識しているのかな?なんて思っているのですがどうなんでしょうか。ただの舞台演劇ではないですよね。

先週の第十一話は、ひかりちゃんの勝利を受けて、彼女がどんな舞台を望むかというところから始まりました。
そんなひかりちゃんが望んだことは、自分がオーディション合格者として、全ての舞台少女のきらめきを得ることを拒否すること。その代わりに、究極の舞台の燃料となるきらめきを全てひかりちゃんがまかなうということ。
そして、ひかりちゃんは姿を消し、そのままスタァライトの舞台は始まろうとします。そんなひかりちゃんを忘れられず一人追いかける華恋ちゃんでしたが・・・・。


ということで、少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第12話最終回 「レヴュースタァライト」感想行きます。
続きを読む

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第11話 「わたしたちは」

ehshell 2018-09-21 22-31-09-98少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第11話 「わたしたちはです。

このアニメを選んだのは、単純にCMを見て面白そうと思ったからです。
なんとなく、ウテナとか幾原さんっぽい感じがしていたんですが、どうやら監督の古川さんが幾原さんの弟子といいますかそんな感じで、「ユリ熊嵐」とかを手がけていたらしいです。

それは置いておいて、ブシロードがスポンサーということで、バンドリのようにメディアミックス展開で、実写、アニメ、ゲーム、コミックスを連動して展開していくようです。

さて、内容ですが、少女☆歌劇とあるように、おそらくは宝塚を意識しているのかな?なんて思っているのですがどうなんでしょうか。ただの舞台演劇ではないですよね。

先週の第十話は、真矢さんとクロディーヌちゃん、そして華恋ちゃんとひかりちゃんの過去の振り返りから始まりました。
オーディションは、華恋ちゃんの希望通りに、二人ペアでの決戦となりました。そしてその闘いは、真矢さん、クロディーヌ組の優勢で進みますが、結果としては、華恋ちゃんとひかりちゃんの勝利になります。
しかし、本当の勝者は一人だけということで、本当のラストオーディションが始まりました。


さて、その結果がどういう意味を持つかは・・・少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第11話 「わたしたちは」感想行きます。
続きを読む

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第10話 「されど舞台はつづく The Show Must Go On」

ehshell 2018-09-14 22-25-29-55少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第10話 「されど舞台はつづく The Show Must Go Onです。

このアニメを選んだのは、単純にCMを見て面白そうと思ったからです。
なんとなく、ウテナとか幾原さんっぽい感じがしていたんですが、どうやら監督の古川さんが幾原さんの弟子といいますかそんな感じで、「ユリ熊嵐」とかを手がけていたらしいです。

それは置いておいて、ブシロードがスポンサーということで、バンドリのようにメディアミックス展開で、実写、アニメ、ゲーム、コミックスを連動して展開していくようです。

さて、内容ですが、少女☆歌劇とあるように、おそらくは宝塚を意識しているのかな?なんて思っているのですがどうなんでしょうか。ただの舞台演劇ではないですよね。

先週の第九話は、前回までのオーディションでのトップ、ラスボスであったばななちゃんについての決着編でした。
いままでとは違ったオーディションの推移で焦ったばななちゃんが、その原因がひかりちゃんでなく華恋ちゃんだったと考えるようになります。そして、オーディションに向かうわけですが、破れ去ることになります。
これで、オーディションランキングのトップ3が決まり、今週がラストオーディションのようですが、どうなるのでしょうか。

さてそれはどうかということで、少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第10話 「されど舞台はつづく The Show Must Go On」感想行きます。
続きを読む

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第9話 「星祭りの夜に」

ehshell 2018-09-07 22-10-21-24少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第9話 「星祭りの夜にです。

このアニメを選んだのは、単純にCMを見て面白そうと思ったからです。
なんとなく、ウテナとか幾原さんっぽい感じがしていたんですが、どうやら監督の古川さんが幾原さんの弟子といいますかそんな感じで、「ユリ熊嵐」とかを手がけていたらしいです。

それは置いておいて、ブシロードがスポンサーということで、バンドリのようにメディアミックス展開で、実写、アニメ、ゲーム、コミックスを連動して展開していくようです。

さて、内容ですが、少女☆歌劇とあるように、おそらくは宝塚を意識しているのかな?なんて思っているのですがどうなんでしょうか。ただの舞台演劇ではないですよね。

先週の第八話は、神楽ひかりちゃんのお話しということでした。華恋ちゃんとの約束からロンドンの様子ということで、彼女の思いが明確になったお話だったと思います。
彼女を通して、オーディションで得ることの対価として失うものが明確になりました。
ただ、未だばななちゃんの語り口調などは、性格が違って見えました。ループ回のラストのイメージですね。ということで、まだばななちゃんについての決着が付いていないというところでしょうか。

さてそれはどうかということで、少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第9話 「星祭りの夜に」感想行きます。
続きを読む

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第8話 「ひかり、さす方へ」

skr2018083102少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第8話 「ひかり、さす方へです。

このアニメを選んだのは、単純にCMを見て面白そうと思ったからです。
なんとなく、ウテナとか幾原さんっぽい感じがしていたんですが、どうやら監督の古川さんが幾原さんの弟子といいますかそんな感じで、「ユリ熊嵐」とかを手がけていたらしいです。

それは置いておいて、ブシロードがスポンサーということで、バンドリのようにメディアミックス展開で、実写、アニメ、ゲーム、コミックスを連動して展開していくようです。

さて、内容ですが、少女☆歌劇とあるように、おそらくは宝塚を意識しているのかな?なんて思っているのですがどうなんでしょうか。ただの舞台演劇ではないですよね。

先週の第七話は、サブタイトル通り「大場なな」についてのエピソードでした。
ただ、大場ななちゃんといいながらも、実は「スターライト」という劇の紹介、オーディションに勝ち抜くことの意味を示したものだったような気がします。
大場ななちゃんの能力とか、ループすることとかは、先週見た時点では湧いたのですが、実はそんなにも重要ではないのではないかという気がしてきました。

さてそれはどうかということで、少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第8話 「ひかり、さす方へ」感想行きます。
続きを読む

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第7話 「大場なな」

ehshell 2018-08-24 23-20-39-13少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第7話 「大場ななです。

う~ん、今週天狼の予約忘れた。3週飛ばしたので、補填苦しいかなぁ。

閑話休題。
このアニメを選んだのは、単純にCMを見て面白そうと思ったからです。
なんとなく、ウテナとか幾原さんっぽい感じがしていたんですが、どうやら監督の古川さんが幾原さんの弟子といいますかそんな感じで、「ユリ熊嵐」とかを手がけていたらしいです。

それは置いておいて、ブシロードがスポンサーということで、バンドリのようにメディアミックス展開で、実写、アニメ、ゲーム、コミックスを連動して展開していくようです。

さて、内容ですが、少女☆歌劇とあるように、おそらくは宝塚を意識しているのかな?なんて思っているのですがどうなんでしょうか。ただの舞台演劇ではないですよね。

先週の第六話は、花柳香子ちゃんが、練習に励む石動双葉ちゃんに焦って、暴走するお話しでした。
「オーディション」が、少女二人の対決ということもあってか、少女二人の対決という展開で進むことが多いように思いますが、先週の花柳香子ちゃんと石動双葉ちゃんで、ほぼ展開としては出揃ったというかんじですか。一人違ったのは、里見純那ちゃんでしたが、その同室が大場ななちゃんですね。そして、今週のサブタイトルが「大場なな」で意味ありげです。

ということで、少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第7話 「大場なな」感想行きます。
続きを読む

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第6話 「ふたりの花道」

skr2018081701少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第6話 「ふたりの花道です。

あ、先週天狼の感想書き忘れてる。どこかで補填します。

このアニメを選んだのは、単純にCMを見て面白そうと思ったからです。
なんとなく、ウテナとか幾原さんっぽい感じがしていたんですが、どうやら監督の古川さんが幾原さんの弟子といいますかそんな感じで、「ユリ熊嵐」とかを手がけていたらしいです。

それは置いておいて、ブシロードがスポンサーということで、バンドリのようにメディアミックス展開で、実写、アニメ、ゲーム、コミックスを連動して展開していくようです。

さて、内容ですが、少女☆歌劇とあるように、おそらくは宝塚を意識しているのかな?なんて思っているのですがどうなんでしょうか。ただの舞台演劇ではないですよね。

先週の第五話は、愛城華恋ちゃんが、再び神楽ひかりちゃんと「オーディション」のトップを目指すことを確認して、レッスンに励むという展開でした。
そして、露崎まひるちゃんが、ひかるちゃんに華恋ちゃんを奪われた気持ちになってあせるのですが、「オーディション」で華恋ちゃんと競うことで初心を思い出すという展開でした。。

ということで、少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第6話 「ふたりの花道」感想行きます。
続きを読む

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第5話 「キラめきのありか」

ehshell 2018-08-11 11-03-21-24少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第5話 「キラめきのありかです。

ライブに出かけていて遅くなりました。

このアニメを選んだのは、単純にCMを見て面白そうと思ったからです。
なんとなく、ウテナとか幾原さんっぽい感じがしていたんですが、どうやら監督の古川さんが幾原さんの弟子といいますかそんな感じで、「ユリ熊嵐」とかを手がけていたらしいです。

それは置いておいて、ブシロードがスポンサーということで、バンドリのようにメディアミックス展開で、実写、アニメ、ゲーム、コミックスを連動して展開していくようです。

さて、内容ですが、少女☆歌劇とあるように、おそらくは宝塚を意識しているのかな?なんて思っているのですがどうなんでしょうか。ただの舞台演劇ではないですよね。

先週の第四話は、神楽ひかりちゃんが、愛城華恋ちゃんが自分の抑止を無視して「オーディション」に敗れたことにショックを受けて寮を抜け出すという展開でした。
そして、二人の絆が復活して、二人でオーディションを目指すという流れですね。スタートラインに立ったという感じでしょうか。

ということで、少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第5話 「キラめきのありか」感想行きます。
続きを読む

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第4話 「約束タワー」

ehshell 2018-08-03 22-24-33-05少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第4話 「約束タワーです。

このアニメを選んだのは、単純にCMを見て面白そうと思ったからです。
なんとなく、ウテナとか幾原さんっぽい感じがしていたんですが、どうやら監督の古川さんが幾原さんの弟子といいますかそんな感じで、「ユリ熊嵐」とかを手がけていたらしいです。

それは置いておいて、ブシロードがスポンサーということで、バンドリのようにメディアミックス展開で、実写、アニメ、ゲーム、コミックスを連動して展開していくようです。

さて、内容ですが、少女☆歌劇とあるように、おそらくは宝塚を意識しているのかな?なんて思っているのですがどうなんでしょうか。ただの舞台演劇ではないですよね。

先週の第三話は、前半でスタァを目指さない大場ななちゃんと、スタァを目指す西條クロディーヌちゃん二人の想いが描かれました。

そして後半では、トップスターであることに全てをかけ、そこに誇りを持つ「This is 天堂真矢」と、無邪気で「ひかりちゃんと一緒にスターになる」ことだけを想い、二連勝したことでそこに驕りがあった華恋ちゃんの対戦で、華恋ちゃんが完敗する展開でした。そこにひかりちゃんの想いが絡んでという感じでした。


ということで、少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第4話 「約束タワー」感想行きます。
続きを読む

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第3話 「トップスタァ」

ehshell 2018-07-27 20-57-08-93少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第3話 「トップスタァです。

このアニメを選んだのは、単純にCMを見て面白そうと思ったからです。
なんとなく、ウテナとか幾原さんっぽい感じがしていたんですが、どうやら監督の古川さんが幾原さんの弟子といいますかそんな感じで、「ユリ熊嵐」とかを手がけていたらしいです。

それは置いておいて、ブシロードがスポンサーということで、バンドリのようにメディアミックス展開で、実写、アニメ、ゲーム、コミックスを連動して展開していくようです。

さて、内容ですが、少女☆歌劇とあるように、おそらくは宝塚を意識しているのかな?なんて思っているのですがどうなんでしょうか。ただの舞台演劇ではないですよね。

先週の第二話は、第一話の少女たちの憧れの舞台「スタァライト」の主役を得るという「オーディション」であるレヴューの舞台が行われたという事実を踏まえて進むというものでした。

アニメの展開としては、前半は学園生活で、後半が「オーディション」であるレヴューの舞台を見せるという構成がパターンのようですが、先週敗れた星見純那がもう一度登場したこと、ベスト10形式だということで、一度負けても終わりでないということのようですね。


ということで、少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第3話 「トップスタァ」感想行きます。
続きを読む

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第2話 「運命の舞台」

ehshell 2018-07-20 21-59-31-82少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第2話 「運命の舞台です。

このアニメを選んだのは、単純にCMを見て面白そうと思ったからです。
なんとなく、ウテナとか幾原さんっぽい感じがしていたんですが、どうやら監督の古川さんが幾原さんの弟子といいますかそんな感じで、「ユリ熊嵐」とかを手がけていたらしいです。

それは置いておいて、ブシロードがスポンサーということで、バンドリのようにメディアミックス展開で、実写、アニメ、ゲーム、コミックスを連動して展開していくようです。

さて、内容ですが、少女☆歌劇とあるように、おそらくは宝塚を意識しているのかな?なんて思っているのですがどうなんでしょうか。ただの舞台演劇ではないですよね。

先週の第一話では、途中までは、演劇専門の音楽学校ということで、宝塚音楽学校での少女たちの学生生活を描くような展開でした。

それが、後半少女たちの憧れの舞台「スタァライト」で役を得るための「オーディション」が開催されるところから、謎の展開になりました。「オーディション」はレヴューの舞台で行われるのですが、そのレヴューがどうも不思議でした。


ということで、少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第2話 「運命の舞台」感想行きます。
続きを読む

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第1話 「舞台少女」

ehshell 2018-07-20 22-05-56-52少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第1話 「舞台少女です。

うちのブログでのこの夏二番目のアニメは、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」です。

このアニメを選んだのは、単純にCMを見て面白そうと思ったからです。
なんとなく、ウテナとか幾原さんっぽい感じがしていたんですが、どうやら監督の古川さんが幾原さんの弟子といいますかそんな感じで、「ユリ熊嵐」とかを手がけていたらしいです。

それは置いておいて、ブシロードがスポンサーということで、バンドリのようにメディアミックス展開で、実写、アニメ、ゲーム、コミックスを連動して展開していくようです。

さて、内容ですが、少女☆歌劇とあるように、おそらくは宝塚を意識しているのかな?なんて思っているのですがどうなんでしょうか。ただの舞台演劇ではないですよね。

ということで、少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第1話 「舞台少女」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ