藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[は]◆プラネット・ウィズ

プラネット・ウィズ 第11話 「アズラバラクラ」

ehshell 2018-09-17 11-16-24-36プラネット・ウィズ  第11話 「アズラバラクラ」です。

今週もオンタイム視聴してましたが、キャプチャ忘れた先週分の画像は、ちょっと諦めますか。

さて、個人的に、このアニメの原作、シリーズ構成、キャラクター原案などを担当する漫画家の「水上悟志」さんのファンなので、ぜひ見ようということになりました。この夏のアニメでは、実は最も期待しています。ワクワク。

元々このアニメは、水上悟志さんが描き下ろした1074ページのネームを基にしているとのことで、ほとんど水上さんの個人プロジェクトという感じですね。
内容的には、水上さんが得意とする勧善懲悪ではないロボットヒーローアニメという感じになるのでしょうか。
個人的には水上さんの作品をやるなら『惑星のさみだれ』をアニメ化して欲しいところなんですけれどね。

先週の第十話は、「封印派」と「穏健派」の闘いという構図ではあるのですが、結局とちらも地球人のことを思って、そしてシリウスの滅亡をトラウマにして闘っていたという感じでした。
今週は、その闘いから5年後、いよいよ龍との決戦ということのようです。

ということで、プラネット・ウィズ 第11話 「アズラバラクラ」感想行きます。

続きを読む

プラネット・ウィズ 第10話 「カレルレンとラシャヴェラク」

プラネット・ウィズ  第10話 「カレルレンとラシャヴェラク」です。

今週もオンタイム視聴してましたが、録画を忘れるというちょんぼなので、キャプチャは別途。

さて、個人的に、このアニメの原作、シリーズ構成、キャラクター原案などを担当する漫画家の「水上悟志」さんのファンなので、ぜひ見ようということになりました。この夏のアニメでは、実は最も期待しています。ワクワク。

元々このアニメは、水上悟志さんが描き下ろした1074ページのネームを基にしているとのことで、ほとんど水上さんの個人プロジェクトという感じですね。
内容的には、水上さんが得意とする勧善懲悪ではないロボットヒーローアニメという感じになるのでしょうか。
個人的には水上さんの作品をやるなら『惑星のさみだれ』をアニメ化して欲しいところなんですけれどね。

先週の第九話は、今まで目立たなかった羊谷葉介が、紅華ちゃんへの想いを胸に地球を封印してしまいうという展開でした。
ただ、立った一人、「楽園の民」の意志で封印されなかった宗矢が、立ち向かいます。
闘うことをやめたと宣言していた宗矢がそこから葉介に立ち向かったのは、それではなく自分が守りたい人たちを守るためということのようですね。
今週は、「封印派」対「穏健派」ということのようですが、そこがラストではないでしょうね。

ということで、プラネット・ウィズ 第10話 「カレルレンとラシャヴェラク」感想行きます。

続きを読む

プラネット・ウィズ 第9話 「目覚めの使者」

ehshell 2018-09-03 23-20-32-61プラネット・ウィズ  第9話 「目覚めの使者」です。

今週もオンタイム視聴してましたが、感想は忙しくてちょっと遅れ気味。
個人的に、このアニメの原作、シリーズ構成、キャラクター原案などを担当する漫画家の「水上悟志」さんのファンなので、ぜひ見ようということになりました。この夏のアニメでは、実は最も期待しています。ワクワク。

元々このアニメは、水上悟志さんが描き下ろした1074ページのネームを基にしているとのことで、ほとんど水上さんの個人プロジェクトという感じですね。
内容的には、水上さんが得意とする勧善懲悪ではないロボットヒーローアニメという感じになるのでしょうか。
個人的には水上さんの作品をやるなら『惑星のさみだれ』をアニメ化して欲しいところなんですけれどね。

先週の第八話は、封印派についた鷹取紅華ちゃんが、地球の敵になっても封印を行う行動を採るところから始まりました。
結局、あの砂がなくとも、地球人は能力が使えることが、そこからわかったわけですね。砂は、切っ掛けにすぎないということで、虎居さんも念動装甲で紅華ちゃんを倒します。
一方、宗矢はもう闘わないと決意します。それは、闘う理由がないということからですが、それで終わりはしないですよね。どうやら、月の裏に龍がいるようですし・・・。

ということで、プラネット・ウィズ 第9話 「目覚めの使者」感想行きます。

続きを読む

プラネット・ウィズ 第8話 「力、己にこそ宿る」

pw2018082701プラネット・ウィズ  第8話 「力、己にこそ宿る」です。

今週は、実はオンタイム視聴してましたが、感想は普通に。
個人的に、このアニメの原作、シリーズ構成、キャラクター原案などを担当する漫画家の「水上悟志」さんのファンなので、ぜひ見ようということになりました。この夏のアニメでは、実は最も期待しています。ワクワク。

元々このアニメは、水上悟志さんが描き下ろした1074ページのネームを基にしているとのことで、ほとんど水上さんの個人プロジェクトという感じですね。
内容的には、水上さんが得意とする勧善懲悪ではないロボットヒーローアニメという感じになるのでしょうか。
個人的には水上さんの作品をやるなら『惑星のさみだれ』をアニメ化して欲しいところなんですけれどね。

先週の第七話は、シリウスが滅亡した原因やリエルの星の過去などが描かれていて、さながら過去編という感じでした。これで、ネビュラ政府の実体が判明したという感じですか。
ただ、一番のポイントは、宗矢の兄の姿をした「楽園の民」の存在ですか。どうやら、宗矢にしか見えないようですが、どういう位置づけなんでしょうか?

ということで、プラネット・ウィズ 第8話 「力、己にこそ宿る」感想行きます。

続きを読む

プラネット・ウィズ 第7話 「シリウス」

pw2018082401プラネット・ウィズ  第7話 「シリウス」です。
録画に失敗して配信待ったので、遅くなりました。遅れたので簡単に。

個人的に、このアニメの原作、シリーズ構成、キャラクター原案などを担当する漫画家の「水上悟志」さんのファンなので、ぜひ見ようということになりました。この夏のアニメでは、実は最も期待しています。ワクワク。

元々このアニメは、水上悟志さんが描き下ろした1074ページのネームを基にしているとのことで、ほとんど水上さんの個人プロジェクトという感じですね。
内容的には、水上さんが得意とする勧善懲悪ではないロボットヒーローアニメという感じになるのでしょうか。
個人的には水上さんの作品をやるなら『惑星のさみだれ』をアニメ化して欲しいところなんですけれどね。

先週の第六話は、前半の山場だった気がします。
竜造寺 隆と閣下の対決ですが、この対決を通して、過去の竜との闘いの様子が明らかになりました。この過去の闘いを見ていると、どうもやはりシリウスは、宗矢が考えるように竜の力で滅んだように思えますが、実際にはどうなんでしょうか。

ということで、プラネット・ウィズ 第7話 「シリウス」感想行きます。

続きを読む

プラネット・ウィズ 第6話 「パラディンブレイク・2」

pw2018081402プラネット・ウィズ  第6話 「パラディンブレイク・2」です。

ちと遅くなりました。

個人的に、このアニメの原作、シリーズ構成、キャラクター原案などを担当する漫画家の「水上悟志」さんのファンなので、ぜひ見ようということになりました。この夏のアニメでは、実は最も期待しています。ワクワク。

元々このアニメは、水上悟志さんが描き下ろした1074ページのネームを基にしているとのことで、ほとんど水上さんの個人プロジェクトという感じですね。
内容的には、水上さんが得意とする勧善懲悪ではないロボットヒーローアニメという感じになるのでしょうか。
個人的には水上さんの作品をやるなら『惑星のさみだれ』をアニメ化して欲しいところなんですけれどね。

先週の第五話は、民安全管理局特殊防衛課「グランドパラディン」が空中分解したところから話が始まりました。
それと並行して宗矢は、自分がどうあるべきか、何と闘うべきかを悩みます。
結果として、宗矢は、自分の守りたい人のために闘う決意をし、一方「グランドパラディン」は空中分して、竜造寺 隆は封印派とぶつかることになります。

ということで、プラネット・ウィズ 第6話 「パラディンブレイク・2」感想行きます。

続きを読む

プラネット・ウィズ 第5話 「パラディンブレイク・1」

ehshell 2018-08-06 21-24-29-23プラネット・ウィズ  第5話 「パラディンブレイク・1」です。

個人的に、このアニメの原作、シリーズ構成、キャラクター原案などを担当する漫画家の「水上悟志」さんのファンなので、ぜひ見ようということになりました。この夏のアニメでは、実は最も期待しています。ワクワク。

元々このアニメは、水上悟志さんが描き下ろした1074ページのネームを基にしているとのことで、ほとんど水上さんの個人プロジェクトという感じですね。
内容的には、水上さんが得意とする勧善懲悪ではないロボットヒーローアニメという感じになるのでしょうか。
個人的には水上さんの作品をやるなら『惑星のさみだれ』をアニメ化して欲しいところなんですけれどね。

先週の第四話は、復讐者となった熊代晴海ちゃんが暴走するお話しでした。
復讐に燃える気持ちを燃えたぎらせた晴海ちゃんは、竜の力を借りるところか、同化して暴走します。
一方、竜への復讐に燃えていた宗矢は、街を守るために美羽ちゃんや紅華ちゃんとタッグを組んで竜を抑え込みます。
その結果、国民安全管理局特殊防衛課「グランドパラディン」は・・・。

ということで、プラネット・ウィズ 第5話 「パラディンブレイク・1」感想行きます。

続きを読む

プラネット・ウィズ 第4話 「復讐者・2」

ehshell 2018-07-30 22-47-30-58プラネット・ウィズ  第4話 「復讐者・2」です。

個人的に、このアニメの原作、シリーズ構成、キャラクター原案などを担当する漫画家の「水上悟志」さんのファンなので、ぜひ見ようということになりました。この夏のアニメでは、実は最も期待しています。ワクワク。

元々このアニメは、水上悟志さんが描き下ろした1074ページのネームを基にしているとのことで、ほとんど水上さんの個人プロジェクトという感じですね。
内容的には、水上さんが得意とする勧善懲悪ではないロボットヒーローアニメという感じになるのでしょうか。
個人的には水上さんの作品をやるなら『惑星のさみだれ』をアニメ化して欲しいところなんですけれどね。

先週の第三話は、黒井宗矢がシリウス人であったことが明確になりました。
彼は地球人ではなく、シリウス人ということ、かつて争いについて進化を強めたことから、竜の力で滅ぼされたということのようです。
黒井は竜の力を奮う「グランドパラディン」をシリウス人を滅ぼした仇として、復讐をしようとしているようですね。

ということで、プラネット・ウィズ 第4話 「復讐者・2」感想行きます。

続きを読む

プラネット・ウィズ 第3話 「復讐者・1」

ehshell 2018-07-23 21-33-05-55プラネット・ウィズ  第3話 「復讐者・1」です。

個人的に、このアニメの原作、シリーズ構成、キャラクター原案などを担当する漫画家の「水上悟志」さんのファンなので、ぜひ見ようということになりました。この夏のアニメでは、実は最も期待しています。ワクワク。

元々このアニメは、水上悟志さんが描き下ろした1074ページのネームを基にしているとのことで、ほとんど水上さんの個人プロジェクトという感じですね。
内容的には、水上さんが得意とする勧善懲悪ではないロボットヒーローアニメという感じになるのでしょうか。
個人的には水上さんの作品をやるなら『惑星のさみだれ』をアニメ化して欲しいところなんですけれどね。

先週の第二話は、いろいろと設定の説明が強化されました。

黒井宗矢が別の世界でなぜか「グランドパラディン」のメンバーたちに恨みを持っていること。

謎の飛行物体と「先生」、銀子は同じ「ネビュラ」だけれども、異なる一派の存在だということ。

虎居たちは、国民安全管理局特殊防衛課「グランドパラディン」という組織のメンバーだということ。


ということで、プラネット・ウィズ 第3話 「復讐者・1」感想行きます。

続きを読む

プラネット・ウィズ 第2話 「ネビュラソルジャー」

pw2018071602プラネット・ウィズ  第2話 「ネビュラソルジャー」です。

個人的に、このアニメの原作、シリーズ構成、キャラクター原案などを担当する漫画家の「水上悟志」さんのファンなので、ぜひ見ようということになりました。この夏のアニメでは、実は最も期待しています。ワクワク。

元々このアニメは、水上悟志さんが描き下ろした1074ページのネームを基にしているとのことで、ほとんど水上さんの個人プロジェクトという感じですね。
内容的には、水上さんが得意とする勧善懲悪ではないロボットヒーローアニメという感じになるのでしょうか。
個人的には水上さんの作品をやるなら『惑星のさみだれ』をアニメ化して欲しいところなんですけれどね。

先週の第一話は、主人公の置かれた状況と、敵の提示がなされました。主人公の黒井宗矢は当初は記憶喪失っぽかったですが。

ただ、その敵というのが非常にややこしくて、人類に攻めてきた飛行物体と、それに立ち向かう7人の人類のヒーローが登場したわけなんですが、主人公の黒井宗矢が立ち向かったのはそのヒーローということで、誰が本当の敵なのか明確ではない状況です。


というこで、プラネット・ウィズ 第2話 「ネビュラソルジャー」感想行きます。

続きを読む

プラネット・ウィズ 第1話 「光、七閃」

pw2018070901プラネット・ウィズ  第1話 「光、七閃」です。

うちのブログでのこの夏アニメでの第一弾は、『プラネット・ウィズ』です。

個人的に、このアニメの原作、シリーズ構成、キャラクター原案などを担当する漫画家の「水上悟志」さんのファンなので、ぜひ見ようということになりました。この夏のアニメでは、実は最も期待しています。ワクワク。

元々このアニメは、水上悟志さんが描き下ろした1074ページのネームを基にしているとのことで、ほとんど水上さんの個人プロジェクトという感じですね。
内容的には、水上さんが得意とする勧善懲悪ではないロボットヒーローアニメという感じになるのでしょうか。
個人的には水上さんの作品をやるなら『惑星のさみだれ』をアニメ化して欲しいところなんですけれどね。

どちらにしても、一筋縄ではいかないとは思うのですが、それでいて熱い展開になると思うので、凄く期待しています。
続きを読む
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ