藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[か]◆クジラの子らは砂上に歌う

クジラの子らは砂上に歌う 最終節 「ここに生まれてよかった」

kjs2017122801クジラの子らは砂上に歌う 最終節 「ここに生まれてよかった」です。

ちょっと、かなり忙しくて遅くなりました。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第十一話では、泥クジラが流刑と呼ばれた原因が明らかになりました。

潮というか砂の流れが、泥クジラの動きを限定していたのですね。浮いて流れることはできるが舵を撮れない泥クジラは、巻いて流れる潮から逃れることができず、潮の流れの檻に閉じ込められていたということですか。

そして、今週はいよいよ檻を抜けることになるんでしょうか。


ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第12話 最終回「ここに生まれてよかった」感想行きます。

続きを読む

クジラの子らは砂上に歌う 第十一節 「夢の話だ」

kjs2017121802クジラの子らは砂上に歌う 第十一節 「夢の話だ」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第十話では、帝国軍との闘いが一旦終結し、ひとまず日常を取り戻すという感じで始まりました。
今週のポイントは、まずリョダリが生きていたところでしょうか。というか、リョダリを隠したオルカの方がキーでしょうか。もう一人、新しい国の王子ロハリトもポイントですかね。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第11話「夢の話だ」感想行きます。

続きを読む

クジラの子らは砂上に歌う 第十節 「新しい旅に出るわ」

kjs2017121202クジラの子らは砂上に歌う 第十節 「新しい旅に出るわ」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第九話では、“泥クジラ(ファレナ)”と帝国軍との闘いが終了を迎えました。
ひとまず、“泥クジラ(ファレナ)”は帝国軍を退けたことになるのですが、その被害は大きく、また帝国軍に勝利したわけでもありません。これから“泥クジラ(ファレナ)”はどうなるのでしょうか。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第10話「新しい旅に出るわ」感想行きます。

続きを読む

クジラの子らは砂上に歌う 第九節 「君の選択の、その先が見たい」

kjs2017120401クジラの子らは砂上に歌う 第九節 「君の選択の、その先が見たい」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第八話では、“泥クジラ(ファレナ)”と帝国軍との闘いが山場を迎えました。
戦艦スキロスに突入した突撃部隊も、“泥クジラ(ファレナ)”に残っている部隊も、帝国軍の絶対的な力や策略に歯が立たない状態でした。
ただ、泥クジラ自警団団長のシュアンは、リョダリを倒し、突撃部隊も反撃を見せます。
とはいいつつ、オウニも的に抑えられ絶体絶命に陥りました。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第9話「君の選択の、その先が見たい」感想行きます。

続きを読む

クジラの子らは砂上に歌う 第八節 「この世から消えてしまえ」

kjs2017112601クジラの子らは砂上に歌う 第八節 「この世から消えてしまえ」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第七話では、帝国軍との闘いが始まりました。
“泥クジラ(ファレナ)”は、帝国軍の戦艦スキロスに“情念動(サイミア)”を操れる“印(しるし)”を持つ突撃部隊を忍び込ませます。一方、帝国軍は、そんなことを知らないように、泥クジラに攻め込みます。
戦艦スキロスに忍び込んだ突撃部隊は、軽快に奥へと突き進みますが、そこに待ち構えていたのは・・・。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第8話「この世から消えてしまえ」感想行きます。

続きを読む

クジラの子らは砂上に歌う 第七節 「お前たちの未来が見たい」

kjs2017112101クジラの子らは砂上に歌う 第七節 「お前たちの未来が見たい」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第六話では、敵との開戦期限が迫って、“泥クジラ(ファレナ)”の人々が闘いの準備を整えようとするところから始まりました。印の中から選りすぐられたチャクロを始めとする印のメンバーが、敵の船に進入する役割を担うことになるのです。

そして、ついに印のメンバーは闘いへと赴こうとするのですが・・・。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第7話「お前たちの未来が見たい」感想行きます。

続きを読む

クジラの子らは砂上に歌う 第六節 「明日、人を殺してしまうかもしれない」

kjs2017110601クジラの子らは砂上に歌う 第六節 「明日、人を殺してしまうかもしれない」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第五話では、泥の世界全体についての説明がされました。泥クジラの心臓と言える魂形(ヌース)が人間の感情を食べていることが語られましたが、どうしてか魂形(ヌース)・ファレナだけが感情を食することがなく、そのためファレナの人々が罪人と呼ばれることになったようです。

ただ、その事実を知っているのは“帝国”だということですが、それ以外にも国があり、“帝国”と対立しているということですが、ファレナの人々はそこに賭けるようですね。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第6話「明日、人を殺してしまうかもしれない」感想行きます。

続きを読む

クジラの子らは砂上に歌う 第五節 「逃げるのはイヤだ」

kjs2017110601クジラの子らは砂上に歌う 第五節 「逃げるのはイヤだ」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第四話では、「泥クジラ」に住まう人々は「鯨(ファレナ)の罪人たち」と呼ばれるものたちで、かつて罪人として流刑にあい今もその刑罰は続いているということが語られました。そして、“帝国”は、「泥クジラ」に住まう人々を処刑することに決め襲ってきたのだと。
長老会はそれを知って、自ら「泥クジラ」を沈めファレナみんなの生命を絶とうと決めて、行動に出ます。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第5話「逃げるのはイヤだ」感想行きます。

続きを読む

クジラの子らは砂上に歌う 第四節 「泥クジラと共に砂に召されるのだよ」

kjs2017103103クジラの子らは砂上に歌う 第四節 「泥クジラと共に砂に召されるのだよ」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第三話は、突然襲いかかった“帝国”の感情無き兵士“アパトイア”に、なぜ殺されるかもまったく分からない中で、「泥クジラ」の住人たちがどんどんと殺される展開でした。厳しいです。
ひとまず、サイミアを使って追い返したというよりも、勝手に帰って行ったようにも見えましたが、この先どうなるのでしょうか。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第4話「泥クジラと共に砂に召されるのだよ」感想行きます。

続きを読む

クジラの子らは砂上に歌う 第三節 「こんな世界は、もうどうでもいい」

kjs2017102302クジラの子らは砂上に歌う 第三節 「こんな世界は、もうどうでもいい」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第二話は、チャクロとオウニがリコスが見つかった廃墟と化した船で、人間の感情を食べる「ヌース・リコス」を見つけるところから始まりました。
徐々に感情を取り戻して来たリコスは、チャクロや長老会に「泥クジラ」に住まう人々「鯨(ファレナ)の罪人たち」は狙われていると伝えようとします。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第3話「こんな世界は、もうどうでもいい」感想行きます。

続きを読む

クジラの子らは砂上に歌う 第二節 「鯨(ファレナ)の罪人たち」

kjs2017101601クジラの子らは砂上に歌う 第二節 「鯨(ファレナ)の罪人たち」です。


うちのブログでの秋アニメラストは、「クジラの子らは砂上に歌う」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第一話は、世界観の説明と、「泥クジラ」の世界の後ろにある不穏な雰囲気についてが提示された感じです。そして、主人公のチャクロが、リコスと出会う様子が描かれました。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第2話「鯨(ファレナ)の罪人たち」感想行きます。

続きを読む

クジラの子らは砂上に歌う 第一節 「私たちの大事な世界の全てだった」

kjs2017100902クジラの子らは砂上に歌う 第一節 「私たちの大事な世界の全てだった」です。


うちのブログでの秋アニメラストは、「クジラの子らは砂上に歌う」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第1話「私たちの大事な世界の全てだった」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ