藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[か]◆このはな綺譚

このはな綺譚 第十二話 「大晦日の奇跡」

khk2017122102このはな綺譚 第十二話 「大晦日の奇跡です。

『このはな綺譚』です。どうしてこの作品を選んだかというと、あまり深い意味はないのですが、原作のコミックスの作者である天乃咲哉さんが、元々自分の大好きな『GOSICK -ゴシック-』のコミカライズを担当されていて、それが原作イラストの武田日向の雰囲気を良く捉えていて良かったからです。
といいながら、原作読んでないんですけれどね。

ということで、この作品の内容ですが、狐っ娘の柚が、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となって頑張る様子を描くというもののようです。
まぁ、恐らくは萌え要素が多い、ホンワカアニメになるのかなという気がしていますが、どういう感じでしょうか。


先週の第十一話は、AパートとBパートでお話しが別れた感じでした。
Aパートが女将のお話しですね。今まで影が薄いというか、後ろに廻っていた感じのあった女将ですが、今回は主役、いや主役はみんなか、しっかりとした引き立て役でした。
Bパートは、お菊ちゃんのお話しでした。ベタなお話しなんですが、かなり感動しちゃいました。特に、ラストに戻っていったところですね。

ということで、このはな綺譚 第12話 最終回「大晦日の奇跡」感想行きます。続きを読む

このはな綺譚 第十一話 「神様の休日」

khk2017121501このはな綺譚 第十一話 「神様の休日です。


忙しくて遅くなりました。なので簡単に。

『このはな綺譚』です。どうしてこの作品を選んだかというと、あまり深い意味はないのですが、原作のコミックスの作者である天乃咲哉さんが、元々自分の大好きな『GOSICK -ゴシック-』のコミカライズを担当されていて、それが原作イラストの武田日向の雰囲気を良く捉えていて良かったからです。
といいながら、原作読んでないんですけれどね。

ということで、この作品の内容ですが、狐っ娘の柚が、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となって頑張る様子を描くというもののようです。
まぁ、恐らくは萌え要素が多い、ホンワカアニメになるのかなという気がしていますが、どういう感じでしょうか。


先週の第十話は、AパートとBパートでお話しが別れた感じでした。ただ、通して皐ちゃんのお話しだったでしょうか。
というか、皐ちゃんと柚ちゃんの関係をしっかりとまとめ上げたって感じの回だったようにも思えます。今までもいい感じでしたが、それが一層深まったといいますか。

ということで、このはな綺譚 第11話 「神様の休日」感想行きます。続きを読む

このはな綺譚 第十話 「姉上襲来」

khk2017120701このはな綺譚 第十話 「姉上襲来です。


『このはな綺譚』です。どうしてこの作品を選んだかというと、あまり深い意味はないのですが、原作のコミックスの作者である天乃咲哉さんが、元々自分の大好きな『GOSICK -ゴシック-』のコミカライズを担当されていて、それが原作イラストの武田日向の雰囲気を良く捉えていて良かったからです。
といいながら、原作読んでないんですけれどね。

ということで、この作品の内容ですが、狐っ娘の柚が、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となって頑張る様子を描くというもののようです。
まぁ、恐らくは萌え要素が多い、ホンワカアニメになるのかなという気がしていますが、どういう感じでしょうか。


先週の第九話は、沬那美(あわなみ)という神様を中心にしたドタバタ劇でした。
今までになくギャグが多く入っていたように思えました。というか、今までになく、ギャグがきちんと笑えたという感じでしょうか。それはそれで、面白かったと思います。

ということで、このはな綺譚 第10話 「姉上襲来」感想行きます。続きを読む

このはな綺譚 第九話 「泡沫の・・・」

khk2017113001このはな綺譚 第九話 「泡沫(うたかた)の・・・です。


『このはな綺譚』です。どうしてこの作品を選んだかというと、あまり深い意味はないのですが、原作のコミックスの作者である天乃咲哉さんが、元々自分の大好きな『GOSICK -ゴシック-』のコミカライズを担当されていて、それが原作イラストの武田日向の雰囲気を良く捉えていて良かったからです。
といいながら、原作読んでないんですけれどね。

ということで、この作品の内容ですが、狐っ娘の柚が、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となって頑張る様子を描くというもののようです。
まぁ、恐らくは萌え要素が多い、ホンワカアニメになるのかなという気がしていますが、どういう感じでしょうか。


先週の第八話は、通してお客様側視点だったと思います。その視点で描くことで「此花亭」がどういう宿かが結構明確になったように思います。ちょっとイレギュラーな展開だったように思えます。
エピソードは結構感動的でした。前半の流れだけだとちょっとどうかなという感じですが、後半まで繋がるとそれががぜん活きてくるというのが良かったですね。

ということで、このはな綺譚 第9話 「泡沫の・・・」感想行きます。続きを読む

このはな綺譚 第八話 「かりそめの訪客」

khk2017112301このはな綺譚 第八話 「かりそめの訪客」です。


『このはな綺譚』です。どうしてこの作品を選んだかというと、あまり深い意味はないのですが、原作のコミックスの作者である天乃咲哉さんが、元々自分の大好きな『GOSICK -ゴシック-』のコミカライズを担当されていて、それが原作イラストの武田日向の雰囲気を良く捉えていて良かったからです。
といいながら、原作読んでないんですけれどね。

ということで、この作品の内容ですが、狐っ娘の柚が、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となって頑張る様子を描くというもののようです。
まぁ、恐らくは萌え要素が多い、ホンワカアニメになるのかなという気がしていますが、どういう感じでしょうか。


先週の第七話は、六話まででメンバー紹介がすんだということで、Aパートが柚ちゃんと皐ちゃん。Bパートが棗ちゃんと蓮ちゃんという組み合わせで、その隙をつく形で、桐さんと櫻ちゃんという、カップリングっぽいお話しになってました。
お盆をやったので、そろそろ本格的に「此花亭」の設定が明確になるかも。

ということで、このはな綺譚 第8話 「かりそめの訪客」感想行きます。続きを読む

このはな綺譚 第七話 「夏祭りの夜」

khk2017111602このはな綺譚 第七話 「夏祭りの夜」です。


『このはな綺譚』です。どうしてこの作品を選んだかというと、あまり深い意味はないのですが、原作のコミックスの作者である天乃咲哉さんが、元々自分の大好きな『GOSICK -ゴシック-』のコミカライズを担当されていて、それが原作イラストの武田日向の雰囲気を良く捉えていて良かったからです。
といいながら、原作読んでないんですけれどね。

ということで、この作品の内容ですが、狐っ娘の柚が、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となって頑張る様子を描くというもののようです。
まぁ、恐らくは萌え要素が多い、ホンワカアニメになるのかなという気がしていますが、どういう感じでしょうか。


先週の第六話は、主人公である「柚」ちゃんが中心となるお話しでした。
柚子ちゃんがどうやって比丘尼様のところにやってきて、どうして此花亭に奉公することになったのかだけではなくて、そもそも人間と「柚」ちゃんたち狐の関係はどうなっているのかとかが描かれました。
なかなか、いいお話しだったと思います。

ということで、このはな綺譚 第7話 「夏祭りの夜」感想行きます。続きを読む

このはな綺譚 第六話 「此花亭怪談」

khk2017110901このはな綺譚 第六話 「此花亭怪談」です。


『このはな綺譚』です。どうしてこの作品を選んだかというと、あまり深い意味はないのですが、原作のコミックスの作者である天乃咲哉さんが、元々自分の大好きな『GOSICK -ゴシック-』のコミカライズを担当されていて、それが原作イラストの武田日向の雰囲気を良く捉えていて良かったからです。
といいながら、原作読んでないんですけれどね。

ということで、この作品の内容ですが、狐っ娘の柚が、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となって頑張る様子を描くというもののようです。
まぁ、恐らくは萌え要素が多い、ホンワカアニメになるのかなという気がしていますが、どういう感じでしょうか。


先週の第五話は、「お菊」ちゃんの登場でした。呪い人形だったのですが、いつの間にか仲居として働くようになったようですね。
そしてBパート、素晴らしかったです。セピア色の配色とラストの虹の色との反転が凄くて、この泣きアニメでも出色の出来だったと思います。

ということで、このはな綺譚 第6話 「此花亭怪談」感想行きます。続きを読む

このはな綺譚 第五話 「梅雨(ばいう)送りし」

khk2017110201このはな綺譚 第五話 「梅雨(ばいう)送りし」です。


『このはな綺譚』です。どうしてこの作品を選んだかというと、あまり深い意味はないのですが、原作のコミックスの作者である天乃咲哉さんが、元々自分の大好きな『GOSICK -ゴシック-』のコミカライズを担当されていて、それが原作イラストの武田日向の雰囲気を良く捉えていて良かったからです。
といいながら、原作読んでないんですけれどね。

ということで、この作品の内容ですが、狐っ娘の柚が、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となって頑張る様子を描くというもののようです。
まぁ、恐らくは萌え要素が多い、ホンワカアニメになるのかなという気がしていますが、どういう感じでしょうか。


先週の第四話は、蓮ちゃんと棗ちゃんのお話しかと思わせつつ、実は此花亭そのものについて描くというような感じのお話しでした。
此花亭はこの世とあの世の間にある宿屋であることを見せて、おばあさんをしっかり旅立たせていました。
少し、普通の美少女アニメとはちょっと違うところを見せた感じではあります。

ということで、このはな綺譚 第5話 「梅雨送りし」感想行きます。続きを読む

このはな綺譚 第四話 「夢の浮き橋」

khk2017102601このはな綺譚 第四話 「夢の浮き橋」です。


『このはな綺譚』です。どうしてこの作品を選んだかというと、あまり深い意味はないのですが、原作のコミックスの作者である天乃咲哉さんが、元々自分の大好きな『GOSICK -ゴシック-』のコミカライズを担当されていて、それが原作イラストの武田日向の雰囲気を良く捉えていて良かったからです。
といいながら、原作読んでないんですけれどね。

ということで、この作品の内容ですが、狐っ娘の柚が、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となって頑張る様子を描くというもののようです。
まぁ、恐らくは萌え要素が多い、ホンワカアニメになるのかなという気がしていますが、どういう感じでしょうか。


先週の第三話は、蓮ちゃんと棗ちゃんのお話しでした。
蓮ちゃん視点で二人の出会いからを丁寧に描くという感じでしたが、今までの此花亭について説明していくという流れの一環だったと思います。

ということで、このはな綺譚 第4話 「夢の浮き橋」感想行きます。続きを読む

このはな綺譚 第三話 「恋待ち焦がれ」

khk2017101901このはな綺譚 第三話 「恋待ち焦がれ」です。


『このはな綺譚』です。どうしてこの作品を選んだかというと、あまり深い意味はないのですが、原作のコミックスの作者である天乃咲哉さんが、元々自分の大好きな『GOSICK -ゴシック-』のコミカライズを担当されていて、それが原作イラストの武田日向の雰囲気を良く捉えていて良かったからです。
といいながら、原作読んでないんですけれどね。

ということで、この作品の内容ですが、狐っ娘の柚が、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となって頑張る様子を描くというもののようです。
まぁ、恐らくは萌え要素が多い、ホンワカアニメになるのかなという気がしていますが、どういう感じでしょうか。


先週の第二話は、柚ちゃんもひとまず「此花亭」のお勤めに慣れたということでか、柚ちゃんそして彼女の教育係である皐ちゃんがお休みいただくというお話しでした。全体としては、皐ちゃんを中心としたお話しとなっていました。
今週は、他のメンバーのお話しですかね。

ということで、このはな綺譚 第3話 「恋待ち焦がれ」感想行きます。続きを読む

このはな綺譚 第二話 「春の旅路」

khk2017101202このはな綺譚 第二話 「春の旅路」です。


『このはな綺譚』です。どうしてこの作品を選んだかというと、あまり深い意味はないのですが、原作のコミックスの作者である天乃咲哉さんが、元々自分の大好きな『GOSICK -ゴシック-』のコミカライズを担当されていて、それが原作イラストの武田日向の雰囲気を良く捉えていて良かったからです。
といいながら、原作読んでないんですけれどね。

ということで、この作品の内容ですが、狐っ娘の柚が、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となって頑張る様子を描くというもののようです。
まぁ、恐らくは萌え要素が多い、ホンワカアニメになるのかなという気がしていますが、どういう感じでしょうか。


先週の第一話は、狐っ娘の柚ちゃんが、八百比丘尼から社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となるために送り込まれるお話しでした。柚ちゃんが旅館に奉公に上がる部分をメインに、Aパートは皐(さつき)ちゃん、Bパートは櫻ちゃんの紹介という感じでしょうか
なので、今週からが本番ですかね。

このはな綺譚 第2話 「春の旅路」感想行きます。続きを読む

このはな綺譚 第一話 「さくやこのはな」

khk2017100501このはな綺譚 第一話 「さくやこのはな」です。


うちのブログのこの秋アニメの第一弾は、『このはな綺譚』です。

どうしてこの作品を選んだかというと、あまり深い意味はないのですが、原作のコミックスの作者である天乃咲哉さんが、元々自分の大好きな『GOSICK -ゴシック-』のコミカライズを担当されていて、それが原作イラストの武田日向の雰囲気を良く捉えていて良かったからです。
といいながら、原作読んでないんですけれどね。

ということで、この作品の内容ですが、狐っ娘の柚が、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となって頑張る様子を描くというもののようです。
まぁ、恐らくは萌え要素が多い、ホンワカアニメになるのかなという気がしていますが、どういう感じでしょうか。


アニメの制作は、Lercheですか。自分が見ていたアニメでは、「魔法少女育成計画」とか「暗殺教室」とかですか。なかなか安定して面白いという印象なので、安心して楽しめそうです。

このはな綺譚 第1話 「さくやこのはな」感想行きます。続きを読む
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ