藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[さ]◆昭和元禄落語心中

昭和元禄落語心中 第五話

Rs01

昭和元禄落語心中 第五話です。

『昭和元禄落語心中』には、どうもサブタイトルはない感じですが、オープニングもあったりなかったり。結構好きなのに。

『昭和元禄落語心中』は、原作もちょっと読んでいて、面白そうかとおもってはいたんですが、そもそも落語家でない人がこの演技をしてもどうだろうと 思ったのと、もし落語部分だけを本職の人が差し替えても、違和感が出るだろうということで、当初は見ないつもりでした。ところが第一話の一時間スペシャル を見てみると、かなり面白くできているので、感想を書くことにしました。

第二話からは、過去編ということで、八雲師匠とその話に出ていた助六の物語に移りました。

先週のポイントは、菊比古と初太郎は二つ目になって、どうなるのかっていうところでしょうか。初太郎は、助六を襲名し上り調子で、演劇をやろうというところまで来ています。

一方の菊比古は、真面目が災いしてか、芸に悩み行き詰まっている状況です。師匠は、そんな菊比古が真面目すぎるからということで、みよ吉を紹介するという行動に出ます。

今週は芝居編でしょうか。

ということで、昭和元禄落語心中 第5話感想行きます。

続きを読む

昭和元禄落語心中 第四話

Rs01

昭和元禄落語心中 第四話です。

やはり『昭和元禄落語心中』には、どうもサブタイトルはない感じですね。

『昭和元禄落語心中』は、原作もちょっと読んでいて、面白そうかとおもってはいたんですが、そもそも落語家でない人がこの演技をしてもどうだろうと 思ったのと、もし落語部分だけを本職の人が差し替えても、違和感が出るだろうということで、当初は見ないつもりでした。ところが第一話の一時間スペシャル を見てみると、かなり面白くできているので、感想を書くことにしました。

第二話からは、過去編ということで、八雲師匠とその話に出ていた助六の物語に移りました。

先週のポイントは、当初落語にさほど興味を持っていなかった菊比古が落語にのめり込んでいく経緯を見せるという感じだったでしょうか。戦争を絡めて、落語ができなくなるという状況で、逆に落語を求めるという展開でした。そして、この戦争を乗り越えて菊比古と初太郎の関係は深まった感じですか。

今週は、二つ目になった二人がどうなっていくのかですか。

ということで、昭和元禄落語心中 第4話感想行きます。

続きを読む

昭和元禄落語心中 第三話

Rs01

昭和元禄落語心中 第三話です。

やはり『昭和元禄落語心中』には、どうもサブタイトルはない感じですね。

『昭和元禄落語心中』は、原作もちょっと読んでいて、面白そうかとおもってはいたんですが、そもそも落語家でない人がこの演技をしてもどうだろうと 思ったのと、もし落語部分だけを本職の人が差し替えても、違和感が出るだろうということで、当初は見ないつもりでした。ところが第一話の一時間スペシャルを見てみると、かなり面白くできているので、感想を書くことにしました。

先週からは、過去編ということで、八雲師匠とその話に出ていた助六の物語に移りました。

八雲師匠が、まだ少年のころに先代八雲に弟子入りするところから始まりました。そこにひょんなことから一緒に弟子入りしたのが助六でした。二人は、菊比古と初太郎の名前で高座に上がることになりますが、どうやら落語の腕には差があるようです。

ここから、どういう風に現代に続いていくのか、第一話の師匠の言葉につながっていくのかはまだ見えません。

ということで、昭和元禄落語心中 第3話感想行きます。

続きを読む

昭和元禄落語心中 第二話

Rs01

昭和元禄落語心中 第二話です。

『昭和元禄落語心中』には、どうもサブタイトルはないん感じですかね?

『昭和元禄落語心中』は、原作もちょっと読んでいて、面白そうかとおもってはいたんですが、そもそも落語家でない人がこの演技をしてもどうだろうと思ったのと、もし落語部分だけを本職の人が差し替えても、違和感が出るだろうということで、当初は見ないつもりでした。ところが見てみると、かなり面白くできているので、感想を書くことにしました。

先週は、一時間スペシャルということで、現代編ですね。「与太郎放浪篇」と題し、与太郎の失敗と成長をとおして、徐々に八雲に話を寄せていくという感じだったでしょうか。

今週からは、過去編ということで、八雲と話に出ていた助六の物語に移ることになります。

ということで、昭和元禄落語心中 第2話感想行きます。

続きを読む

昭和元禄落語心中 第一話 「与太郎放浪篇」

Rs01

昭和元禄落語心中 第一話 「与太郎放浪篇」です。

さて、土曜日のアニメ感想ですが、何を書こうかと一応梯子してみました。元々は、士郎政宗さん期待で『紅殻のパンドラ』かと思っていたんですが、まぁこれだと自分のブログで感想を書くタイプのアニメではないなということで切り換えました。『石膏ボーイズ』も面白かったのですが、なんといっても『昭和元禄落語心中』が、めちゃ面白かったので、そちらにしました。

原作もちょっと読んでいて、面白そうかとおもってはいたんですが、そもそも落語家でない人がこの演技をしてもどうだろうと思ったのと、もし落語部分だけを本職の人が差し替えても、違和感が出るだろうということで、当初は見ないつもりでした。ただ、一度見始めてみるとかなりの力作で面白かったので、やはりこちらにします。

今週は、一時間スペシャルで長かったですが、見始めるとあっという間ですし、見る価値は充分ですね。本当に声優さんはすごいですね。下手に落語家さんや俳優さんが声をあてなくて良かったと思いますよ。

ということで、昭和元禄落語心中 第1話 「与太郎放浪篇」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ