藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[ら]◆六花の勇者

六花の勇者 第十二話「解明の時」

6ky02_2

六花の勇者 第十二話「解明の時」です。

アニメ『六花の勇者』ですが、面白く見てはいるのですけれど、どうしても感想書く曜日が一定にできません。今週も水曜日です。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。 ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもありま す。

展開のペースとしては、今週の第十話で、恐らく第一巻の終盤のいわゆる「転」の展開に入るという感じです。このペースで行くと、一巻だけで1クールですね

先週の第十一話では、相変わらず謎解きが続くというか、単独追い詰めらたアドレットが謎解きで挽回を試みるという展開でした。さらに、ずっとアドレットが七人目だと疑い追い詰めようとしていたモーラの判断が間違っていることを、アドレットが証明して見せました。

そうなると、後は七人目はだれかということだけがポイントになりますでしょうか。もう、今週で最終回ですしね。

ということで、六花の勇者 第12話最終回「解明の時」感想行きます。

続きを読む

六花の勇者 第十一話「反攻」

6ky01

六花の勇者 第十一話「反攻」です。

アニメ『六花の勇者』ですが、面白く見てはいるのですけれど、どうしても感想書く曜日が一定にできません。今週も水曜日です。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。 ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもありま す。

展開のペースとしては、今週の第十話で、恐らく第一巻の終盤のいわゆる「転」の展開に入るという感じです。このペースで行くと、一巻だけで1クールですね

先週の第十話では、相変わらず謎解きが続くというか、唯一の味方だったハンスがモーラとチャモの軍門に下るというか拘束され、アドレットが単独追い詰められかけたところで、フレミーが仲間になったという感じですか。

今週は、いよいよ追い詰められたアドレットが反撃に出て、恐らくは謎解きが始まるという感じだと思われますが、それだと尺が余りそうなきもするなぁ。

ということで、六花の勇者 第11話「反抗」感想行きます。

続きを読む

六花の勇者 第十話「絶体絶命」

6ky01

六花の勇者 第十話「絶体絶命」です。

アニメ『六花の勇者』ですが、面白く見てはいるのですけれど、どうしても感想書く曜日が一定にできません。今週は水曜日です。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。 ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもありま す。

展開のペースとしては、今週の第十話で、恐らく第一巻の終盤のいわゆる「転」の展開に入るという感じです。このペースで行くと、一巻だけで1クールですね。ところで、二クールという噂も聞いたのですが、どうなんでしょう?

先週の第九話では、相変わらず謎解きが続くというか、お互いを疑い人間関係が混沌とするという感じでした。相変わらずアドレットは、フレミーフレミーといった感じで、一人お花畑な感じもしますけれど。

今週は、そのアドレットがまさにフレミーと相まみえるという感じで、いよいよ大詰め感が高まってきます。一方、相変わらずさまよう姫様とは、どういう感じになるのでしょうか。

ということで、六花の勇者 第10話「絶体絶命」感想行きます。

続きを読む

六花の勇者 第九話「疑惑の蕾」

6ky01

六花の勇者 第九話「疑惑の蕾」です。

アニメ『六花の勇者』ですが、面白く見てはいるのですけれど、どうしても感想書く曜日が一定にできません。今週は火曜日です。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。 ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもありま す。

展開のペースとしては、今週の第九話で、恐らく第一巻の終盤に入るという感じです。このペースで行くと、一巻だけで1クールを使い切ろうという感じですね。

先週の第八話では、アドレッドとハンスが戦って、二人がひとまず分かり合うという展開でした。さらには、ハンスはアドレッドの仲間になって一緒に行動するということになりました。

そして、その二人がぶつかったのがチャモでした。それでも、あのチャモの技がどうしても強く思えないんですよねぇ。

今週は、その闘いの続きからです。

ということで、六花の勇者 第9話「疑惑の蕾」感想行きます。

続きを読む

六花の勇者 第八話「凡人と天才」

6ky01_2

六花の勇者 第八話「凡人と天才」です。

アニメ『六花の勇者』ですが、面白く見てはいるのですけれど、どうしても感想書く曜日が一定にできません。今週は月曜日です。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。 ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもありま す。

展開のペースとしては、先週の第七話まで終わって、まだ第一巻の後半に入ったところです。このペースで行くと、一巻だけで1クールを使い切ろうという感じですね。

先週の第七話では、フレミーを人質にして逃げ出したアドレッドの二人が凶魔というか魔神と戦う決意をした理由を語り合う展開でした。フレミーとアドレッドは、分かり合えたのでしょうか?

そして、フレミーが戻った六花の勇者たちは、分かれてアドレッドを追い詰めるという展開になりました。

ナッシェタニア姫は、ハンスを怪しんでいるようですけれど、そのハンスはアドレッドと邂逅するという展開になりました。最強は天才を乗り越えられるのかという感じですか。

ということで、六花の勇者 第8話「凡人と天才」感想行きます。

続きを読む

六花の勇者 第七話「二人の理由」

6ky01

六花の勇者 第七話「二人の理由」です。

アニメ『六花の勇者』ですが、面白く見てはいるのですけれど、どうしても感想書く曜日が一定にできません。今週は火曜日です。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもあります。

展開のペースとしては、先週の第六話まで終わって、まだ第一巻の中盤から後半です。このペースで行くと、1クールは2巻分までも行かないですね。ただ、一巻だけだと、ちょっと尺が余りそうな。アニメとしては1クールですよね?

先週の第六話では、六人のはずの「六花の勇者」が七人いて、その七人目がアルドレッドではないかという疑いに、皆が落ち込んでいく様子が描かれました。彼が七人目ではないと言っているのは、本人とナッシェタニア姫だけですね。姫の本心はわかりませんが。

そして、アルドレッドは、フレミーを人質にして逃げ出すわけですが、フレミーが簡単に人質になるとは思えないので、フレミーのアドレッドを疑う言葉が本心かどうかも怪しいですね。

そして、今週は、逃げ出したアドレッドとフレミーがどういう行動を採るか、アルドレッドに逆転の手段はあるのかというところをやるのでしょうか。

ということで、六花の勇者 第7話「二人の理由」感想行きます。

続きを読む

六花の勇者 第六話「罠と潰走」

6ky01

六花の勇者 第六話「罠と潰走」です。

土曜日放映のアニメ『六花の勇者』ですが、感想は月曜日に書くことにしていました。ただ、今週は、ちょっとかなり忙しくて、予定通りに書くことができませんでした。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。

公式ページのトップに書かれているので、隠す必要はないと思いますが、集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもあります。

先週の第五話まで終わって、まだ第一巻の中盤から後半です。このペースで行くと、1クールは2巻分ぐらいになるのでしょうか?アニメとしては1クールですよね?

先週の第五話では、六人のはずの「六花の勇者」が七人いるという問題に立ち向かうというエピソードでした。そしてもう一つ、「六花の勇者」それぞれの自己紹介といいますか、キャラクター紹介という感じだったでしょうか。

特に、フレミーについてがポイントですよね。ヒロインですし。

そして、今週は霧幻結界の謎解きと、七人目の勇者の本格的な謎解きに取りかかるというエピソードになるんでしょうね。

ということで、六花の勇者 第6話「罠と潰走」感想行きます。

続きを読む

六花の勇者 第五話「七人目の勇者」

6ky02

六花の勇者 第五話「七人目の勇者」です。

土曜日放映のアニメ『六花の勇者』ですが、感想は月曜日に書くことにしています。どうやら、アニメ自体もじっくりタイプのようなので、感想もじっくりということで。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。

公式ページのトップに書かれているので、隠す必要はないと思いますが、集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもあります。

先週の第三話も、一話同様に原作で行くと30~40頁分でしたか。このペースで行くと、1クールは2巻分ぐらいになるのでしょうか?アニメとしては1クールですよね?

先週の第四話では、離ればなれに行動していた、アドレッドとナッシェタニア姫が合流し、そしていよいよ「六花の勇者」が集う場面が描かれました。色々と曲者が多そうですが、そのメンバー紹介は、恐らくもう一度あるでしょう。

それよりも、霧幻結界への突入の方がポイントだったかもしれません。そこはこの物語り自体のポイントでもあるので、是非ご確認を。

そして、今週はそれらを踏まえてという感じでしょうか。

ということで、六花の勇者 第5話「七人目の勇者」感想行きます。

続きを読む

六花の勇者 第四話「勇者集結」

6ky01

六花の勇者 第四話「勇者集結」です。

土曜日放映のアニメ『六花の勇者』ですが、感想は月曜日に書くことにしています。どうやら、アニメ自体もじっくりタイプのようなので、感想もじっくりということで。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。

公式ページのトップに書かれているので、隠す必要はないと思いますが、集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもあります。

先週の第三話も、一話同様に原作で行くと30~40頁分でしたか。このペースで行くと、1クールは2巻分ぐらいになるのでしょうか?アニメとしては1クールですよね?

先週の第三話では、主人公アドレットとフレミーとの関係作りがメインだったように思えます。「六花殺し」と呼ばれているフレミーとどう関係を作っていくか、そこが描かれていました。

そして、その裏側でナッシェタニア姫とゴルドフの関係が描写されました。ただ、ナッシェタニア姫はアドレッドのことばかり語っていましたけれどね。

今週は、「六花の勇者」が集合するようですが。

ということで、六花の勇者 第4話「勇者集結」感想行きます。

続きを読む

六花の勇者 第三話「六花殺しの少女」

6y01

六花の勇者 第三話「六花殺しの少女」です。

土曜日放映のアニメ『六花の勇者』ですが、感想は月曜日に書くことにしています。どうやら、アニメ自体もじっくりタイプのようなので、感想もじっくりということで。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。

公式ページのトップに書かれているので、隠す必要はないと思いますが、集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもあります。

先週の第二話も、一話同様に原作で行くと30~40頁分でしたか。このペースで行くと、1クールは2巻分ぐらいになるのでしょうか?ちょっと原作的には、切りが悪いかも。

先週の第二話では、主人公アドレットとナッシェタニア姫が、いよいよ凶魔との対決に向かう展開でした。二人して旅に出たわけです。そして、凶魔と出会い初陣を勝利で飾りました。

そんな展開だったのですが、このアニメのメインはバトルだけというわけではないので、二人の旅の合間に、二人の新しい六花と出会いました。ただし、アドレットとナッシェタニア姫が離れ離れになったあとで、そしてその新しい六花フレミーが「六花殺し」であると、ゴルドフから告げられます。

今週は、フレミーの正体あたりがポイントになるのでしょうか。

ということで、六花の勇者 第3話「六花殺しの少女」感想行きます。

続きを読む

六花の勇者 第二話「初めての旅」

6ky01

六花の勇者 第二話「初めての旅」です。

土曜日放映のアニメ『六花の勇者』ですが、感想は月曜日に書くことにしています。どうやら、アニメ自体もじっくりタイプのようなので、感想もじっくりということで。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。

公式ページのトップに書かれているので、隠す必要はないと思いますが、集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもあります。

先週の第一話では、原作で行くと30~40頁分でしたか。原作でも導入ということで、色々と世界観の説明があったりして、程々にテンポがよかった気もします。

世界観といいますと、「六花の勇者」の存在とその意味、そしてその目指すところと行ったところですか。主人公であるアドレットも癖のある人物として登場し、可愛いナッシェタニア姫も登場して、ひとまず良いスタートだったと思います。

今週も楽しみです。

ということで、六花の勇者 第2話「初めての旅」感想行きます。

続きを読む

六花の勇者 第一話「地上最強の男」

Ry01

六花の勇者 第一話「地上最強の男」です。

土曜日に自分の中で注目しているアニメが集まっていて、『WORKING!!!』と『Charlotte -シャーロット-』に押し出された感じの『六花の勇者』です。アニメの出来次第ではどれを優先して書くかを考えたいとは思いますが、逆にずれた方がじっくり書けていいかもしれません。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。

公式ページのトップに書かれているので、隠す必要はないと思いますが、集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語りでもあります。

自分のような年寄りのマンガ/アニメファンからすると、当然萩尾望都さんの『11人いる!』を思い出すわけですが、原作でもそのような雰囲気があってなかなか面白いです。

また、原作の宮城さんのイラストが独特なので、その辺りをアニメでどう再現してくれるかが楽しみだったりします。

ということで、六花の勇者 第1話「地上最強の男」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ