藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[A-Z]◆Charlotte-シャーロット-

Charlotte -シャーロット- 第13話「これからの記録」

St01

Charlotte -シャーロット- 第13話「これからの記録」です。

いよいよ最終回を迎える『Charlotte -シャーロット-』です。広げた風呂敷を見事畳むことができるのでしょうか。いや、先週時点で、その辺りの辻褄合わせはあまりする気はないんだろうなとは思えますが、無事着地してくれることを祈ります。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフです。それもあって、かなり期待されていた感じです。

第12話は、収集した能力を使ってテロリストに立ち向かってた有宇が、その暴力の前に破れ去りタイムリープ能力を失うという事実から始まりました。絶望的な状態に陥った有宇たちでしたが、友利の発言を契機に、世界中の能力者の能力を奪い去るという行動に出ることにします。

展開が唐突なのはともかく、あと1話でこれを終わらせて、着地させることができるのかがポイントでしょうか。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第13話最終回「これからの記録」感想行きます。

続きを読む

Charlotte -シャーロット- 第12話「約束」

Ct02

Charlotte -シャーロット- 第12話「束」です。

いよいよ終盤の展開となってきた『Charlotte -シャーロット-』です。いよいよ大詰めが近づいてきましたが、広げた風呂敷を見事畳むことができるのでしょうか。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第11話は、起承転結の「転」的な展開だった気がしますが、いきなり過ぎた気がしました。今までは科学者たちを敵と定義付けていましたが、それをテロ集団としておけば良かっただけな気がします。それだけで上手くまとまったと思いますが。

ただそれよりも、有宇が、収集した能力を使ってテロリストに立ち向かって破れ去るというのが新しいポイントだったりしますか。タイムリープ能力を失った有宇たちは、この事態をどう収拾するのかが「結」になるのでしょうか?

ということで、Charlotte -シャーロット- 第12話「約束」感想行きます。

続きを読む

Charlotte -シャーロット- 第11話「シャーロット」

Ch01

Charlotte -シャーロット- 第11話「シャーロット」です。

いよいよ終盤の展開となってきた『Charlotte -シャーロット-』です。先週は、隼翼が自分がタイムリープ能力を使って何をしてきたかを語った回でした。詰まり謎解き回ですかね。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第10話は、謎解き回だったとかきましたが、それよりも有宇がやったことの方が、重要でしょうか。歩未ちゃんを救うために、必要な能力を収集して過去を改変する。オープニングではないですが、まさに怪物に近い能力を手に入れたわけですね。

そうして歩未ちゃんは命を救われました。ただ、歩未ちゃん以外にとって、それが本当に幸福な事なのか、どこにも描写されないので気になります。

少なくとも、有宇と友利ちゃんが出会って、共に過ごした日々は、リセットされたわけで、それで本当にいいのか気になります。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第11話「シャーロット」感想行きます。

続きを読む

Charlotte -シャーロット- 第10話「略奪」

Ch01

Charlotte -シャーロット- 第10話「奪」です。

いよいよ終盤の展開となってきた『Charlotte -シャーロット-』です。先週は、今までの伏線回収回の始まりという感じでしたか。追い込み切れるんでしょうかね。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第9話は、伏線回収回の始まりだったと描きましたが、回収というより、色々とあった謎の説明がなされたという感じでしょうか。それが、有宇の兄の隼翼の口から語られました。

そんな中での一番のポイントは、隼翼の能力でしょう。タイムリープ。ここ最近アニメ界ではやりの能力ですね。

この能力で、能力者たちを救おうということになるんでしょうけれど、問題のありそうな能力をどう扱うのか気になります。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第10話「略奪」感想行きます。

続きを読む

Charlotte -シャーロット- 第9話「ここにない世界」

Ct01

Charlotte -シャーロット- 第9話「ここにない世界」です。

いよいよ終盤の展開となってきた『Charlotte -シャーロット-』ですが、先週は、ちょっと幕間だったように思いました。あまり本編とは関係なさそうな。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第8話は、学校に戻ってきた有宇とZHIENDのボーカルであるサラ・シェーンとの邂逅という回でした。ただ、その邂逅にどういう意味があるのかは語られませんでしたが。もちろん、前半の「How-Low-Hello」のPVは、おまけですよね。

そんな中での一番のポイントは、有宇が聴いているZHIENDの音楽を懐かしいと言っていたところですかね。

恐らくは、ZHIENDの音楽が何か鍵になっているということなんでしょうけれど。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第9話「ここにない世界」感想行きます。

続きを読む

Charlotte -シャーロット- 第8話「邂逅」

Ch02

Charlotte -シャーロット- 第8話「逅」です。

先々週の第6話で急展開があった『Charlotte -シャーロット-』ですが、先週もそれを受けてかなり重い展開だったようには思います。その内容の是非は置いておいて。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第7話は、妹ちゃんの事件(事故?)を受けて、沈み込んでいく有宇を描くというものだったと思います。妹ちゃんを物語りをすすめるためのスケープゴードとして使用することになるのであれば、どうしても有宇の心情を救っておく必要があるからでしょう。

そんな中での一番のポイントは、有宇と友利ちゃんの間が、ちょっと縮まったように見えたということでしょう。有宇の気持ちを理解して、彼を救おうとして行動したのは、友利ちゃんだけではなかったと思いますが、なぜ彼女だけがというのは、お兄さんのこともあるからでしょうか。

さて、今週は「崩壊」から「日常」に戻ってきた有宇が、一体何を考えて生きていくのかが気になりますが、物語りは恐らくそういう展開ではなく彼を取り巻く何かが動き出していくという展開なんでしょう。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第8話「邂逅」感想行きます。

続きを読む

Charlotte -シャーロット- 第7話「逃避行の果てに」

Ch01

Charlotte -シャーロット- 第7話「行のてにです。

先週の第6話で急展開があった『Charlotte -シャーロット-』です。今週もちょっと今までの週と順序が違いますが、一先ず見れたものから感想を書いておきます。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第6話は、起承転結の「転」だったのでしょうか。それとも、ここからが「起」なんでしょうか。

一番のポイントは、妹ちゃんが能力を発動させたことでしょうね。今までも、兄妹ではどちらにも能力が発動する的なことがずっと描写されていましたが、それが実を結んだ(?)感じでしょうか。

そして、「崩壊」巻き込まれた有宇ということになりますが、自分はループものだとは思っていないので、どこまで影響があったのか気になっています。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第7話「逃避行の果てに」感想行きます。

続きを読む

Charlotte -シャーロット- 第6話「気づかなかった幸せ」

St01

Charlotte -シャーロット- 第6話「気づかなかったです。

いよいよ以前から急展開(?)の予告がされていた第6話を迎える『Charlotte -シャーロット-』です。ちょっと今までの週と順序が違いますが、一先ず見れたものから感想を書いておきます。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第5話は、溜め回という感じだったでしょうか。

一番のポイントは、妹ちゃんの風邪ひきでもなくって、有宇が見た夢と言うことでしょうか。もう一つ、有宇があの飛行能力者の力をコントロールしたことですかね。

夢の中には、今まで見ていない人物も出てきましたが、オープニングの夜のビルの5人の1人でしょうか気になりますね。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第6話「気づかなかった幸せ」感想行きます。

続きを読む

Charlotte -シャーロット- 第5話「いつか聴いた音」

Ch01

Charlotte -シャーロット- 第5話「いつか聴いた音」です。

第4話まで来ましたが、先週は野球回を挟むという、つつものKeyアニメという感じの『Charlotte -シャーロット-』です。噂では第6話が転機ということらしいので、今週は溜め回ですかね。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第4話は、先ほど書いた通り野球回という感じでした。ちょっと今までの中では今一つな感じがしたのは、野球の扱いがぞんざいという感じがしたからでしょう。プロを目指す人間と、そうでない人間には、絶対的に差があるという認識なので。

全体としては、柚咲ちゃんが生徒会に加わって、彼らの活動がルーチンワーク化してきているという感じがします。ただ、有宇に何か変化が出てきているように感じられたのが一つのポイントだったのでしょうか。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第5話「いつか聴いた音」感想行きます。

続きを読む

Charlotte -シャーロット- 第4話「刹那の本気」

Ct01

Charlotte -シャーロット- 第4話「刹那の本気」です。

第3話まで来ましたが、先週はちょっと期待が大きかった分ペースダウンかもという感じのした『Charlotte -シャーロット-』です。ひとまず登場人物が揃ったので、今週からが勝負なんでしょうか。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第3話は、柚咲ちゃんの登場回でした。彼女が新しい能力者ということですが、友利ちゃんが生徒会に誘う基準って何かあるのでしょうか。

先々週のお兄さんの回で、この学校の存在意義、そして友利ちゃんたち生徒会が、どうしてこういう活動をしているのかが説明されたわけですが、個人的にはうまく繋がってこないです。先週の柚咲ちゃんは、大々的に能力を使ったので、彼女を守るためだったのかもしれませんが。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第4話「刹那の本気」感想行きます。

続きを読む

Charlotte -シャーロット- 第3話「恋と炎」

Ch02

Charlotte -シャーロット- 第3話「恋炎」です。

第2話まで来ましたが、全般に好評な感じがする『Charlotte -シャーロット-』です。先週は、ちょっと鬱展開というか、物語の核心に触れる演出があったからでしょうか。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第2話は、友利ちゃんの過去掘りという感じで、若干の鬱展開だったかと思います。友利ちゃんが、お兄さんを科学者たちに壊され、そして自分も含めてその科学者からどう逃げ出したかが描かれました。

この学校の存在意義、そして友利ちゃんたち生徒会が、どうしてこういう活動をしているのかに繋がったわけですね。それが生徒会活動の行動理由の結論になるのかは、個人的には怪しいと思っていますけれど。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第3話「恋と炎」感想行きます。

続きを読む

Charlotte -シャーロット- 第2話「絶望の旋律」

Ch01

Charlotte -シャーロット- 第2話「絶望の律」です。

第1話はおおむね好評だったようですが、いつものように美少女ゲーム系に拒否反応のある方にはちょっと引かれ気味だったような気がする『Charlotte -シャーロット-』です。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第1話は、主人公たちの特殊な能力がクローズアップされながら、主人公の鬼畜っぷりが面白く描かれたというイメージでしょうか。なかなか、面白かったと思いますが、妹ちゃんをどう判断して良いかが難しいです。

それよりも、主人公たちの家族がいないとか、彼らの能力には、どこか欠陥があるとか、負の演出が気になってしまうのは、Keyアニメだと身構えてしまっているからでしょうか?

今週は、能力についてのもう少し突っ込んだ説明がありそうな気がします。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第2話「絶望の旋律」感想行きます。

続きを読む

Charlotte -シャーロット- 第1話「我 他人を思う」

Ch01

Charlotte -シャーロット- 第1話「我 他人をう」です。

今期夏アニメ第3弾、『Charlotte -シャーロット-』です。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じですが、関東圏の放映がTBSでないのは、製作グループの関係カナ?

予告編を見る限りは、今までのKey作品よりはハードなSF寄りっぽい感じがしましたし、実際事前特番でもSFっぽい発言があったので、Keyのギャグとお涙頂戴部分にあまり耐性のない自分でも楽しめるかもと思っていますがどうでしょうか。

まぁ、Keyなのでどうしてもエロゲーム臭は抜けないでしょうから、好き嫌いは分かれそうな感じがしますが、概してレベルは高い作品になるのではと期待しています。

あとは、お得意の劇中ソングですか。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第1話「我 他人を思う」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ