藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[ら]◆ラブライブ!

ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #6「Aqours Wave」

lls2017111202ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #6「Aqours Wave」です。


『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、今までも感想書いていますし、昔ほどではないにせよ、スクフェスもやっていますから、まずは感想を書きます。

その『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、1期が始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのですが、見ていくとやはり面白かったです。アニメのストーリーや構成も、映像も、多分音楽も当初よりもランクアップしているので、当然といえば当然ですよね。


そして、ひとまずは、μ'sからAqoursへの切り替わりも成功したのかななんて思っていましたが、昨今のスクフェスの動きを見ていると、μ's復活もある感じでしょうか。今期のアニメに出てくるのかというと、ちょっと設定的に無理があるので、別次元っていう感じなんでしょうかね。


物語としては、『ラブライブ!サンシャイン!!』一期のラストで、浦の星女学院Aqoursのメンバーは『ラブライブ!』地区予選大会に向かったのですが、そこで勝ち抜くことができずに終わります。ただ、学校説明会への応募人数は“0”から“10”になったということで、希望をつなぐラストだったわけですね。

先週の第五話は、ラブライブ!の次の段階に進もうとするAqoursのメンバーたちを描くというよりも、津島善子ちゃんの深掘りと、彼女の対比としての桜内梨子ちゃんを描くという感じだったと思います。
個人的には、
梨子ちゃん×善子ちゃんよりも、梨子ちゃん×千歌ちゃんを期待しているのですけれどね。
そろそろ
ラブライブ!に向かって進む様子をしっかりみたいんですけれど、今週のサブタイトルからすると期待できそうでしょうか。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 第六話「Aqours Wave」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #5「犬を拾う。」

lls2017110502ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #5「犬を拾う。」です。


タイトルは本当にこれでいいのかな?


『ラブライブ!サンシャ

イン!!』ですが、今までも感想書いていますし、昔ほどではないにせよ、スクフェスもやっていますから、まずは感想を書きます。

その『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、1期が始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのですが、見ていくとやはり面白かったです。アニメのストーリーや構成も、映像も、多分音楽も当初よりもランクアップしているので、当然といえば当然ですよね。


そして、ひとまずは、μ'sからAqoursへの切り替わりも成功したのかななんて思っていましたが、昨今のスクフェスの動きを見ていると、μ's復活もある感じでしょうか。今期のアニメに出てくるのかというと、ちょっと設定的に無理があるので、別次元っていう感じなんでしょうかね。


物語としては、『ラブライブ!サンシャイン!!』一期のラストで、浦の星女学院Aqoursのメンバーは『ラブライブ!』地区予選大会に向かったのですが、そこで勝ち抜くことができずに終わります。ただ、学校説明会への応募人数は“0”から“10”になったということで、希望をつなぐラストだったわけですね。

先週の第四話は、ラブライブ!予備予選と学校説明会のライブの日程が重なるという絶体絶命のピンチを乗り越えたAqoursが、その予備予選を通過できるかどうかというお話しになるのかと思っていました。
しかしそこはあっさりで、予選を通過して沸き上がるAqoursの裏で、黒澤ダイヤちゃんが一人もんもんとする展開でした。
まぁ、これで、ダイヤちゃんも仲間入りという感じでしたね。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 第五話「犬を拾う。」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #4「ダイヤさんと呼ばないで」

lls2017102902ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #4「ダイヤさんと呼ばないで」です。


タイトルは本当にこれでいいのかな?ですわ?


『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、今までも感想書いていますし、昔ほどではないにせよ、スクフェスもやっていますから、まずは感想を書きます。

その『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、1期が始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのですが、見ていくとやはり面白かったです。アニメのストーリーや構成も、映像も、多分音楽も当初よりもランクアップしているので、当然といえば当然ですよね。


そして、ひとまずは、μ'sからAqoursへの切り替わりも成功したのかななんて思っていましたが、昨今のスクフェスの動きを見ていると、μ's復活もある感じでしょうか。今期のアニメに出てくるのかというと、ちょっと設定的に無理があるので、別次元っていう感じなんでしょうかね。


物語としては、『ラブライブ!サンシャイン!!』一期のラストで、浦の星女学院Aqoursのメンバーは『ラブライブ!』地区予選大会に向かったのですが、そこで勝ち抜くことができずに終わります。ただ、学校説明会への応募人数は“0”から“10”になったということで、希望をつなぐラストだったわけですね。

先週の第三話では、学校説明会の日程が変更されて、ラブライブ!予備予選と学校説明会のライブの日程が重なってしまい、両方に参加できなくなるというお話しでした。
結局あれやこれやで間に合って、ラブライブ!予備予選では、新曲『MY舞☆TONIGHT』、学校説明会では『君のこころは輝いてるかい?』のライブを披露しました。ライブシーン良かったです。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 第四話「ダイヤさんと呼ばないで」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #3「虹」

lls2017102201ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #3「虹」です。


タイトルは本当にこれでいいのかな?ピギィ?


『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、今までも感想書いていますし、昔ほどではないにせよ、スクフェスもやっていますから、まずは感想を書きます。

その『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、1期が始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのですが、見ていくとやはり面白かったです。アニメのストーリーや構成も、映像も、多分音楽も当初よりもランクアップしているので、当然といえば当然ですよね。


そして、ひとまずは、μ'sからAqoursへの切り替わりも成功したのかななんて思っていましたが、昨今のスクフェスの動きを見ていると、μ's復活もある感じでしょうか。今期のアニメに出てくるのかというと、ちょっと設定的に無理があるので、別次元っていう感じなんでしょうかね。


物語としては、『ラブライブ!サンシャイン!!』一期のラストで、浦の星女学院Aqoursのメンバーは『ラブライブ!』地区予選大会に向かったのですが、そこで勝ち抜くことができずに終わります。ただ、学校説明会への応募人数は“0”から“10”になったということで、希望をつなぐラストだったわけですね。

先週の第ニ話では、一年生チームと三年生チームが中心のお話しでした。
先々週が二年生チームのキャラクター紹介だったのを受けて、一年生チームと三年生チームのキャラクター紹介という感じでした。
そして、例によってラストで、何か起こったというところで今週に続くとなったわけです。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 第三話「虹」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #2「雨の音」

lls2017101501ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #2「ネクストステップ」です。


タイトルはこれでいいんずらか?


『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、今までも感想書いていますし、昔ほどではないにせよ、スクフェスもやっていますから、まずは感想を書きます。

その『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、1期が始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのですが、見ていくとやはり面白かったです。アニメのストーリーや構成も、映像も、多分音楽も当初よりもランクアップしているので、当然といえば当然ですよね。


そして、ひとまずは、μ'sからAqoursへの切り替わりも成功したのかななんて思っていましたが、昨今のスクフェスの動きを見ていると、μ's復活もある感じでしょうか。今期のアニメに出てくるのかというと、ちょっと設定的に無理があるので、別次元っていう感じなんでしょうかね。


物語としては、『ラブライブ!サンシャイン!!』一期のラストで、浦の星女学院Aqoursのメンバーは『ラブライブ!』地区予選大会に向かったのですが、そこで勝ち抜くことができずに終わります。ただ、学校説明会への応募人数は“0”から“10”になったということで、希望をつなぐラストだったわけですね。

先週の第一話では、一期の続きからということで、浦の星女学院廃校の危機というのはそのままで、それどころか、それがさらに進んで、統廃校決定というところから始まりました。
「ラブライブ!」イベントの開催は決まっているんですが、その統廃校が引っかかってどうするかが決まらないAqoursがどうするかがメインだったと思います。
予想通り、ひとまず前に進もうとなって、今週ですか。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 第二話「雨の音」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #1「ネクストステップ」

lls2017100801ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #1「ネクストステップ」です。


秋アニメ第3弾は、『ラブライブ!サンシャイン!!』です。


タイトルはこれでいいんでしょうか?がうがう。


今までも感想書いていますし、昔ほどではないにせよ、スクフェスもやっていますから、まずは感想を書きます。


『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、1期が始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのですが、見ていくとやはり面白かったです。アニメのストーリーや構成も、映像も、多分音楽も当初よりもランクアップしているので、当然といえば当然ですよね。


そして、ひとまずは、μ'sからAqoursへの切り替わりも成功したのかななんて思っていましたが、昨今のスクフェスの動きを見ていると、μ's復活もある感じでしょうか。今期のアニメに出てくるのかというと、ちょっと設定的に無理があるので、別次元っていう感じなんでしょうかね。


物語としては、『ラブライブ!サンシャイン!!』一期のラストで、浦の星女学院Aqoursのメンバーは『ラブライブ!』地区予選大会に向かったのですが、そこで勝ち抜くことができずに終わります。ただ、学校説明会への応募人数は“0”から“10”になったということで、希望をつなぐラストだったわけですね。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 第一話「ネクストステップ」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #13「サンシャイン!!」

Lls01

ラブライブ!サンシャイン!! #13「サンシャイン!!」です。

『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのも確かでした。ただ、やっぱり見 ていくと面白いです。そして、上手くμ'sやA-RISEを絡めてあって、その面からの興味も引き継がれる形になっています。ここ2~3回は、集大成的にそのまとめが描かれていて、とても面白かったです。

シリーズアニメとして、無印の1期2期、そしてこのサンシャイン!!へと続いてきたわけですが、明らかにアニメ自体のお話としての面白さは、上がってきているように思われます。無印は、キャラと楽曲主体でムーブメントを起こしたわけですが、アニメだけならばこちらが上回っていているように思います。ただ曲的には、今週のオリコンウィークリーランキングで2位だったのですが、枚数的にはμ'sの最盛期の1/3ぐらいですから。

さて、その先週の第十二話は、ラブライブ!予選に合格したAqoursですが、浦の星女学院の学校説明会への応募人数は、“0”だという現実が目の前に突き付けられるというところから始まります。Aqoursのメンバーが、東京でμ'sの軌跡を追うことで、それに立ち向かう決意をするという展開でした。

そして、今週はいよいよ最終回です。ちょっと感動のインフレっぽくなっていますが、どうまとめてくれるのでしょうか。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第十三話最終回「サンシャイン!!」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #12「はばたきのとき」

Lls01

ラブライブ!サンシャイン!! #12「はばたきのとき」です。

『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのも確かでした。ただ、やっぱり見 ていくと面白いです。そして、上手くμ'sやA-RISEを絡めてあって、その面からの興味も引き継がれる形になっています。ストーリーも微妙にμ'sの 軌跡をなぞったりしているのが、ポイントだと思っていました。

ただそれですと、『ラブライブ!サンシャイン!!』のお話になっていないということで、前作を越えられないことになってしまいます。その辺りをどうするかですが、実はそれが伏線で、そのまま今週のお話しに繋がっているとやられました。そこは、後でまとめるとします。

さて、先週の第十一話は、ラブライブ予選が開始でした。梨子ちゃんが抜けてどう展開するのかとかと思いましたが、梨子ちゃんはピアノコンクール、Aqoursは残った8人でラブライブに向かう展開でした。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第十二話「はばたきのとき」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #11「友情ヨーソロー」

Lls02

ラブライブ!サンシャイン!! #11「友情ヨーソロー」です。

今週は色々あって、もろもろ大幅に出遅れました。

『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのも確かでした。ただ、やっぱり見 ていくと面白いです。そして、上手くμ'sやA-RISEを絡めてあって、その面からの興味も引き継がれる形になっています。ストーリーも微妙にμ'sの 軌跡をなぞったりしているのが、ポイントですね。

ただそれですと、『ラブライブ!サンシャイン!!』のお話になっていないということで、前作を越えられないことになってしまいます。その辺りをどうするかですが、ストーリーのまとまりも作画も今のところ『ラブライブ!』よりも上回っていると思います。

さて、先週の第十話は、最初から伏線的に描かれていた梨子ちゃんのピアノ絡みのネタでした。梨子ちゃんはピアノ絡みで行き詰まって音ノ木坂からやってきたわけですが、その辺りがうやむやになったままでした。そこが回収されたわけですね。結局梨子ちゃんは、ピアノに向かうことになり、Aqoursはどうなるのかっていうところですね。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第十一話「友情ヨーソロー」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #10「シャイ煮はじめました」

Lls01

ラブライブ!サンシャイン!! #10「シャイ煮はじめました」です。

『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのも確かでした。ただ、やっぱり見 ていくと面白いです。そして、上手くμ'sやA-RISEを絡めてあって、その面からの興味も引き継がれる形になっています。ストーリーも微妙にμ'sの 軌跡をなぞったりしているのが、ポイントですね。

ただそれですと、『ラブライブ!サンシャイン!!』のお話になっていないということで、前作を越えられないことになってしまいます。その辺りをどうするかでしょうね。

さて、先週の第九話は、三年生たちの過去の東京ライブの失敗についてと、彼女たちの復活についてをメインに描かれました。そして、彼女たちがAqoursの活動に参加するという流れですね。これでいよいよ9人揃ったわけで、ここからラブライブ大会参加への活動になるのでしょうか。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第十話「シャイ煮はじめました」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #9「未熟DREAMER」

Lls02

ラブライブ!サンシャイン!! #9「未熟DREAMER」です。

『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのも確かでした。ただ、やっぱり見 ていくと面白いです。そして、上手くμ'sやA-RISEを絡めてあって、その面からの興味も引き継がれる形になっています。ストーリーも微妙にμ'sの 軌跡をなぞったりしているのが、ポイントですね。

ただそれですと、『ラブライブ!サンシャイン!!』のお話になっていないということで、前作を越えられないことになってしまいます。その辺りをどうするかでしょうね。

さて、先週の第八話は、Aqoursが誘われて東京のライブイベント「TOKYO IDOL WORLD」に出場し、一敗地に塗れるところから始まりました。学校でのファーストライブもPVも成功させてきたAqoursの初めての挫折でした。

そして落ち込むAqoursの面々が千歌ちゃんを中心に立ち直るというところまでが描かれました。ただ、再スタートのスタートラインに立っただけで、まだ挽回の方策は見えていません。

今週はその挽回に向けて、三年生メンバーが加わる展開でしょうか。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第九話「未熟DREAMER」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #8「くやしくないの?」

Lls01

ラブライブ!サンシャイン!! #8「くやしくないの?」です。

『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのも確かでした。ただ、やっぱり見ていくと面白いです。そして、上手くμ'sやA-RISEを絡めてあって、その面からの興味も引き継がれる形になっています。ストーリーも微妙にμ'sの軌跡をなぞったりしているのが、ポイントですね。

さて、先週の第七話は、Aqoursが誘われて、東京のスクールアイドルフェスティバルに出向くという展開でした。結局浦の星女学院の面々は、お上りさん状態で、μ'sの後を追ったりしてスクールアイドルフェスティバルに向かう目的を忘れてしまうわけですが、それを見たSaint Snowにどうやら反感を買ったみたいですね。

今週はライブから始まるようですが、6人Aqoursのライブもあるんでしょうか。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第八話「くやしくないの?」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #7「TOKYO」

Lls01

ラブライブ!サンシャイン!! #7「TOKYO」です。

お盆で、感想が遅れています。

『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、ゲームのスクフェスでは、既に登場して楽曲配布されたりしていますし、オープニングソングの 『青空Jumping Heart』もCD発売され、先週は挿入歌の「決めたよHand in Hand/ダイスキだったらダイジョウブ!」が発売されました。「決めたよHand in Hand」は、結局週刊5位ですか、まぁまぁって感じでしょうか。

さて、先週の第六話は、私立浦の星女学院が廃校になるということで、それを知ったAqoursメンバーが、μ'sのようにラブライブに出ることで、学校を救うという展開に向いました。今一つ真剣味に欠けるという感じですが、ひとまずPVを作りそれで学校をAqoursを宣伝をするということになりました。

それで、どう動き出すかはこれからでしょうか。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第七話「TOKYO」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #6「PVを作ろう」

Lls01

ラブライブ!サンシャイン!! #6「PVを作ろう」です。

『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、ゲームのスクフェスでは、既に登場して楽曲配布されたりしていますし、オープニングソングの 『青空Jumping Heart』もCD発売され、今週は挿入歌の「決めたよHand in Hand/ダイスキだったらダイジョウブ!」が発売です。初日は出遅れましたが、ほどほどの位置に付けているので、ベスト5ラインかなという気がします。土日に他のグループはイベント発売があるので、厳しいかもしれませんが。

さて、先週の第五話は、先々週の一年生の花丸ちゃんとルビィちゃんに続いて、同じ一年の津島善子ちゃんがスクールアイドル部に入部する展開でした。善子ちゃんのヨハネ要素をどう扱うかがポイントですが、そこがキーとなって色々とエピソードが展開したので、なかなか良かったと思います。

となると、今週は残る三年生でしょうか。いや、なにか事件があったようにも見えましたが。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第六話「PVを作ろう」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #5「ヨハネ堕天」

Lls01

ラブライブ!サンシャイン!! #5「ヨハネ堕天」です。

『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、ゲームのスクフェスでは、既に登場して楽曲配布されたりしていますし、先々週からは、オープニングソングの 『青空Jumping Heart』もCD発売です。

そのシングルですが、オリコンウィクリーでも4位に 善戦してましたが、3位とは100枚差ですか。ちょっともったいないですね。ただ、枚数的にはμ'sと比べると厳しいですが。今週は、挿入歌CDの発売ですか。あまり印象にないので、苦しそうですね。

さて、先週の第四話は、一年生の国木田花丸ちゃんと黒澤ルビィちゃんのコンビが、スクールアイドル部への入部活動をするお話でした。何だかんだともめながら、ルビィちゃん側に問題があるように見せながら、実は、花丸ちゃんのハードルの方が高いという展開でした。

そこにμ'sといいますか、凛ちゃんを絡める展開でなかなか面白かったです。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第五話「ヨハネ堕天」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #4「ふたりのキモチ」

Lls01

ラブライブ!サンシャイン!! #4「ふたりのキモチ」です。

ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、ゲームのスクフェスでは、既に登場して楽曲配布されたりしていますし、先週からは、オープニングソングの 『青空Jumping Heart』もCD発売です。オリコンデイリーは6位発進だったのでどうなるかと思いましたが、その後は2位を続けていますし、ウィクリーでも2~4位に善戦するのではないでしょうか。ただ、隙間週ではありますけれどね。

さて、先週の第三話は、無印の「ラブライブ!」の軌跡をなぞるようにファーストライブでした。ただ違うのは、「ラブライブ!」では集客に失敗したところが、「サンシャイン!!」では成功したところでしょうか。これを受けて今後どう展開していくかですが、ひとまずは残りのメンバーを集めるところでしょうか。

でも、1年生はもう顔見世しているので、ほとんど入部しているも同然っていう気もしますが。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第四話「ファーストステップ」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #3「ファーストステップ」

Lls01

ラブライブ!サンシャイン!! #3「ファーストステップ」です。

ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、ゲームのスクフェスでは、既に登場して楽曲配布されたりしていますし、今週からは、オープニングソングの『青空Jumping Heart』も配信されています。CDも出ているので聞いたりしています。なので、恐らくアニメだけの人よりは少し前情報があるのかもなんて思っていますが、まぁ、そこまでなので、後はアニメを見て楽しめればと思っています。

ちなみに、オープニングソングの『青空Jumping Heart』は、次週7/20発売です。まだμ'sほどは売れないと思いますが、頑張って欲しいですね。

さて、先週の第二話は、桜内梨子ちゃんが、スクールアイドル部に参加する流れでした。そして、彼女がスクールアイドル部に参加することで、他の役割りについても徐々に見えてきたという感じでしょうか。桜内梨子ちゃんの役割りは作曲で、作詞が主人公の高海千歌ちゃんで、衣装が渡辺曜ちゃんという感じでしょうか。

後、エンディングが初回と変わっていましたが、こっちがメインのエンディングソングっぽいですね。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第三話「ファーストステップ」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #2「転校生をつかまえろ!」

Lls02

ラブライブ!サンシャイン!! #2「転校生をつかまえろ!」です。

今まで『ラブライブ!』を応援してアニメを見てきているからですね。感想も書いてきてます。映画版も含めてです。あと、ゲームのスクフェスもやっています。いわゆる、ラブライバーですね。なので、この『ラブライブ!サンシャイン!!』の感想も行きます。

ですが、μ'sに入れ込み過ぎたので、今一つ『ラブライブ!サンシャイン!!』といいますかAquorsに対しての興味が湧いてこないという問題も若干あります。でも、やはり見ておこうかというのと、ひょっとしてμ'sもどこかで出てくるんではというのが気になったりしてます。

さて、その『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、ゲームのスクフェスでは、既に登場して楽曲配布されたりしていますし、CDも出ているので聞い たりしています。なので、恐らくアニメだけの人よりは少し前情報があるのかもなんて思っていますが、ラジオとかニコ生とかには手を出していないので、そこまでではないかもしれません。

先週の第一話は、かなり元々の『ラブライブ!』の展開をなぞっているイメージはあります。まぁ、スクールアイドルを行うためには、必要な人の役割りとかが同じですし、引っ張る人(主人公)の感じとかは同じようになるんでしょう。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第二話「転校生をつかまえろ!」感想行きます。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!! #1「輝きたい!!」

Lls01

ラブライブ!サンシャイン!! #1「輝きたい!!」です。

この夏のアニメの第一弾は、『ラブライブ!サンシャイン!!』です。まぁ、なぜこのアニメを選んだかというと、もちろん今まで『ラブライブ!』を応援してアニメを見てきているからですね。感想も書いてきてます。映画版も含めてです。

あと、ゲームのスクフェスもやっています。いわゆる、ラブライバーですね。

ですが、μ'sに入れ込み過ぎたので、今一つ『ラブライブ!サンシャイン!!』といいますかAquorsに対しての興味が湧いてこないということもあります。でも、やはり見ておこうかというのと、ひょっとしてμ'sもどこかで出てくるんではというのが気になったりしてます。

さて、その『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、ゲームのスクフェスでは、既に登場して楽曲配布されたりしていますし、CDも出ているので聞いたりしています。なので、恐らくアニメだけの人よりは少し前情報があるのかもなんて思っていますが、ラジオとかニコ生とかには手を出していないので、そこまでではないかもしれません。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!! 第一話「輝きたい!!」感想行きます。

続きを読む

劇場版「ラブライブ!The School Idol Movie」

Img_0957

劇場版「ラブライブ!The School Idol Movie」です。

ずっと見たい見たいと思っていたのですが、忙しかったり、席が採れなかったりして見逃していました。ただ、夏休みも終わりが近付いてきて、そろそろ上映が終了してきている映画館も出てきているのでということで、見に行くことにしました。というか、丁度ぽっかりと時間が空いたというか、一番近い映画館がなんだかいい時間に上映してくれたからなんですが。

ところで、話題になっているように、映画を見に行くとフィルムカットがもらえます。そういえば、「けいおん!」のときなどももらった気がしますが、今回もしっかりともらえました。しかし、残念ながら、μ'sのメンバーがまともに映っていません。地下鉄改札部分なのですが、まぁ言わないとμ'sだと気付かないようなやつなので、誰も欲しがらないでしょうね。残念。

ということですが、さすがにお客様も少なくミニシアターだったのですが、20人もいないくらいで、結構席が空いた状態でした。なので、自由な感じでゆったりと見ることができましたので、よかったです。

ちなみに、「ラブライブ!」のゲームはまだやってますし、今までのアニメの感想も書いていますので、世間で言ういわゆる「ラブライバー」ではあります。

今までの感想は、ここを前にたどってください

前にも書きましたが、見る切っ掛けは、東京女子流が宣伝していたからちですけれどね。

ということで、遅れて見たのであっさりにしますが、感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ