藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[ま]◆魔法科高校の劣等生

魔法科高校の劣等生 Episode26「横浜騒乱編VIII」

Mr01

魔法科高校の劣等生 Episode26「横浜騒乱編VIIIです。

自分が見ていたアニメでは、2クールの『ソードアートオンラインII』を除けば、みな最終回を迎えています。残りは、この『魔法科高校の劣等生』です。いや実際には『ハイキュー!!』の方が後で見たんですけれど。まぁ、そんなことは、どうでもいいですね。

しかし、このアニメは、結局何をやっているのか、自分にはよく分からないまま終わってしまう感じです。お兄様が凄いのは、今まででもよく分かりましたし、恐らく最終決戦でもっと派手な展開があるんでしょうけれど、舞台を明確に掴むことができていないので、なんだかもやもやしています。

先週は、大亜連合特殊工作部隊が、ゲリラ的なテロではなくて、正面きって闘いを仕掛けてきてという展開でした。

それは魔法科高校の学生たちが参加しているにも関わらず、あきらかに戦争の様相を示していました。血で血を洗うといいますか、殺戮の嵐といいますか、そういう展開になっていました。魔法なのでもう少しスマートにという気もしますが、そうは行かない感じですね。

それはさておき、最終回ですが、陳 祥山、周 公瑾、そして四葉家とか色々ばらまかれた伏線を全て回収することは難しそうですね。

ということで、魔法科高校の劣等生 第26話・最終回「横浜騒乱編 VIII」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode25「横浜騒乱編VII」

Mr01

魔法科高校の劣等生 Episode25「横浜騒乱編VII」です。

他のアニメは、どんどん最終回を迎えていますが、『魔法科高校の劣等生』は、今週に加えてもう一回ありますよね。今週で終わろうと思えば終われるような気もしますが。

まぁ、今回のテロの収拾と、お兄様の秘密の説明的なものがあると考えれば、やはり2週は必要なんでしょうか。

先週は、大亜連合特殊工作部隊が、論文コンペの情報略奪が目的と見せかけて、魔法協会支部を狙ってテロ活動を活発化しました。というか、ここまでくると単純なテロ活動ではなくって、略奪行動のようにも見えますが。

確かに派手な様相になってきましたが、学校というものと噛み合わない展開に、ちょっと違和感を感じたのも確かです。今週は、きっともっと派手な展開になるんでしょうね。

ということで、魔法科高校の劣等生 第25話「横浜騒乱編 VII」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode24「横浜騒乱編VI」

Mr02

魔法科高校の劣等生 Episode24「横浜騒乱編VI」です。

結局他のアニメからすると、優先順位が下がり気味の『魔法科高校の劣等生』だったんですが、終盤が近付いて、ちょっとずつ面白みが増している気がします。まぁ、終盤なので盛り上がらないわけには行かないんでしょうけれど。

今週を入れると、後2話、3話辺りでしょうか?

その先週では、論文コンペ開催に向けて、大亜連合が何か動きを見せていました。陳 祥山の狙いもそこにあるように見せながら動いていましたが、先週の完走で書きました通り、それだけが狙いとは思いにくいです。

まぁ先週は何かちょっと大人しい展開だったので、恐らくは今週は爆発するんでしょうね。いや、文字通りではなく展開的に。

ということで、魔法科高校の劣等生 第24話「横浜騒乱編 VI」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode23「横浜騒乱編V」

Mr01

魔法科高校の劣等生 Episode23「横浜騒乱編V」です。

結局他のアニメからすると、優先順位が下がり気味の『魔法科高校の劣等生』だったんですが、先週ぐらいから面白くなってきた感じがします。まぁ、先週は一つの山場だった感じもするので、当然なんでしょうけれど。

その先週では、呂剛虎を中心としての争いが勃発しました。千葉修次など、今までそれほど表に出てこなかったメンバーが闘いを行いましたが、それから考えると、まだ先がありそうですよね。達也の力をフルに発揮したような内容ではありませんでしたから。

ひとまず、呂 剛虎は隠されましたが、結局まだ陳 祥山を中心とした大亜連合は健在なままなので、この先もう一揉めふた揉めもありそうです。

ただ、周 公瑾がまだその立ち位置を明確にしていないので、その辺りがポイントになりそうですかねぇ。

ということで、魔法科高校の劣等生 第23話「横浜騒乱編 V」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode22「横浜騒乱編IV」

Mr02

魔法科高校の劣等生 Episode22「横浜騒乱編IV」です。

結局他のアニメからすると、優先順位が下がり気味の『魔法科高校の劣等生』だったんですが、今週は面白かったですねぇ。

まぁ結局は、『魔法科高校の劣等生』の「横浜騒乱編」で、何があって何が起きようとしているのか、実はまだ今一つ理解できていません。魔法コンペが行われようとしていることだけはわかるんですが、結局それが聖遺物(レリック)とどう絡んでくるのかとか分からないままです。

先週は、平河千秋が達也に対して恨みを持った行動を採るとか、その裏に誰かがいて何かを仕掛けているんですが、それが何かは分からないままです。ただ、千秋だけでなく関本勲という内通者がいるということがわかりましたので、それが同展開するかというのがポイントでしょうか。

それでも、それぞれの登場人物の関係が今一つ把握できないので、その辺りが困ったところですね。原作読めという感じでしょうか。

ということで、魔法科高校の劣等生 第22話「横浜騒乱編 IV」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode21「横浜騒乱編 III」

Mr01

魔法科高校の劣等生 Episode21「横浜騒乱編 IIIです。

結局他のアニメからすると、優先順位が下がり気味の『魔法科高校の劣等生』です。今週は時間に余裕があったので、結構早くに見ていたんですが、結局うだうだと書くことを遅らせていて、いつも通りになってしまいました。

それはそうと、『魔法科高校の劣等生』の「横浜騒乱編」なんですが、何があって何が起きようとしているのか、今一つ理解できていません。魔法コンペがおこなわれようとしていることだけはわかるんですが、それがどういうものなのか、背景で動いているものは、誰がどういう理由でなのかなど、分からないことだらけです。

先週は、北アメリカ大陸合衆国の情報部員が現れて、達也たちにちょっかいを出したというか、出そうとしているものから守ってくれていたような感じもしますが、その状態で大亜細亜連合とやらがなにかを仕掛けています。というか、大亜細亜連合は前からチョロチョロしていたんですが。

どうも、この辺りの関係がよく分からないので、全体も見えないので、うまく説明をしてほしいところです。

ということで、魔法科高校の劣等生 第21話「横浜騒乱編 III」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode20「横浜騒乱編 II」

Mr02

魔法科高校の劣等生 Episode20「横浜騒乱編 II」です。

どうも、どうしても他のアニメからすると、優先順位が下がり気味の『魔法科高校の劣等生』です。今週はお盆休みだったので、きちんと日曜日に放映を見ていたんですが、結局感想は今日になっちゃいました。今週は何となく面白かったんですが。

それはそうと、『魔法科高校の劣等生』の「横浜騒乱編」が始まりました。原作を読んでいないので、どういう内容なのか知らないのですが、先週の様子を見ていると、学内のエピソードではないような感じです。

争いも何か良く分からない組織との間で起きているような感じです。なんだか人造人間のような相手が出てきましたが、感情が薄い達也とどう関係するのか、非常に気になります。

どうも、今まで説明しているようでしていないというまま進んできたので、どこかでガッツリやってくれるのではと思っているんですが、今回のエピソードでは、達也の能力、そして達也を取り巻く人間たちというか、達也の秘密がメインになりそうな感じなので期待しています。

ということで、魔法科高校の劣等生 第20話「横浜騒乱編 II」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode19「横浜騒乱編 I」

Mr01

魔法科高校の劣等生 Episode19「横浜騒乱編 I」です。

どうも、どうしても他のアニメからすると、優先順位が下がり気味の『魔法科高校の劣等生』です。今週は少し余裕があったので、もっと早く感想を書けたはずなんですけれどね。やっぱり、興味が薄れているような気がします。

それはそうと、『魔法科高校の劣等生』の「九校戦」も先週で終わりました。今週からは、「横浜騒乱編」になるらしいですが、それがどういう内容なのかはわかりません。ただ、オープニングの映像からすると、派手な闘いになりそうな感じがしますね。

さて、先週は、「九校戦」の後日談というわけでもないですが、達也の裏事情が見せられた回だったように思えます。

裏事情としては、達也の能力、そして達也を取り巻く人間たちというか、達也の秘密がメインになるんでしょう。

ということで、魔法科高校の劣等生 第19話「横浜騒乱編 I」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode18「九校戦編XI」

Mr02

魔法科高校の劣等生 Episode18「九校戦編XI」です。

どうも、どうしても他のアニメからすると、優先順位が下がり気味の『魔法科高校の劣等生』です。今週は、音楽の日もあったのですが、出張もあって、結局またまたずいぶん遅れた感想になりました。

それはそうと、『魔法科高校の劣等生』のスポーツ系魔法競技の大会「九校戦」も先週で第三高校との決戦が決着して、残るは、ノーヘッドドラゴンとの対決を残すだけになりました。「九校戦」だけで10話ですから、かなり長く引っ張りすぎですね。ちょっと飽きてきました。

さて、先週は、ミラージ・バット本戦に深雪ちゃんが登場することになったわけですが、ノーヘッドドラゴンの仕掛けが、彼女に襲いかかりました。達也の機転で無事に済み、深雪ちゃんは試合に勝利するわけですが、どうやらそれだけでは済みそうにないですね。達也が何か暗躍しています。

ということで、魔法科高校の劣等生 第18話「九校戦編XI」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode17「九校戦編X」

Mr01

魔法科高校の劣等生 Episode17「九校戦編X」です。

どうも、どうしても他のアニメからすると、優先順位が下がり気味の『魔法科高校の劣等生』です。いや、感想記事の投稿がだだ遅れにしては、結構アクセスが多いんで、人気はあると思うんですけれど。

それはそうと、『魔法科高校の劣等生』のスポーツ系魔法競技の大会「九校戦」も先週で第三高校との決戦が決着して、残るは、ノーヘッドドラゴンとの対決を残すだけになりました。「九校戦」だけで10話ですから、ちょっと長く引っ張りすぎな感じもしますね。

さて、先週は、第一高校と第三高校のモノリス・コードでの闘いを描きました。一条との闘いについに決着を迎えたわけですが、そこで終わらないのは、ノーヘッドドラゴンを仄めかしておいて、まだ決着していないからですね。

ということで、魔法科高校の劣等生 第17話「九校戦編X」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode16「九校戦編IX」

Mr02

魔法科高校の劣等生 Episode16「九校戦編IX」です。

三連休ということもあって、ちょっと色々さぼったこともあって、感想を書くのが遅れました。アニメ自体は日曜日には見ていたんですけれどね。

それはそうと、『魔法科高校の劣等生』のスポーツ系魔法競技の大会「九校戦」もいよいよ大詰めです。先週からいよいよモノリス・コードという競技になりましたが、今週はいよいよ達也は第三高校の一条と吉祥寺と対戦です。いままで、その力を示してこなかった達也の力が見れるんでしょうか。

さて、先週は、第一高校と第三高校のモノリス・コードでの闘いを描きました。第一高校は、達也を中心とした策略で勝ち上がり、第三高校は一条の圧倒的な能力で正面から相手をたたきつぶすと、違った闘い方を見せています。

今週は両校というか、達也と一条の対決ですね。

ということで、魔法科高校の劣等生 第16話「九校戦編IX」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode15「九校戦編VIII」

Mr01

魔法科高校の劣等生 Episode14「九校戦編VIIIです。

色々書きたい記事があって、結果的に押し出されて、感想を書くのが非常に遅れました。本当は、昨日に書いておきたかったんですけれどね。もう一つ書きたいけれど溜めているものがあるので。

それはそうと、『魔法科高校の劣等生』のスポーツ系魔法競技の大会「九校戦」もいよいよ大詰めなんでしょうか。今週からいよいよモノリス・コードという競技になりましたが、団体競技なので、いままでの個人戦のものよりもゲーム色というか実践色が濃く出ていて、おもしろそうな気がします。

さて、先週は、第三高校の一条と吉祥寺が本格的に物語りに絡んできて、達也と対峙したということで、大きく動き始めた気がします。そして、モノリス・コードという競技でついに達也が試合に参加することに。

今週はモノリス・コードの試合が中心になるんでしょうか。

ということで、魔法科高校の劣等生 第15話「九校戦編VIII」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode14「九校戦編VII」

Mr01

魔法科高校の劣等生 Episode14「九校戦編VII」です。

夏アニメが始まって、放映順で感想を書こうかなということで、ちょっと押し出されて記事が遅くなりました。

『魔法科高校の劣等生』のスポーツ系魔法競技の大会「九校戦」もいよいよ大詰めなんでしょうか。どういう闘いなのかは、見ていてもちょっと良くわかっていないのは確かなんですが。

確かに競技の細かな勝敗は、あまり本編には関係して来ないとはおもうんですけれどね。

そのあたりは、なんとなく原作を読んでいるもん勝ちのような気がしてきたので、読み返そうとはしていますが、そう言っているばかりで、なかなか手を着けられてはいないのですけれど。

さて、先週は、第一高校のメンバーが新人戦で色々と活躍して行くというところだったんですが、メインはそこではなくってやはり第三高校の一条と吉祥寺でしょうね。達也が、二人と対峙したところから、今週は始まります。

ということで、魔法科高校の劣等生 第14話「九校戦編VII」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode13「九校戦編VI」

Mr03

魔法科高校の劣等生 Episode13「九校戦編VI」です。

『魔法科高校の劣等生』のスポーツ系魔法競技の大会「九校戦」もいよいよ競技が本格化している感じもありますが、今一つ盛り上がっていない気がするのは、恐らくライバルと競い合うというシーンがないからなんでしょう。第三高校あたりの絡みがそれになるのか分かりませんが、前振りはあったのでこれからなんでしょう。

それとも場外戦オンリーになるのかな?

そのあたりは、なんとなく原作を読んでいるもん勝ちのような気がしてきたので、読み返そうとはしていますが、まだアニメの場面まで来ていません。いけませんね。

さて、先週は見えない敵が色々と仕掛けてきましたが、その正体がライバル校なのかそれともノーヘッドドラゴンなのか分からないままでした。まぁ、分からないから見えない敵なんですが。

それと、徐々に達也の有能さが見え隠れし始めてということですかね。

ということで、魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編VI」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode12「九校戦編V」

Mr02

魔法科高校の劣等生 Episode12 「九校戦編V」です。

ワールドカップが始まって、気分が盛り上がったり盛り下がったり、微妙な感じなようですが、『魔法科高校の劣等生』のスポーツ系魔法競技の大会「九校戦」も終盤戦が近づいているようです。どういう競技で、どう競い合っているのか、自分の理解が悪く今一つ把握できていないのですけれど。

ただ、最近のセカイ系ラノベからのアニメの決まり通り、『魔法科高校の劣等生』の原作のライトノベル小説を読みながら補完した方が楽しめるんだろうなという気がしてきて、2巻でやめているのを読み返そうとしつつあります。

さて、先週はいよいよ全国九つの国立魔法大学付属高校(魔法科高校)がスポーツ系魔法競技で競い合う「九校戦」が佳境に入ってくる中、その後ろで何か仕掛けられているという様子が描かれました。

それと、「九校戦」出場メンバーそして国家機関のような人たちがどう絡んでいるのか微妙に描写されました。ただ自分には分かりにくいので、きっとこの先に何かあるのだろうと妄想しています。

ということで、魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編V」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode11「九校戦編IV」

Mr02

魔法科高校の劣等生 Episode11 「九校戦編IV」です。

ワールドカップが始まって、あちこちサッカーの話題で持ちきりのようですが、『魔法科高校の劣等生』も「九校戦」ということで、スポーツ系魔法競技の大会が始まりました。ちょっと前に、コメントで「九校戦」は『とある科学の超電磁砲』の「大覇星祭」みたいなものとお聞きしたので、ちょっと楽しみにしています。

ただ、この『魔法科高校の劣等生』の原作のライトノベル小説は2巻の途中までしか読んでいないので、魔法の用語とかいろいろ不足しているので、その辺りが気になるところですね。上手く説明してもらえればいいんですが、結構原作をどうぞ的に作られているので。

さて、先週はいよいよ全国九つの国立魔法大学付属高校(魔法科高校)がスポーツ系魔法競技で競い合う「九校戦」が始まるということで、色々なメンバーの顔合わせだったり、その裏に何かあるぞという仄めかしだったりでした。本格的な開始は、今週からのようです。

ということで、魔法科高校の劣等生 第11話「九校戦編IV」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode10 「九校戦編III」

Mr03

魔法科高校の劣等生 Episode10 「九校戦編III」です。

ふむふむ、先週はうちのブログでのアクセスは『魔法科高校の劣等生』がトップに戻りました。なんとなくですけれど、ネットと色々な設定とかがあって、ネットを見ながら色々考えてみるというのが、この『魔法科高校の劣等生』には合っているからネットを見られる方が多いのかもしれませんね。

ただ、この『魔法科高校の劣等生』の原作のライトノベル小説は2巻の途中までしか読んでいないので、この「九校戦」以降の明確な情報は、やっぱり本家のHPの用語集やまとめファンサイトを見ていただく方がいいと思います。色々設定を深読みするのは好きなんですけれどね。

さて、先週はいよいよ全国九つの国立魔法大学付属高校(魔法科高校)がスポーツ系魔法競技で競い合う「九校戦」が始まるということで、その開催地に向けて出発するというところでした。

そして、高速道路を疾走する遠征バスの目前で事故らしきものが起こってというところまででした。

ということで、魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編III」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode09 「九校戦編II」

Mr03

魔法科高校の劣等生 Episode09 「九校戦編II」です。

うちのブログの春アニメのアクセス数は、この『魔法科高校の劣等生』がずっとトップだったんですが、ここしばらくは急激に『selector infected WIXOSS』のアクセス数が伸びて、逆転されてしまいました。

やっぱり、『selector infected WIXOSS』の内容が盛り上がっているからでしょうね。実際、『魔法科高校の劣等生』ってテンポよくって難しい内容ですし。

元々原作のライトノベル小説は2巻の途中までは既読です。原作を読み始めた理由は、イラストカットの石田 可奈さんです。でも、原作は、ちょっと設定が多くて、その説明でテンポが悪く感じ途中で放り出しています。本当は、設定厨でもあるので設定が多いのは好きなんで、アニメを見て軽く理解してから読み直すかもしれません。

さて、先週は「入学編」が終わって「九校戦」が始まるというところでした。

魔法師の養成を目的に設立された国立魔法大学付属高校(魔法科高校)が全国に九校あり、その九校がスポーツ系魔法競技で競い合う全国大会が始まるというところですね。

ということで、魔法科高校の劣等生 第9話「九校戦編II」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode08 「九校戦編I」

Mr01

魔法科高校の劣等生 Episode08 「九校戦編I」です。

うちのブログの春アニメのアクセス数は、この『魔法科高校の劣等生』がずっとトップだったんですが、ここしばらくは急激に『selector infected WIXOSS』のアクセス数が伸びて、逆転されてしまいました。

やっぱり、内容の盛り上がり方の違いなんでしょうか。まぁ、一口にアニメといっても、楽しみ方はそれぞれですからね。

元々原作のライトノベル小説は2巻の途中までは既読です。原作を読み始めた理由は、イラストカットの石田 可奈さんです。でも、原作は、ちょっと設定が多くて、その説明でテンポが悪く感じ途中で放り出しています。本当は、設定厨でもあるので設定が多いのは好き なんで、アニメを見て軽く理解してから読み直すかもしれません。

さて、先週は政治結社“ブランシュ”の本拠地制圧と、その背景の説明が説明されました。壬生紗耶香の罪の疑念を晴らすことに成功しました。

ひとまずは、これで入学編が終了です。

ということで、魔法科高校の劣等生 第7話「入学編VII」感想行きます。

続きを読む

魔法科高校の劣等生 Episode07 「入学編VII」

Mr01

魔法科高校の劣等生 Episode07 「入学編VII」です。

うちのブログの春アニメのアクセス数は、この『魔法科高校の劣等生』がずっとトップだったんですが、先週は急激に『selector infected WIXOSS』のアクセス数が伸びて、逆転されてしまいました。というより、ちょっとアクセスが減っているかも。

理由は、やはり『魔法科高校の劣等生』が停滞気味だというのもあるんでしょう。 実際、原作はこの辺りで ちょっと読むのをやめた実績があるので。(苦笑)

元々原作のライトノベル小説は2巻の途中までは既読です。原作を読み始めた理由は、イラストカットの石田 可奈さんです。でも、原作は、ちょっと設定が多くて、その説明でテンポが悪く感じ途中で放り出しています。本当は、設定厨でもあるので設定が多いのは好き なんで、アニメを見て軽く理解してから読み直すかもしれません。

さて、先週は政治結社“ブランシュ”が起こしたテロ活動の鎮圧がメインでした。結局、当初の予想通りに、“ブランシュ”の目的は学内差別の撤廃なんてことではなく、色々と裏があるということでしたね。

そして今週は、その裏を探って壬生紗耶香の罪の疑念を晴らすという感じでしょう。

ということで、魔法科高校の劣等生 第7話「入学編VII」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ