藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[ま]◆まおゆう魔王勇者

まおゆう魔王勇者 第12章 「「待たせたな、わたしの勇者」「寝坊しすぎだ、おれの魔王」」

My1 まおゆう魔王勇者 第12章 「「待たせたな、わたしの勇者」「寝坊しすぎだ、おれの魔王」」です。

『まおゆう魔王勇者』も第12話です。いよいよ最終回ですね。

最終回ということですが、いまさらながら、人名や国名が固有名詞でないので、いろいろと分かりにくいですね。ただ、先週でかなり整理されたので、残された魔王と勇者とか、3視点ほどに絞ればよいので、まぁ収束はするでしょうね。

魔王と勇者、メイド姉を中心とする自由主義への誘い、そして同盟や冬の王子も交えた国と経済、そして人の向かうところについて、という感じでしょうか。

どちらにしても、本当に終わらせるには尺が足りないことは明白ですけれど、何となく形を作るには大丈夫そうかな、という雰囲気にはなっていますね。戦争を無くすことなんて、一足飛びにできないことは自明ですから。

ということで、まおゆう魔王勇者 第12話 「「待たせたな、わたしの勇者」「寝坊しすぎだ、おれの魔王」」感想行きます。

続きを読む

まおゆう魔王勇者 第11章 「壊したり殺したりするばっかりで、何にも作ってないから」

My02 まおゆう魔王勇者 第11章 「壊したり殺したりするばっかりで、何にも作ってないから」です。

『まおゆう魔王勇者』も第11話です。いよいよ大詰めですね。

終盤ということですが、いまさらながら、人名や国名が固有名詞でないので、いろいろと分かりにくいですね。ぱっと、どの国のことを言っているのかわからないとか、誰が何をしようとしているか分かりにくいとか。文字で見ると、もっと分かりやすいんでしょうけれど。

それはさておき、物語りは、中央が色々と南部諸国に対して仕掛けていますが、やはりそれよりも魔王の動きの方が気になったり。

さて今週は、第三勢力ともいえる同盟が何かを仕掛けようとしていますし、それとは別に暗躍する色々な勢力が登場しそうです。本当に終わるのか?

ということで、まおゆう魔王勇者 第11話 「壊したり殺したりするばっかりで、何にも作ってないから」感想行きます。

続きを読む

まおゆう魔王勇者 第10章 「あの人が置いた布石が、いよいよ意味を持ってくるのか」

My1 まおゆう魔王勇者 第10章 「あの人が置いた布石が、いよいよ意味を持ってくるのか」です。

『まおゆう魔王勇者』も第10話です。先週は、特別章らしいです。

もはや大詰めのはずですね。といいながら、先週はこんなタイミングで総集編でしたが。もうそろそろ終わりのところで総集編というのは、たぶん制作が間に合っていなかったんでしょうね。

それはさておき、主人公であるはずの魔王が姿を消して、ずいぶんになりました。このアニメ自身は、かなり魔王の魅力で救われていた部分もあると思うので、この隙間はあまりいい方に向いていない気もします。

さて今週は、中央に目を付けられて困る勇者たちが、どのように立ち向かうかですが、どうやら「同盟」の動きが怪しいようで。

ということで、まおゆう魔王勇者 第10話 「あの人が置いた布石が、いよいよ意味を持ってくるのか」感想行きます。

続きを読む

まおゆう魔王勇者 特別章 「この物語は、駄肉だけではないのじゃ!」

My01 まおゆう魔王勇者 特別章 「この物語は、駄肉だけではないのじゃ!」です。

『まおゆう魔王勇者』も第10話です。もはや大詰めのはずですね。といいながら、こんなタイミングで総集編ですか。

もうそろそろ終わりのところで総集編というのは、計画的なものなのか、それとも制作が間に合っていないのか、たぶん制作が間に合っていないんでしょうね。

ただ、その割りには、臨時の声優さんが豪華ではありますが、まぁやはり制作の問題だとするとしっくり来ますよね。

緊急の総集編だとすると、またまた最終回はネット配信とか遅れて放送とかですかね。

ということで、まおゆう魔王勇者 特別章 「この物語は、駄肉だけではないのじゃ!」感想行きます。

続きを読む

まおゆう魔王勇者 第9章 「わたしは“人間”だからっ」

My01 まおゆう魔王勇者 第9章 「わたしは“人間”だからっ」です。

『まおゆう魔王勇者』も第8話です。物語りは、なかなか面白い展開になっていますが、1クールできちんと着地するのかどうか不安ですね。ただ、それなりに物語りの状況は、大詰めっぽい展開にはなっています。人間側の暗躍も見えてきましたし。

ただ、自分が一番気になるのは、女魔法使いって、結局どうなったのということですかね。勇者は、女魔法使いのことはもうどうでもよくなったのでしょうか?

と、先週とほとんど同じ導入になっていますね。(苦笑)

さて、そんな状況でありながらも、先週大きな動きがありました。人間側の戦争があっていいという中央側の暗躍ですね。これがどう着地するのかはわかりませんが。

ということで、まおゆう魔王勇者 第9話 「わたしは“人間”だからっ」感想行きます。

続きを読む

まおゆう魔王勇者 第8章 「剣を取って、我が主」

Mao1 まおゆう魔王勇者 第8章 「剣を取って、我が主」です。

『まおゆう魔王勇者』も第8話です。物語りは、なかなか面白い展開になっていますが、1クールできちんと着地するのかどうか不安ですね。ただ、それなりに物語りは、面白い展開にはなっています。人間側の暗躍も見えてきましたし。

ただ、自分が一番気になるのは、勇者は、女魔法使いを探していたはずではなかったのか?ってことですね。どうなっているんでしょうか?

さて、そんな状況でありながらも、先週で、色々仄めかしがありました。魔族側は、魔王の継続問題とかがありますが、さほど人間界側には影響がなさそうです。それよりも、どちらかというと人間側の内部抗争でしょうか?

ということで、まおゆう魔王勇者 第8話 「剣を取って、我が主」感想行きます。

続きを読む

まおゆう魔王勇者 第7章 「すぐに戻れる、すぐにまた会えるさ!」

My1 まおゆう魔王勇者 第7章 「すぐに戻れる、すぐにまた会えるさ!」です。

『まおゆう魔王勇者』も第7話です。なんだか、先週からまたどんと飛んだような印象もありますが、やはりそろそろ原作読まないとわからないのでしょうか。

自分が一番悩んでいるのは、勇者は、女魔法使いを探していたはずではなかったのか?ってことですね。まぁ、見つからずに時がすすんだでもいいのでしょうけれど。

さて、そんな状況でありながらも、先週で極光島奪還作戦は完了して、おまけに冬の王子は良い人になっているようでしたので、一段落でしょうか。次の展開としては、魔族側はあまり描かれていないので、そちらからの反撃はなく、どちらかというと人間側の内部抗争でしょうか?

ということで、まおゆう魔王勇者 第7話 「すぐに戻れる、すぐにまた会えるさ!」感想行きます。

続きを読む

まおゆう魔王勇者 第6章 「「お帰りなさい、勇者!」「ああ、爺さん・・・ただいまだ!」」

My1 まおゆう魔王勇者 第6章 「「お帰りなさい、勇者!」「ああ、爺さん・・・ただいまだ!」」です。

『まおゆう魔王勇者』も第5話です。お話もだんだんと積み上げられてなのか、脚本なのか、構成なのか、だんだんと難しくなってきました。

勇者は、確か女魔法使い捜索のために魔界へと向かったという設定のはずでしたそして、魔王は、「同盟」との交渉に向かう。一方、南部諸王国は、極光島奪還作戦を練るという感じでしょうか。

さて、先週の放送では、そんな状況の中、勇者が開門都市を訪れていることが示されました。これも含めて、全体としてどう動いているのかが、分かりにくい状態になっています。なんとなく、ストーリーを分かっている人間が、ストーリーを知らない人間に、同レベルの理解度のつもりで物語を見せているような感じです。明らかに説明不足、演出不足ですね。

やっている内容自体は悪くないし、キャラも悪くないのでしょうが、小説の既読者だけを相手にしている、というか多分既読者からも非難が来るような展開になっているのは、勿体ないです。

ということで、まおゆう魔王勇者 第6話 「「お帰りなさい、勇者!」「ああ、爺さん・・・ただいまだ!」」感想行きます。

続きを読む

まおゆう魔王勇者 第5章 「「魔王っていい匂いだな」「勇者の腕の中はほっとする」」

My01 まおゆう魔王勇者 第5章 「「魔王っていい匂いだな」「勇者の腕の中はほっとする」」です。

『まおゆう魔王勇者』も第5話です。お話もだんだんと積み上げられて、だんだんと難しくなってきました。

勇者は、確か女魔法使い捜索のために魔界へと向かったという設定のはずでしたそして、魔王は、「同盟」との交渉に向かう。一方、南部諸王国は、極光島奪還作戦を練るという感じでしょうか。

さて、先週の放送では、そんな状況の中、魔王視点で「同盟」の動きが強調されていました。この辺りの力関係と位置づけが色々ややこしそうで難しいですね。少し整理してほしいところです。

ということで、まおゆう魔王勇者 第5話 「「魔王っていい匂いだな」「勇者の腕の中はほっとする」」感想行きます。

続きを読む

まおゆう魔王勇者 第4章 「そんなことになったら勇者に噛みついてやる!」

My1 まおゆう魔王勇者 第4章 「そんなことになったら勇者に噛みついてやる!」です。

『まおゆう魔王勇者』も第4話です。そろそろ、一段落して、起承転結の承に来る部分でしょうか?

先週の感想で、魔術世界物といいながら、経済論や農業論、ひいては戦争論まで持ち出していることを考えると、ひょっとするとパラレルワールド的な展開なのではと書きましたが、いまのところその予想は覆していません。

さて、先週の放送で勇者が旅立ちましたが、今週はどう展開していくのでしょうか。魔王視点と勇者視点が考えられますが、先週の続きと考えると、勇者視点かなとも思いますけれど。

ということで、まおゆう魔王勇者 第4章 「そんなことになったら勇者に噛みついてやる!」感想行きます。

続きを読む

まおゆう魔王勇者 第3章 「いままでどこほっつき歩いていたのよ!」

My2 まおゆう魔王勇者 第3章 「いままでどこほっつき歩いていたのよ!」です。

『まおゆう魔王勇者』の出だしは、それなりに評判がよかった感じがしますが、実際はどうなんでしょうか。原作は結構人気があって、8冊ほど出版されているようですが、残念ながらまだ読んだことがありません。読んでみたいなとは思っていたんですが。

どうも、魔術世界物といいながら、経済論や農業論、ひいては戦争論まで持ち出していることを考えると、ひょっとするとパラレルワールド的な展開なのではなんて穿ってしまいますが。そう、魔王が現実世界の知識を持っている感じですね。

先週までは、魔王を中心にした展開で、彼女に新しい仲間が加わりましたが、今週はどうも勇者のターンのような雰囲気があります。

ということで、まおゆう魔王勇者 第3章 「いままでどこほっつき歩いていたのよ!」感想行きます。

続きを読む

まおゆう魔王勇者 第2章 「わたしたちをニンゲンにしてください」

M1 まおゆう魔王勇者 第2章 「わたしたちをニンゲンにしてください」です。

『まおゆう魔王勇者』の第1話は、それなりに評判がよかった感じがしますが、実際はどうなんでしょうか。

原作は結構人気があって、8冊ほど出版されているようですが、残念ながらまだ読んだことがありません。読んでみたいなとは思っていたんですが、未だに手が出ていません。先週の雰囲気からすると、ごく普通の伝奇物ではなくって、ちょっと捻った内容のようですね。

捻った内容というのは、ちょっと経済論とかを交えているところでしょうか。そういう意味では『狼と香辛料』を思い出しますが、あれは経済というよりも商業でしょうかね。いや商業というよりも、ビジネスっていう感じかな?

ということで、まおゆう魔王勇者 第2話 「わたしたちをニンゲンにしてください」感想行きます。

続きを読む

まおゆう魔王勇者 第1章 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

My1 まおゆう魔王勇者 第1章 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」です。

冬アニメの第一弾は、『まおゆう魔王勇者』です。

原作は結構人気があって、8冊ほど出版されているようですが、残念ながらまだ読んだことがありません。読んでみたいなとは思っていたんですが、未だに手が出ていません。どこかで読みたいんですけれどね。

原作を読んでいないので、予備知識はほとんどありません。ひとまず、有名なので見てみようかという感じです。あと、エンディングが新居昭乃さんだというのも、見てみようと思った理由ですね。

制作はアームスということで、あまり知りませんが、下請けを中心にやってきた会社のようなので、ちょっと心配ですね。

ということで、まおゆう魔王勇者 第1話 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ