藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[A-Z]◆Another-アナザー-

Another -アナザー- #12「Stand by oneself -死者-」

An1 Another -アナザー- #12「Stand by oneself -死者-」です。

さて、綾辻行人原作のミステリ(ホラー?)も第12話、最終回です。原作通りの展開になるのでしょうか?

さて、先週は最後の惨劇の幕が切って落とされました。続々と死が積み上がっていったようでしたが、実際には死んだかどうかは確認されていないので、どれだけだったんでしょうか。

さてさて、最終回となって、謎解きがされるのでしょうか。何度も書いていますが、ミステリとしての謎解きは、この作品のキャッチコピーである「"死者"は誰---?」にです。そこに、本格ミステリ的に合理的な謎解きはなされるのでしょうか。

ということで、Another -アナザー- 第12、最終話「Stand by oneself -死者-」感想行きます。

続きを読む

Another -アナザー- #11「Makeup -惨劇-」

An2 Another -アナザー- #11「 Makeup -惨劇-」です。

さて、綾辻行人原作のミステリ(ホラー?)も第11話です。次回でいよいよ最終回ですね。原作通りの展開になるのでしょうか?

さて、先週は、死者を探さなくてはいけないというその事実の提示がされました。もう少し前でそれがされた方が、アニメ的には盛り上がったんではないかと思うんですが、どうでしょうか?

さてさて、物語も残り話数が少なくなって、いよいよ終幕が近づいてきている感じです。ミステリとしての謎解きは、この作品のキャッチコピーである「"死者"は誰---?」になってくるとは思いますが、本格ミステリ的に合理的な謎解きはなされるのでしょうか。

ということで、Another -アナザー- 第11話「Makeup -惨劇-」感想行きます。

続きを読む

Another -アナザー- #10「Glass eye -漆黒-」

An Another -アナザー- #10「Glass eye -漆黒-」です。

さて、綾辻行人原作のミステリ(ホラー?)も第10話です。そういえば、原作のスニーカー文庫版の表紙は、今週のあの二人ですね。

さて、先週は、いろいろどっきり的な部分もありましたけれど、ミステリ的にはあまり進んでいなかったですね。ホラー部分が強調されたというか。

さてさて、物語も残り話数が少なくなって、いよいよ合宿になり終幕が近づいてきている感じです。もう書いてもいいとは思うんですが、ミステリとしての謎解きは、この作品のキャッチコピーである「"死者"は誰---?」になってくるとは思いますが。

ということで、Another -アナザー- 第10話「Glass eye -漆黒-」感想行きます。

続きを読む

Another -アナザー- #09「Body paint -連鎖-」

An1 Another -アナザー- #09「Body paint -連鎖-」です。

さて、綾辻行人原作のミステリ(ホラー?)も第9話です。そういえば、原作のスニーカー文庫版が発売されました。いとうのいぢさんの表紙もなかなかですが、ちょっと買いにくいかも。(苦笑)

さて、先週は、水着回といいながらも、事件が起きるという回でした。いろいろと想像はできるんですが、ポイントは夜見山市の外でどうして災厄が起きたかでしょうか。

問題は、何度も同じことを書いていますが、これからこのミステリ(ホラー?)の謎がどこに向かうのかです。今は、災厄がどうやったら止まるのかというのが謎なんでしょうか。本格ミステリとしては、何がポイントなんでしょうか。アニメなので小説とは当然違ってくる可能性はありますよね。

どちらにしても、この作品のキャッチコピーである「"死者"は誰---?」が謎になってくるとは思いますが。

ということで、Another -アナザー- 第9話「Body paint -連鎖-」感想行きます。

続きを読む

Another -アナザー- #08「Hair stand -紺碧-」

An1 Another -アナザー- #08「Hair stand -紺碧-」です。

さて、綾辻行人原作のミステリ(ホラー?)も第8話です。3月は、原作のスニーカー文庫版が発売されるんでしたっけ。いとうのいぢさんの表紙になるようですけれど。

さて、先週は、災厄が止まった年にスポットがあたった回でした。松永がそれの鍵を握る人物ですが、怜子さんと同級生というのもポイントでしょうか。

問題は、何度も同じことを書いていますが、これからこのミステリ(ホラー?)の謎がどこに向かうのかです。今は、災厄がどうやったら止まるのかというのが謎なんでしょうか。そうは言っても、それだと本格ミステリっぽくないですよね。

では一体何を解きあかすミステリなのかですが、アニメなので小説とは当然違ってくる可能性はありますよね。

やはり、この作品のキャッチコピーである「"死者"は誰---?」が謎になってくるとは思いますが、原作と違う可能性がありますしねぇ。

ということで、Another -アナザー- 第8話「Hair stand -紺碧-」感想行きます。

続きを読む

Another -アナザー- #07「Sphere joint -変調-」

An Another -アナザー- #07「Sphere joint -変調-」です。

さて、綾辻行人原作のミステリ(ホラー?)も第7話です。東京・神奈川の放送は水曜夜なので遅れますね。

先週は、千曳先生が大まかな種明かしをしていました。今まで起こったことを説明されたので、今の3年3組に何が起こっているのかおおよそ分かったんではないでしょうか。

問題は、これからこのミステリ(ホラー?)の謎がどこに向かうのかですが、先生の語りによってホラーに見える出来事は「事象」でしかなく、そこがポイントではないということですね。

では一体何を解きあかすミステリなのかですが、アニメなので小説とは当然違ってくる可能性はありますよね。

ちなみに、「このミステリーがすごい」の2010年3位作品でもあります。

ところで、この作品のキャッチコピーは「"死者"は誰---?」です。ある程度の提示はありましたが、本格的にはまだそういうシチュエーションにはなっていないですか。

ということで、Another -アナザー- 第7話「Sphere joint -変調-」感想行きます。

続きを読む

Another -アナザー- #06「Face to face -二人-」

An Another -アナザー- #06「Face to face -二人-」です。

さて、綾辻行人原作のミステリ(ホラー?)も第6話です。東京神奈川の放送は水曜夜なので遅れますね。

先週は、もろもろの初期の謎の種明かしがある程度されました。もちろん事件の確信はわからないんですが、それでも「いないもの」の謎は解けました。

問題は、これからこのミステリ(ホラー?)の謎がどこに向かうのかですが、今のところこの「事象」とは一体何なのかに向かっているような気がしますが、それは事実としては明確になっていますよね。

このままではミステリーにならないので、どこかで種明かしが必要な謎が提示されるんだとは思うのですが。とはいえ、ドロドロのホラーになる可能性もあるんですけれどね。

ちなみに、「このミステリーがすごい」の2010年3位作品でもあります。

ところで、この作品のキャッチコピーは「"死者"は誰---?」です。ある程度の提示はありましたが、本格的にはまだそういうシチュエーションにはなっていないですか。

ということで、Another -アナザー- 第6話「Face to face -二人-」感想行きます。

続きを読む

Another -アナザー- #05「Build limbs -拡散-」

An Another -アナザー- #05「Build limbs -拡散-」です。

さて、綾辻行人原作のミステリ(ホラー?)も第5話です。

さて、2週に続いて人が死ぬ事件が起きました。しかし、あくまでも事件です。殺人という疑いを差し挟む余地はありません。ただ、そうは言ってもしっくり来ないものがあります。事故というには、たて続けに人が死にすぎているからですね。では、これはやはり犯人がいるようなものなのでしょうか?

ちなみに、「このミステリーがすごい」の2010年3位作品でもあります。

ところで、この作品のキャッチコピーは「"死者"は誰---?」です。原作の流れだと、今週辺りでしょうか。おっと、ネタ晴らし はしないと。

ということで、Another -アナザー- 第5話「Build limbs -拡散-」感想行きます。

続きを読む

Another -アナザー- #04「Put flesh -輪郭-」

An Another -アナザー- #04「Put flesh -輪郭-」です。

さて、綾辻行人原作のミステリ(ホラー?)も第4話です。

先週から(?)いよいよ事件が起こって、本格的に物語の核心に入ってきたイメージがあります。ただ、あの階段については、犯人探しの余地があるんでしょうか。ならば、これはミステリーではなくホラー?

ちなみに、「このミステリーがすごい」の2010年3位作品でもあります。

ところで、ついに「死者」が出ましたが、キャッチコピーの「"死者"は誰---?」に到達するまで、どれくらい掛かりますかね。おっと、ネタ晴らしはしないと。

ということで、Another -アナザー- 第4話「Put flesh -輪郭-」感想行きます。

続きを読む

Another -アナザー- #03「Bone work -骨組-」

An Another -アナザー- #03「Bone work -骨組-」です。

さて、綾辻行人原作のミステリ(ホラー?)も第3話です。なんとなく、好評なような気もしますがどうなんでしょう。まぁ、この冬のアニメでもかなり期待しているので、それで底上げしている気もしますが。

ちなみに、「このミステリーがすごい」の2010年3位作品でもあります。

ところで、キャッチコピーの「"死者"は誰---?」に到達するまで、どれくらい掛かりますかね。おっと、ネタ晴らしはしないと。

原作とはやはり映像化するにあたって、若干構成をいじってきているようですが、それが改変なのか、映像化するための枠組みなのか。まぁ、期待して見ていきましょう。

ということで、Another -アナザー- 第3話「Bone work -骨組-」感想行きます。

続きを読む

Another -アナザー- #02「Blueprint -思惑-」

Annother -アナザー- #02「Blueprint -思惑-」です。

そう言えば、確かに野田総理が鳴のコスプレしてましたね。(違)

何回か書いた気もしますが、実はこの冬のアニメでかなり期待している『Another -アナザー- 』です。第1話はなかなかよかったと思います。

原作が綾辻行人のミステリ(ホラー?)と書きましたが、どうもどろどろのホラーだと思っていらっしゃる方が多いようで、その辺りとのずれが今後のポイントになってくるような気がしますキャッチコピーの「"死者"は誰---?」ですね。おっと、ネタ晴らしはしないと。

ちなみに、「このミステリーがすごい」の2010年3位作品でもあります。

第1話では、文庫版の原作の1巻の1/3程度進んだのでしょうか。この調子で行くと、前半はかなり高速で進みそうですね。まぁこういうミステリやホラーは事件が起きてからが本番なので、こういう感じになるのでしょう。

ということで、Another -アナザー- 第2話「Blueprint -思惑-」感想行きます。

続きを読む

Another -アナザー- #01「Rough sketch -素描-」

An Another -アナザー- #01「Rough sketch -素描-」です。

さてさて、この冬のアニメで感想を予定しているラストです。というか2月の「ブラック★ロックシューター」がありますが。

原作が綾辻行人のミステリ(ホラー?)とあって、一筋縄では行かないのですが、それを書いてしまうとネタバレしすぎな感じがするので、なるべく感想では原作比較などは行わずに行きたいと思います。

まぁ、綾辻行人作品といえば、〈禁則事項〉トリックとどんでん返しと相場が決まっているので、その辺りに注意していけばより楽しめるかと。恐らく第一話から仕掛けがあると思いますけれど。彼のホラーは「殺人鬼」にしても単純ではないですからね。

ということで、実はこの冬アニメの中では、かなりの期待をしているAnother -アナザー- 第1話「Rough sketch -素描-」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ