藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[た]◆たまゆら

「たまゆら」の聖地、竹原市に行ってきました

T02

年末にアニメ「たまゆら」の聖地、広島県の竹原市に行ってきました~、なので。

OVA3作からテレビシリーズの「たまゆら~hitotose~」、「たまゆら~もあぐれっしぶ~ 」そして、実はまだ第3部をまだ見れていないのですが、映画版の「たまゆら~卒業写真~」と、すごく楽しく見ています。感想を補填しておかないと。

ちなみに、テレビシリーズの感想はここを前に

映画の最終4部は、2/20公開ですから、その前にということもあったのですが、尾道への家族旅行のついでにということもありましてです。尾道も「蒼穹のファフナー」や「かみちゅ!」などの聖地でもあるんですけれどね。

ちょっと残念だったのは、乗り物の都合があって1時間程度しか居れなかったことと、年末前なのに、もう観光案内所からお店からみんなお休みだったことです。まぁ、街ぐるみでやっている「たまゆら」スタンプラリーも、12/25までだったようなので、下調べせずに行ったのが悪かったですね。

ただ、それでも街には、「たまゆら」の聖地を巡るオタクの方々と、『マッサン』の聖地を巡るおじさんおばさん方がほどほどにいらっしゃいました。

では、駆け足ですが、聖地巡りです。

続きを読む

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第12話「そして旅立ちの季節、なので」

Ty01

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第12話「そして旅立ちの季節、なのでです。

ということで、『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第十二週目です、なので。いよいよ最終回ですか。普通は13話のような気もしますが。

といいつつ、最終回なのに、感想が激しく出遅れました。ちょっと、お仕事で遠地出張しまくっていました、なので。

先週は、かなえ先輩の決意と実質的な分かれのエピソードでした。実質的な最終回という感じの良いお話だったと思いました。

となれば、残るは卒業だけ。

今週は、かなえ先輩の卒業と、それを受けて楓ちゃんの写真部がどうなるかあたりがポイントなんでしょうか。

では、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 最終話「そして旅立ちの季節、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第11話「今年もありがとう、なので」

Ty01

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第11話「いつかくるその日まで、なのでです。

ということで、『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第十一週目です、なので。最終回は第何話でしょうか。この感じだと、今週が最終回のような勢いですが。

先週は、「私たち展」への前振りだったのですが、というよりも、かなえ先輩のお話しの前振りだったような感じがします。

もああぐれっしぶな楓ちゃんが、今期の表テーマならば、楓ちゃんとかなえ先輩の写真部活動がもう一つのというか裏テーマだと思います。なので、このかなえ先輩のエピソードが本線だとは思います。

ならば、「私たち展」でのかなえ先輩がラストエピソードでもいいとは思うんですけれどね。

では、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第11話「いつかくるその日まで、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第10話「いつかくるその日まで、なので」

Ty01 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第10話「いつかくるその日まで、なのでです。

どうもルータが故障して、ちょっと間が空いてしまいましたが、復活です。ハードリセットだけで、直っちゃいました。ハードリセットの方法ぐらいマニュアルに書いておいて欲しかったなぁ。

ということで、『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第十週目です、なので。

先々週は、竹原市の「たけはら夏まつり花火大会」が舞台でした。実は、実際の花火大会は、8/31開催だったのですが、今年の「第34回たけはら夏まつり花火大会」は台風の為に中止になってしまいました。残念です。

さて、先週は10月開催の「憧憬の路」のエピソードでした。「たまゆら」の時間軸で行くと、1週で1~2ヶ月進んでいますので、今週は秋終盤ですね。

では、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第10話「いつかくるその日まで、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」

Ty01 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なのでです。

『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第九週目です、なので。

先週の花火大会を踏まえて、今週はいよいよ「憧憬の路」がやってきます。

たけはら「憧憬の路」とは、江戸時代の町並みを保存する保存地区を、竹筒からあふれるろうそくの明かりでライトアップする幻想的なイベントです。実際に広島県竹原市で行われていますね。

去年は、この『たまゆら』がタイアップして、ポスターなどに登場していましたが、今年はどうなるんでしょうね。確か10月が開催日でしたっけ?

アニメでは、「憧憬の路」がエピソード的には山場でしょうが、まだもう少し残りがあるので、もう一つ何かイベントがありそうですね。

ということで、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第8話「あの日の遠い約束、なので」

Ty01 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第8話「あの日の遠い約束、なのでです。

『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第八週目です、なので。

先週の横須賀編を踏まえて、今週はいよいよ竹原の花火大会でした。

先週は、横須賀でのちひろちゃんとの再会だったわけですが、ちょっと余計だったかなという感じもありますが、花火の写真が、伏線になっているわけですね。

まぁ、先週の作画がどうにもちょっと今一つだったので、どうなのかなと思っていましたが、今週が竹原の花火大会だったので、そのために今週にメンバーを配分したのではないかと思いましたが、さて出来はどうだったでしょうか。

ということで、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第8話「あの日の遠い約束、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第7話「ついに、みんなで来たよ!なので」

Ty02 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第7話「ついに、みんなで来たよ!なのでです。

『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第七週目です、なので。

すっかり出遅れたので、明日には、第8話が始まってしまいます。ということで、あわてて感想を書いておこうかと。なので、ちょっと簡略化した感想でまとめます。

さて、『たまゆら』ですが第6話目は楓ちゃんのお父さんの過去を追う形で、一つのハードルを越えた感じでしょうか。

今週は、横須賀に戻ってというエピソードのようですが、さてどうなるのでしょう。

ということで、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第7話「ついに、みんなで来たよ!なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第6話「もう届かない笑顔を訪ねて、なので」

Ty01 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第6話「もう届かない笑顔を訪ねて、なのでです。

『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第六週目です、なので。

主題歌の坂本真綾さんの「はじまりの海」は、先週発売でした。ランキングは、まぁいいでしょう。いい歌ですよね。

さて、『たまゆら』ですが第5話目は桜写真コンテストをテーマに、三谷 かなえちゃんについて深堀りするというようなお話でした。そういう意味でも、三谷先輩が中心だったといえると思います。

三谷先輩とはとか、彼女の悩みとかが上手く散らばらせてあって、いいお話だったのではないかと思います。ちょっとラストがあれでしたけれど。

結果的には、楓ちゃんの「あぐれっしぶ」が三谷先輩に伝わって、三谷先輩も若干ですが「あぐれっしぶ」になれたというところでしょうか。

どうなんでしょうね、三谷先輩も仲間になれたというところでしょうか。

ということで、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第6話「もう届かない笑顔を訪ねて、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第5話「明日のためにレッツフォト、なので」

Ty02 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第5話「明日のためにレッツフォト、なのでです。

『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第五週目です、なので。

さて、『たまゆら』ですが第4話目は三谷 かなえちゃんが写真部に入って、最初のイベントである「桜祭り」が無事開催されました。無事だったんですかねぇ。

先週のメインは、楓ちゃんでしたか。楓ちゃんのお父さんのお話が上手く組み合わされていて、なかなかいい感じでした。

結局、何がやりたかったのかというと、きっと「桜祭り」のあれをやりたかったんでしょうけれど、まぁガルパンのあれみたいなもんでしょうか。まぁ、おまけですよね。(苦笑)

今週は、下上山先生が「桜祭り」意外にもう一つ燃えていた、コンテスト入賞がテーマですか。

ということで、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第5話「明日のためにレッツフォト、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第4話「特別な場所、特別な想い、なので」

Ty01 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第4話「特別な場所、特別な想い、なので」です。

『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第四週目です、なので。

さて、『たまゆら』ですが第3話目は、新しいメンバーが登場して、冒頭の一つの山だったという感じがしました。三谷 かなえちゃんですか。

今まで引っ張ってきた謎が、全て彼女に集まっていたわけで、写真を撮ったのは誰かとか、写真部設立時に顔を出したのはだれかとかは、全て彼女だったわけですね。

そして、その三谷さんの行動の理由も明らかになったのですが、まぁその辺りは、「たまゆら」らしいといいますか、意外でもなんでもないという感じです。

ひとまず、山を超えたので、この後は、ストーリーがどう展開していくのかという辺りがポイントになってきますね。写真部を中心に展開していくのは間違いないと思いますが、写真部の活動を広げていくのか、それとも違う何かがあるのか。

ということで、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第4話「特別な場所、特別な想い、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第3話「写真部本格始動、なので」

Tm01 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第3話「写真部本格始動、なので」です。

『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第三週目です、なので。

さて、『たまゆら』ですが第1話目は、それなりに好評だったように思えます。ただ、ブログ記事のアクセス数からすると、第2話目では、少し失速したかなという感じもします。

第1話は、OVAと「hitotose」の内容をざっと振り返りそこから始めるという感じでしたが、第2話では、写真部設立ということで、本格的に物語りが動き始めたという感じでしょうか。

さて、その写真部活動というのが、楓ちゃんの「もああぐれっしぶ」ですね。ひとまず楓ちゃんが中心となって、他の3人は彼女をフォローしていくという感じで、あくまでも楓ちゃんの「もああぐれっしぶ」が描かれていくようです。

ということで、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第3話「写真部本格始動、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第2話「どきどきの新しい一歩、なので」

Ty01 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第2話「どきどきの新しい一歩、なので」です。

『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第二週目です、なので。

さて、『たまゆら』ですが第1話目は、それなりに好評だったように思えます。というか、どうも「hitotose」のファンがそのまま継続している感じでしょうか。それならば、好評なのもまぁ分かりますよね。

第1話は、OVAと「hitotose」の内容をざっと振り返りそこから始めるという感じでした。なので、ここから見始めた人でも、それなりに見れるんではないかという感じだったので、ここから見始める人でも楽しんで欲しいんですが。

さて、その冒頭の振り返りに続いて出てきた話題は、「もああぐれっしぶ」ですね。楓ちゃんが「写真部」を作ろうと、前向きになるお話でした。このシリーズ全体が「写真部」を中心にしていくのか、それとも他の3人の「あぐれっしぶ」な内容が描写されるのか、楽しみにしていきたいと思います。

ということで、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第2話「どきどきの新しい一歩、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第1話「おかえりなさいの一年に、なので」

Tama01 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第1話「おかえりなさいの一年に、なので」です。

1年半ぶりの『たまゆら』の新作です、なので。

さて、『たまゆら』ですが、相も変わらず、公式サイトは非常に重いです。どうしてこんなに重いのでしょうか?前作のときにもそうだったのですが、改善してほしいですね。

『たまゆら』は、テレビアニメとしては、2シーズン目ですが、その前にOVAがありましたので、実際には3シーズン目と言ってもいいと思われます。

『ARIA』、『異国迷路のクロワーゼ』などを手がけた佐藤監督を始めとするスタッフが送る癒しアニメです。が、「もああぐれっしぶ」という言葉が気になりますねぇ。一体どういう内容になるのでしょうか?

前作が、自分たちの未来に向かって進み始めるという感じで終わりましたので、その辺りで何か波瀾でもあるのでしょうか?

ということで、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第1話「おかえりなさいの一年に、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~hitotose~第12話「新しいひととせ、なので」

T2 たまゆら~hitotose~第12話「新しいひととせ、なので」です。

最終回というのに出遅れました。どうも忙しくて。これからますます忙しくなるというのに。(苦笑)

さて、『たまゆら』ですが、終わりに近づいてどんどん面白くなってきた気がします。「私たち展」になってからでしょうか。やはり、4人組が前に進む物語がいいですね。とはいえ、やっぱり楓ちゃんがもっとメインになって欲しいんですが。

そんなことを書きつつも今回が最終回。綺麗に終わってくれることを、というかいつ終わっても支障がないお話しですが、祈りたいとおもいます。

ということで、たまゆら~hitotose~第12話「新しいひととせ、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~hitotose~第11話「聖夜のものがたり♪ なので」

T たまゆら~hitotose~第11話「聖夜のものがたり♪ なので」です。

『新約 とある魔術の禁書目録』の感想と、『たまゆら』の感想のどちらを書こうかと悩んで、こちらを優先。いつも水曜日に書いていたので、それを守ったということです。

さて、『たまゆら』ですが、最速の放送から3日ほど遅れて感想を書いているんですが、アクセス数は悪くないんですよ。結構人気あるんですね。自分としてはほどほどに面白いという感じです。先週はかなり面白かったけれど。

そんな同じようなことばかり書いているうちに、すでに11話ですか。今週は、麻音ちゃん回ですか。先週がかおたんだったので、残りを一人ずつやるんでしょうか。

ということで、たまゆら~hitotose~第11話「聖夜のものがたり♪ なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~hitotose~第10話「明日のわたしはどんなわたし、なので」

T たまゆら~hitotose~第10話「明日のわたしはどんなわたし、なので」です。

バリウムがお腹に溜まって身体が重い、しかも公式のページが重々で困った~。

さて、『たまゆら』ですが、好きな方には凄く評判がいいですね。自分としては、良くも悪くもなくって感じですか。OVAの時には、もっと面白く感じたのですが、きっと他の人より感想が出遅れているのも影響しているんでしょうけれど。

そんな同じようなことばかり書いているうちに、すでに10話ですか。今週は、かおたん回ですか。今までになかったかな?4人娘の中では、今一つ目立っていないですね。

ということで、たまゆら~hitotose~第10話「明日のわたしはどんなわたし、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~hitotose~第9話「ももねこさまの憂鬱、なので/失恋カメラ、なので」

T1 たまゆら~hitotose~第9話「ももねこさまの憂鬱、なので/失恋カメラ、なので」です。

サブタイトルからすると、今週は2本立てですね、なので。

まぁ、『たまゆら』の内容からすると、二本立て位の方が、面白く作れるような気もします。あまりイベントも起きませんからね、なのでなので。

ところで、竹原市は、結構この『たまゆら』にかけていますね。色々とイベントなどを行っていますし、お金も掛けているように見えます。そこまで、人気が上がっているかというと、まぁうちのブログは、感想で遅れ組なのですが、ちょっと厳しいかもしれません。

ただ、濃いファンは付いているような感じはします。この秋ではこういう感じのアニメは、これだけのような気がしますし。

ということで、たまゆら~hitotose~第9話「ももねこさまの憂鬱、なので/失恋カメラ、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~hitotose~第8話「かわらない人かわりゆく時、なので」

T たまゆら~hitotose~第8話「かわらない人かわりゆく時、なので」です。

今日は宮城県の方に仕事で出張でした。ところで、どうして東北地方では、コンビニでおにぎりを買うと「温めますか?」と聞かれるのでしょう。おにぎりを温める習慣があるんですね。

あたたかいといえば、この秋のアニメでは「たまゆら」でしょう。(無理やり)

人もおにぎりも温かい方がいいという感じでしょうか。こういう感じもいいですよね。ただ、もうちょっとだけ盛り上がりがあると嬉しいんですが。

ということで、たまゆら~hitotose~第8話「かわらない人かわりゆく時、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~hitotose~第7話「竹灯りの約束、なので」

T たまゆら~hitotose~第6話「竹灯りの約束、なので」です。

ずっと感想を書いているので、ひとまず継続しようという『たまゆら』です。

短いOVAならばいいんですが、やはり1クールアニメというと、もう少しイベントがないと辛いのかもしれません。継続視聴しようという意欲に駈られないというか。まぁ、女子高校生と街並みをあっさりと描くということで、癒しとするならば需要はあるのでしょうが。

それでも、今週はお祭りですから、ちょっと何か盛り上がるものがあるのかもしれません、なので。

たまゆら~hitotose~第7話「竹灯りの約束、なので」感想行きます。

続きを読む

たまゆら~hitotose~第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」

T たまゆら~hitotose~第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」です。

今週は、A/Bパート二本立て興業ということ、なので。ブログタイトルがすごく長くなってしまっていますが、まぁ仕方ないでしょう。(適当)

どうも、やっぱり積極的に感想を書くという意欲に欠けているので、いけませんねぇ。OVAのときは、もう少し面白かった気がしますが、なんとなく毎週の連続アニメには向いていないのかもしれません。

まぁ、それでも今まで行っているので、今週も書いておきましょうか、なので。

たまゆら~hitotose~第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ