藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[A-Z]◆GOSICK-ゴシック-(アニメ)

GOSICK-ゴシック- 第24話「死神の肩越しに永遠をみる」

G GOSICK-ゴシック- 第24話「死神の肩越しに永遠をみる」です。

GOSICKもいよいよ最終回です。このまま行くと、BADエンドか、戦争が終わる未来まで時間が飛ぶしかないんでしょうけれど、どう見せてくれるのでしょうか。

で、キャプは一番感動したシーンなどをば、ちょっと貼ってみました。大層な演出より、こういうものに弱い。(苦笑)

さて、このアニメ版のラストは、原作『GOSICK VIII -ゴシック・神々の黄昏-』とは違うオリジナルらしいのですが、それでも上巻と前回では、大きく外れてはいませんでした。大枠だけ決めて、あとはお互い好きに作ろうって感じなのでしょうか。

その原作の最終巻『GOSICK VIII下 -ゴシック・神々の黄昏-』は、7月発売です。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第24話最終回「死神の肩越しに永遠をみる」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第23話「灰染めのチェスにチェックメイトを告げる」

G GOSICK-ゴシック- 第23話「灰染めのチェスにチェックメイトを告げる」です。

GOSICKも残り後2話です。ラストは戦争に向かうというのは、第1エピソードのウサギ狩りから分かっていたんですけれどね。

で、キャプはちょっと関西の人に遠慮して、中身とあまり関係ないアブリルなどを。顔が画面の狭い方を向いているという非王道的な構図が不安を煽っていますね。

さて、このアニメ版のラストは、原作とは違うオリジナルですよと情報をいただきました。情報の真否は、昨日の夜に『GOSICK VIII上 -ゴシック・神々の黄昏-』を手に入れたので読めば分かるのでしょうが、上下揃ってから読むかとか、どうせ下巻は来月なんだから、アニメが完してから読むかなどと悩んでいて、まだ読んでいません。(読みました。ここに感想を書きました。)

一先ず、本当の最終巻『GOSICK VIII下 -ゴシック・神々の黄昏-』は、7月発売の予告がでましたので、ほぼ間違いないと思います。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第23話「灰染めのチェスにチェックメイトを告げる」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」

G GOSICK-ゴシック- 第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」です。

本当に毎週書いている気がしますが、GOSICKも大詰めが近づいて来ています。今月で終わりですもんね。

今週はタイトルがクリスマスなので、原作でいくと『GOSICKs IV ‐ゴシックエス・冬のサクリファイス‐』でしょうか?でも、あれはちょっとサイドストーリーっぽいから、この時点でやるには向かないかも。(ここまで書いた時点ではまだ放映を見ていません)

今月に発売される予定の最終巻『GOSICK VIII -ゴシック・神々の黄昏-』は上下巻のようなのですが、もし全24話としてもそれを2話でやるのは無理でしょう。考えられることとすれば、あらすじをもらってオリジナルでまとめる感じでしょうか。それとも映画に続くか。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第21話「聖夜の鐘は刻を追いたてる」

G GOSICK-ゴシック- 第21話「聖夜の鐘は刻を追いたてる」です。

毎週書いている気がしますが、GOSICKも大詰めが近づいて来ています。今月で終わりですもんね。

今回も原作でいくと第7巻『GOSICK VII -ゴシック・薔薇色の人生-』です。2話では通過できなかったですね。今週で終わりでしょうか?

すると、2クールを全24話として残り3話ですか。6月に発売される予定の最終巻『GOSICK VIII -ゴシック・神々の黄昏-』は上下巻のようなので、もう絶対に原作通りならば終わりませんね。ラストは、オリジナルな改変をするのか、映画かOVAに続くのか。もしくは、意表を突いて2期とか。残っている短編を組み合わせれば、1クール分はありそうですけれどね。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第21話「聖夜の鐘は刻を追いたてる」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第20話「ファントムの幽霊に導かれる」

G GOSICK-ゴシック- 第20話「ファントムの幽霊に導かれる」です。

いよいよ、GOSICKも大詰めが近づいて来ています。と書いていると、6末が仕事の納期だったことを思い出して、胃が痛くなります。(泣)

閑話休題

今回も原作でいくと第7巻『GOSICK VII -ゴシック・薔薇色の人生-』です。これを6巻同様に2話で通過するのでしょうか?21話のサブタイトルからして、その可能性が高そうです。(ここは視聴前に書いています)

すると、2クールを全24話として残り4話ですか。クリスマスネタをやるのならば、『GOSICKs IV』ネタを入れるのかも。すると、6月に発売される予定の最終巻『GOSICK VIII -ゴシック・神々の黄昏-』は構想だけ使って、オリジナルで終わるのかも。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第20話「ファントムの幽霊に導かれる」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第19話「薔薇色の人生は新雪に埋もれる」

G GOSICK-ゴシック- 第19話「薔薇色の人生は新雪に埋もれる」です。

さてさて、GOSICKも大詰めが近づいて来ています。

今回は、原作でいくと第7巻『GOSICK VI -ゴシック・薔薇色の人生-』です。これを6巻同様に2話で通過するとして、20話ですか。ひとまず2クールを全24話として残り4話ですか。ただ、カレンダーからすると、全23話なんですよねぇ。
どうやら、6月に発売される予定の最終巻『GOSICK VIII -ゴシック・神々の黄昏-』は上下巻のようなので、これも2話ずつならば収まりますね。ただ、これだと駆け足なので、映画に続くとかですかね。

この最終巻は、『GOSICK VIII -ゴシック・はじまりの終わり-』と発表されていましたが、どうやら変わったようです。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第19話「薔薇色の人生は新雪に埋もれる」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第18話「漆黒の列車はいくつかの嘘を運ぶ」

G GOSICK-ゴシック- 第18話「漆黒の列車はいくつかの嘘を運ぶ」です。

さて、GOSICKも大詰めが近づいて来ている感じです。

今回は、原作でいくと第6巻『GOSICK VI -ゴシック・仮面舞踏会の夜-』です。これを5巻同様に2話で通過するとして、19話ですか。ひとまず2クールを全24話として残り5話ですか。
これならば、6月に発売される予定の最終巻『GOSICK VIII -ゴシック・はじまりの終わり-』まで収まります。

ただ、角川文庫のWebページでは、なぜか最終巻が『GOSICK VIII -ゴシック・神々の黄昏(上)-』になっているんですよねぇ。ならば、もう1巻あるということ?う~ん。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第18話「漆黒の列車はいくつかの嘘を運ぶ」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第17話「螺旋の迷宮にその箱はねむる」

GOSICK-ゴシック- 第17話「螺旋の迷宮にその箱はねむる」です。

G さて、うちのブログのトップ絵用にヴィクトリカさんを描いてみましたがどないなもんでしょう。ちなみに、ヴィクトリカさんのトップ絵へのリンクはここです。

絵は、アニメではなくて、原作小説の武田 日向さんのものを模写しています。どうも、アニメの絵は、今一つイメージが違うというかなんといいますか。

ということで、原作でいくと第5巻『GOSICK V -ゴシック・ベルゼブブの頭蓋-』が始まりました。これを3話で通過するとして、18話ですよね。ひとまず2クールを全24話として残り6話ですか。7巻までしか消化できないですね。7巻だと中途半端な終わりなんだけれど、続きは映画的になるのかなぁ。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第17話「螺旋の迷宮にその箱はねむる」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第16話「落下させるマリアは蠅の頭をもつ」

G GOSICK-ゴシック- 第16話「落下させるマリアは蠅の頭をもつ」です。

世間ではゴールデンウィークとやらが続いているらしいですが、本日は休日出勤です。お仕事お仕事。(号泣)

ところで、この春のアニメでは、新規に始まったものの感想も書いているのですが、なぜか押し出されるように、アクセス数ではこのGOSICKが一番多くなっています。不思議です。まぁ、土曜の朝に感想を上げていたので、タイミングがいいというのもありそうですが。ただ、今週は遅くなりました。(悔)

ということで、原作でいくと第5巻『GOSICK V -ゴシック・ベルゼブブの頭蓋-』の1話目ですね。原作では、一番スケールの大きい話ですね。

シリーズ全体を起承転結で考えると、「転」にあたる部分かなとも思います。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第16話「落下させるマリアは蠅の頭をもつ」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第15話「二匹の怪物は心をかよわせる」

G GOSICK-ゴシック- 第15話「二匹の怪物は心をかよわせる」です。

ゴールデンウィークも2日目ですが、子どもが学校なので、その送り出しが終わればぼ~っとする事もなくお休みです。

ということで、原作でいくと第4巻『GOSICK IV -ゴシック・愚者を代弁せよ-』の3話目ですね。原作の流れで行くと、ここで完結編です。

この調子で行くと、今回のリバイアサンや国王の伏線を活かせる展開にまで進められるのでしょうか。そういう意味では、結構重要な回ですよね。というか、もう物語りも後半に入っているので、転回があるころでしょうし。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第15話「二匹の怪物は心をかよわせる」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第14話「意地悪フリルは屁こきいもりを糾弾する」

G GOSICK-ゴシック- 第14話「意地悪フリルは屁こきいもりを糾弾する」です。

今週は天気も悪いこともあり、『魔法少女まどか☆マギカ 第12話「わたしの、最高の友達」(追記済)』との感想2本興業です。

ということで、原作でいくと第4巻『GOSICK IV -ゴシック・愚者を代弁せよ-』です。ここで3話使うという事は、全26話として5~8巻分で11話ですか?ちょうどではありますが、それだとGOSICKsの短編集分が入りませんね。ならばやはり7巻まででしょうか?う~ん。

さて、今週はいよいよ「屁こきいもり」の登場ですか。(苦笑)

ということで、GOSICK-ゴシック- 第14話「意地悪フリルは屁こきいもりを糾弾する」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第13話「愚者は己の代弁者を指名する」

GOSICK-ゴシック- 第13話「愚者は己の代弁者を指名する」です。

G 土曜日にGOSICKの感想を入れようかともくろんでいましたが、今週は朝からハモネプ見てしまい遅くなりました。

ということで、原作でいくと第4巻ですね、今週こそ。『GOSICK IV -ゴシック・愚者を代弁せよ-』です。いよいよ、これから山場に向かうって、アニメではどこまでやるんでしょうか?最後まで収まらない気もしてきましたが。

ところで、同じ武田日向さんが原作の『異国迷路のクロワーゼ』のPV第2弾が公式で公開されていますね。う~ん、GOSICKと比べてどうかとなると、う~ん。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第13話「愚者は己の代弁者を指名する」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第12話「夏の午後に蝉の声を聞く」

G GOSICK-ゴシック- 第12話「夏の午後に蝉の声を聞く」です。

『とある魔術の禁書目録II』が終わったので、土曜日にGOSICKの感想を入れようかともくろんでいましたが、朝から出かけていて遅れました。

ということで、原作でいくと第4巻でしたっけ?『GOSICK IV -ゴシック・愚者を代弁せよ-』でしたっけ。あれ?『GOSICKs II
-ゴシックエス・夏から遠ざかる列車-』の方ですね。時系列的には、IV→s IIではなかったでしたっけ?

ところで、4月からGOSICKの角川ビーンズ文庫版が出ていますが、富士見ミステリー文庫版とは挿絵とか、どれくらい違っているんでしょう。恐らく、カラーが減った程度かと思うんですが。どうしようかなぁ。買い直すかな。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第12話「夏の午後に蝉の声を聞く」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第11話「そのドリルは雄弁に愛を語る」

G GOSICK-ゴシック- 第11話「そのドリルは雄弁に愛を語る」です。

先週が総集編だったことと、『DOG DAYS』の感想を挟んだので、すっかり忘れていました。本来、日曜日の午前がアニメ版の『GOSICK』の感想を書くタイミングにしていたのですが。

ここでずらしていくと、『夢喰いメリー』や原作の『GOSICK VII』の感想を書くタイミングが遅れそうなので、ざっと書いておきます。おかげで、本日三本目の記事です。

ということで、原作でいくと第3巻の余祿でしたっけ?『GOSICK III -ゴシック・青い薔薇の下で-』ですね。

今まで色々と仄めかされていましたが、どうしてグレヴィール・ド・ブロワ警部は、あんな頭をしているのかってやつですね。

GOSICK-ゴシック- 第11話「風邪ひきは頑固な友人の夢をみる」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第10話「風邪ひきは頑固な友人の夢をみる」

G GOSICK-ゴシック- 第10話「風邪ひきは頑固な友人の夢をみる」です。

テレビ大阪の放送は、すんなりと行われたので、ちょっと前に見たのですが、感想を書くタイミングを逃しておりました。東京に戻る前に駆け足で書いておきます。

ということで、原作でいくと第3巻になります。『GOSICK III -ゴシック・青い薔薇の下で-』ですね。

このお話しは、ちょっとイレギュラーなので恐らくは早めに終わるんではないかなと前回書きましたが、予想通り2話で完結のようです。だってヴィクトリカが同行しませんからね。

簡単にいうと、今回のシリーズは、アームチェア・ディティクティブです。ちょっとこれからの伏線もあるはずなので、見てのお楽しみということで。

GOSICK-ゴシック- 第10話「風邪ひきは頑固な友人の夢をみる」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第9話「人食いデパートに青薔薇は咲く」

G GOSICK-ゴシック- 第9話「人食いデパートに青薔薇は咲く」です。

ということで、今週から原作でいくと第3巻になります。『GOSICK III -ゴシック・青い薔薇の下で-』ですね。

このお話しは、ちょっとイレギュラーなので、恐らくは早めに終わるんではないかなと思っています。だってあれですから。まぁ、次回予告で、結構展開のネタ晴らしをしていましたから、察しの良い方は気がついているかもしれません。

簡単にいうと、今回のシリーズは、アームチェア・ディティクティブです。どうして、どういう展開でそうなるのか、そしてどう知識の泉が活躍するのかは、見てのお楽しみということで。

GOSICK-ゴシック- 第9話「人食いデパートに青薔薇は咲く」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第8話「過去の王国に遠吠えがこだまする」

G GOSICK-ゴシック- 第8話「過去の王国に遠吠えがこだまする」です。

いよいよ終幕の「灰色オオカミ」のシリーズは、原作では『GOSICKII 』です。どうも名探偵コナンのように本格推理推理だと思われている方が多い気がしますが、原作でもこの辺りから、謎解き系から冒険・サスペンス色を強める方向に微調整がされています。確固とした論理的な回答を期待しすぎるといけません。メインは、ヴィクトリカの謎ですからね。

それはそうと、今週の3/2には、ようやくオープニングソングが発売です。なかなかいい感じの曲なのでヒットを期待したいところですが、ちょっと難しいかな。ところで、エンディングの発売は決まったんでしたっけ?

ということで、「灰色オオカミ」編もいよいよラスト。オオラスのオチは、冒頭が省略されているのでどうなるのかな?(汗)

GOSICK-ゴシック- 第8話「過去の王国に遠吠えがこだまする」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第7話「夏至祭に神託はくだされる」

G GOSICK-ゴシック- 第7話「夏至祭に神託はくだされる」です。

前回から始まった「灰色オオカミ」のシリーズは、原作では『GOSICKII 』です。作品全体が、謎解き系から冒険・サスペンス色を強める方向に微調整がされている感じです。とはいえ、元々それほど謎解き至上主義の本格ミステリってわけでもないんですが。

ところで、アブリルが本格的に絡んできた先週の蚤の市ですが、ある事項が省略されていることに気づきました。と言うことは、物語のラストでの、アブリルにスポットがあたるネタは、省略されると言うことでしょうか。(泣)

ということで、「灰色オオカミ」編もいよいよ中盤です。あのサービスシーンがあるはずですね。本編からすると、どうでも良いけれどキャプしてみました。(汗)

GOSICK-ゴシック- 第7話「夏至祭に神託はくだされる」感想行きます。

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

G GOSICK-ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」です。

さて、今回からの「オオカミ王ロボ」いや「灰色オオカミ」のシリーズは、原作では『GOSICKII 』です。短編集から長編に戻ってきたと言うか、元々のストーリーの流れになったってところでしょうか。『GOSICK s』だと、あの話は、もう少し引っ張るんですが。

ところで、アブリルの登場が先週になったので、元々1巻などであったアブリル絡みのネタや伏線は、結構省かれたり変更されたりしていました。そのアブリルと一弥との絡みなどは、ひょっとして復活してやってくれないかな?無理だろうな。(泣)

ということで、今週からいよいよオープニングに関連するような事件が、ヴィクトリカを襲います。

GOSICK-ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」感想行きます。(また、サブタイトル間違えていた(汗))

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

G_2 GOSICK-ゴシック- 第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」です。

さて、今回のアブリル登場のシリーズは、原作では『GOSICK s』です。その前に4冊既に原作が発売されている状況で出版されたものです。できることならば、この『GOSICK s』はアニメではやって欲しくなかったんですが、まぁ仕方ありません。

その理由は、ネタバレ全開モードで感想本編に書きます。ご注意願います。

ところで、OP(オープニングソング)/ED(エンディングソング)はいつ発売かというと、えっと3/2ですか。ずいぶんと先ですね。しかもEDは発売予定が告知されていません。困ったもんです。

ということで、GOSICK-ゴシック- 第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ