藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

本[は]◆氷結鏡界のエデン

「氷結鏡界のエデン11 最終双剣-ユミエル・ノイズ-」細音 啓★★★半☆

Eden 「氷結鏡界のエデン 11 最終双剣-ユミエル・ノイズ-」細音 啓
富士見ファンタジア文庫 ISBN:978-4-8291-3870-0-C0193    

ちょっと遅くなりました。3月に引っ越したんですが、途中の乗換駅にそこそこの本屋があったので、そこでの本購入を目論んでいたんですが、とっとと閉店してしまったんですね。

そもそも、エデンは売っている店では大量にあるんですけれど、小さい本屋には入っていないんですよね。

ということで、移動途中にどうにか手に入れてようやく読むことができました。あとは、『聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)』と『レンタルマギカ』を手に入れないと。

さて、10巻では、「穢歌の庭」に落ちたシェルティスとユミィを中心に、今までの謎がかなり説明されました。そのために深まった謎もありますが。

表紙は、10巻に引き続いてユミィとシェルティスですか。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「氷結鏡界のエデン 10 黄昏讃歌‐オラトリオ・イヴ‐」細音 啓★★★★☆

Eden 「氷結鏡界のエデン 10 黄昏讃歌‐オラトリオ・イヴ‐」細音 啓
富士見ファンタジア文庫 ISBN:978-4-8291-3804-5-C0193   

20日発売なので、ちょっと遅くなりました。アニメの感想をタイムリーにというのを優先して、あ、『DOG DAY'』の感想を書き忘れている。まぁ、いつも火曜日だからいいか。

あと、結構人気があるようで、『氷結鏡界のエデン』の感想を探しにアクセスして下さる方が多いからというのもあります。

さて、9巻ではシェルティスと、ユミィが「穢歌の庭」へと落下して、どうなるでしょうかというところで終わりました。いよいよ山場が近づいているという感じですか。

表紙もユミィとおまけのシェルティスですからね。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「氷結鏡界のエデン 9 決戦限界‐アマリリス・コーラス‐」細音 啓★★★★☆

Ed 「氷結鏡界のエデン 9 決戦限界‐アマリリス・コーラス‐」細音 啓
富士見ファンタジア文庫 ISBN:978-4-8291-3741-3-C0193  

ちょっと遅くなりました。ちょっと感想を書きたい本がたまっていて、それを優先したので。ということで、本の感想強化週間として、火曜日はイレギュラーですが、感想を書いておきます。

というのも結構人気があるようで、『氷結鏡界のエデン』の感想を探しにアクセスして下さる方が多いからです。ちょっと取り急ぎ書いておこうかと。

8巻から第二部ということで、どうやら「穢歌の庭」との関係を中心に描いていくっぽいですけれど。この先は、いよいよ『黄昏色の詠使い』との関連が出てくるように思えるので、その辺りが気になりますね。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「氷結鏡界のエデン 8 悲想共鳴‐クルーエル・シャウト‐」細音 啓★★★半☆

E 「氷結鏡界のエデン 8 悲想共鳴‐クルーエル・シャウト‐」細音 啓
富士見ファンタジア 文庫 ISBN:978-4829136805  

ちょっと遅くなりました。だって、本屋を4軒まわって見つけられなかったので。7巻もそういう状態だったんですよね。

という状況で、どうやら結構人気があるような『氷結鏡界のエデン』です。この8巻から第二部というか第二楽章開始らしいです。

7巻が異偏卿(イヘンキョウ)との闘いということで盛り上がったんですが、この先はどういう展開になっていくんでしょうね。個人的に一番気になるのは『黄昏色の詠使い』との関連なんですが。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「氷結鏡界のエデン 7 空白洗礼」細音 啓★★★半☆

H 「氷結鏡界のエデン 7 空白洗礼」細音 啓
富士見ファンタジア 文庫 ISBN:978-4829136515  

ちょっと遅くなりました。だって、本屋を6件まわってようやく買えたという状態だったので。職場が変わって、超都会ではなくなったためか、目的の本が手に入りにくくなっている気がします。

という状況で、どうやら結構人気があるような『氷結鏡界のエデン』です。この7巻で第一部というか第一楽章終了らしいです。

ということで山場です。いよいよ異偏卿(イヘンキョウ)という敵陣に乗りこむことになります。異偏卿(イヘンキョウ)も良く分からないんですよね。細音さんなので、純粋な悪役ではないと思うんですが。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「氷結鏡界のエデン 6 水晶世界」細音 啓★★★半☆

E 「氷結鏡界のエデン 6 水晶世界」細音 啓
富士見ファンタジア 文庫 ISBN:978-4829136201  

ちょっと遅くなりましたが、何事もタイミングです。少し前に読み終わっていたんですが、5巻に続いて感想を上げるタイミングを逃していました。

さて、どうやら結構人気があるような『氷結鏡界のエデン』です。もう既に6巻ですか。

統政庁事件も終わって、どうやら今までシェルティスに傾いていた主人公としてのバランスが、ユミィにも振り分けられてきた気がします。そして、対立組織もあらわれて、いよいよ本格的に物語が動き出しそうな雰囲気です。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「氷結鏡界のエデン 5 絶対聖域」細音 啓★★★半☆

E 「氷結鏡界のエデン 5 絶対聖域」細音 啓
富士見ファンタジア 文庫 ISBN:978-4-8291-3597-6-C0193  

ちょっと遅くなりましたが、何事もタイミングです。少し前に読み終わっていたんですが、感想を上げるタイミングを逃していました。

さて、ドラマCDも12/29に発売されるということで、いよいよ盛り上がったきている『氷結鏡界のエデン』です。

「モニカ部隊」もいよいよ結成され、今回はユミィの護衛という初仕事です。「天結宮」と袂を分かった「統政庁」が今までの『黄金のマハ』やイグニドを操っていたのか。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「氷結鏡界のエデン 4 天上旋律」細音 啓★★★半☆

H 「氷結鏡界のエデン 4 天上旋律」細音 啓
富 士見ファンタジア 文庫 ISBN:978-4829135419  

ちょっと遅くなりましたが、何事もタイミングです。少し前に読み終わっていたんですが、感想を上げるタイミングを逃していました。

さて、7月発売だったはずの「氷結鏡界のエデン 4」ですが、一月遅れての発売となりました。待っていましたよ。

『黄金のマハ』という敵役や、華宮の登場などで物語もいよいよ佳境に進んでいく感じがしてきました。その第一弾が統政庁との会合っぽいんですが、それに向けての地ならしの巻でしょう。いよいよ楽しみになってきました。ドラマCDも出るしね。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「氷結鏡界のエデン3 黄金境界」細音 啓★★★半☆

H 「氷結鏡界のエデン3 黄金境界」細音 啓
富士見ファンタジア 文庫 ISBN:978-4-8291-3512-9-C0193  

4/20発売だったんですね。25日発売だと思い込んでいました。いけません。おかげで本屋には、1冊しか残っていませんでした。危ない危ない。買い損ねるところでした。(汗)

さて、細野さんって確か兼業作家なんですよねぇ。それなのに、このペースで書かれているとは、かなり筆が早いですね。ただ、『黄昏色の詠使い』よりも、もっとペースが上がっている気がするのはどうでしょうか?その分、中身が軽くならなければいいですけれど。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「氷結鏡界のエデン2 禁断水晶」細音 啓★★★半☆

E 「氷結鏡界のエデン2 禁断水晶」細音 啓
富士見ファンタジア文庫 ISBN:978-4-8291-3473-3-C0193

いかんですねぇ。
早々に買って読もうと思ったのですが、5軒本屋を回っても全然見つけられずに入手するのが遅くなりました。大阪だと余計に遅くなるだろうと、がんばって本屋をはしごして見つけたのですが、大阪の片田舎の地元本屋にドンっと置いてあったのを見たときはがっくりでした。(汗)

どうも、まだ『黄昏色の詠使い』ほどの人気があるわけでもなく、なかなか苦戦をされているようです。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「氷結鏡界のエデン 楽園幻想」細音 啓★★★半☆

E 「氷結鏡界のエデン 楽園幻想」細音 啓
富士見ファンタジア文庫 ISBN:978-4829134436

「黄昏色の詠使い」で評判を得た細音 啓さんの新刊です。9月に出ていたのですが、「詠使い」の最終巻の翌月だったので、なんとなく後で書こうと思っているうちに書き損ねていました。

で、12月に第2巻が出るということで、まずいってことで、その前に書こうということにしたわけです。新刊が12/19発売ということで突貫工事です。

ということで、ひとまず感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ