藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[あ]◆アスラクライン

アスラクライン EX026「選択の歯車」

A アスラクライン EX026「選択の歯車」です。

さてさて、アスラクラインもいよいよ最終回です。

自分的には、原作の最終巻がちょっと納得できなかったので、先週ぐらいから明らかに原作とラストを変える雰囲気を醸しだしているアニメ版がどう終わりを見せてくれるのか、楽しみにしたいと思います。

それにしても、アスラクラインの記事のアクセスは、トラックバック数と比較して、結構多いんですよ。原作感想へのアクセスも増えていますし、終盤に掛かってそれなりに人気が上がってきているのかな?

ということで、アスラクライン 第26話最終回、「選択の歯車」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX025「過去と因果と別れの絶望」

A アスラクライン EX025「過去と因果と別れの絶望」です。

さてさて、アスラクラインもそろそろ終盤です。どうやら、原作の骨格は守りながらもアニメ用に改変してくるようです。

そういえば、うちのブログでは、原作の感想も上げているんですけれど、結構ずっとアクセスが多くてびっくりです。記事自体も、TBのわりにはアクセス数も多いですし、人気は密かにあるのかもしれません。

それはそうと、ダブルヒロインのどちらが最終的に主人公を手に入れるのでしょうね。楽しみです。

ということで、アスラクライン 第25話「過去と因果と別れの絶望」です。

続きを読む

アスラクライン EX024「君への想いが世界を壊す」

A アスラクライン EX024「君への想いが世界を壊す」です。

アスラクラインもいよいよ大詰めです。どうやら原作とは構成が違っているようですが、おおよその骨格は原作に合っているんではないでしょうか。どういうラストになるのかはまだ見てみないと分かりませんが、ここまでくれば原作とは違っても愉しめればオッケーでしょう。

とはいえ、やっぱりヒロインは最後には一人になるんでしょうから、奏ちゃんが選ばれるといいなぁ。

ということで、アスラクライン 第24話「君への想いが世界を壊す」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX023「残る命、散る命」

A アスラクライン EX023「残る命、散る命」です。

アスラクラインも、そろそろ終幕が近づいてきました。今までの様子からすると、原作通りに素直には終わらないような感じですがどうでしょう。大きくは変わらないけれども、少し変えるという感じでしょうか。

自分的には、原作重視派なんですが、別の解釈としてきちんとまとまっていれば改変も可とするタイプですので、今のところはどうまとめてくれるかお手並み拝見というところです。

ということで、アスラクライン 第23話「残る命、散る命」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX022「隣り合わせの死と平和」

A アスラクライン EX022「隣り合わせの死と平和」です。

アスラクライン2の主題歌angelaさんの「オルタナティヴ」が発売されましたが、週間の順位は16位でした。う~ん、前作のアスラクライン1(?)の主題歌「Spiral」よりも、売り上げ、順位共に下がっていますね。歌としてはこっちの方が好きなんですが、ちょっと凝りすぎなのかもしれません。アニメの人気も下がり気味なので、その影響もあったのかも。

とはいえ、アニメ版もこれから佳境ですから、楽しみにしたいところです。ですが、今週は時間があまりないので簡略で。

アスラクライン 第22話「隣り合わせの死と平和」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX021「思い出の消えた未来」

A_2 アスラクライン EX021「思い出の消えた未来」です。

angelaさんの主題歌「オルタナティヴ」が発売されましたが、初日は17位と若干の出遅れ。しかし、二日目は13位と盛り返して来ました。曲はいいと思うので、まず売れるためには聞いてもらう必要がありますね。

それは置いておいて、先週は山場的な展開で、智春たちが空間に取り込まれたところで終わりました。一体どうなったのか気になるところですね。

ということで、アスラクライン 第21話「思い出の消えた未来」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX020「カイメツの刻 ショウメツの闇」

A アスラクライン EX020「カイメツの刻 ショウメツの闇」です。

先週の放送で、まだ発売前の最新刊のネタを使うという暴挙に出たアスラクラインです。本当に、どうにかして欲しかった。

さてそれはさておき、次週は主題歌のangelaさんの「オルタナティヴ」が発売されます。確かEDもカップリングです。良い曲だと思いますので、気に入った方は手にとられるとよろしいかと。是非フルで聞いてみたいですね。

さて、今週はサブタイトルからすると、いきなり10巻に行くような雰囲気ですね。ならば、最初の山場かと。

ということで、アスラクライン2 第20話「カイメツの刻 ショウメツの闇」、感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX019「君に捧ぐ真実」

A アスラクライン EX019「君に捧ぐ真実」です。

いや~松井すごかったですね。

いやそれはさておき、次週11/18は、オープニング、エンディングソングangelaの「オルタナティヴ/彼方のdelight」の発売日です。この両方の歌はかなりいいので、どれぐらいのチャートアクションを見せてくれるのか楽しみです。fripsideもオリコン6位発進でしたので、それ並には売れて欲しいところです。fripsideは品切れがなければもっと順位を上げていたという噂もありますが。

話が逸れました。アスラクライン2 19話「君に捧ぐ真実」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX018「愛と魔力のせつない関係」

A アスラクライン EX018「愛と魔力のせつない関係」です。

先週は、結構評判がよかったようです。切ない部分もありましたし、戦闘もありましたから。作画も、まだましだったですからね。

ただ、今週のお話しは、ちょっと手前に戻るんですよね。ここに来て戻る必要性はあまりないと思うんですけれど、何か伏線の張り忘れでもあったのかなと考えたのですが、どちらかというと、ドタバタ回ですね。

先週が重い展開だったので、ちょっと緩めようというのでしょうか。

ということで、アスラクライン 第18話「愛と魔力のせつない関係」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX017「生け贄の名を喚ぶ代償」

A アスラクライン EX017「生け贄の名を喚ぶ代償」です。

さて、アスラクラインですが、やはりアスラクライン2になっても分かりにくいようで、早々と感想を中止される方も多いようです。これからが本番だと思いますが、それの前提となる設定の見せ方が不親切なので、ついて来れない人が多いんでしょう。

でも、このオープニングとエンディングは、angelaさんの歌も含めてなかなかの出来なので、その歌詞の意味するところがハッキリするまでは見てもいいんではないでしょうか。とはいえ、セブンアークスに頑張ってもらっての前提ですが。

ということで、アスラクライン 第17話「生け贄の名を喚ぶ代償」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX016「自由で不自由な選択肢」

A_2 アスラクライン EX016「自由で不自由な選択肢」です。

うう~、ずるいなぁ。最近気付いたんですが、原作小説の表紙カバーが全部変わっていました。和狸ナオさんが描いているのは同じなんですが、奇数巻が操緒、偶数巻が奏ちゃんというダブルヒロインをアピールするものになっています。しかもそれが白と黒を基調にしていいんだなぁ。非常に悔しい。

買い直す気はあまりないですが、今の本を今のうちに売っておいて、アニメが終わったころに古本で揃え直すか。でも、価値はないとしても初版だしなぁ。う~ん。

ということで、出張帰りでちょっと早めですが、アスラクライン第16話「自由で不自由な選択肢」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX015「悪魔に喰われた副葬処女」

A アスラクライン EX015「悪魔に喰われた副葬処女」です。

アスラクライン2は、早くも2話目。第1話を見る限りは、原作クラッシャーなのは影を潜めているというか、変則2クールの1クール目の分かりにくい部分をそれなりに補填しようとする努力は見えました。成功しているかは別にして。

ただ、オープニングを見る限り、とても原作通りに行くとは思えないので、原作ファンとしては相も変わらず心配の種が尽きません。

ということで、1クール目でかなり無視されていた炫 塔貴也部長が、どうストーリーに絡んでくるのか、原作通りの役回りなのか気になる アスラクライン2 第15話「悪魔に喰われた副葬処女」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX014「消滅の世界と記憶の残骸」

A アスラクライン EX014「消滅の世界と記憶の残骸」です。

本当に、変則2クールの1クール目最終回の出来があれほど良くなければ、切っちゃっている可能性もあったのですが。原作が好きなので、引き続き感想行くつもりです。よろしくお願いしますです。

ところで、Angelaのオープニング、エンディング、カッコいいですねぇ。オープニングはちょっと尺的に足りていない気もするので、もう少し長く聞いてみたいところです。

ということで、秋アニメ一発目、アスラクライン2 EX014「消滅の世界と記憶の残骸」です。

続きを読む

アスラクライン EX013「呪われた罪人の烙印」

A アスラクライン EX013「呪われた罪人の烙印」です。

どうやら本当に変則2クールのようなアスラクラインです。1クール目の最終回ということになりますか。

最終回ということで、あのネタで最後を締めるのでしょうが、余韻的にはいいんでしょうが恐らくはアニメ未読の方には肩すかしになる可能性が高そうな気もします。どうしてかって?それは、感想の部分で書きます。

オープニングの「Spairal」結構かっこ良かっただけにもったいない

ということは置いておいて、さっさとアスラクライン 第13話「呪われた罪人の烙印」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX012「世界が枯れるまで」

A アスラクライン EX012「世界が枯れるまで」です。

変則2クールとの噂のアスラクライン。先週を見ておおよそのラストが頭に浮かびましたが、それをどう料理してくれるのか楽しみにすることにします。

さて、変則2クールとのことなので、次は秋ですかね。秋ならば、「とある科学の超電磁砲」や「灼眼のシャナ」の新プロジェクトなんかが、同傾向のアニメになるんでしょうか。強敵です。

ということで、アスラクライン 第12話「世界が枯れるまで」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX011「隣にいてくれる日常と非日常」

A アスラクライン EX011「隣にいてくれる日常と非日常」です。

アスラクラインは、変則2クールとの噂を聞きました。そうすると今回を入れてあと3話で終わりですか。

それならば、全然謎解きはまだというか、恐らくはアスラクラインというか加賀篝との決着までが1クールなんでしょうね。先週取り逃がしましたし。

今週はというと、幕間というか彼女のお話しですか。後々重要ですね。

ということで、アスラクライン 第11話「隣にいてくれる日常と非日常」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX010「刻の鎖はつながれて」

A アスラクライン EX010「刻の鎖はつながれて」です。

さてさて、今週は加賀篝隆也編がひとまず一段落つく回です。

加賀篝が「魔神相剋者(アスラ・クライン)」であることから、夏目智春がなりうる姿というわけですが、それがどういう意味を持つのでしょうか。

そして、攫われたアニア・フォルチュナ・ソメシェル・ミク・クラウゼンブルヒとその姉の運命や如何に。

ということで、アスラクライン EX010「刻の鎖はつながれて」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX009「存在するはずのない禁忌の存在」

A アスラクライン EX009「存在するはずのない禁忌の存在」です。

原作のファンなんですが、どうもどんどんテンポや作画が悪くなってきている気がします。作画は、先々週が一番悪かった気もしますが、今週はどうでしょうか?セブンアークスなのだから、テレビ放映時は仕方がないなんて考えている自分がいやですが。(汗)

ということで、やっと作品のタイトルであるアスラクラインという言葉が出てきて、ダブルヒロインである意味が明確になるのでしょうか?(苦笑)

ということで、アスラクライン EX009「存在するはずのない禁忌の存在」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX008「災厄の王の末娘」

A アスラクライン EX008「災厄の王の末娘」です。

まぁ、世の中は新型インフルエンザの話題で持ちきりですが、こういうときは家でアニメ鑑賞がよろしいかもしれませんね。アスラクラインもこの機会に人気を持ち直してくれるといいのですが。

とはいえ、やはり内容が問題になるわけです。

今週からは、恐らく人気があるんだろうなぁというあの人が登場します。起死回生の一手になるのでしょうか。その前に、絵が良くなるとうれしいんだけれどなぁ。あ、今週はそんなに悪くなった気が。

ということで、アスラクライン EX008「災厄の王の末娘」感想行きます。

続きを読む

アスラクライン EX007「無情な空に散った夢」

A アスラクライン EX007「無情な空に散った夢」です。

アスラクラインは、放映時間が各地でかなりバラバラなこともあって、感想が少ない感じがします。というか、これも、お話しがかなりややこしいのもあるのですが。これからあの人が登場して、謎がある程度解けていくはずなんですが。

さて、今週は、先週のスタビライザを受けてドタバタになるのか、それとも先週の雰囲気を引きずってシリアス色が濃くなっていくのか。

ということで、アスラクライン EX007「無情な空に散った夢」行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ