藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[た]◆とある魔術の禁書目録

とある魔術の禁書目録<インデックス>III #06「超能力者達」

ehshell 2018-11-10 07-49-39-69とある魔術の禁書目録<インデックス>III #06「超能力者達」です。

久々に始まった「とある魔術の禁書目録」の第三期ですが、いままでも感想を書いているので、一先ず書いておこうかなあとしました。

最新の記事が2013年なので、約5年ぶりになりますか。

いや、それは映画版なので、「とある魔術の禁書目録II」からですと、7年ぶりになりますね。ずいぶんと経っています。

そこまで間が空いた印象がなかったのは、たぶん、「とある科学の超電磁砲」があったからかと思うんですけれど、これも2013年でしたか。

今回どこまでやるのかは分からないんですけれど、今までは両シリーズともずっと2クールずつだったので、それに倣ってでしょうし、<新約>に繋がるロシア編までやるんですかね?PVを見ているとそういう気もします。

先週の第五話は、暗部編の続き、『ブロック』と『グループ』の抗争が中心でした。

暗部編のメインは、「ピンセット」を奪ってアレイスターに迫ろうとする『スクール』の動きですが、先週はそれを追う『グループ』の動きという感じですか。暗部編をしっかりやるなら、尺からすると、ここをもっとガッツリ省いても良かった気がしますけれどね。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>III 第六話「超能力者達」感想行きます。
続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>III #05「未元物質(ダークマター)」

2018110301とある魔術の禁書目録<インデックス>III #05「未元物質(ダークマター)」です。 

久々に始まった「とある魔術の禁書目録」の第三期ですが、いままでも感想を書いているので、一先ず書いておこうかなあとしました。


最新の記事が2013年なので、約5年ぶりになりますか。

いや、それは映画版なので、「とある魔術の禁書目録II」からですと、7年ぶりになりますね。ずいぶんと経っています。

そこまで間が空いた印象がなかったのは、たぶん、「とある科学の超電磁砲」があったからかと思うんですけれど、これも2013年でしたか。

今回どこまでやるのかは分からないんですけれど、今までは両シリーズともずっと2クールずつだったので、それに倣ってでしょうし、<新約>に繋がるロシア編までやるんですかね?PVを見ているとそういう気もします。

先週の第三話は、舞台は学園都市に戻って、暗部編でした。

学園都市でアレイスター=クロウリーに反旗を翻し、クーデターを狙う『スクール』と『アイテム』。
どちらかというと『スクール』を『アイテム』が牽制しているという感じですか。そしてその行動を抑えようとするのが、『グループ』ですね。
『スクール』と『アイテム』がぶつかり、どうやら垣根 帝督の『スクール』が勝っている感じではありますが。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>III 第五話「未元物質(ダークマター)」感想行きます。
続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>III #04「学園都市暗部」

ehshell 2018-10-27 08-15-59-37とある魔術の禁書目録<インデックス>III #04「学園都市暗部で す。

久々に始まった「とある魔術の禁書目録」の第三期ですが、いままでも感想を書いているので、一先ず書いておこうかなあとしました。


最新の記事が2013年なので、約5年ぶりになりますか。

いや、それは映画版なので、「とある魔術の禁書目録II」からですと、7年ぶりになりますね。ずいぶんと経っています。

そこまで間が空いた印象がなかったのは、たぶん、「とある科学の超電磁砲」があったからかと思うんですけれど、これも2013年でしたか。


今回どこまでやるのかは分からないんですけれど、今までは両シリーズともずっと2クールずつだったので、それに倣ってでしょうし、<新約>に繋がるロシア編までやるんですかね?PVを見ているとそういう気もします。


先週の第三話は、ローマ正教の霊装「C文書」についてのエピソードの完結編でした。

当麻と五和は、「C文書」を処分すべくこの隙を狙って教皇庁宮殿に乗り込み、『神の右席』左方のテッラと対決しました。
結果としては、学園都市第一位の超能力者(レベル5)「一方通行(アクセラレータ)」によって納められた感じですが。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>III 第四話「学園都市暗部」感想行きます。
続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>III #03「C文書」

index2018102002とある魔術の禁書目録<インデックス>III #03「C文書」で す。

久々に始まった「とある魔術の禁書目録」の第三期ですが、いままでも感想を書いているので、一先ず書いておこうかなあとしました。


最新の記事が2013年なので、約5年ぶりになりますか。

いや、それは映画版なので、「とある魔術の禁書目録II」からですと、7年ぶりになりますね。ずいぶんと経っています。

そこまで間が空いた印象がなかったのは、たぶん、「とある科学の超電磁砲」があったからかと思うんですけれど、これも2013年でしたか。


今回どこまでやるのかは分からないんですけれど、今までは両シリーズともずっと2クールずつだったので、それに倣ってでしょうし、<新約>に繋がるロシア編までやるんですかね?PVを見ているとそういう気もします。


先週の第一話は、ローマ正教についての復習という感じで始まりました。

そして、今回の反学園都市のデモに「C文書」がかかわるということが判明します。
そのことから、上条当麻は、教皇庁宮殿を目指すわけですが。


ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>III 第三話「C文書」感想行きます。続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>III #02「神の右席」

ehshell 2018-10-13 08-14-18-31とある魔術の禁書目録<インデックス>III #02「神の右席」で す。

久々に始まった「とある魔術の禁書目録」の第三期ですが、いままでも感想を書いているので、一先ず書いておこうかなあとしました。


最新の記事が2013年なので、約5年ぶりになりますか。

いや、それは映画版なので、「とある魔術の禁書目録II」からですと、7年ぶりになりますね。ずいぶんと経っています。

そこまで間が空いた印象がなかったのは、たぶん、「とある科学の超電磁砲」があったからかと思うんですけれど、これも2013年でしたか。


今回どこまでやるのかは分からないんですけれど、今までは両シリーズともずっと2クールずつだったので、それに倣ってでしょうし、<新約>に繋がるロシア編までやるんですかね?PVを見ているとそういう気もします。


先週の第一話は、昔からの繋がり、キャラクターの総集編、そして次の物語のプロローグという感じでした。

物語りとしては、ローマ正教徒による科学サイドへの大規模デモがポイントでしょうか。それに対抗するために、舞台はヨーロッパへという感じですか。


ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>III 第二話「神の右席」感想行きます。続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>III #01「混乱」

2018100602とある魔術の禁書目録<インデックス>III #01「混乱」で す。

この秋アニメ感想の第一弾です。


久々に始まった「とある魔術の禁書目録」の第三期ですが、いままでも感想を書いているので、一先ず書いておこうかなあとしました。


最新の記事が2013年なので、約5年ぶりになりますか。

いや、それは映画版なので、「とある魔術の禁書目録II」からですと、7年ぶりになりますね。ずいぶんと経っています。

そこまで間が空いた印象がなかったのは、たぶん、「とある科学の超電磁砲」があったからかと思うんですけれど、これも2013年でしたか。


今回どこまでやるのかは分からないんですけれど、今までは両シリーズともずっと2クールずつだったので、それに倣ってでしょうし、<新約>に繋がるロシア編までやるんですかね?PVを見ているとそういう気もします。


ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>III 第一話「混乱」感想行きます。続きを読む

劇場版 とある魔術の禁書目録<インデックス>-エンデュミオンの奇蹟

Ek03

劇場版 とある魔術の禁書目録<インデックス>-エンデュミオンの奇蹟です。

ずいぶん遅ればせながらですが、『劇場版 とある魔術の禁書目録<インデック ス>-エンデュミオンの奇蹟』を見ました。

はい、風邪引いたので、部屋でゴロゴロしようと思ったんですね。ところが、BDやDVDは、ゴロゴロして見れない位置にディスプレイがあることに、今更ながらに気付きました。困ったものですが、模様替えする気力はないので、だら~っとした姿勢で見ました。

時系列的には、どうやら今期の『とある科学の超電磁<レールガン>』の終了から、次のエピソードの間ぐらいですか。『大覇星祭』までの間のエピソードでしょうかね。黒子が車椅子ですから、9/15~9/25の間ということですよね。車椅子になったのは、結標淡希との争いだったはずなので。『大覇星祭』が終わった後は、車椅子なしですよね。

それはそうとして、良くこんな細かい辻褄を合わせてきますねぇ。調べる方もどうかと思いますが。(苦笑)

ということで、「劇場版 とある魔術の禁書目録<インデックス>-エンデュミオンの奇蹟」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #24「武装集団(スキルアウト)」

I とある魔術の禁書目録<インデック ス>II #24「武装集団(スキルアウト)です。

『とある魔術の禁書目録II』も今週で最終回。まぁ、原作の残りからすると、バタバタって終わるんだろうなというのは予測できますが。

ということで、今週も原作で行くと『とある魔術の禁書目録SS』の残りを消化することに。まぁ、これをやっておかないと、もし3期があったときに物語が続かないわけですが。ただ、2期の間に押し込む必要性をまったく感じないのですが。

それはそうとして、次回予告か何かありますかね。それが楽しみだったりだったり。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第24話「武装集団(スキルアウト)」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #23「10月30日(かいせんまえ)」

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #23「10月30日(かいせんまえ)です。

T 『とある魔術の禁書目録II』は、今週MBSが揃って通常放送ですか。まどかは、放送局の足並みが揃わなかったのかなぁ。

さて、「前方(ぜんぽう)のヴェント」編といいますか「天使の力(テレズマ)」編が先週で終わりましたが、原作のエピローグが入らなかったと書きました。それはどうやら今週分で回収されるようですね。

ということで、今週からは、原作で行くと『とある魔術の禁書目録SS』をやるようです。時系列的に行くと、確かに13巻のあとのはずなので、これをやっておかないと後には続かないですしわかるのですが、2話で終わるのかなぁ。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第23話「10月30日(かいせんまえ)」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #22「天罰術式」

I とある魔術の禁書目録<インデックス>II #22「天罰術式です。

大阪から東京に戻ってきました。冷蔵庫を止めてまで東京MXで録画した禁書目録の感想です。

はい。キャプは1期からずっと女性キャラ中心なので、もう開き直っていますです。本来ならあの一通さんなんでしょうが。

さて、「前方(ぜんぽう)のヴェント」編といいますか「天使の力(テレズマ)」編も今週で終わりです。どう決着を付けるのか、結構ここにあれを入れるために削ったのかなというシーンもあったりしたので、ラストバトルは期待したいところです。

ただ、残りを考えると、ちょっと尺的には足らない気もするので、どう見せてくれるのか楽しみにしておきます。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第22話「天罰術式」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #21「学習装置(テスタメント)」

T とある魔術の禁書目録<インデックス>II #21「学習装置(テスタメント)で す。

はい。キャプは1期からずっと女性キャラ中心なので、もう開き直っていますです。

さて、先週から「前方(ぜんぽう)のヴェント」編といいますか「天使の力(テレズマ)」編が始まりました。原作では、分厚い13巻です。

先週で、原作の5分の2程度を使いました。原作の後半は、アクションシーンも満載なので、前半よりも早く進めようと思えばできると思います。でもこのサブタイトルならば、きっと13巻には3話使いますね。今回を含めあと2回あるのでしょう。

さて先週裏主人公として覚醒した一方通行(アクセレータ)くんですが、今週も黒いままでしょうか。そういえば、あの人が登場しそうですね。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第21話「学習装置(テスタメント)」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #20「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」

I とある魔術の禁書目録<インデックス>II #20「猟犬部隊(ハウンドドッグ)です。

はい。キャプは1期からずっと女性キャラ中心なので、もう開き直っていますです。

さて、先々週までの「罰ゲーム」編に被さるように、「前方(ぜんぽう)のヴェント」編といいますか「天使の力(テレズマ)」編が始まりました。原作で行くと13巻です。

この調子で行くと14巻までがアニメ化対象でしょうか。3月の残り曜日を考えると、今週を入れて残り5回。いつもは3話で1巻分なのですが、そう考えると、恐らくはこの13巻は2話で乗り切る構えでしょう。他の巻より分厚いんですがね。

さて今週は、いよいよ一方通行(アクセレータ)くんが、裏主人公として覚醒でしょうか。テレビ放映できるような内容ではないはずですが、どう処理するのでしょうか。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第20話「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #19「木原数多(けんきゅうしゃ)」

T とある魔術の禁書目録<インデックス>II #19「木原数多(けんきゅうしゃ)です。

さて、先々週から始まった「罰ゲーム」編ですがおもしろかったですね。原作で行くと12巻。ですが、次回予告でもお分かりのように、原作通りならばお楽しみもいよいよお終いです。

あちこちで書かれているように、これからは、当麻主人公から、当麻、一方通行(アクセレータ)そして多くの関係者たちという群像劇に近くなっていくはずなので、見る感じが違ってくるんではないでしょうか。

さて今週は、先週の次回予告を見ると、『とある科学の超電磁砲』で登場したあの人の関係者が登場ですね。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第19話「木原数多(けんきゅうしゃ)」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #18「検体番号(シリアルナンバー)」

T2 とある魔術の禁書目録<インデックス>II #18「検体番号(シリアルナンバー)です。

さて、先週から始まった「罰ゲーム」編ですがおもしろかったですね。原作で行くと12巻。原作的にも、コメディ色が強い巻なので、もうしばらくは楽しめるのかな?

先週は、科学サイドのオールスターキャストって感じでした。科学サイドで出ていないのは、風斬 氷華、結標 淡希ぐらいですか。あ、親玉を忘れていました。もちろん、『とある科学の超電磁砲』オンリーの佐天 涙子ちゃんのような方もいらっしゃいますが。(苦笑)

今週は、先週の次回予告を見ると、魔術サイドの方もちらほら登場するようですね。それはそれで楽しみです。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第18話「検体番号(シリアルナンバー)」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #17「罰ゲーム」

I とある魔術の禁書目録<インデックス>II #17「罰ゲームです。

今週からシリーズが変わり、「罰ゲーム」編です。原作で行くと12巻。お話し的に行くと、大きなうねりの前の小さなうねり、お楽しみ映像つきって感じでしょうか。

さて、今週からOP(オープニング)が変わりました。唄は、川田まみさんの「See visionS」。さわやかではありますが、やはりなんかもの足りないような。う~ん。ただ、映像は綺麗ですね。

曲的に行くと、やはりファーストシーズンの「PSI-missing」や「masterpiece」の方がかなり良かった気がします。まぁ、聞き慣れると印象が変わるのは、いつものことでしょうけれど。映像の中身については、あとで言及します。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第17話「罰ゲーム」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #16「刻限のロザリオ」

I とある魔術の禁書目録<インデックス>II #16「刻限のロザリオで す。

さて、第17話からオープニングが変わるということは、「海外旅行編」も今週で終わりということでしょうか。

しかし、この冬は、良作だけれど小粒なアニメが揃っているということで、この『とある魔術禁書目録II』が一人勝ちという前評判だったんですが、あっさりと、『魔法少女まどか☆マギカ』に話題を攫われている気がします。というか、作品が丁寧でないという、質的な問題もあると思いますが。

ここから後半のスパートを期待したいところですが、どうなりますでしょうか。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第16話「刻限のロザリオ」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #15「女王艦隊」

T とある魔術の禁書目録<インデックス>II #15「女王艦隊」です。

さて、「海外旅行編」も第2話です。

先週からエンディングが変わりましたが、公式ツィートによるとオープニングは17話からのようです。つまり、この「海外旅行編」は16話まで、後1話あるということですね。早く新しいオープニングが見たいな、聞きたいなぁ。

まぁ今週は、恐らく『魔法少女まどか☆マギカ』の度肝を抜く展開に話題集中でしょうから、のんびりと行くことにします。この後、休日出勤だし。(苦笑)

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第15話「女王艦隊」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #14「水の都」

I とある魔術の禁書目録<インデックス>II #14「水の都です。

先週で「大覇星祭」編といいますか「刺突杭剣(スタブソード)」編も終わりました。残念ながら、1クール目の目玉だと思っていた割りには、今一つだった感想です。う~む。

ということで、今週からは「海外旅行編」ですね。作画が復活してくれると嬉しいのですが、『夢喰いメリー』の方に力が入っている気がして。(苦笑)

うちのブログでは、先週はついにアクセス数で、『魔法少女まどか☆マギカ』に抜かれちゃいましたし。この調子だと、記事を書く順番を入れ替えるかもしれません。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第14話「水の都」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #13「使徒十字(クローチェディピエトロ)」

I とある魔術の禁書目録<インデックス>II #13「使徒十字(クローチェディピエトロ)です。

電撃文庫版アニメ恒例の(?)年跨ぎで、1回飛んだ『とある魔術禁書目録II』です。

さて、今週で「刺突杭剣(スタブソード)」編も終わりでしょうか。いよいよ、オリアナとの全面決戦って感じで前回は引きましたしね。

さて、オープニングの変更ですが、やはりオリアナとの決着が付いた次週からですか。オープニングの登場人物から言ってもそんな感じでしょうね。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第13話「使徒十字(クローチェディピエトロ)」感想行きます。

続きを読む

とある魔術の禁書目録<インデックス>II #12「天文台(ベルヴェデーレ)」

I とある魔術の禁書目録<インデックス>II #12「天文台(ベルヴェデーレ)で す。

とあるやりとりで、先週のサブタイトルが間違っていることに気付きました。本来は、「刺突杭剣」だと思うんですが、アニメや公式Webでは全部「刺突抗剣」になっています。原作では、「抗」ではなくて「杭」なので、間違っていると思います。少なくとも先々週までは公式Webでも「杭」でしたから。(苦笑)

さて先々週、先週は、2週続けて「とある~」シリーズ史上最悪な絵を更新するお話しだったと思いますが、今週は復活してくれているんでしょうか。

さて、今週からは、「刺突杭剣(スタブソード)」編も終盤戦です。原作の具合からすると、年跨ぎして、今週を入れてあと2回ぐらいかな?

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第12話「天文台(ベルヴェデーレ)」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ