藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

マンガ・アニメ

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第11話「みんなの夢、私の夢」

ehshell 2020-12-13 07-04-27-55ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第11話「みんなの夢、私の夢」です。

『ラブライブ!』ですが、ほぼ3年ぶりの新作ですね。その間に、ゲームもスクフェスからスクスタへと様変わりしていますし、色々と状況は変わっていますね。Aqoursは完全に沼津に根ざしたアイドルになっていますし、μ'sも再結成を決めています。Saint Snowもソロデビューしましたしね。

そして大きいのが、「ラブライブ!スーパースター!!」のアニメ化が決まっていることですね。次が既に決まっている状態でどうするのかということです。
というのも、元々「ラブライブ!」のシリーズとして次のアニメは、「ラブライブ!スーパースター!!」で、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」はアニメ化の予定はなかったらしいです。

あと、アニメの制作はサンライズで変わらないのですが、どうもスタッフが変わっているというか、キャラデザおよびメインアニメーターが室田さんでなくなっているのが気になりますね。予告を見ている時点でもう絵が変わっていると分かるぐらいなので、かなり違うのではないかと思います。

先週の第十話は、高咲 侑ちゃんがメインのお話しでした。
一通り虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のスクールアイドルメンバーを紹介仕切ったので、スクールアイドルでないプロデューサーというかマネージャというかの高咲 侑ちゃんが前に進むにはというお話しでした。
そして、フェスを開催するということを決定するわけですが、歩夢ちゃんの様子がおかしくてという感じですか。

ということで、ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第11話「みんなの夢、私の夢」感想いきます。
続きを読む

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第10話「夏、はじまる。」

20201120601ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第10話「夏、はじまる。」です。

『ラブライブ!』ですが、ほぼ3年ぶりの新作ですね。その間に、ゲームもスクフェスからスクスタへと様変わりしていますし、色々と状況は変わっていますね。Aqoursは完全に沼津に根ざしたアイドルになっていますし、μ'sも再結成を決めています。Saint Snowもソロデビューしましたしね。

そして大きいのが、「ラブライブ!スーパースター!!」のアニメ化が決まっていることですね。次が既に決まっている状態でどうするのかということです。
というのも、元々「ラブライブ!」のシリーズとして次のアニメは、「ラブライブ!スーパースター!!」で、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」はアニメ化の予定はなかったらしいです。

あと、アニメの制作はサンライズで変わらないのですが、どうもスタッフが変わっているというか、キャラデザおよびメインアニメーターが室田さんでなくなっているのが気になりますね。予告を見ている時点でもう絵が変わっていると分かるぐらいなので、かなり違うのではないかと思います。

先週の第九話は、9人最後のメンバーである朝香果林ちゃんがメインのお話しでした。
ただ、外に討って出る形で外部ライブというかフェスに参加するということが、果林ちゃんのお話しの背景にあったかと思います。これが今週に繋がるかんじですか。
メンバー一人一人の成長と、同好会全体の成長を並行して描くというのが、「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」の見せ方ですね。

ということで、ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第10話「夏、はじまる。」感想いきます。
続きを読む

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第9話「仲間でライバル」

ehshell 2020-11-29 08-52-43-05
ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第9話「仲間でライバル」です。

『ラブライブ!』ですが、ほぼ3年ぶりの新作ですね。その間に、ゲームもスクフェスからスクスタへと様変わりしていますし、色々と状況は変わっていますね。Aqoursは完全に沼津に根ざしたアイドルになっていますし、μ'sも再結成を決めています。Saint Snowもソロデビューしましたしね。

そして大きいのが、「ラブライブ!スーパースター!!」のアニメ化が決まっていることですね。次が既に決まっている状態でどうするのかということです。
というのも、元々「ラブライブ!」のシリーズとして次のアニメは、「ラブライブ!スーパースター!!」で、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」はアニメ化の予定はなかったらしいです。

あと、アニメの制作はサンライズで変わらないのですが、どうもスタッフが変わっているというか、キャラデザおよびメインアニメーターが室田さんでなくなっているのが気になりますね。予告を見ている時点でもう絵が変わっていると分かるぐらいなので、かなり違うのではないかと思います。

先週の第八話は、桜坂しずくちゃんをメインとした一年生ズのお話しでした。
演劇と二足の草鞋をはくしずくちゃんですが、その演劇で悩むしずくちゃんを一年生ズメンバーが支えて、しずくちゃんが前に進むという感じですか。
一年生ズメンバーの関係が垣間見えて良かったです。なかなか、いいお話しだったと思います。
今週は、最後の一人果林ちゃんですか。

ということで、ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第9話「仲間でライバル」感想いきます。
続きを読む

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第8話「しずく、モノクローム」

ehshell 2020-11-22 08-34-09-40ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第8話「しずく、モノクローム」です。

『ラブライブ!』ですが、ほぼ3年ぶりの新作ですね。その間に、ゲームもスクフェスからスクスタへと様変わりしていますし、色々と状況は変わっていますね。Aqoursは完全に沼津に根ざしたアイドルになっていますし、μ'sも再結成を決めています。Saint Snowもソロデビューしましたしね。

そして大きいのが、「ラブライブ!スーパースター!!」のアニメ化が決まっていることですね。次が既に決まっている状態でどうするのかということです。
というのも、元々「ラブライブ!」のシリーズとして次のアニメは、「ラブライブ!スーパースター!!」で、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」はアニメ化の予定はなかったらしいです。

あと、アニメの制作はサンライズで変わらないのですが、どうもスタッフが変わっているというか、キャラデザおよびメインアニメーターが室田さんでなくなっているのが気になりますね。予告を見ている時点でもう絵が変わっていると分かるぐらいなので、かなり違うのではないかと思います。

先週の第七話は、近江彼方ちゃんがメインのお話しでした。
といいますか、彼方ちゃんと妹の遥ちゃんとの関係から、彼方ちゃんの今までのおねむの種明かしとかがされたという感じでしょうか。
個人的には、今までは、それぞれのキャラクターが変わるというか成長していくお話しだったので、彼方ちゃんは妹ちゃん側が変わったという感じでちょっと物足りないかなという感じもしました。
面白かったんですけれどね。

ということで、ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第8話「しずく、モノクローム」感想いきます。
続きを読む

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第7話「ハルカカナタ」

2020111502ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第7話「ハルカカナタ」です。

『ラブライブ!』ですが、ほぼ3年ぶりの新作ですね。その間に、ゲームもスクフェスからスクスタへと様変わりしていますし、色々と状況は変わっていますね。Aqoursは完全に沼津に根ざしたアイドルになっていますし、μ'sも再結成を決めています。Saint Snowもソロデビューしましたしね。

そして大きいのが、「ラブライブ!スーパースター!!」のアニメ化が決まっていることですね。次が既に決まっている状態でどうするのかということです。
というのも、元々「ラブライブ!」のシリーズとして次のアニメは、「ラブライブ!スーパースター!!」で、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」はアニメ化の予定はなかったらしいです。

あと、アニメの制作はサンライズで変わらないのですが、どうもスタッフが変わっているというか、キャラデザおよびメインアニメーターが室田さんでなくなっているのが気になりますね。予告を見ている時点でもう絵が変わっていると分かるぐらいなので、かなり違うのではないかと思います。

先週の第六話は、天王寺璃奈ちゃんがメインのお話しでした。
璃奈ちゃんが自分を変えるというお話しだったのですが、非常に感動的なお話でした。
単純に頑張って自分を変えるという成長物語にせず、頑張ってもダメなものはダメなのだけど、そこを仲間みんなの声援を受けて自分の知恵で前に進んでいくという展開にしていました。
短い1話の間だけでこれを見せていたのですが、構成やライブでの映像カットの使い方とか素晴らしかったです。

ということで、ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第7話「ハルカカナタ」感想いきます。
続きを読む

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第6話「笑顔のカタチ(//>▿<//)」

ehshell 2020-11-08 09-20-45-30ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第6話「笑顔のカタチ(//>▿<//)」です。

『ラブライブ!』ですが、ほぼ3年ぶりの新作ですね。その間に、ゲームもスクフェスからスクスタへと様変わりしていますし、色々と状況は変わっていますね。Aqoursは完全に沼津に根ざしたアイドルになっていますし、μ'sも再結成を決めています。Saint Snowもソロデビューしましたしね。

そして大きいのが、「ラブライブ!スーパースター!!」のアニメ化が決まっていることですね。次が既に決まっている状態でどうするのかということです。
というのも、元々「ラブライブ!」のシリーズとして次のアニメは、「ラブライブ!スーパースター!!」で、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」はアニメ化の予定はなかったらしいです。

あと、アニメの制作はサンライズで変わらないのですが、どうもスタッフが変わっているというか、キャラデザおよびメインアニメーターが室田さんでなくなっているのが気になりますね。予告を見ている時点でもう絵が変わっていると分かるぐらいなので、かなり違うのではないかと思います。

先週の第五話は、エマ・ヴェルデちゃんのお話かと思わせておいて、メインは朝香 果林ちゃんが「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」に参加するお話でした。
ただライブは、エマちゃんでしたので、果林ちゃんのライブというかお話しは、どこかでもう一度あるということですね。
そして、部の各メンバーが自分のPVを制作し始めたのが、今後のストーリー展開に繋がりそうですね。

ということで、ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第6話「笑顔のカタチ(//>▿<//)」感想いきます。(実際のサブタイトルは、顔文字に外字が使われています)
続きを読む

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第5話「今しかできないことを」

2020103105ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第5話「今しかできないことを」です。

『ラブライブ!』ですが、ほぼ3年ぶりの新作ですね。その間に、ゲームもスクフェスからスクスタへと様変わりしていますし、色々と状況は変わっていますね。Aqoursは完全に沼津に根ざしたアイドルになっていますし、μ'sも再結成を決めています。Saint Snowもソロデビューしますしね。

そして大きいのが、「ラブライブ!スーパースター!!」のアニメ化が決まっていることですね。次が既に決まっている状態でどうするのかということです。
というのも、元々「ラブライブ!」のシリーズとして次のアニメは、「ラブライブ!スーパースター!!」で、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」はアニメ化の予定はなかったらしいです。

あと、アニメの制作はサンライズで変わらないのですが、どうもスタッフが変わっているというか、キャラデザおよびメインアニメーターが室田さんでなくなっているのが気になりますね。予告を見ている時点でもう絵が変わっていると分かるぐらいなので、かなり違うのではないかと思います。

先週の第四話は、宮下 愛ちゃんと天王寺璃奈ちゃんが優木せつ菜ちゃんにあこがれて「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」に参加するお話でした。
彼女たちが参加することも重要ですが、ポイントは、彼女たちがソロアイドルとして活動していくことに決定したということでしょう。今までの「ラブライブ!」ではグループアイドルとして活動して、「ラブライブ!」のイベントを勝ち抜くことを目指すという展開でしたが、今回はソロで活動するということで、まったく異なる展開になります。

ということで、ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第5話「今しかできないことを」感想いきます。
続きを読む

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第4話「未知なるミチ」

ehshell 2020-10-25 10-05-33-19ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第4話「未知なるミチ」です。


『ラブライブ!』ですが、ほぼ3年ぶりの新作ですね。その間に、ゲームもスクフェスからスクスタへと様変わりしていますし、色々と状況は変わっていますね。Aqoursは完全に沼津に根ざしたアイドルになっていますし、μ'sも再結成を決めています。Saint Snowもソロデビューしますしね。

そして大きいのが、「ラブライブ!スーパースター!!」のアニメ化が決まっていることですね。次が既に決まっている状態でどうするのかということです。
というのも、元々「ラブライブ!」のシリーズとして次のアニメは、「ラブライブ!スーパースター!!」で、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」はアニメ化の予定はなかったらしいです。

あと、アニメの制作はサンライズで変わらないのですが、どうもスタッフが変わっているというか、キャラデザおよびメインアニメーターが室田さんでなくなっているのが気になりますね。予告を見ている時点でもう絵が変わっていると分かるぐらいなので、かなり違うのではないかと思います。

先週の第三話は、優木せつ菜ちゃんを中心に「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」を復活させるお話しでした。
優木せつ菜ちゃんを引き戻したのは、どうやら高咲侑ちゃんということになるのでしょう。今回のお話しは、彼女がマネージャというかプロデューサというかで進んでいく感じですね。
気になるのは、ラブライブを目指さなくていいという台詞ですか。

ということで、ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第4話「未知なるミチ」感想いきます。
続きを読む

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第3話「大好きを叫ぶ」

2020101801ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第3話「大好きを叫ぶ」です。


『ラブライブ!』ですが、ほぼ3年ぶりの新作ですね。その間に、ゲームもスクフェスからスクスタへと様変わりしていますし、色々と状況は変わっていますね。Aqoursは完全に沼津に根ざしたアイドルになっていますし、μ'sも再結成を決めています。Saint Snowもソロデビューしますしね。

そして大きいのが、「ラブライブ!スーパースター!!」のアニメ化が決まっていることですね。次が既に決まっている状態でどうするのかということです。
というのも、元々「ラブライブ!」のシリーズとして次のアニメは、「ラブライブ!スーパースター!!」で、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」はアニメ化の予定はなかったらしいです。

あと、アニメの制作はサンライズで変わらないのですが、どうもスタッフが変わっているというか、キャラデザおよびメインアニメーターが室田さんでなくなっているのが気になりますね。予告を見ている時点でもう絵が変わっていると分かるぐらいなので、かなり違うのではないかと思います。

先週の第二話は、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の再開に向かって、中須かすみちゃん視点と言いますか、旧同好会メンバー視点で、同好会でどういうことがあって活動停止に至ったかを示すという展開だったかと思います。
どうやら、生徒会長が元同好会の部長・優木 せつ菜ちゃんで、彼女と中須かすみちゃんとのアイドルへの想いの違いが同好会の活動停止の原因だったようです。

ということで、ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第3話「大好きを叫ぶ」感想いきます。
続きを読む

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第2話「Cutest♡ガール」

2020101101ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第2話「Cutest♡ガール」です。


『ラブライブ!』ですが、ほぼ3年ぶりの新作ですね。その間に、ゲームもスクフェスからスクスタへと様変わりしていますし、色々と状況は変わっていますね。Aqoursは完全に沼津に根ざしたアイドルになっていますし、μ'sも再結成を決めています。Saint Snowもソロデビューしますしね。

そして大きいのが、「ラブライブ!スーパースター!!」のアニメ化が決まっていることですね。次が既に決まっている状態でどうするのかということです。
というのも、元々「ラブライブ!」のシリーズとして次のアニメは、「ラブライブ!スーパースター!!」で、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」はアニメ化の予定はなかったらしいです。

あと、アニメの制作はサンライズで変わらないのですが、どうもスタッフが変わっているというか、キャラデザおよびメインアニメーターが室田さんでなくなっているのが気になりますね。予告を見ている時点でもう絵が変わっていると分かるぐらいなので、かなり違うのではないかと思います。

先週の第一話は、導入として上原歩夢ちゃんと高咲侑ちゃんが優木せつ菜ちゃんのライブを見て、スクールアイドルを目指すという展開でした。
ただ、その目指すべきスクールアイドルの舞台となるはずの母校・私立虹ヶ咲学園では、スクールアイドル同好会は、解散することになっていて・・・ということですが、どうなるんでしょうね。
ひとまず、歩夢ちゃんはスクールアイドルになると決めたみたいですが。

ということで、ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第2話「Cutest♡ガール」感想いきます。
続きを読む

切調コンビ描いてみました

202010030410月になりまして、秋アニメがはじまる感じということで、トップ絵をちょっと変えてみました。
今更ですかという感じですが、「戦姫絶唱シンフォギア」の切調コンビです。
この前に純愛コンビ描いたのですが、またコンビですが、がっつりのセット絵ではないですがどうでしょうか。

さてそれは置いておいて、この秋アニメですが、こんな感じで見る感じですかね。

必ず見るのは、これなんですが、最近は感想書いていないので、真面目に感想を書きそうなのでは、「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」だけという感じです。困ったものですね。

・魔法科高校の劣等生 来訪者編
・呪術廻戦
・戦翼のシグルドリーヴァ
・魔女の旅々
・無能なナナ

もう一つぐらい感想を書きたかったのですが、何かいいものがありますかねぇ。
続きを読む

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第1話「はじまりのトキメキ」

2020100303ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第1話「はじまりのトキメキ」です。


『ラブライブ!』ですが、最後のテレビアニメが2017年12月に終わっていますから、ほぼ3年ぶりの新作でしょうか。

その間に、ゲームもスクフェスからスクスタへと様変わりしていますし、色々と状況は変わっていますね。Aqoursは完全に沼津に根ざしたアイドルになっていますし、μ'sも再結成を決めています。Saint Snowもソロデビューしますしね。

そして大きいのが、「ラブライブ!スーパースター!!」のアニメ化が決まっていることですね。次が既に決まっている状態でどうするのかということです。
というのも、元々「ラブライブ!」のシリーズとして次のアニメは、「ラブライブ!スーパースター!!」で、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」はアニメ化の予定はなかったらしいです。

あと、アニメの制作はサンライズで変わらないのですが、どうもスタッフが変わっているというか、キャラデザおよびメインアニメーターが室田さんでなくなっているのが気になりますね。予告を見ている時点でもう絵が変わっていると分かるぐらいなので、かなり違うのではないかと思います。

その辺りも含めて、ひとまずラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第1話「はじまりのトキメキ」感想いきます。
続きを読む

この秋このアニメを見ようかな(2020年秋)【予定稿】

そろそろ2020年夏シーズンも終わりで、次週からは2020年の秋アニメとなります。

最近忙しくて、色々と余裕がなくって、アニメの感想もあまり書けていないのですが、この夏は、感想として次の一本を書いていました。


この夏アニメでは、その他に次のアニメを特に楽しく見ていました。

・Re:ゼロから始める異世界生活 2nd Season
・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld
・デカダンス


「Re:ゼロ」は、1月から後半戦でしたっけ。
ということで、この秋は、次を見ようかなと思っています。


たぶん、感想はラブライブ書くと思います。

とある科学の超電磁砲<レールガン>T #25「私の、大切な友達」

ehshell 2020-09-26 07-36-17-72とある科学の超電磁砲<レールガン>T #25「私の、大切な友達

『とある科学の超電磁砲T』もいよいよ最終回です。
TはThirdのTだったのですね。Sは、SecondのSと。

「とある科学の超電磁砲T」は、アニメ的には「とある科学の超電磁砲」のシリーズの第三弾になります。長井龍雪さんが監督なのは、過去二作と同じですね。第二弾の「とある科学の超電磁砲S」が終わったのが、2013年6月ですから、約6年半ぶりの復活となります。

過去の「とある科学の超電磁砲」では、前半に原作通りのストーリーを使って後半はオリジナルストーリーという展開でした。「とある科学の超電磁砲S」のオリジナルストーリー「Silent Party」編がちょっと今一つだったことからも、どうなるか心配だったのですが、今回はオリジナルではなく、原作にある「天賦夢路(ドリームランカー)」編ということで一安心です。

ただ「大覇星祭」編に話数を多めに採っているので、少し尺的に心配ではあるのですが、メインのお話しは、「大覇星祭」編よりも軽いですし、あくまでも美琴のお話しなので、大丈夫でしょう。
それよりも、周りの暗部の人間たちの描き方に注目ですね。ここがもしあれば4期とか、「とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ」のアニメ化とかに影響するので。

さて、前回の第24話は、いよいよ「天賦夢路(ドリームランカー)」編のラスボスであるドッペルゲンガーとの激突でした。
前半は怪獣大決戦という感じで、中盤から後半にかけて、ドッペルゲンガーの目的を徐々に明確にしつつ、バトルをするというところですか。

ということで、とある科学の超電磁砲<レールガン>T 最終回 第25話「私の、大切な友達」さくさくと行きます。
続きを読む

とある科学の超電磁砲<レールガン>T #24「拡散」

2020091901とある科学の超電磁砲<レールガン>T #24「拡散
シリーズ第三弾『とある科学の超電磁砲T』です。

「とある科学の超電磁砲T」は、アニメ的には「とある科学の超電磁砲」のシリーズの第三弾になります。長井龍雪さんが監督なのは、過去二作と同じですね。第二弾の「とある科学の超電磁砲S」が終わったのが、2013年6月ですから、約6年半ぶりの復活となります。

過去の「とある科学の超電磁砲」では、前半に原作通りのストーリーを使って後半はオリジナルストーリーという展開でした。「とある科学の超電磁砲S」のオリジナルストーリー「Silent Party」編がちょっと今一つだったことからも、どうなるか心配だったのですが、今回はオリジナルではなく、原作にある「天賦夢路(ドリームランカー)」編ということで一安心です。

ただ「大覇星祭」編に話数を多めに採っているので、少し尺的に心配ではあるのですが、メインのお話しは、「大覇星祭」編よりも軽いですし、あくまでも美琴のお話しなので、大丈夫でしょう。
それよりも、周りの暗部の人間たちの描き方に注目ですね。ここがもしあれば4期とか、「とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ」のアニメ化とかに影響するので。

さて、前回の第23話は、いよいよ「天賦夢路(ドリームランカー)」編もラストバトルにという感じでしたか。
前半は、「屍喰部隊(スカベンジャー)」のリーダーが美琴ちゃんを味方に引き込むというか、味方になるという展開でした。
そして後半は、ドッペルゲンガーとのバトルですね。「魂の憑依」がかなり手強い感じですが、どうなるんでしょうか。

ということで、とある科学の超電磁砲<レールガン>T 第24話「拡散」さくさくと行きます。
続きを読む

とある科学の超電磁砲<レールガン>T #23「憑依」

ehshell 2020-09-12 09-41-18-73とある科学の超電磁砲<レールガン>T #23「憑依
シリーズ第三弾『とある科学の超電磁砲T』です。

「とある科学の超電磁砲T」は、アニメ的には「とある科学の超電磁砲」のシリーズの第三弾になります。長井龍雪さんが監督なのは、過去二作と同じですね。第二弾の「とある科学の超電磁砲S」が終わったのが、2013年6月ですから、約6年半ぶりの復活となります。

過去の「とある科学の超電磁砲」では、前半に原作通りのストーリーを使って後半はオリジナルストーリーという展開でした。「とある科学の超電磁砲S」のオリジナルストーリー「Silent Party」編がちょっと今一つだったことからも、どうなるか心配だったのですが、今回はオリジナルではなく、原作にある「天賦夢路(ドリームランカー)」編ということで一安心です。

ただ「大覇星祭」編に話数を多めに採っているので、少し尺的に心配ではあるのですが、メインのお話しは、「大覇星祭」編よりも軽いですし、あくまでも美琴のお話しなので、大丈夫でしょう。
それよりも、周りの暗部の人間たちの描き方に注目ですね。ここがもしあれば4期とか、「とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ」のアニメ化とかに影響するので。

さて、前回の第22話は、いよいよ「天賦夢路(ドリームランカー)」編も佳境にという感じでしたか。
原作通りといえばその通りなのですが、インディアンポーカーと操歯涼子、そしてドッペルゲンガーがどうして操歯涼子に反旗を翻すようになったのかがあまり描写されていないのが残念ですが、まぁ原作通りなので、このまま行っても楽しめることは間違いないです。

ということで、とある科学の超電磁砲<レールガン>T 第23話「憑依」さくさくと行きます。
続きを読む

とある科学の超電磁砲<レールガン>T #22「屍喰部隊(スカベンジャー)」

2020090505とある科学の超電磁砲<レールガン>T #22「屍喰部隊(スカベンジャー)」

シリーズ第三弾『とある科学の超電磁砲T』です。

「とある科学の超電磁砲T」は、アニメ的には「とある科学の超電磁砲」のシリーズの第三弾になります。長井龍雪さんが監督なのは、過去二作と同じですね。第二弾の「とある科学の超電磁砲S」が終わったのが、2013年6月ですから、約6年半ぶりの復活となります。

過去の「とある科学の超電磁砲」では、前半に原作通りのストーリーを使って後半はオリジナルストーリーという展開でした。「とある科学の超電磁砲S」のオリジナルストーリー「Silent Party」編がちょっと今一つだったことからも、どうなるか心配だったのですが、今回はオリジナルではなく、原作にある「天賦夢路(ドリームランカー)」編ということで一安心です。

ただ「大覇星祭」編に話数を多めに採っているので、少し尺的に心配ではあるのですが、メインのお話しは、「大覇星祭」編よりも軽いですし、あくまでも美琴のお話しなので、大丈夫でしょう。
それよりも、周りの暗部の人間たちの描き方に注目ですね。ここがもしあれば4期とか、「とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ」のアニメ化とかに影響するので。

さて、前回の第21話は、いよいよ「天賦夢路(ドリームランカー)」編本編の開始という感じでした。
操歯涼子とドッペルゲンガーについて、食蜂操祈ちゃんの依頼で美琴が調査を始めるという展開でしたが、こういう美琴自身の事件でないエピソードって久しぶりなような気がします。
「屍喰部隊(スカベンジャー)」も登場して、本格的に事件が始まる感じですね。

ということで、とある科学の超電磁砲<レールガン>T 第22話「ドッペルゲンガー」さくさくと行きます。
続きを読む

とある科学の超電磁砲<レールガン>T #21「ドッペルゲンガー」

ehshell 2020-08-29 08-05-24-47とある科学の超電磁砲<レールガン>T #21「ドッペルゲンガー」

シリーズ第三弾『とある科学の超電磁砲T』です。

「とある科学の超電磁砲T」は、アニメ的には「とある科学の超電磁砲」のシリーズの第三弾になります。長井龍雪さんが監督なのは、過去二作と同じですね。第二弾の「とある科学の超電磁砲S」が終わったのが、2013年6月ですから、約6年半ぶりの復活となります。

過去の「とある科学の超電磁砲」では、前半に原作通りのストーリーを使って後半はオリジナルストーリーという展開でした。「とある科学の超電磁砲S」のオリジナルストーリー「Silent Party」編がちょっと今一つだったことからも、どうなるか心配だったのですが、今回はオリジナルではなく、原作にある「天賦夢路(ドリームランカー)」編ということで一安心です。

ただ「大覇星祭」編に話数を多めに採っているので、少し尺的に心配ではあるのですが、メインのお話しは、「大覇星祭」編よりも軽いですし、あくまでも美琴のお話しなので、大丈夫でしょう。
それよりも、周りの暗部の人間たちの描き方に注目ですね。ここがもしあれば4期とか、「とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ」のアニメ化とかに影響するので。

さて、前回の第20話は、フレンダ×佐天さん編の結末でした。
かなり原作コミックス準拠で、なかなか良くできていたと思います。ワクワクしました。
ただ、ここでフレンダも弓箭猟虎ちゃんも登場はおわりなんですよね。オープニングにも大々的に出てきますし、それこそあのオープニング映像を見ると、こちらがメインエピソードのような感じですが、実際にはここからが「天賦夢路(ドリームランカー)」編です。
ということで、いよいよ今週からメインエピソードですね。

ということで、とある科学の超電磁砲<レールガン>T 第21話「ドッペルゲンガー」さくさくと行きます。続きを読む

とある科学の超電磁砲<レールガン>T #20「Ha det bra」

ehshell 2020-08-22 07-54-23-66とある科学の超電磁砲<レールガン>T #20「Ha det bra」

シリーズ第三弾『とある科学の超電磁砲T』です。

「とある科学の超電磁砲T」は、アニメ的には「とある科学の超電磁砲」のシリーズの第三弾になります。長井龍雪さんが監督なのは、過去二作と同じですね。第二弾の「とある科学の超電磁砲S」が終わったのが、2013年6月ですから、約6年半ぶりの復活となります。

過去の「とある科学の超電磁砲」では、前半に原作通りのストーリーを使って後半はオリジナルストーリーという展開でした。「とある科学の超電磁砲S」のオリジナルストーリー「Silent Party」編がちょっと今一つだったことからも、どうなるか心配だったのですが、今回はオリジナルではなく、原作にある「天賦夢路(ドリームランカー)」編ということで一安心です。

ただ「大覇星祭」編に話数を多めに採っているので、少し尺的に心配ではあるのですが、メインのお話しは、「大覇星祭」編よりも軽いですし、あくまでも美琴のお話しなので、大丈夫でしょう。
それよりも、周りの暗部の人間たちの描き方に注目ですね。ここがもしあれば4期とか、「とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ」のアニメ化とかに影響するので。

さて、前回の第19話からは、フレンダ×佐天さん編ということでした。
個人的には、このクールの目玉だと思っています。「天賦夢路(ドリームランカー)」編自体の詳細は、次週から始まると思われる本編で語るとしますが、超電磁砲準レギュラー自身の事件だからですね。
そういう意味では、この前の「大覇星祭」編は山場だったともいえますね。
ということで、攫われそうになった佐天さんを助けたフレンダが謎の狙撃を受けるというところから今週は始まります。

ということで、とある科学の超電磁砲<レールガン>T 第20話「Ha det bra」さくさくと行きます。続きを読む

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song

2020081505劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring songです。

「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」のテレビ放映前の2014年7月に公表され2017年10月に公開された劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel]」です。
過去2回も公開早々に見に行ったのですが、今回も舞台挨拶つきの初回に見に行きました。
今回もAimerさん見たかったんですね。

映画の第二部の感想はこの辺りにあります

今回の『Fate/stay night』は、"Heaven's Feel"で、ゲームでの間桐桜ちゃんルートを示します。原作のゲームにはこれと本線であるテレビ第1期のセイバールート、テレビ第2期の"Unlimited Blade Works"の遠坂凛ちゃんルートがあります。
そして、この劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel]」は、劇場3部構成です。今回がその最終第三部です。もともとは、この春に公開の予定だったのですが、コロナの影響で公開が遅れ、この夏にようやく公開されたものです。

ちなみに、テレビ版「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」の感想は、このカテゴリを遡ってください。無印は、ブログ始める前なので書いていません。Fate/ZEROは、何かの感想と一緒に書きました。どこにあるのかもはやわかりません。(汗)

さて、この「Fate/stay night[Heaven's Feel]」ですが、前回の感想で見てもらえばまぁいいのですが、第一部では、桜ちゃんが士郎のところにやってきて、そして「聖杯戦争」が始まり、そして闘いの中、謎の影が現れて、ランサーが破れセイバーも奪われるところで終わりました。
第二部では、謎の影の行動が激しくなり、士郎たちがどんどん追い込まれていきます。しかし、その裏側にいるのがどうやら桜ちゃんではというところで終わりました。

三部はどうやって、士郎は桜ちゃんを救うのかという部分がメインになってくるのでしょう。

ということで、感想を書いておきたいと思います。
続きを読む
記事検索
最新コメント
RSS
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ