藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[か]◆コードギアス 反逆のルルーシュ(完)

コードギアス 反逆のルルーシュR2「Re;」

C コードギアス 反逆のルルーシュR2「Re;」です。

変則2クールで深夜から日曜夕方に時間を移しながらも駆け抜けてきたコードギアスも今週で最終回です。

色々と意見はありますが、最後はしっかりと見届けたいと思います。

さて、広げた風呂敷はどこまで綺麗に畳むことができたのでしょうか?

ということで、コードギアスR2 最終回、第25話です。

続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュR2「ダモレスク の 空」

C_2  コードギアス 反逆のルルーシュR2「ダモレスク の 空」です。

さて、コードギアスも今週を入れて、残すところあと2回。いよいよ、プレ最終回になりました。そういう言葉があるのかどうかは、わかりませんが。(汗)

あと2回ということは、今まで小出しに貯めてきた謎を解決する気はなさそうです。物語として、きちんと落ち着いていればそれでも許しますが、どうなんでしょうね。

ということで、コードギアスR2第24話です。

続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュR2「シュナイゼル の 仮面」

C_2  コードギアス 反逆のルルーシュR2「シュナイゼル の 仮面」です。

えっと、「シュナイゼルの仮面」って何でしょうか?確かにナナリーに向けては良い子ぶっていましたし、黒の騎士団やその他の国々には反ゼロの正義の使者という仮面を被っていますが、本音が見えないので判り難いですね。

ということで、全25話でしたっけ?のコードギアスR2第23話です。

続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュR2「皇帝 ルルーシュ」

C コードギアス 反逆のルルーシュR2「皇帝 ルルーシュ」です。

どうも最近の超展開に付いていけていない方もいらっしゃるようで、色々な意見を聞きます。でも、以前からそんなに理論整然とした内容でもなく、良い意味でのケレン味で見せている感じがありましたから、そんなに気にする必要はないのではないのではないでしょうか。

分からないところや、辻褄が合わない部分はそれなりに置いておいて楽しめばいいのではという感じです。

ということで、残り少ないコードギアスR2第22話です。

続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュR2「ラグナレク の 接続」

C コードギアス 反逆のルルーシュR2「ラグナレク の 接続」です。

いよいよ終わりが近づいてきました。今週は、シャルル皇帝との決着戦でしょうか。発動した『ラグナレクの接続』はどうなる?

色々と謎は残っていますが、どうやらあの人にその謎は集約されていくような感があります。その人は、今週本格的に登場の予感が。

ということで、謎解きモードのコードギアスR2第21話です。

続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュR2「皇帝 失格」

コードギアス 反逆のルルーシュR2「皇帝 失格」です。

C 日曜日に新幹線に閉じ込められて記事が書けませんでした。新大阪から東京に新幹線が着いたのが朝4時。疲れたぁ~。

ということで、コードギアスも終盤に向けて盛り上がってきていると思うんですが、上手く記事が上げられません。困ったもんだ。次週からは大丈夫かなぁ。

ということで、コードギアスR2第20話です。

続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュR2「裏切り」

コードギアス 反逆のルルーシュR2「裏切り」です。

C さて、お盆休みも終わり、そろそろ記事を補填して行かなくてはいけないのですが、まだまだ漏れている感想記事がたくさんで、正常化には今週一杯は掛かりそうです。

ひとまず、今日はコードギアスの記事を仕上げておきましょうか。しばらくは重要な回が続いて書くことも多いと思われますしね。

ということで、コードギアスR2第19話です。

続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュR2「第二次 トウキョウ 決戦」

コードギアス 反逆のルルーシュR2「第二次 トウキョウ 決戦」です。

C 世の中がオリンピックで大騒ぎっぽいですが、どうなんでしょうか?

うちは、水泳以外では、開会式ぐらいですね、見ていたのは。
それより、高校野球の方が気になるし、予約の録画時間のずれの方が、もっと気になる(汗)。

ということで、コードギアスR2第18話です。

続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュR2「土 の 味」

コードギアス 反逆のルルーシュR2「土 の 味」です。

C ブログ引っ越し後のアニメ記事第1弾はコードギアスです。
今までご贔屓にしていただいていた方、これからもよろしくお願いします。リンクしていただいている方、変更していただけるとありがたいです。

それはさておき、いよいよ本格決戦ですね。スザクとの決着は付くんでしょうか。

ということで、コードギアスR2第17話です。

続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュR2「超合集国決議第壱號」

Vhploovr コードギアス 反逆のルルーシュR2「超合集国決議第壱號」です。

土日は、なかなかリアルタイムに記事を上げられません。
特にコードギアスは、皆さん記事が早いので、遅れがちになりますね。
今週は、なぜかスペースがサブタイトルに入っていないので、何かあるのかなと思いつつ、番組自体もワンセグ視聴です(汗)。

ということで、コードギアスR2第16話です。


感想:
ルルーシュは、超合集国の設立を根回し。超合集国の設立に参画した国々は、反ブリタニアで結束しているんでしょうが、イレブン解放にも成功したとは言えない「黒の騎士団」を中心にして、どうしてまとまることができるのでしょう。やはり、中華連邦の影響が大きいんでしょうかね。

それはそうと、ブリタニア皇帝が、ギアス神殿「アーカーシャの剣」に閉じ込められたと、ナナリーの解放を思い安心するルルーシュ。
で、先週のあの展開のどの辺りで、そんな楽観論が頭に浮かぶのだろう?
皇帝は不死身になり、あまつさえ、C.C.の力までも奪ったと考えられるのに。

案の定、ブリタニア皇帝は生きていたわけですが、この先皇帝はどういう行動を採るんでしょうか。シュナイゼルが実質的に軍を掌握しているように見えるんですが。

シュナイゼルといえば、ニーナが核?をランスロットに搭載するような感じでしたが、まさかこの日本の重要な日にそれを使うような描写をするんではないでしょうねぇ。それは、倫理的に許されないと思うけれど。

さて、物語はスザクサイドへと移っていきましたが、ラスボス的な役割りかとも思えたスザクとの決着を先に持って来るんでしょうか。

ナナリーの安否と共に次週が気になります。

[言及リンク]
http://nukocodutumi.blog113.fc2.com/blog-entry-685.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-913.html
http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-212.html

コードギアス 反逆のルルーシュR2「C の 世界」

3abp9yil コードギアス 反逆のルルーシュR2「C の 世界」です。

なんだか怒濤の展開ですが、上手くまとまっていくんでしょうか?
どうやら、ルルーシュとその周りには力が割かれていますが、黒の騎士団やスザクたちは、置いてきぼりの感が。
どうなっていくんでしょうね。

ということで、コードギアスR2第15話です。


感想:
ん〜、一先ずギアスとその契約者の関係については、整理されたのかなぁ?

C.C.やV.V.たち不死の人間たちは、自分たちの不死を捨て去るために、ギアス能力を契約者たちに与えるということでしょうか。
そして、その契約を達成した人間は、不死を引き継ぐということでしょうかね。

ブリタニア皇帝は、V.V.との契約を達成し?不死の力を手に入れたようです。

しかし、そのギアス能力の源は、未だに不明のまま。アーカーシャの剣も破壊されたのですかね?
ルルーシュの皇帝に掛けたギアスは、一度死に向けて行動をしたことで、終わっているのでしょうか?

さらには、マリアンヌやナナリーのことも不明のままですね。マリアンヌはなぜ死んだのか、本当に死んだのか。ナナリーのあの能力は、ギアスではないのか?マリアンヌのギアス能力をナナリーが引き継いでいると考えるのは穿ち過ぎでしょうか。

さて、それはさておき、ニーナというかシュナイゼルがダモクレスという兵器を手に入れたようです。核兵器のようなものですかね。完全に物語は、皇帝×ルルーシュメインで、裏筋がシュナイゼルという感じになっていますね。

スザクはどんどん悪役化して忘れ去られていますし(苦笑)、コーネリアやアーニャの伏線も回収されるかどうか怪しくなってきました。
黒の騎士団のメンバーたちに、もう一度見せ場があるかどうかも、なんだかあっさり戦闘で殺されちゃいそうな気がしてきました。

あと10話ですが、どうなっていくんでしょう。

しかし、皇帝がC.C.を抱き抱えるシーンで、おもわずウテナを思い出してしまった。C.C.の胸から剣が出ないかと期待してしまいました(汗)。

[言及リンク]
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-907.html
http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-196.html
http://aaillnv.blog16.fc2.com/blog-entry-1053.html

コードギアス 反逆のルルーシュR2「ギアス 狩り」

7kjuwe5k コードギアス 反逆のルルーシュR2「ギアス 狩り」です。

すっかり出遅れました。次週は、恐らくもっと出遅れそうです(汗)。
先週の意外なラストを受けての今週だったので、色々考えていたのですが、ちょっと肩すかしでした。というか、怒濤の展開ではあるのですが。視聴者の反応はどうなんでしょう。

ということで、コードギアスR2第14話です。


感想:
先週のシャーリーショックが尾を引いていて、あれは一体どういうことだとか、誰がやったんだとか、オレンジくんは何のために出てきたんだとか考えていたのですが、フタを開けてみると、そのままでした。ロロがルルーシュのためにやったと。まぁルルーシュのためにというのは、先週の経緯からすると怪しいですが。

実際、オレンジくんは、ギアスキャンセラーでシャーリーを暴走させることで、終焉に向かう号砲を鳴らしただけのような役回りになっています。(やっぱり、キャンセラーにも関わらずシャーリーがロロをルルーシュの弟と思ったままだったのが気になる)

実際、号砲に従ってかどうか、ルルーシュは完全に暴走状態ですね。本当に手段を選ばない。ギアス神殿の非戦闘員も虐殺状態ですから。黒の騎士団もそういうことに反発しそうなメンバー(藤堂とか)は同行させていないところを見ると、理性は残っているようではありますが。

しかし、V.V.は皇帝の兄さんですか(汗)。いつもながらの若本節はよかったですが、兄さんには笑ってしまいました。ということは、血族でないとギアス能力は身につけられないのでしょうね。ロロやオレンジくんは、改造によって身につけた。ロロが施設の子供たちを虐殺してしまったので、もう血族以外にはギアス使いはいないということでしょう。

で、今更ながらに気になったのが、ナナリーです。彼女は、目を開けていないんですが、開けたら実はギアス能力者だったなんてことはないでしょうね。

さて、次週は皇帝と対峙するわけですが、この調子で行くと、ラスボスは皇帝ではなさそうですね。
スザクがカレンを味方に引き入れそうなので、やはりスザクが最終決戦の相手になるのでしょうか?

[言及リンク]
http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/51058727.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-901.html
http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-181.html
http://aaillnv.blog16.fc2.com/blog-entry-1050.html

コードギアス 反逆のルルーシュR2「過去 から の 刺客」

Ihx3l9om コードギアス 反逆のルルーシュR2「過去 から の 刺客」です。

「過去からの」ということは、あの男でしょうか。もう一人、あの方もいらっしゃいますが。ひょっとして、シャーリーの記憶からという予想もできますが。
おちゃらけ回の次なので、1期通りだと大きな動きがありそうです。

ということで、どきどきコードギアスR2第13話です。


感想:
OP、ED変わりました。
FLOWとALIPROということは、1期のスタート時の組み合わせです。初心に回帰ってことでしょうか。

OPの映像で気付いたのは、どうもブリタニア皇帝とシュナイゼルの扱いが同等クラスまで上がっていること。ラスボスは、ひょっとしてシュナイゼルになったりして?それとも内乱?

中華連邦ですが、どうやらこのまま捨てられる雰囲気がします。イレブンが主戦場になり、中華連邦に戻るのはギアス教会に乗り込むときでしょうか?そうなると、ギアス教会そのものが中華連邦の領地にある理由が分かりませんが。
あと、コーネリアがなぜあの場所を知ったのかが気になります。

さてさて、今週は積み上げてきた人間関係がキャンセルされました。

その中でもやはりオレンジくんでしょうか。
彼がV.V.に与えられた役割りが分かりませんが、本当にルルーシュ側に寝返ったのでしょうか。ルルーシュもあっさりと信じすぎの感じがしますので、どうも怪しい気がします。それならば、ギアスキャンセラーは、何故与えられたのかということになりますし。

そして、シャーリー。
今まで演じていた学園生活が偽物だと気付いたということは、ルルーシュのギアスだけでなく、やはり学園全体に何者かのギアスが仕掛けられているということ。それは、皇帝のギアス?それともシュナイゼルにもギアスが?
でも、それなのに何故、ロロがルルーシュの弟でないことに気付かない?それは、ギアスで与えられた記憶でない?

あとロロの寝返りでしょうか。
あれは、本当に寝返ったのでしょうか?シャーリーが学園の人間関係を疑っていたのに、ルルーシュの弟のわけがないロロに不用意に近づくのは解せませんが、ロロもそれだけで切り点けたりしたのでしょうか?ひょっとして、本当にやったのはオレンジだったりとか(汗)。

本当にロロがやったとして、ルルーシュは、あそこにロロが来ていたのを知りませんよね。ならば、ルルーシュが疑うのはやはりスザクでしょうか。
お互いに愛する人を殺された恨みを持ってぶつかるって感じでしょうか。

しかし、重要な回だったはずなのに絵が今一つだった(涙)。
でも、「死」に対しては、ギアスも無力という演出はよかったです。

[言及リンク]
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-895.html
http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-166.html
http://hollatal33.blog90.fc2.com/blog-entry-89.html

コードギアス 反逆のルルーシュR2「ラブ アタック !』

Oqrkaeog コードギアス 反逆のルルーシュR2「ラブ アタック !』です。

今週は、先週の予告では、例の学園おちゃらけものの雰囲気ですが、コードギアスのことなので、きっと一筋縄では行かないんでしょうね。
まぁ、余計な過剰サービスをやめてくれと言っても、それが好きな人も多そうなので諦めて楽しむことにします。

ということで、コードギアスR2第12話行きます。


感想:
先週のあのジャンプ映像は、こういうことだったんですねぇ。やりすぎだぁ(苦笑)。もっと本筋に...いけない、楽しむんだった。

しかし、咲世子さんといい、アーニャといい、天然ばっかりですね(苦笑)。今回のラブアタックは、会長ミレイさんの決心のためだったのですね。それでも色々進展が。

アーニャは、あの子供の写真がルルーシュだと気付いているようでした。となると、天然はポーズかも。
おまけに、ルルーシュが二人いることにも気付いていました。それから、彼女がどういう結論に至り、どう行動するのか、彼女の正体や心情がますます気になってきました。かなり、重要なキーマンのような感じです。

で、皆が、アッシュフォード学園でおふざけをやっている間に、ブリタニア側には色々と動きが。どうやら、シュナイゼルと皇帝は、何やらお互いに牽制し合う間柄のような。
皇帝の最終目的は、どうやら世界征服とは違うところのような。気になります。

もう一つ、黒の騎士団は余り気にしている様子がないですが、カレンというか紅蓮弐式が気になります。幅射波動は、絶対に帝国側に技術が盗まれますよね?

もちろん、最後にはいつも通り(?)に、サプライズが待っていました。「キューピットの日」でつきあうことになった(?)シャーリーとルルーシュですが、二人に待っていた悲劇。ひょっとして、この落差のために今回があった?
ならば、なるほどって感じですが、まぁサービスだろうな。

で、ギアスキャンセラー。それを使うのがオレンジくんだというのがいいですね。彼のギアスは、既に無効になっているんでしたっけ?コーネリアと共に非常に気になる人物です。
もし、キャンセラーが本当に有効ならば(シャーリーの様子からは有効なようですが)、キャンセルされた人には、もう一度ルルーシュのギアスが効くんでしょうか?

あと、アッシュフォード学園の人々って、恐らくブリタニア側のギアスで記憶改竄されているんですよね。キャンセラーでそれが解除されないんでしょうか?

[言及リンク]
http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/51053941.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-886.html
http://blog.livedoor.jp/shibachi1/archives/51361843.html
http://aaillnv.blog16.fc2.com/blog-entry-1042.html
http://blog.livedoor.jp/dc3ss/archives/89093.html
http://blog.livedoor.jp/monmon772/archives/55087611.html

コードギアス 反逆のルルーシュR2「想い の 力」

B94amots コードギアス 反逆のルルーシュR2「想い の 力」です。

先週の引きは、良くあるといえばそうなサプライズエンドでしたが、まぁ多分あまり本編には関係ないんでしょう。
でも、コードギアスは、ひょんなことを伏線にして来るので気になります。あと、星刻の死亡フラグですか。

ということで、コードギアス第11話行きます。


感想:
学園側のルルーシュは、もっぱらの噂通り咲世子さんでした。まぁ、これが何か意味があるかというと、次週のおふざけ回(?)への伏線だったとは(苦笑)。色々考えて損をしたというか、楽しみだというか(汗)。

それはさておき、先週天帝八十八陵への篭城をする際に、ディートハルトと会話していたここで使う作戦とは、情報戦略だったのですね。学園側でシャーリーが情報を見れないと、「今」の中国並みの情報規制を示唆していましたが、それも星刻が準備したクーデター戦略に乗ることでクリアしたと。ちょっと、ご都合主義かな。まぁいいけれど。

で、ルルーシュがこれだけ中華連邦に対して周到な準備をしていたのは、ギアス教会の場所を探るためという理由付けがされていました。ということは、そろそろオレンジくんとの対決も近いということでしょうか。C.C.の解説なしにはなにも理解できませんが、その場で解説してくれるのではなく、事前に情報をくださいよC.C.さん(汗)。

ところで、天子さまが船外に出てしまいましたが、あれは何か示唆しているんでしょうか。外の世界にこだわった天子さまなので、あそこに出て行ったということなのでしょうか。
いや普通に考えると、何かを訴えたいのならゼロの元に駆けつけるかなと。ちょっと、違和感のある行動だったので。

さて、ナイトメア戦ですが、「蜃気楼」ですか。いつもながらに、「こんなこともあろうと〜」的な展開で新型が登場です。あれは、キーボード操作で高速操縦を実現したんですね。早くラウンズと本格的に闘って欲しいですが、やはり自分の中での一番は紅蓮弐式ですね。

で、個人的に今週一番気になったのは、大方の人と同様にあのC.C.とアーニャの干渉ですね。どうやら、アーニャはルルーシュの幼いころの記憶を持っているようで、C.C. には彼女の秘密が分かったように見えました。ひょっとして、マリアンヌはやはりC.C.と同じ能力者でアーニャは彼女からギアスを与えられているとか。考えすぎか、普通に考えるとマリアンヌのクローンでしょうか。
まぁ、ひとまずあのC.C.のお尻のシーンは夕方向きではないとだけいっておきましょう(苦笑)。

しかし、今週のルルーシュは、どうもギャグパートも担当していて、なかなか笑えました。ああ、相変わらず極度のシスコンなんですねぇ(笑)。ならば、早く彼女を常時出してくださいよ。

でも、次週予告のルルーシュは(苦笑)。
カレンは、放置ですか?(汗)

http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-879.html
http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-134.html
http://nukocodutumi.blog113.fc2.com/blog-entry-629.html
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-262.html
http://blog.livedoor.jp/noiz_r32/archives/68677.html
http://karnegee-30.at.webry.info/200806/article_3.html

コードギアス 反逆のルルーシュR2「神虎 輝く 刻」

Vils7gcn コードギアス 反逆のルルーシュR2「神虎 輝く 刻」です。

すっかり遅くなりましたが、感想を入れておきます。
予告では、黒の騎士団、ブリタニア軍、中華連邦総出のナイトメア戦があるようですが、どうなるんでしょうか。
花嫁というか天子さまを強奪するゼロの目的とは?

ということで、コードギアス第10話行きます。


感想:
ナイトメア戦はなかなか派手にとはいかないようですね。
それぞれの機種のスペックが向上すると、ちゃんちゃんばらばらと剣を交えるようにはならないようです。
しかし、カレン簡単に捕まりすぎ(汗)。まぁ、補給が間に合わなかったという言い訳をつけていましたが、仮にもエース紅蓮なんだから。

で、結局ゼロが天子さまを強奪した理由はなんなんでしょう?大きな合衆国連合を作るって言っていましたが、天子さまを強奪することがそれに繋がるんでしょうか?彼女を味方につけることが、一番中華連邦の切り崩しに繋がるということなんですかね?ギアスを使えばいいのに。
どちらにしても、まだ裏がありそうな感じがします。

と思っていたら、最後に大きなサプライズが。
日本にもルルーシュがいる?前にも黒の騎士団が日本を脱出したなら、ルルーシュがいなくなってしまいスザクにバレるのでまずくないかと書いたような気がしますが、どうなっているんでしょうね。日本のルルーシュは偽物?

それとも、中華連邦側が偽物でしょうか?確かに、今回の彼の作戦には切れがなかった気がしますがどうなんでしょう。
まぁ、中華連邦ではギアスを使っているようだし、最近出てきていないロロ辺りが怪しい気がしますが。

それにしてもオレンジくんの本格参戦は?
アーニャの写真の意味は?(上手い伏線のしこみですね)

コードギアス 反逆のルルーシュR2「朱禁城 の 花嫁」

K0vxkisz コードギアス 反逆のルルーシュR2「朱禁城 の 花嫁」です。

コードギアスを見ていて、秋葉原事件を知ってびっくり!!
怖いですね。歩行者天国の真ん中辺りでしょうか。必ず通る辺りですね。
それは置いておいて、打ち切りだとか時間変更だとか、また終わりきらないとか色々噂が飛び交うコードギアスですが、中華連邦編の開始です。

ということで、今週は第9話です。


感想:
中華連邦編といいながら、最大のサプライズは最後に待っていました。皆さんのお待ちかね全力青年の登場です(笑)。

それは最後にしておいて、中華連邦編といいながら、相も変わらず全て日本語で展開するのは変わらずです。

インドから届くナイトメアというのは、中華連邦やブリタニア側には知られていないんでしょうか?とにかく、中華連邦に着の身着のままで脱出した黒の騎士団だったので、ナイトメアを手に入れる必要があると思っていたのですが、特に何の障害もなく入手してしまいました。ラクシャータの手回しだとは思うのですが、ちょっとご都合主義っぽいです。

それはさておき、天子さまの政略結婚は、ブリタニア側が明らかに黒の騎士団を意識してこの時期に仕掛けてきたのでしょう。
とは言っても星刻にとっては、黒の騎士団だろうがまったく関係のないことでしょう。あくまでも天子さまが全てって感じでしたから。そういう意味では、ブリタニア側にとっても星刻のクーデターは意外だったのかな?

さて、それにしてもゼロは、今回の策略でまた黒さを上げました。どう考えてもあの行動は正義じゃないですもんね。子供に拳銃は、海外では放送できないと思うし。
次週は、その行動の真意が明かされるのでしょうか?

そして、全力宣言をしたオレンジくん、V.V.の前にいたということは、ひょっとしてギアスを手に入れたってことはないですよね。どちらにしても、皇帝の配下に入ったと思っていいんでしょうか?

次週のナイトメア戦が非常に楽しみです。

[言及リンク]
http://nukocodutumi.blog113.fc2.com/blog-entry-608.html
http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-112.html
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-233.html
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-325.html
http://blog.goo.ne.jp/ka-bu-ki-chi/e/272247277ca287fb5ccf99a22ae24fb1
http://lune.at.webry.info/200806/article_14.html

コードギアス 反逆のルルーシュR2「百万 の キセキ」

Gfhv0nny コードギアス 反逆のルルーシュR2「百万 の キセキ」です。

コードギアスも今週で一区切りのようですね。
次週は特別編ですか。何となく、1期の8.5話とかを思い出したりしてしまうんですが、どういう理由なんでしょうか。やはりあちこちで話題になっている地震の影響なんでしょうか?

ということで、今週は日本編の最後、第8話です。

感想:
ん〜、ちょっとあの作戦は納得できないなぁ。他の方々は、どうなんでしょう。

ルルーシュの思いとしては、「ナナリーと闘いたくない」でいいですよね。だけれども、ブリタニアを叩くことをやめてしまえば、彼のアイデンティティは崩壊してしまう。ならば、日本以外に戦場を求めればいいというのはありがちな考え方だと思います。
ルルーシュがそう考えることは、特におかしくないし自然かもしれません。

しかし、黒の騎士団のメンバーはどうなんでしょう。日本人は心だということで説得されちゃったみたいですけれど、彼らは、何のために闘っていたんでしょう?
ブリタニアの抑制下に置かれたイレブンの面々を解放するために闘っていたんでしょう。それは、行政特区日本で実現されるから、もう日本にいなくてもいいということなんでしょうか?

かつての行政特区日本は、ユフィの惨殺で幕を閉じました。その記憶が新しいこの時期に、誰もナナリーの行政特区日本政策なんて信用しない気がします。ルルーシュを除いては。

象徴的なシーンがありました。スザクをイレブンのテロリストが襲ったシーンです。スザクをルルーシュはともかく、イレブンは裏切り者だと見ています。信用していない。そんな人間に、日本を預けられるのでしょうか?

なので、ルルーシュの考えとしては納得でき、ああ、彼が日本を脱出するのにこういう展開があったかとなるんですが、100万もの黒の騎士団員が喜んで追従することが納得できないという気分です。

さて、中華連邦に逃れた黒の騎士団が、どうブリタニアに立ち向かっていくのかこれからが楽しみですが、ルルーシュとロロが日本を離れてしまうのなら、スザクに記憶が戻っていることがバレルということですよね。
スザクのこれからの行動が楽しみになってきました。

しかし、ゼロに誉められて舞い上がるディートハルトって(汗)。

[言及リンク]
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-853.html
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-210.html
http://blog.goo.ne.jp/black-prince-17th/e/12c9372c5e4e8be4f9b13453ce8e734f
http://freeandunrestrained.blog99.fc2.com/blog-entry-1490.html
http://nukocodutumi.blog113.fc2.com/blog-entry-591.html

コードギアス 反逆のルルーシュR2「棄てられた 仮面」

7dheoqxp コードギアス 反逆のルルーシュR2「棄てられた 仮面」です。

皆さん、ことコードギアスになると記事が早いですねぇ。
って、日曜夕方だから、リアルタイムで見ていらっしゃる方も、そこそこ多いのかも。
しかし、キャプにナナリーが多い。困ったもんだ(汗)。

ってことで、第7話感想行きます。


感想:
ううむ、どうなんだろう、世間の皆さんは、もっと鬱々とするルルーシュを期待していたんでしょうか?
鬱展開かと思っていたら、さほどどん底って感じはしませんでした。ジェットコースターアニメには似合わないのかも。

やはり、この番組には主人公の鬱展開は似合わないでしょう。そういう意味では、もっとあっさりと立ち直ってもいい感じがしました。
結局、何がやりたかったのかを考えると、学園がルルーシュたちの戻る場所だってところなんでしょうね。ルルーシュにとって、スザクとの関係がああなっている以上、戻る場所なんかではない感じがしますが。

さて、目玉は、行政特区ニッポンをナナリーが宣言するところでしょう。あの、ナナリーの横についている女性は、もちろんあの方なんでしょうね。ならば、ユフィの夢を実現しようとするナナリーを援助するのか、ルルーシュを撃つためにナナリーを利用するのか微妙ですね。
ユフィをあれだけ大切にしていたので、ユフィが大事にしていたナナリーを陥れることはない感じもしますが。

あと、C.C.がまたマリアンヌと会話していました。やはり、マリアンヌ自身は、C.C.なのではないかと思っているのですが、ならばこの会話は、彼女の中のもう一つの人格なのでしょう。そう考えたいなぁ。

ということで、次週は、今週見られなかったルルーシュの知略が見れそうです。楽しみにしておきましょう。

http://hollatal33.blog90.fc2.com/blog-entry-79.html

コードギアス 反逆のルルーシュR2「太平洋 奇襲 作戦」

Bawqjvs5 コードギアス 反逆のルルーシュR2「太平洋 奇襲 作戦」です。

先週すごくいいところで終わったので、気になって今週はリアルタイムで見てしまいました。
見ておいて良かった。録画がちょっと上手くいっていなかったです。先週もおかしかったんですが、どうもここのチャンネルの映りがおかしい。

そんなことは置いておいて、第6話感想行きます。


感想:
なかなか楽しめました。

先週は、ナナリーを利用してルルーシュの記憶の正体を探るスザクという構図で終わり、今週はそれをルルーシュがどう切り抜けるかが焦点でした。
ハッキリ言って、ルルーシュがユフィの件もあり、ナナリーにゼロの正体を明かせないという負い目を持っているため、口八丁でナナリーに疑問だけを与えてお茶を濁すのだと思っていました。

ところがまぁ、ロロのギアスを使うとは。
ルルーシュのギアスが一度だけという弱点を持っているので、今後ロロのギアスに頼ることも多くなりそうですね。直接眼を見なくてもいいし。それこそ「ボロ雑巾」のように使いそうです(苦笑)。あまり使いすぎると、ストーリーが安易に流れそうですが。

それにしても、ナイトメア戦、ガンダムSEEDでございますね(汗)。機体がインフレ状態。
ナイトオブラウンズの機体の性能も良すぎ。四聖剣たちも相手にならない。
コードギアスは、ナイトメアよりも戦術が勝るところが面白いのに、期待性能で勝負が決してしまうと面白みが半減です。

でも、紅蓮可翔式の出撃シーンには、燃えました。これもランスロット・コンクエスターが強すぎるからかな。そういう意味では、ナイトオブラウンズも含めて、突出していたランスロットとのバランスを採ったのかもしれません。ランスロットが攻撃を受けて転げ回るロイドには悪いけれど(笑)。

さて、ストーリー的にはポイントが二つでしょうか。
ひとつは、V.V.とブリタニア皇帝のシーン。「神を殺す」とはどういうことでしょうか?あと、皇帝がV.V.を「兄さん」と呼んだのも気になりますね。

もう一つは、もちろんナナリーの意志。今回の新総督就任は、ナナリーが望んだこと。ユフィの意志を継いで『行政特区日本』を再建するんですと。
そう来ましたか。キーになると思われたユフィを殺してしまっていたので、ブリタニア側の穏健派をどう作るのかと思っていましたが、ナナリーをその役に割り当てるわけですね。

しかし、ナナリーが自分の意志で新総督になれるぐらいなら、ルルーシュだって良かったわけで、本当はやはりただの駒なんでしょうね。

さて、にっくむべきスザクにナナリーを奪われたルルーシュが、どう自暴自棄に陥ってくれるのか次週が楽しみです。

[言及リンク]
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-840.html
http://blog.livedoor.jp/x2oa1/archives/51332764.html
http://kimamaanimespace.blog28.fc2.com/blog-entry-102.html

記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ