藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[ま]◆魔法少女リリカルなのは

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;12 「決着の意味」

Rnv03

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;12 「決着の意味」です。

『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第12話です。分割2クールの1クール目の最終回になるようです。てっきり13話まででと考えて、ヴィヴィオちゃんとミウラちゃんで終わりかと思ったのですが。

さて、Vividは、StrikerSよりも後のお話しです。その後がForceですよね。「なのはシリーズ」の本流ではなくて、いわゆるスピンオフ作品です。

それよりも、A'sと StrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作って欲しいですけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週は、この1クール目の目玉となるコロナちゃんVSアインハルトちゃんの決戦でした。

コロナちゃんVSアインハルトちゃんの戦いになると、どうしても体技よりも魔術を中心に戦うコロナちゃんを応援したくなるのは、「魔法少女」という定義にこだわってしまうからかもしれません。そういうことで、準主役のアインハルトちゃんの勝利には終わったのですが、コロナちゃんも十分に頑張ったので、なかなか良かったと思います。もう少し(?)見せ方に工夫は欲しかった気がしますが。

今週最終回とすると、先週の試合の後始末をやって、もう一試合は無理ですよね。どこで切るのでしょうか。

ということで、魔法少女リリカルなのはViVid 第12話 「決着の意味」感想です。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;11 「覇王の拳・創主の願い」

Rnv01

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;11 「覇王の拳・創主の願い」です。

『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第11話です分割2クールとすると、残り話数と、勝ち残っているメンバーからすると、チーム・ナカジマの試合で終わりですかね。

さて、Vividは、StrikerSよりも後のお話しです。その後がForceですよね。「なのはシリーズ」の本流ではなくて、いわゆるスピンオフ作品です。

それよりも、A'sと StrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作って欲しいですけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週は、聖王教会のシスター・シャンテVS雷帝ヴィクトーリアがメインと見せかけて、コロナちゃんVSアインハルトの助走だった感じがします。

「インターミドル・チャンピオンシップ」がこの『魔法少女リリカルなのはViVid』のメインエピソードですが、どうしても過去の強者たちよりも、なじみのあるチーム・ナカジマのメンバーたちに興味が向かいます。

今週が、コロナちゃんVSアインハルトですから、後はヴィヴィオちゃんとリオちゃんですよね。そこまでで、1クールという気がしますが、あと2話で収まるのかな?リオちゃんは、やらないかな?

ということで、魔法少女リリカルなのはViVid 第11話 「覇王の拳・創主の願い」感想です。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;10 「勝利のために!」

Rnv01

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;10 「勝利のために!」です。

『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第10話です。どうやら、分割2クール放映は確定らしいです。そうでなければ終わらないですよね、たぶん。そうすると、第二クールはいつ来るんでしょうか?

さて、Vividは、StrikerSよりも後のお話しです。その後がForceですよね。「なのはシリーズ」の本流ではなくて、いわゆるスピンオフ作品です。

それよりも、A'sと StrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作って欲しいですけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週は、いよいよインターミドル・チャンピオンシップの本選の開始でした。この「インターミドル・チャンピオンシップ」がこの『魔法少女リリカルなのはViVid』のメインエピソードです。

魔法を使った天下一武道会ですが、試合の状況・判定がデジタルに表示されるので、やはり最近のアニメって感じですよね。

ということで、本選の火蓋が切って落とされたのですが、先週のチーム・ナカジマの面々は、ほとんどオマケ状態でした。メインは、ミウラちゃんでしょうかね。あと、チャンピオンの紹介ですか。本当は、シャンテとルーテシアちゃんも、先週の枠に含めておきたいところなんでしょうけれど、収まりきらなかった感じですか。あれ、ルーテシアちゃん試合に出るって言ってたっけ?

魔法少女リリカルなのはViVid 第10話 「勝利のために!」感想です。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;09 「インターミドル・チャンピオンシップ」

Mrn01

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;09 「インターミドル・チャンピオンシップ」です。

『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第9話です。どうやら、分割2クール放映は確定らしいです。第二クールは、いつ来るんでしょうか?

さて、Vividは、StrikerSよりも後のお話しです。その後がForceですよね。シリーズのいわゆるスピンオフ作品です。

それよりも、A'sと StrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作って欲しいですけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週は、いよいよインターミドル・チャンピオンシップの選考会でした。この「インターミドル・チャンピオンシップ」がこの『魔法少女リリカルなのはViVid』のメインエピソードです。

まぁ、いつも茶化していますが、結局、魔法を使った天下一武道会をやるということになりますが、どうも『StrikerS』ぐらいから、魔術が関係あるように見えないんですよね。初期のころのように、もう少し魔法魔法した内容でやっていただけると、気分ももう少し盛り上がるのですけれど。

ということで、先週は触り程度でしたが、今週からはよいよインターミドル・チャンピオンシップ本戦開始ということで、闘いの火蓋が切って落とされるという感じなんでしょう。

魔法少女リリカルなのはViVid 第9話 「インターミドル・チャンピオンシップ」感想です。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;08 「ライバル!」

Rnv01

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;08 「ライバル!」です。

『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第8話です。どうやら、2クール放映は確定らしいですが、連続ではなくて分割2クールということのようです。

さて、Vividは、StrikerSよりも後のお話しです。その後がForceですよね。シリーズのいわゆるスピンオフ作品です。

それよりも、A'sと StrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作って欲しいですけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週も先々週に引き続いて、旧シリーズからのファンへのサービス回でした。

今まで、「魔法少女」と言いながらも、ずっと格闘戦ばかりだったので、ここらで模擬戦をやることで魔砲戦も交えて、旧ファンをつなぎとめようという感じでSLB合戦とかが挟まれました。それはそれで楽しいのですが、メインはちょっと違いますからね。

ストーリーのメインは、後半にあったインターミドル・チャンピオンシップでしょう。格闘と、こういうバトルを考えると、やはりなのはシリーズのスピンオフと考えるべきなんでしょうね。

今週は、インターミドル・チャンピオンシップがいよいよ始まるようです。

魔法少女リリカルなのはViVid 第8話 「ライバル!」感想です。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;07 「ニュー・ステージ!」

Mr03

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;07 「ニュー・ステージ!」です。

『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第7話です。どうやら、2クール放映は確定らしいですが、連続ではなくて分割2クールということのようです。

さて、Vividは、StrikerSよりも後のお話しです。その後がForceですよね。シリーズのいわゆるスピンオフ作品です。

それよりも、A'sと StrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作って欲しいですけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週は、旧シリーズからのファンへのサービス回でした。

いままで、「魔法少女」と言いながらも、ずっと格闘戦ばかりだったので、ここらで模擬戦をやることで魔砲戦も交えて、旧ファンをつなぎとめようという感じですかね。個人的には、格闘戦よりも、魔法戦の方が面白いです。

でもねぇ、StrikerSのときにも感じたのですが、無印やA'sのときのような、じりじりとした緊張感を感じないのは、団体戦だからでしょうか。

今週は、模擬戦の決着と、いよいよあの人の登場といったところでしょう。

魔法少女リリカルなのはViVid 第7話 「ニュー・ステージ!」感想です。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;06 「マッチアップ・デュエル」

Mr01_2

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;06 「マッチアップ・デュエル」です。

『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第6話です。何話やるんでしたっけ?

Vividは、StrikerSよりも後のお話しです。それよりも、A'sと StrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作って欲しいですけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週は、まぁ温泉回ですね。楽しい合宿で、アインハルトちゃんが皆となじんでいく様子を先週に引き続いて描いたという感じでしょうか。原作漫画通りの展開なのですが、まぁそこまでやらなくてもという気がします。アニメの方がもう少しライトな層だと思うので、やりすぎると逆効果だと思うのですが。

で、原作だと今週は、旧作からのファンへのサービス回ですよね。楽しみです。

しかし、なのはの変身シーンは、キャプチャ泣かせだなぁ。(苦笑)

魔法少女リリカルなのはViVid 第6話 「マッチアップ・デュエル」感想です。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;05 「サプライズ・アタック」

Mr02

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;05 「サプライズ・アタック」です。

『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第5話です。Vividは、StrikerSよりも後のお話しです。それよりも、A'sとStrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作って欲しいですけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週は、まぁアインハルトちゃんを皆となじませるという目的もあっての合宿が行われました。正確には、水着回ですね。それ以上の目的も狙いも何も感じられませんでしたから。

ひとまず、アインハルトちゃんが皆となじんでいく様子をきっちりと描くために、わざと時間をかけているんだと言いたいのかなとは思いますが、サービス回という以上の何も感じられないので、がっくりです。

で、原作だと今週はもっとあれなんですが、どうなるんでしょうか。

魔法少女リリカルなのはViVid 第5話 「サプライズ・アタック」感想です。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;04 「ブランニュー・ハート」

Mrv02

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;04 「ブランニュー・ハート」です。

はい、 『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第4話です。Vividは、StrikerSよりも後のお話しです。それよりも、A'sとStrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作れって人が多いでしょうけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週は、サブタイトルが「本気の気持ち」ということで、アインハルトちゃんのキモチそして、高町ヴィヴィオちゃんのキモチが語られました。

お互いのキモチが分かって、キモチが通じ合ったというところがメインになりますでしょうか。二人のキモチが通じ合ったということは、アインハルトちゃんの目的が共有されたということにもなりそうで、この先共闘があるのかどうかが気になりますね。

魔法少女リリカルなのはViVid 第4話 「ブランニュー・ハート」感想です。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;03 「本気の気持ち」

Rnv01

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;03 「本気の気持ち」です。

はい、 『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第3話です。

Vividなんて作っている暇があったなら、A'sとStrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作れって人が多いでしょうけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週は、サブタイトルが「アインハルト・ストラトス」ということで、アインハルトちゃんが本格的に登場しました。

まぁ、登場人物というかキャラクターが山のようにいて、それでなくても名前と顔が一致しないですけれど、主人公の一人ですからがんばって覚えましょう。

そして、先週のポイントとしては、そのアインハルトちゃんが、覇王と呼ばれる自分の祖先の記憶を共有していて、強くなることをもとめていました。その覇王が追い求めていたのが「゜聖王」で、『聖王の器』が高町ヴィヴィオちゃんなんですね。

今週は、二人が出会うんでしょうね。

魔法少女リリカルなのはViVid 第3話 「本気の気持ち」感想です。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;02 「アインハルト・ストラトス」

Vvd01

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;02 「アインハルト・ストラトス」です。

はい、明日も出張っぽいので、書けるものだけ感想を先に。

まぁ、Vividなんて作っている暇があったなら、A'sとStrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作れってところでしょうけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

今回のシリーズのポイントとしては、原作が先行していること、そしてスタッフが一新されたことでしょうか。

その新スタッフでの第1話ですが、原作の第1巻前半三話分くらいを使った感じでしょうか。本当なら、今週前半に来るであろう戦闘が第1話に入るように構成を変えて良かった気がしますけれど、ヴィヴィオちゃんの過去と位置づけを示しておく必要があるからですよね。

もうStrikerSのことはみんな忘れてるでしょうから振り返りは必要だったのでしょうが、サウンドドラマなんてそんなに誰も聞いていないんだから、もう拾わなくてもいいんじゃないかなぁ。今までも結構きっちり拾ってましたが。

ということで、先週でとても設定を思い出した人が多いとは思えませんが、第二話行きます。

魔法少女リリカルなのはViVid 第2話 「アインハルト・ストラトス」感想です。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;01 「セイクリッド・ハート」

Lln01

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;01 「セイクリッド・ハート」です。

はい、明日も休日出勤っぽいので、書けるものだけ感想を先に。

春アニメの新番組第二弾は『魔法少女リリカルなのはViVid』です。いや、分かっていますって。Vividなんて作っている暇があったなら、『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作れ、2014年という噂やったやん、ってところでしょうけれど。A'sとStrikerSの間は早く見たいですが、まぁ待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

今回のシリーズのポイントとしては、原作が先行していること、そしてスタッフが一新されたことでしょうか。

スタッフが一新されたのは、同時並行で制作されている映画版や『DOG DAY'S』の関係でしょうか。ただ、セブンアークスからA-1 Picturesに制作が変わるだけでなく、映画版のプロデュースをしていたアニプレックスがキングレコードに代わって前面に立っているので、たぶん映画版の関係が強そうな気がしています。

ということで、実は『魔法少女リリカルなのはStrikerS』以降は、まぁあまりどうでもいい感じもあるので、ほどほどに温く鑑賞することにします。

魔法少女リリカルなのはViVid 第1話 「セイクリッド・ハート」感想行きます。

続きを読む

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's

As1 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A'sです。

キャプは、プロモーションムービーからです。

遅くなりましたが見に行きました~。今までも行きたかったんですけれど、ちょっとタイミングが悪くて見損ねていました。会社の最寄り駅の映画館では、スクリーンが小さいので、やはりお金を払うのだから大きいスクリーンで見ようとしたのも、遅れた原因の一つですね。

客の入りは8割位でしたでしょうか?上映回数を絞っているようなので、かなり入っていました。リピートプレゼントも効いているのでしょうか?台紙が終わった映画館もあるみたいですが、まだ貰えました。

『けいおん!』は、フィルム貰いましたが、たぶんこれは行かないと思います。だって長いもん。

ということで、Magical Girl Lyrical Nanoha『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's』感想行きます。

◆「魔法少女リリカルなのは」テレビシリーズの感想はこちら。(無印はありません)

「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』の感想はこちら

続きを読む

「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」<初回限定版>

F 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」<初回限定版>です。

今週は色々と、お客様との忘年会とか部の忘年会とか忙しそうなので、ちょこちょこと書きたいものを先出ししておくことにします。

まずは、とっくに届いていた「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」<初回限定版>のコメントなどを。

キャプは、ラスト前のフェイトちゃんです。(号泣) ええ、また泣きましたとも。悪いですか。(苦笑)

劇場版の感想は、映画館で見たときに書いているのでそちらを参照してもらうとして、一言二言確認したことなどをコメントしておきたいと思います。

一先ず改ページ。

続きを読む

『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s』とか

Na 横の写真は、中身と50%程度関係ありません。ねんどロイドぷちで、バトルスーツの二人が揃ったので、記念撮影です。(苦笑)

それは置いておいて、11月23日の「リリカル☆パーティーIV」でいよいよ発表があったようですね。もちろん、『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s』です。

いよいよですぜ、だんな。

公開時期は2012年ということで、1年以上後ですか?今年1年何やっていたんだ セブン・アークスは~、なんて思ってしまいますね。恐らくは、また正月映画が終わった後の空白期間を狙っての上映となるのでしょう。

前回あれだけ全国でのロングランになって大成功したので、上映館は増えそうな気がします。

続きを読む

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st

N6 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1stです。

キャプは、プロモーションムービーからです。

遅くなりましたが見に行きました~。今までも行きたかったんですけれど、映画館の混雑具合が話題になっていたので、ちょっとおじさんでははずかしくて行きにくくて、ハルヒ公開日を狙って行ってきました。

客の入りは6割位でしたでしょうか?リピートプレゼントは終了しているので、3週目ということもあって、まぁこんなものでしょうか。(都心は席完売のところも多かったようです)アバターはすごいことになっていましたけれど。旬を外したので、同じような考え(?)のおじさん方が多かったです。(笑)

しかし、新しい入場プレゼントのA3ポスター、持って帰りにくかった。(笑)

ということで、Magical Girl Lyrical Nanoha『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』感想行きます。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはA's 第13話「スタンバイ・レディ」

N_3 魔法少女リリカルなのはA's 第13話「スタンバイ・レディ」です。

いよいよ『魔法少女リリカルなのはA's』も最終回です。というか、今年のアニメの感想記事もこれで打ち止めです。

『闇の書』事件は、事実上先週で終わっているので、今週は後日談ですね。これは、無印のときと同じパターンを踏襲しています。評判が良かったんでしょうか。

で、このラストでアレをやってしまったばかりに、この後のStS以降の構成に困ってしまったわけですね。(苦笑)

それはおいておいて、さっさと魔法少女リリカルなのはA's 最終回「スタンバイ・レディ」感想行きます。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはA's 第12話「夜の終わり、旅の終わり」

N_2 魔法少女リリカルなのはA's 第12話「夜の終わり、旅の終わり」です。

おっと、関東では最後は、2話連続ですか。関西よりも、1週遅く始まったから、その影響でしょうかね。まぁ、12話が実質的な最終回ですからそれもありかと。

ということですが、この記事は備忘録的に書いているので、綺麗に整理ということで、2話分けて書くことにします。

そういえば、エウレカセブンも本放送で2話連続だったっけ。あれも分けて感想書いた記憶が。

ということで、魔法少女リリカルなのはA's 第12話「夜の終わり、旅の終わり」行きます。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはA's 第11話「聖夜の贈り物」

N 魔法少女リリカルなのはA's 第11話「聖夜の贈り物」です。

NHK紅白歌合戦での演奏曲が決まりました。我等が奈々様の唄う歌は、残念ながらなのは関連の曲ではありませんでした。『深愛』です。自分としては、今年の曲では、おなじ「White Alubam」の曲では、『夢幻』の方がかなり好きなので、そちらを歌って欲しかったんですが。

ひょっとして、奈々様の曲の中で人気もあり、いまちょうど再放送しているので、『ETERNAL BLAZE』を組み合わせたメドレーかもなんて思ったのですが、それもなかったですね。残念。

とまぁ、それは置いておいて、いよいよ「リリカルなのはA's 」も終盤です。気合を入れて備忘録をつけましょう。

ということで、魔法少女リリカルなのはA's 第11話「聖夜の贈り物」感想行きます。

続きを読む

魔法少女リリカルなのはA's 第10話「運命」

N2_2 魔法少女リリカルなのはA's 第10話「運命」です。

テレビCMでも、公式ページのプロモーションムービーでも、『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』の主題歌「PHANTOM MINDS」が流れ始めました。ん~、どうなんでしょうね。なんとなく「ETERNAL BLAZE」や「SECRET AMBITION」のような曲を想像していただけに、「PHANTOM MINDS」の印象は、けっこうあれって感じでした。

まぁ、元々「innocent starter」と対になる曲らしいので、どういう場面でどういう映像と流れるか楽しみにしておきましょう。って、見に行けるかなぁ。やっぱり、ちょっと、かなり抵抗があるなぁ。(汗)

それはそうと、魔法少女リリカルなのはA's 第10話「運命」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ