藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

「オーリエラントの魔道師たち」乾石 智子★★★★☆

Om_3

「オーリエラントの魔道師たち」乾石 智子
東京創元社 ISBN : 978-4-488-02715-5

う~ん、ブログの新しいエディタ使いにくい。慣れるしかないか。

さてさて、小説の感想が少ないかなという感じなので、あえて6月発売のこの本を選んでみました。と、「魔道師の月」と同じ書き出しにしてみました。

ん~、いつ読んだんだっけ?(苦笑)

前にも書きましたが、乾石さんは、1999年に教育総研ファンタジー大賞を受賞し、2011年の第一長編『夜の写本師』で、本格デビューされました。今話題のファンタジーの旗手ですね。

この「オーリエラントの魔道師たち」は、『夜の写本師』、『魔道師の月』、『太陽の石』の〈オーリエラントの魔道師〉シリーズのそれぞれの時代を舞台にした短編集です。

まぁ、やはり、それぞれの元の本を読んでいた方がたのしめますが、これだけでもそれなりには楽しめると思います。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「泣き童子 三島屋変調百物語参之続」宮部 みゆき ★★★半☆

Naki 「泣き童子 三島屋変調百物語参之続」宮部 みゆき
文藝春秋 ISBN:978-416382240

あれ?おかしいなぁ。

今まで結構本の感想を書いたつもりだったんですが、どうしてか宮部みゆきさんの本の感想は、2冊目ですか。

まぁ、タイムリーに感想を書けないときには、飛ばしてしまうことが多いので、そのためがあるんでしょうけれど、まぁもう少しかいてもいいかも。江戸ものだけでも書いておきたいところです。

ということですが、今回は三島屋シリーズ第三弾なんですが、第一弾、二弾と書いていないんですねぇ。まぁミステリミステリしていないんで、どうしても感想を書く意欲が高まらないというのもありますが。

ということで、さくっと「泣き童子」宮部 みゆき感想を書いておきます。

続きを読む

「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」川上 和人★★★半☆

Chourui 「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」川上 和人
技術評論社 ISBN:978-4-7741-5565-4

今年は、何だか恐竜ブームなんでしょうか。

イベントとして、「「恐竜ライブ!」ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブアリーナツアー イン ジャパン」っていうのが、この7月から始まります。エンターテイメントショーというかライブらしいですが、ももいろクローバーZがオフィシャルサポーターになって話題になっていたような。全国6箇所を廻るようです。まぁ、エンターテイメントショーなんで、あまり見たいと思いませんが。

その他では、「大恐竜展in 丸の内2013 ~福井県恐竜博物館コレクション~」が8月から始まりますし、我等が東京女子流ちゃんが、福井県勝山市の「恐竜大使」になりましたし。(それが言いたかったのか)8月には勝山で、東京女子流も参加する音楽フェスティバル「ダイノソニック」が開催されます。

な~んてことは置いておいて、藍麦は恐竜が好きなので、恐竜の軽い本を良く読むのですが、これはタイトルが面白そうなのと、ちょっと話題になっていたので読んでみました。

ということで、とっとと行きます。

続きを読む

「ダチョウは軽車両に該当します」似鳥 鶏★★★半☆

Dachou 「ダチョウは軽車両に該当します」似鳥 鶏
文春文庫 ISBN:9784167838614

創元ミステリ文庫の「葉山君シリーズ」で人気の似鳥 鶏さんの新刊は、動物園ミステリーの第2弾でした。第1弾「午後からはワニ日和」が人気あったんでしょうかね。

「葉山君シリーズ」は、東京創元社お得意の日常の謎系の青春ミステリです。どちらかというと本格に近い正統派ミステリです。

「葉山君シリーズ」の感想はこの辺りに書いています

それに対して、この「動物園ミステリー」は、本格というよりも、サスペンス色とコメディ色が強い感じでしょうか。

で、この前の『午後からはワニ日和』のときにもシリーズ化されるのかなと感じましたが、やはりシリーズ化されました。そこは予想通りでしたね。

「午後からはワニ日和」の感想はこの辺りに書いています

どういう内容だったかなどは、この後の感想で。

ということで、とっとと行きます。

続きを読む

「昨日まで不思議の校舎」似鳥 鶏★★★半☆

Hy01 「昨日まで不思議の校舎」似鳥 鶏
創元推理文庫(M) ISBN:978-4-488-47306-8

感想が遅くなりましたが、サイン本です。やったぁ。(笑)

このシリーズは、結局「葉山君シリーズ」でいいんでしょうか?(苦笑)Wikiでは、「にわか高校生探偵団の事件簿シリーズ」とされていますが。

ということで、シリーズの新刊です。この前の「いわゆる天使の文化祭」が出てから、約1年半ぶりですか。ちょっと間が空きましたね。

名探偵役の伊神先輩が卒業してしまったために、ちょっとシリーズとしては見せ方が難しいとは思いますが、まぁ柳瀬さんはがんばっていますし、ミノも麻衣ちゃんも健在ですから、柳瀬さん卒業までは、続くんでしょうね。

似鳥 鶏さんは、恐らくは東京創元社が第二の米沢 穂信にしたがっていると思われるのですが、どうなんでしょう。以前にも書きましたが、キャラクター的にはどうも個性が弱い気がします。

キャラクターといえば、表紙の眼鏡の人は、柳瀬さんなんでしょうか?

その辺りを期待しながら読みたいと思います。

続きを読む

「暦物語」西尾 維新★★★半☆

Koyomi 「暦物語」西尾 維新
講談社 ISBN:978-4-06-218448-9

7月からいよいよアニメのセカンドシーズンが始まりますね。ということで、書き忘れていた、というか、さぼって書いていなかったこれの感想を書いておきます。

っていうか、『傷物語』はどうした!(苦笑)いや、『傷物語』をやらずに『猫物語』をやってしまったので、もうあまり焦ってはいないのですが、どうして次々と次の作品が作れるので、どうして『傷物語』が停止しているのか理解に苦しむところです。配給会社と揉めて劇場が確保できないのかな。

ということで、〈物語〉シリーズのファイナルシーズン2作目です。ただ、この『暦物語』は、当初の告知にはなかったイレギュラーな作品です。そのためか、サブタイトルもありませんね。

「100パーセント突然書かれた物語です」

とのことですので、本当に気分で書いたのでしょうね。

ということで、ファイナルシーズンのラスト『終物語』へと繋がる物語りなのでしょうから、アニメで行くと、総集編のような感じでしょうか。

その辺りの書評は、「続き」から書いていきたいと思います。

続きを読む

「浜村渚の計算ノート 4さつめ 方程式は歌声に乗って」青柳碧人★★★半☆

Hnk 「浜村渚の計算ノート 4さつめ 方程式は歌声に乗って」青柳碧人
講談社文庫  ISBN:978-4-06-277491-8

えっと、感想を書いておこうと思っていて、書き忘れているものの2冊目です。前巻も感想を書いていたので、ぜひ書いておこうというものです。

ということで、『浜村渚の計算ノート』です。

表紙は、ラノベ風ですが、しっかりと「講談社文庫」です。ラノベコーナーを探してもありません。(笑)ただ、今は講談社文庫ですが、元々は若者作家を発掘する目的だった「講談社Birth」での出版でしたから、ヤングアダルトって感じでしょうか。

まぁ、なんだかそこそこ人気があるようで、コミックス化もされていますから、そのうちアニメ化とかあったりして。ちょっと、アニメとは合わないかな?

ということで、感想行きます。

続きを読む

「新約 とある魔術の禁書目録 (7)」鎌池和馬★★★☆☆

Tmi 「新約 とある魔術の禁書目録 (7)」鎌池和馬
電撃文庫 ISBN :978-4-04-891604-2

さて、『新約 とある魔術の禁書目録』の7巻です。読んでいたのに、なんとなく感想を書くのが遅くなりました。というか、感想を書かなくてはいけない本が4冊ぐらいたまっているんですけれど、なんとなく書くのが遅れています。

原因は、ある本の感想を書き忘れていて、それを書いてからと思っていたためずるずると遅れているんですね。

さて、文庫の6巻は2月ですから中3ヶ月ですか。いつもながらに早いですね。『とある科学の超電磁砲』のアニメ二期も来てますから、その辺りを意識してでしょうか。

ところで、『とある科学の超電磁砲』のアニメの感想は、この辺りに書いていますので、興味のある方はどうぞ見てやってください。

ということで、前回も書いていましたが、新約になってすっかり人間関係が整理できなくなっている自分ですが、がんばってついていきましょう。

ところで、表紙は、5位の食蜂 操祈と、3位の御坂 美琴ちゃんですね。食蜂ちゃんは、本編小説では、それほど活躍していない気もしますが。

ということで、さっさと感想行きます。

続きを読む

「五龍世界III」壁井 ユカコ★★★★☆

Goryu 「五龍世界III WOOLONG WORLD 天鏡に映る龍」壁井 ユカコ
ポプラ社  ISBN:978-4-591-13236-4

作者の壁井ユカコさんが、アニメ『K』に関わっていたためか、2巻から1年半経っていますね。あ、1巻から2巻の間も1年3ヶ月掛かっているのか。

さて『五龍世界II』は、1巻からの続編でありながら、主人公を変えた違う視点の物語りになっていました。しかし、この『五龍世界III』は、1巻の続編になっています。

もちろん、2巻の碧耀の物語も踏まえているので、実質的には2巻の続編なんですが、1巻から2巻を飛ばして3巻を読んだ方が、エピソードの継続性はしっくりくるでしょうね。その辺りは、感想本編で。

今回の表紙も羽住都さんの透明水彩です。1巻の表紙がユギ、2巻は、碧耀、この3巻はイルラックでしょうか。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子」菅野雪虫★★★★☆

Sonin 「天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子」菅野雪虫
講談社 ISBN:978-4-06-218165-5

出たのは2月末ですね。

楽しみにしていたのですが、ちょっと遅くなりました。ずっと図書館で借りているからです。人気があるので、発売と同時に入庫する前に予約しているんですが、すぐには回ってきません。

ということで、出版から1ヶ月以上経ってしまいましたが、「天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子」の感想を書いておきます。ご存じのように1巻は講談社児童文学新人賞受賞作品です。

カテゴリとしては、ジュブナイルでしょうか。

外伝としては2冊目、江南のクワン王子が主人公です。一つ前の外伝は、巨山のイェラ王女で、人気としては彼女と双璧なんではないでしょうか。

ただ、江南と聞くと、ついあの歌を思い出して、「オッパ、カンナムスタイル~」と踊るクワン王子が頭に浮かんでしまいます。いけませんねぇ。(苦笑)

ということで、感想行きます。

続きを読む

レンタルマギカ「未来の魔法使い」三田誠 ★★★半☆

Rm レンタルマギカ「未来の魔法使い」三田誠
角川スニーカー文庫 ISBN:978-4-04-100758-7-C0193  

半年ぶりのレンタルマギカです。手に入れるまで時間が掛かってしまいました。

これが本当の最終巻です。そう考えると感慨深いですね。7年半前の4巻目からずっと感想を書いてきてますので。シャナやハルヒの次ぐらいに長く書いている感じでしょうか。あ、ムシウタが一番古い感想かも。それを考えると、自分はスニーカーと相性がいいですね。

それはさておき、どうやら、前巻までの『大魔術決闘(グラン・フェーデ)』の後日のようです。確か、短編集だという話しだったような気がするのですが、違いましたね。

後日談ということで、どんな話しを軸にするのか、誰に焦点をあてるのかと思ったのですが、そういうことですか。オールスターキャストですね。

とはいえ、表紙はここに来て新たに登場した彼です。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「氷結鏡界のエデン11 最終双剣-ユミエル・ノイズ-」細音 啓★★★半☆

Eden 「氷結鏡界のエデン 11 最終双剣-ユミエル・ノイズ-」細音 啓
富士見ファンタジア文庫 ISBN:978-4-8291-3870-0-C0193    

ちょっと遅くなりました。3月に引っ越したんですが、途中の乗換駅にそこそこの本屋があったので、そこでの本購入を目論んでいたんですが、とっとと閉店してしまったんですね。

そもそも、エデンは売っている店では大量にあるんですけれど、小さい本屋には入っていないんですよね。

ということで、移動途中にどうにか手に入れてようやく読むことができました。あとは、『聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)』と『レンタルマギカ』を手に入れないと。

さて、10巻では、「穢歌の庭」に落ちたシェルティスとユミィを中心に、今までの謎がかなり説明されました。そのために深まった謎もありますが。

表紙は、10巻に引き続いてユミィとシェルティスですか。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「ビブリア古書堂の事件手帖 4」三上 延★★★半☆

B 「ビブリア古書堂の事件手帖 4 ~栞子さんと二つの顔~」三上 延
メディアワークス文庫 ISBN:978-4048914277

テレビドラマとなっている「ビブリア古書堂の事件手帖」ですが、本当にここまで売れるとは思いませんでした。このシリーズは、雰囲気と、栞子さんの古書に対しての蘊蓄を楽しむ小説かと思 います。なので、テレビドラマにはちょっとどうかなと思ったのですが、視聴率まぁまぁなようですね。

テレビドラマは、古書店に光が差し込んでいる時点で、あぁ何も分かっていないと見るのをやめました。本を開いて伏せておくなんてとんでもないこともやってましたし。(苦笑)

さて、ドラマは置いておいて、小説については、人気が十分なようなので、楽しんで読むことにしました。

ということで、4巻の感想を書いておきます。

続きを読む

「リカーシブル」 米澤 穂信★★★半☆

Rec 「リカーシブル」米澤 穂信
新潮社 ISBN: 978-4-10-301473-7 

何だか小説の感想を書くのは久しぶりのような気がします。あと、米澤さんの新刊も久しぶりのような気がします。実際、長編は2年ぶりらしいですね。

米澤 穂信さんというと、去年は『古典部』シリーズが『氷菓』ということでアニメ化されていたので、久しぶりという感じがしませんでした。でも、2年ぶりですか。次は、シリーズものが来ると嬉しいですが。『犬はどこだ』かな?

内容は、米澤さんお得意の青春ミステリと、伝奇ミステリを組み合わせたような感じのものでした。ちょっと、今までの米澤さんからすると異質かもしれません。

いや、内容については、この後でまとめて書きましょうか。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「新約 とある魔術の禁書目録 (6)」鎌池和馬★★★☆☆

Ind 「新約 とある魔術の禁書目録 (6)」鎌池和馬
電撃文庫 ISBN :978-4048912532

さて、『新約 とある魔術の禁書目録』の6巻です。読んでいたのに、忙しくって感想を書いていないことを忘れていて遅くなりました。

さて、文庫の5巻は10月ですから中3ヶ月ですかちょっと早いですね。映画も来ますし、『とある科学の超電磁砲』のアニメ二期も来ますから、その辺りを意識してでしょうか。

ところで、劇場版アニメは、2/23公開らしいです。もう一月切ってますか。全国30館ですか。思ったより少ないかも。てこ入れ的なレールガンの二期告知がどれだけ効くかってところでしょうか。

ということで、新約になって、すっかり人間関係が整理できなくなっている自分ですが、がんばってついていきましょう。

ところで、「とあるモノレール」もう運行しているんですよね。あまり話題聞かないなぁ。

ということで、さっさと感想行きます。

続きを読む

「ブルーマーダー」誉田 哲也★★★☆☆

Bm 「ブルーマーダー」誉田 哲也
光文社 ISBN:978-4-334-92855-1

最近、ちょっと本の感想を書いていなかった気もするので、ここらで一つ書いておきます。何だか、たくさん書き忘れている気もしますが、それは少し忙しいのが収まったなら書きたいと思います。

ということで、今週1/26から『ストロベリーナイト』が映画公開される警部補・姫川玲子シリーズということで、誉田 哲也さんの『ブルーマーダー』をば。

もう最近では、すっかり姫川玲子というと、竹内結子というイメージですが、ひょっとすると彼女の一番の当たり役かもしれませんね。テレビを見ていなかった自分でも、姫川のイメージは彼女になってしまってますから。

ただ、菊田は、西島さんのイメージではないですけれど。ちょっと線が細いですよね。

ということで、『ブルーマーダー』感想行きます。

続きを読む

「RDG 6 星降る夜に願うこと」荻原規子★★★★☆

Rdg 「RDG(レッドデータガール) 6 星降る夜に願うこと」荻原規子
角川書店 カドカワ銀のさじ ISBN:978-4-04-110348-7-C0093  

さて、「RDG(レッドデータガール)」もいよいよ最終巻です。

この前出てから、一年以上経ってますね。本当に待ちくたびれました。

アニメ化も決まり、いよいよ盛り上がってきてますね。といいつつ、感想を書くのが遅くなりました。読んだのは2週間ほど前、つまり出てすぐなんですが。(苦笑)

ところで、アニメのキャラクターデザインは、岸田メルさんですか。ちょっと、というかかなりイメージが違いますね。酒井 駒子さんのイメージが強すぎるからでしょうか。泉水子ちゃんはまだいいとして、真響のイメージが違いすぎるかな?まぁ、アニメはアニメとして楽しみましょう。

ということで、「RDG 5 学園の一番長い日」感想行きます。

続きを読む

「灼眼のシャナ SIII」高橋弥七郎★★★★☆

Siii 「灼眼のシャナSIII」高橋弥七郎
電撃文庫 ISBN:978-4048910859

『灼眼のシャナ』も、いよいよこのS3で終幕です。

本編は、この前に出た「灼眼のシャナXXII」でグランドフィナーレだったので、これはアンコールに応えたといった感じでしょうか。

思えば、長く続いたこのシリーズ、丁度10年ですか。思えば、ラノベを読み始めたのも、このシャナからだったような気がします。

テレビアニメについては、うちのブログの始まりと同期する形で、このシャナは長らくうちのブログの看板として輝いてくれました(シャナのアニメが始まると、うちのブログのアクセスが倍増以上に増える(苦笑))。

とまぁ、走馬灯のように色々な思い出がよぎりますが、本当に名残惜しいですね。

とはいえ、出てしまったものは仕方がないので、最終巻の感想をまとめておきたいと思います。

続きを読む

「魔道師の月」乾石 智子★★★★☆

Ma 「魔道師の月」乾石 智子
東京創元社 ISBN : 978-4-488-02489-5

さて、小説の感想が少ないかなという感じなので、あえて4月発売のこの本を選んでみました。というのも、作者の乾石さんの新作『太陽の石』が発売されたので、それに合わせてというのもあります。

乾石さんは、1999年に教育総研ファンタジー大賞を受賞し、2011年の第一長編『夜の写本師』で、本格デビューされました。今話題のファンタジーの旗手ですね。

東京創元社は、最近SF・ファンタジーにも力を入れていますね。どちらかというと、東京創元社がミステリ寄りで、早川書房がSF寄りのイメージがあったのですが、最近はSF・ファンタジー回帰というイメージがあります。

で、『夜の写本師』の感想も書いておこうかと思ったのですが、さすがに去年の本なので、ちょっと内容的に忘れ掛けているということもあって、こちらにしました。

『魔道師の月』は、話題になった『夜の写本師』と世界観を共通にしていますが、続編ではありません。

ということで、感想行きます。

続きを読む

「新約 とある魔術の禁書目録 (5)」鎌池和馬★★★☆☆

Ind 「新約 とある魔術の禁書目録 (5)」鎌池和馬
電撃文庫 ISBN : 978-4048869782

さて、『新約 とある魔術の禁書目録』の5巻です。読んでいたのに、女子流の記事ばかり書いていたので遅くなりました。

さて、文庫の4巻は3月ですから中7ヶ月ですか。今までは、4~5ヶ月おきに順調に巻を重ねていましたが、期間が長くなりました。といいつつも、間にたくさん鎌池さんの本が出ているので、間が空いた印象はないですね。

ところで、劇場版アニメは、どうやら2/23公開らしいです。全国30館ですか。思ったより少ないかも。ただ、ちょっとピークを過ぎている気もするので、どうでしょうか?

ということで、新約になって、すっかり禁書目録というより、別の物語になっている気がしますが、まぁ感想を書いておきましょう。

表紙は今回当麻と行動を共にするあの人ですか。

ということで、さっさと感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
RSS
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ