藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[さ]◆灼眼のシャナ

「灼眼のシャナノ全テ 完」

Shanakan 「灼眼のシャナノ全テ 完」
アスキー・メディアワークス ISBN:978-4048913225

ということで、「灼眼のシャナ」もいよいよ、本当のラストです。

もちろん発売当日に買っていたんですが、もったいぶって、ゆっくりと読んでいたので遅くなりました。

うちのブログを始めた当初からのおつきあいになりますので、なんだか非常に寂しいです。まぁ、ブログ自体、ツイッターやLINE、facebookといった簡易ツールに移って行っていて、下火ではありますが。

それは置いておいて、この「完」は、原作のXI巻から最後までをまとめたものになります。

ただ、目玉は、やっぱり本当の最後の短編小説でしょうね。

詳細はこの後で。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第24話 「涯てより開く」

S5 灼眼のシャナⅢ-Final- 第24話 「涯てより開く」です。

さて、シャナもいよいよ24話、最終回です。

アニメだけに限れば、1期のスタートが2005年10月ですから6年半ということになりますか。長かったような短かったような。ほとんどうちのブログの歴史そのままですから。

さて前回は、“祭基礼創”により新世界『無何有鏡(ザナドゥ)』が誕生し、“徒”たちが旅立って行きました。[仮装舞踏会](バル・マスケ)側としては、“祭礼の蛇”と分かれた悠二とシュドナイだけが残った形になります。

そうなると、残る部分としては、シャナと悠二本人についてが中心となりますかね。ポイントは、シュドナイと一緒に残ったことでしょう。つまり、シャナたちフレイムヘイズとまだ対峙するつもりであるということになります。

この三期は、ほとんど原作通りに進んでいるので、まぁ分かるんですか、恐らくは最後にもう人盛り上がりあるんでしょうね。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第24話 「涯てより開く」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第23話 「神の夢」

S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第23話 「神の夢」です。

さて、シャナもいよいよ23話、残り少なくなってきました。今週も入れて残り2話でしょうか。

前回は、ラストに向けていろいろと動いた回でした。特に『教授』“探耽求究”ダンタリオンのラストは、涙なしには見れないものでした。(嘘)

“冀求の金掌”マモンも退場し、どんどんと終わりが近づいてきていることが感じられますね。

今週は最終回手前ということで、ラストに向けての礎作りというか、2クールのようなアニメだと、最終回一つ手前が実質的な最終回ということも多いんですけれどね。まぁ、今までシャナは最終回がしっかりと最終回だったのですが、今回はどうなんでしょうか。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第23話 「神の夢」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第22話 「異邦人の夢」

Sha1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第22話 「異邦人の夢」です。

さて、シャナもいよいよ22話、残り少なくなってきました。残り2~3話でしょうか。

前回は、シャナの口から彼女たちフレイムヘイズたちの目的が語られました。

ただ、それが前々回の“笑謔の聘”ロフォカレとどう繋がるのか。『大地の四神』の恐怖を“徒”たちに植えつけるという目的とリンクしていると思われるのですが、ただロフォカレは断りましたからね。

そして、吉田さんはピンチに陥りましたが、あの爆破の結果はどうなったのでしょうか。まぁ、次回予告からある程度見えているんですけれどね。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第22話 「異邦人の夢」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第21話 「一つの理」

S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第21話 「一つの理」です。

さて、シャナもいよいよ21話、残り少なくなってきました。このペースだと24話ですか。

前回は、シャナがついに『大命詩篇』の断片を宝具『コルデー』に仕込んで打ち込みました。

一体それで何が変わるのかがポイントですね。ただ、それだけで終わりというわけでもなく、その後になにかありそうですね。そうでないと、フリーダーが動く必要がないですから。

次回予告からすると、いろいろな闘いが再開し、そして『約束の二人』が登場していました。どういう展開なのでしょうか。楽しみです。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第21話 「一つの理」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第20話 「世界の卵」

S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第20話 「世界の卵」です。

さて、シャナもいよいよ20話、残り少なくなってきました。寂しいですね。

前回は、シャナがやろうとしていることが少しずつ見えてきました。『大命詩篇』の断片を宝具『コルデー』に仕込んで打ち込もうというものです。一体それで何が変わるのかですね。

今週は、シャナと悠二の決戦その続きでしょうか。

次回予告からすると、“笑謔の聘”ロフォカレが、『骸軀の換え手』フリーダーと何かやっていますが、何なんでしょうか。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第20話 「世界の卵」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第19話 「彩飄が呼ぶもの」

S 灼眼のシャナⅢ-Final- 第19話 「彩飄が呼ぶもの」です。

急いで書いて、内容ボロボロだったので修正。(汗)

さて、シャナもいよいよ残り一ヶ月近くとなってきました。寂しいですね。

前回は、ラストバトルに向けての舞台配置というか、人員配置がなされたということでしょうか。その中でも特に『大地の四神』が強調されておりました。

今週は、シャナが突入して、いよいよ決戦開始です。

次回予告からすると、吉田さんがあれしてあれするということをサブタイトルとともにネタ晴らししていますね。本当にこのアニメのスタッフはどうしてこう配慮が無いんだろう?

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第19話 「彩飄が呼ぶもの」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第18話 「闘争の渦」(追記有)

S2 灼眼のシャナⅢ-Final- 第18話 「闘争の渦」です。

さて、またまた非常に忙しくなってきました。本日も出勤でございます。

それはそうと、最終回直前イベントがあるようです

前回は、いよいよ役者が揃ったって感じでしょうか。ちょっと隠された人物もいましたけれど。

今週は、「闘争の渦」ですか。先週の次回予告が、期待を持たせる内容だったので楽しみですが、「闘争の渦」の用語は実は原作では伏線(?)があるんですけれど、アニメ版では省略されているんですよね。

次回予告からすると、『星黎殿』に吉田さんがやってきて、いよいよ悠二の思惑が明確になるという感じでしょうか。それが「闘争の渦」とどう絡むのか。戦闘状態を表現する言葉ではありませんよ。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第18話 「闘争の渦」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第17話 「誰が為に」

S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第17話 「誰が為に」です。

さて、またまた非常に忙しくなってきました。泥沼の様相を呈してきていますが、目標は月中場に落ち着くこと。独り言です。(苦笑)

それはそうと、最終回直前イベントがあるようです

前回は、中休みっぽく見せて、実はもろもろの伏線が混じっていました。

今週は、「誰が為に」ですか。サイボーグ009を思い出したりして。

次回予告からすると、御崎市に戻るのかって感じですが、それともシャナたちが向かったニューヨークが舞台になるのか、並行で進むのか。どちらにしても、お久しぶりのキャラクターたちが登場しそうです。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第17話 「誰が為に」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第16話 「再び、戦いへ」

S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第16話 「再び、戦いへ」です。

さて、またまた非常に忙しくなってきました。なんでお客様は示し合わせたように動くんだろうか?

前回は、一区切りつきました。シャナとヴィルヘルミナたちは、キアラの手によって戦場を離れ、ゾフィー率いるフレイムヘイズ軍は、地下に潜りました。結果として、[仮装舞踏会]側の勝利ということですね。今後は「大命宣布」の実行へと突き進むことになるんでしょうけれど、今週はどういう展開になるのでしょうか。直接ぶつかる展開ではないでしょうけれど。

次回予告からすると、幕間っぽい感じもしますけれど。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第16話 「再び、戦いへ」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第15話 「雨中の敗走」

S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第15話 「雨中の敗走」です。

さて、やはりうちのブログでは、今シーズンもシャナのアクセスが圧倒的です。今週は、一つの区切りなので、また盛り上がるのでしょうか。

前回は、「大命宣布」ということで、悠二の考えが明らかになりました。それが全容かどうか、何か裏はないのかなども気になりますが、ひとまず"徒"たちと、フレイムヘイズ軍はそれを信じて、均衡していた闘いが一変してしまいました。敗走するフレイムヘイズ軍を率いるゾフィーに何か策略はありきやって感じでしょうか。

次回予告からすると、シュドナイとセンターヒル、そしてキアラって感じですが。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第15話 「雨中の敗走」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第14話 「大命宣布」

S1_2 灼眼のシャナⅢ-Final- 第14話 「大命宣布」です。

さて、一通り冬アニメも出揃いました。面白そうなのは、『Another』と『男子高校生の日常』でしょうか。

それはそうと、やはり秋アニメの継続版は面白いです。その代表格『灼眼のシャナⅢ-Final-』ですが、いよいよ「大命宣布」ということで、謎解きですね。悠二はなぜああいった行動を採ったのか。その秘密が明らかになるのでしょうか。

前回は、サブラク退場というショッキング(?)な出来事がありましたが、今週は今までの謎解きがメインになりそうです。後は、先週ちらちら顔見せしたメンバーの登場はあるのでしょうか。キアラが活躍すると嬉しいのですが。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第14話 「大命宣布」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第13話 「狭間へと、狭間から」

S 灼眼のシャナⅢ-Final- 第13話 「狭間へと、狭間から」です。

さて、正月の仕事も一段落ついた、のでしょうか?(汗)

恒例の正月跨ぎを挟んだ『灼眼のシャナⅢ-Final-』ですが、いよいよ後半に向けて、盛り上がってくるのでしょうか。

前回は、相も変わらずサブラク無双で終わりましたが、巻き返しはどうなんでしょう。そして、いよいよシャナと悠二の直接対決ということで、否が応にも盛り上がるというところですが、今週はいよいよ(?)あの人も登場するはずなので、期待が高まります。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第13話 「狭間へと、狭間から」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第12話 「誓いの言葉」

S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第12話 「誓いの言葉」です。

さて、今日もこれからお仕事です。といっても、持ち帰り。本当はよろしくないのでしょうが。

さて、先週は「だらっしゃー」がみんな持って行きましたが、なかなか熱くて面白かったです。デカラビアが不憫だったところを除けば。どちらにしても、原作ではちょっと間延びしていた部分も、上手く盛り上げてくれようとしているみたいです。未読の方も頑張ってください。(苦笑)

今週は、前半1クールのラスト。『灼眼のシャナII』一人で盛り上げたサブラク大先生の活躍でしょうか。先週の次回予告が、かなりネタバレしていましたけれど。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第12話 「誓いの言葉」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第11話 「聞こえる、想い」

S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第11話 「聞こえる、想い」です。

さて、今日もこれからお仕事です。年末~年始まで、あまり休みがなさそうな雰囲気です。困ったもんだ。ということで、さくさくと行っておきましょう。

さて、先週は『星黎殿』を地上に降ろし、決戦へという「交差点」作戦が発動しました。いよいよ、フレイムヘイズ側の反撃ですね。ゾフィー母さんの活躍とか早く見たいんですが、すぐは難しいかもね。

今週からは、原作準拠ですと、あぁなるンですがどうなんでしょうか。この3期はかなり原作準拠ですし。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第11話 「聞こえる、想い」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第10話 「交差点」

S1_2 灼眼のシャナⅢ-Final- 第10話 「交差点」です。

後半1クールのオープニングが決まったようです。川田まみさんの「serment」です。やはり、締めはまみさんですね。

さて、先週はようやくシャナが復活しました。というか、IIIになってから、一つも活躍していなかった気がするので、復活でもないですか。しかし、シャナのキャプはきちんと採れない。エンコ泣かせ。

いや、それを言い始めると、先週がようやく主要メンバーでの戦いらしい戦いの始まりって気がしますね。もう10話なのに。(苦笑)

さて、[仮装舞踏会]の目的はハッキリしていますね。ただ、フレイムヘイズ側は、『震威の結い手』 ゾフィー・サバリッシュが隠密行動を採っているので、目的が分かりにくいですね。ポイントは『星黎殿』です。

今週からは、原作準拠ですと、先週に引き続いて怒濤の戦闘が継続という感じですね。シャナはどう行動するのか。“嵐蹄”フェコルーはどうなったか。でしょうか。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第10話 「交差点」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第9話 「星黎殿へ」

S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第9話 「星黎殿へ」です。

さて、先週はいよいよ開戦ということで、燃え上がってきました。ただ、今週はみなさん映画ですかね。

ということで、10/8発売の原作最終巻『灼眼のシャナ XXII』読みました。感想も書きましたよ。

最終22巻の感想はここに書きました

さて、それぞれ陣営がそれぞれの想いで闘いを始めました。ひとまず、[仮装舞踏会]は時間稼ぎ、フレイムヘイズ側は、シャナ奪還というか防衛戦という感じでしょうか。

今週からは、原作準拠ですと、先週に引き続いて怒濤の戦闘編にという感じですね。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第9話 「星黎殿へ」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第8話 「開戦」

S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第8話 「開戦」です。

先週は、OPソングであるKOTOKOさんの『Light My Fire』の発売ですが、結果19位でした。かなり苦戦ですね。う~ん。まぁ、彼女の前作よりもずいぶん売れてはいるようですが。

ということで、10/8発売の原作最終巻『灼眼のシャナ XXII』読みました。感想も書きましたよ。

最終22巻の感想はここに書きました

さて、今週でやっと「開戦」ですね。ようやくここまできましたか。ちょっとワクワクします。って、別のアニメの感想でも書いたなぁ。(苦笑) やはり、アレだけ面子を揃えて顔見せしているンですから、早く始めてほしいですよね。

この後怒濤の戦闘モードになるんでしょう。このFinalは結構原作に準拠している感じもしますし。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第8話 「開戦」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第7話 「神門」

S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第7話 「神門」です。

今週は、OPソングであるKOTOKOさんの『Light My Fire』の発売日ですが、圧倒的に苦戦しています。最終ランク的には、恐らく15~20位ではないかと。やはり川田さんでないといけないのか。

ということで、10/8発売の原作最終巻『灼眼のシャナ XXII』読みました。感想も書きましたよ。

最終22巻の感想はここに書きました

さて、今週でやっと「神門」ですね。ようやくここまできましたか。予想では、ここまでを2~3話ですっ飛ばすと思っていたんですけれどね。ちょっと、まじめに原作通りやりすぎてだった感じがします。盛り上がりに欠けるというか。

この後がアレばかりになるんだし、そこに説明的な部分は割り込ませてもよかったんではと、今更ながらに思います。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第7話 「神門」感想行きます。

続きを読む

灼眼のシャナⅢ-Final- 第6話 「掌のなかに」

S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第6話 「掌のなかに」です。

先週はうちのブログでは、『灼眼のシャナ』がアクセス数トップでした。いや『RDG』には負けたんですが、アニメではトップでした。というか、海外からのアクセスが多いんですよね。以前からそうでしたが、翻訳ご苦労さまです。(苦笑)

ということで、10/8発売の原作最終巻『灼眼のシャナ XXII』読みました。感想も書きましたよ。

最終22巻の感想はここに書きました

さて、第5話では“祭礼の蛇”に囚われたシャナ、衰弱してしまったマージョリー、そして一人行動するヴィルヘルミナという感じでフレイムヘイズは手詰まりっぽく描かれていました。それに対して[仮装舞踏会]は前向きでした。フレイムヘイズの巻き返しがどうなるかですね。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第6話 「掌のなかに」感想行きます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ