藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[か]◆ギャラクシーエンジェル(アニメ・コミック)

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#13

Ga1 TOKYO MXだけの放送ですね。『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』第13話というか第13回、最終回です。

この「ア・ラ・カルト」に合わせて、ミントさんを描いたのでした

この夏のBlu-ray Box発売に合わせての名作選ということで、シリーズのそれぞれの枠から、何作かをチョイスして放映しています。

さて、今週は、最終回ということでファン投票で選ばれたベスト2話です。ということで、今週は、『ギャラクシーエンジェルA』からこの2本です。

・ギャラクシーエンジェルAA 「ピュルリク マジカルステーキ」
・ギャラクシーエンジェルA 「数珠つなぎ手打ちそばつなぎなし」

さて、あぁ、確かに最終回には「数珠つなぎ手打ちそばつなぎなし」はふさわしいかも。

ということで、今週も記事を書いておきましょうか。

続きを読む

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#12

Ga1 TOKYO MXだけの放送ですね。『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』第12話というか第12回です。外は暴風雨です。(汗)

この「ア・ラ・カルト」に合わせて、ミントさんを描いてみました

この夏のBlu-ray Box発売に合わせての名作選ということで、シリーズのそれぞれの枠から、何作かをチョイスして放映しています。

さて、ノーマル回は今週でラストです、ラストシリーズのXでもラストです。お名残り惜しいです。ということで、今週は、『ギャラクシーエンジェルX』からこの2本です。

・ギャラクシーエンジェルX 「のぞみかなえたまごとじ」
・ギャラクシーエンジェルX 「オールオッケーロケ弁当」

さて、伝説の最終回ですが、これでいいのかどうかは見てもらって。

ということで、今週も記事を書いておきましょうか。

続きを読む

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#11

Ga2 TOKYO MXだけの放送ですね。『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』第11話というか第11回です。昨日は、東京女子流のUST見ていて、書き忘れました。(汗)

この「ア・ラ・カルト」に合わせて、ミントさんを描いてみました

この夏のBlu-ray Box発売に合わせての名作選ということで、シリーズのそれぞれの枠から、何作かをチョイスして放映しています。

さて、先週からは、ラストシリーズのXです。お名残り惜しいです。ということで、今週は、『ギャラクシーエンジェルX』からこの2本です。

・ギャラクシーエンジェルX 「成りアガリクスダケ」
・ギャラクシーエンジェルX 「お守りそば」

そう言えば、最終回が決定したというのに、書いていませんでした。追加しておきますね。

ということで、今週も記事を書いておきましょうか。

続きを読む

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#10

Ga1 TOKYO MXだけの放送ですね。『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』第10話というか第10回です。

この「ア・ラ・カルト」に合わせて、ミントさんを描いてみました

この夏のBlu-ray Box発売に合わせての名作選ということで、シリーズのそれぞれの枠から、何作かをチョイスして放映しています。

さて、今週からは、ラストシリーズのXです。お名残り惜しいです。ということで、今週は、『ギャラクシーエンジェルX』からこの2本です。

・ギャラクシーエンジェルX 「非凡平凡 チョコボンボン」
・ギャラクシーエンジェルX 「貴女をおもゆ……」

Xの目玉は、なんと言ってもちとせだと思うのですが、そう言えば1話からは出てなかったんですね。

ということで、今週も記事を書いておきましょうか。

続きを読む

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#9

Ga1 TOKYO MXだけの放送ですね。『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』第9話というか第9回です。

この「ア・ラ・カルト」に合わせて、ミントさんを描いてみました

この夏のBlu-ray Box発売に合わせての名作選ということで、シリーズのそれぞれの枠から、何作かをチョイスして放映しています。

第1回のアクセスは、突出して多くその後順調に減っているようだったのですが、先週から今週にかけて、なんだか急にアクセスが増えています。12~3位辺りですか。まぁ、中間試験ウィークで、全体のアクセスが減ったためかもしれません。

さて、先週からAAに入ったんですが、この第9回で、はやAAも終了です。今週は、『ギャラクシーエンジェルAA』からこの1本です。というか、いつもが15分ひと枠だったのが、30分ひと枠になっただけですが。

・ギャラクシーエンジェルAA「Final dish REBECCA」前・後編

いきなりてれび放送での最終回ですね。

ということで、今週も記事を書いておきましょうか。

続きを読む

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#8

Ga2 TOKYO MXだけの放送ですね。『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』第8話というか第8回です。

この「ア・ラ・カルト」に合わせて、トップ絵をミントさんにしてみました

この夏のBlu-ray Box発売に合わせての名作選ということで、シリーズのそれぞれの枠から、何作かをチョイスして放映しています。

第1回のアクセスは、突出して多かったのですが、順調に減っているようだったのですが、まぁ大凡うちのブログでの週間順位20位ぐらいを往き来しています。

さて、第7回からは、AAに突入です。AAの見どころといえば、まぁ今回もエンディングでしょうか。ということで今週は、『ギャラクシーエンジェルAA』からこの2本です。

・ギャラクシーエンジェルAA 「新鮮 鯛づくし」
・ギャラクシーエンジェルAA 「糸ひき禁止の糸ひき納豆」

いきなりこんなところまで飛んでしまうんですね。もっと間に「ピュルリク マジカルステーキ」とか「サインはブイヨン」とか、面白いものも多いのになぁ。

ということで、今週も記事を書いておきましょうか。

続きを読む

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#7

Ga1 TOKYO MXだけの放送ですね。『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』第7話というか第7回です。

この「ア・ラ・カルト」に合わせて、トップ絵をミントさんにしてみました

この夏のBlu-ray Box発売に合わせての名作選ということで、シリーズのそれぞれの枠から、何作かをチョイスして放映しています。

第1回のアクセスは、突出して多かったのですが、順調に減っているようだったのですが、なんだか第5、6回でちょっと復活しました。なんでだろう?

さて、第6回からは、Aに突入しましたが、どうもチョイスの基準が分からないなぁ。ということで今週は、『ギャラクシーエンジェルA』からこの2本です。

・ギャラクシーエンジェルA「注文の多い寿司」
・ギャラクシーエンジェルA「棚からぼた餅ファミリーセット」

Aの最後としては、ちょっとチョイスに不満が。

ということで、今週も記事を書いておきましょうか。

続きを読む

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#6

Ga1 TOKYO MXだけの放送ですね。『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』第6話というか第6回です。

この「ア・ラ・カルト」に合わせて、トップ絵をミントさんにしてみました

この夏のBlu-ray Box発売に合わせての名作選ということで、シリーズのそれぞれの枠から、何作かをチョイスして放映しています。

第1回のアクセスは、突出して多かったのですが、順調に減っているようだったのですが、なんだか第5回でちょっと復活しました。なんでだろう?

さて、第6回からは、Aに突入ですね。ということで、『ギャラクシーエンジェルA』からこの2本です。

・ギャラクシーエンジェルA 「捜索おやじ風 創作おじや」
・ギャラクシーエンジェルA 「元祖エンジェルパフェ全部いり」

「捜索おやじ風 創作おじや」のサブタイトルがいいなぁ。内容とも珍しく合ってるし。

ということで、今週も記事を書いておきましょうか。

続きを読む

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#5

G2 TOKYO MXだけの放送ですね。『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』第5話というか第5回です。

この「ア・ラ・カルト」に合わせて、トップ絵をミントさんにしてみました

この夏のBlu-ray Box発売に合わせての名作選ということで、シリーズのそれぞれの枠から、何作かをチョイスして放映しています。

第1回のアクセスは、突出して多かったのですが、やはりそれはイレギュラーだった感じです。アクセスもなくなってきました。(苦笑)

第5回は、Zの最後のようです。『ギャラクシーエンジェルZ』からこの2本です。

・ギャラクシーエンジェルZ「恋の煮こごり純情包み揚げ」
・ギャラクシーエンジェルZ「ウェディングケーキ合体スペシャル」

いよいよ、好き放題やり始めたという感じの内容になっていますね。

ということで、今週も記事を書いておきましょうか。

続きを読む

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#4

Ga1 TOKYO MXだけの放送ですね。『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』第4話というか第4回です。

この夏のBlu-ray Box発売に合わせての名作選ということで、シリーズのそれぞれの枠から、何作かをチョイスして放映しています。

第1回のアクセスは、突出して多かったのですが、やはりそれはイレギュラーだった感じです。アクセスも落ち着いてきました。

第4回は、無印版が終わってZになりました。『ギャラクシーエンジェルZ』からこの2本です。Zから30分の放送になったんでした。

・ギャラクシーエンジェルZ「天使のチャレンジゼリートライアル」
・ギャラクシーエンジェルZ「筋肉隆々担担麺」

Zになったので、エンディングがいよいよテンコー版ですね。

ということで、今週も記事を書いておきましょうか。

続きを読む

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#3

Ga2 TOKYO MXだけの放送でしょうか『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』第3話というか第3回です。

この夏のBlu-ray Box発売に合わせての名作選ということで、シリーズのそれぞれの枠から、何作かをチョイスして放映しています。

実は、第1回のアクセスは、突出して多かったのですが、第2回はそれほどでもなかったです。まぁ、放映予定を調べたかった方がアクセスされているんでしょうかね。

第3回は、無印版『ギャラクシーエンジェル』からこの2本です。今回は名作ですね。

・ギャラクシーエンジェル「エンジェル缶詰ほうとう付き」
・ギャラクシーエンジェル「堕天使の暗黒宇宙茶漬け」

久しぶりに『ギャラクシーエンジェル』を見たためか、カラオケに行って「Eternal Love」を歌ってしまいました。名曲ですね。

ということで、今週も記事を書いておきましょうか。

続きを読む

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#2

Ga3_2 TOKYO MXだけの放送でしょうか『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』第2話というか第2回です。

この夏のBlu-ray Box発売に合わせての名作選ということで、シリーズのそれぞれの枠から、何作かをチョイスして放映しています。

実は、先週の記事はすごくアクセスが多くて、びっくりしました。冬アニメと比較しても「Another」クラスのアクセスです。先週うちのブログでは1番でした。

第2回は、無印版『ギャラクシーエンジェル』からこの2本です。今回は名作ですね。

・ギャラクシーエンジェル「遊園地名物にわとりコンポートミント添え」
・ギャラクシーエンジェル「ロストテクノロジーのローストビーフ」

自分としては、こうして普通に再放送してくれるのも嬉しいんですが、「ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト」と銘打っているんですから、せめてシリーズOPぐらい付けて欲しいところです。「Eternal Love」を主題歌にしてくれたなら、言うことなかったのに。

ということで、今週も記事をかいておきましょうか。

続きを読む

ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト#1

Ga1 TOKYO MXで始まりました『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』です。

この夏のBlu-ray Box発売に合わせて、ニコニコ動画で4/2~4/6で一挙放送をしていますが、TOKYO MXでも『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』として、4/2から1クール放送されます。

第1回は、無印版『ギャラクシーエンジェル』からこの2本です。

・ギャラクシーエンジェル「リゾート風幸運包み エンジェル仕立て」
・ギャラクシーエンジェル「ギャンブルポワレミルフィーユソース」

自分としては、暫くご無沙汰していたアニメに再びどっぷりと嵌まるきっかけとなったアニメでもありますし、21世紀のアニメキャラの中で、もしかしたらミントさんが一番好きかもということで、思い入れも人一倍です。

ただ、放送がブログが普及する前だったので感想を書いていません。そういうこともあって、とりあえず感想を書いておきましょうか。

続きを読む

「ギャラクシーエンジェル 3rd」vol.3~6

G コミックス「ギャラクシーエンジェル 3rd」vol.3~6です。

アニメで言うところの「ギャラクシーエンジェルる~ん」ですね。でも内容的には、巷でいう、というかゲームでは「ギャラクシーエンジェルII 絶対領域の扉/無限回廊の鍵」と言われるやつのコミックスです。

ゲーム版「ギャラクシーエンジェルII」の第三弾「永劫回帰の刻」が遅れるうちに、パチンコになったりと相変わらず忙しいギャラクシーエンジェルですが、コミックス版は先に完結です。

そう、この6巻が最終巻です。

ちょっとさぼっていたのですが、1巻の感想はこちらです

それでもって、2巻の感想はこちらです

続きを読む

ギャラクシーエンジェる〜ん「出現!ワルワルワる〜んエンジェル隊!?」

Elo0olkf ギャラクシーエンジェる〜ん「出現!ワルワルワる〜んエンジェル隊!?」です。

いよいよ最終回です。
残念だなぁ〜、って気があんまりしないのですが、最終回ぐらい見どころたっぷりのギャラクシーエンジェルであってほしいですね。
ということで、最終回行きます。

あらすじ:
リコちゃんがお休みのルーンエンジェル隊。今日はなんとロストテクノロジーの回収のお仕事。しかし、エンジェル隊は桃の形をしたロストテクノロジーの光に取り込まれてしまう。

一方リコちゃんは、姉のミルフィとお茶をしていた。その前に現れたのは、小悪党になったルーンエンジェル隊の面々だった。

寮に戻ったリコちゃんは、ルーンエンジェル隊の面々がロストテクノロジーを回収しようとして、おかしくなった事を知る。それを知ったリコちゃんは、みんなを心配して一人で紋章機に乗って、諸悪の根源と思われる桃の回収に向かう。

しかし、リコちゃんの前に立ちはだかったのは、悪の紋章機たち。絶体絶命のリコちゃんを救ったのは、ミルフィの紋章機「ラッキースター」だった。

こうしてリコちゃんとミルフィの姉妹タッグの力で、ロストテクノロジーは回収されず破壊され、宇宙に平和が戻ったのだった。

感想:
今回は結構面白かったんぢゃないかなぁ。

ルーンエンジェル隊のそれぞれキャラが活かされていて、分かりやすかったですね。こういうエピソードを最初からいれておけば、キャラがもっと早く立って良かったのではないかな。

あと、最初のころから散々やってきたリコちゃんの「おね〜ちゃ〜ん!」が最後になって実現しましたね。今までが伏線だったとするとなかなかだと思うのですがどうでしょう?

それと受けたのが、ナノナノのピンポンダッシュ、ではなくその間のナツメ姫のエアロビクスです。結構笑ってしまった。

でも一番面白かったところが、実はミルフィのぼけっぷりだったりするので複雑ですね。結局ミルフィのキャラにはルーンエンジェル隊が束になってかかっても敵わなかったということですから。

もう一つ、ルクシオールとかカズヤ・シラナミとか、原作のゲームや漫画を知らない人にはチンプンカンプンなネタをオチに使うのは、やめて欲しいですね。ミルフィのゲートネタもそうですが、アニメだけを見て分からないというのは、TVアニメとして失格だと思います。
きちんと事前に説明するか、OVAネタだと思います。

ということで、2期があるかどうか分かりませんが、きちんとゲームの筋をストーリー物でやってほしいなぁ。

あと、ミントさんの出番を増やして、ばーんとやっちゃってください(笑)。

ギャラクシーエンジェる〜ん「熱湯!コマーシャる〜ん」

3f2dn1zg ギャラクシーエンジェる〜ん「熱湯!コマーシャる〜ん」です。

いよいよ大詰めですね。
さて出て行ったのだめはどうなるって、番組が違いますがな。いつも のだめカンタービレ見ながら書いているので、のだめ面白いですね(汗)。
では、ギャラクシーエンジェる〜んいきましょうか。

あらすじ:
数億年周期で巡って来る温泉彗星。その調査に出かけたルーンエンジェル隊だが、彗星からのいきなりのCMに惑わされ、いきなり彗星に突入してしまう。

温泉彗星には具現化した接客用意識体がいた。この意識体にリコちゃんは、「温泉くん」と名づけ仲よくなる。

温泉くんは、色々とルーンエンジェル隊にもてなしをしてくれるが、温泉彗星は危険だとナツメ姫の艦隊が彗星を破壊にやってくる。 というのも、温泉彗星の恩恵に預かった星は、湯中りで滅んでしまうのだ。

事実を知ったルーンエンジェル隊は、紋章機で彗星を破壊しようとする。しかし、温泉くんを殺したくないリコちゃんが邪魔をしたことで破壊に失敗する。

リコちゃんのやさしさに触れた温泉くんは、自ら温泉彗星を反転させるが、無理な軌道修正で彗星は解体してしまった。

解体した彗星は流れ星となって、リコちゃんたちの星に降り注いだ。そして偶然にもその温泉は、ヴィラ・エンジェルの上に軟着陸していた。ルーンエンジェル隊は、温泉に入って楽しむ。

そして、リコちゃんは、数億年後の温泉くんとの邂逅を夢見るのだった。「それまで長生きしなくっちゃ〜!」

感想:
うん、悪くなかったですね。やっぱり、無理して初代と同じような展開にしなくても、しっかりと話を組み立てれば面白い話は作れるのだと思います。というか、藍麦はリコちゃんが主人公だったので気に入っているという噂が(爆)。

で、色々考えるに、初代のエンジェル隊って、キャラにもっとメリハリがあったんですよね。ずっとぼけているのはミルフィぐらいで、ナレーション役のノーマッドもいたし。(一番重要なのはミントさんですが)

でも、ルーンエンジェル隊はみんなボケるばかりで、なんだか雰囲気が似たキャラばっかり。これだと結構話にメリハリを付けにくいですよね。やっぱり、前半の5話ぐらいはキャラ立て用に、それぞれの話を作っておけば、って今ごろ言っても遅いですね。

で、今ごろカズヤ・シラナミが出てきましたが、今までに出てましたっけ?こんな感じでポンと出されても、ゲームや漫画を知らない人はさっぱり訳わかんないと思うんですけれど(汗)。

どちらにしても、次で終わりですか。
で、次回は「ワルワルワる〜んエンジェル隊」って、ひょっとして、初代に対抗して偽エンジェル隊で最終回ですか?(笑)

ギャラクシーエンジェる〜ん「的中!名探偵の推理ファイる〜ん」

C6i3vbpf ギャラクシーエンジェる〜ん「的中!名探偵の推理ファイる〜ん」です。

あのDVDのCM気になりますね。
KEEP OUTは本当に解除されるのでしょうか?
誰かご存じないっすか?
ということで、ギャラクシーエンジェる〜んです。

あらすじ:
ナツメ姫屋敷の使用人、スズキ1062号が何者かによって撲殺されてしまう。ルーンエンジェル隊は、早速犯人捜査に取りかかる。

捜査本部を取り仕切るリコちゃんは、アニスが屋敷の防犯カメラに写っていたことから、彼女が犯人ではないかと指摘する。そして、彼女が取調べを受けている最中に、姫の屋敷の庭で、別の鈴木がが何者かによって殺されてしまう。ただし、今度の死体は、綺麗な姿だった。

今度の殺害現場の防犯カメラには、リリィの姿が。そして、次々と容疑者の名前が上がるが、真犯人は見つからない。そして、二時間ドラマの女王カルーアが、犯人のセオリーはTVのキャスト表の3人目だと指摘する。

ところが、ギャラクシーエンジェる〜んのテレビ欄の3人目は、カルーアだった。テキーラが犯人だったのでは、と自白するカルーアだったが、次のスズキ殺しが。なんと、屋敷中のスズキが死んでいたのだ。

と、思ったら、実は実はスズキは殺されたわけではなく脱皮しただけだった。

しかし、夜の断崖には、脱皮したスズキの皮とともに1062号の死体を処理する、凶器のナツメ像を持つスズキの姿が。そしてその足の裏には、62を修正して1062にした跡があった。

感想:
う〜ん、ストーリーとかいう前に、絵がぐだぐだですね。
デッサンも何もあったもんじゃない。

とまぁ、それを置いておけば、今回はまだ良かったのではないでしょか。特に、る〜んオリジナルキャラであるスズキを使って、ギャグというか話を組み立てているのが良かったですね。スズキが大量に死んでいるシーンでは大笑いしてしまいました。

ところで、あの最後のオチを見逃した人も多いんじゃないかなぁ。最初に殺されたと思われた1062号は撲殺でした。本当に死んでいた訳です。次からの殺人は、脱皮で殺人ではありませんでした。

そして、スズキのトップである1062号と入れ替わった62号が犯人だったわけです。おまけに、キャラクターリストの3番目に62号を持ってくる工夫にもニヤリとさせられました。

でも、まぁやっぱり間のエピソードが弱いのは相変わらずでしたが。

で、次週は温泉ですか。サービスシーン満点らしいので、作画が立ち直ってくれることを切に祈ります。リコちゃんのところだけでもいいです(爆)。

ギャラクシーエンジェる〜ん「強襲!戦場のプロフェッショナる〜ん」

Sobs9piw ギャラクシーエンジェる〜ん「強襲!戦場のプロフェッショナる〜ん」です。

まぁ評判のいま二つよろしくないギャラクシーエンジェる〜んですが、7話のムーンエンジェル隊登場以降は持ち直しているようですね。
ということで、今回はどうでしょうか?

あらすじ:
ルーンエンジェル隊の先輩エンジェル隊に匹敵するような、とんでもない失敗の連続に軍の上層部は、エンジェル隊の再教育を決定する。

再教育に送り込まれたのは、伝説の男・サカエ教官。
再教育を嫌がるルーンエンジェル隊だったが、誰かが訓練項目で一つでもサカエ教官を破ればカリキュラムを終了するという条件を飲む。

しかし、サカエ教官は想像を遥かに超えた超人間だった。

サカエ教官を破るべく努力を続けるルーンエンジェル隊は、いつの間にか再教育カリキュラムをこなしていた。そして、ルーンエンジェル隊が、サカエ教官並みの強力人間になったころ、カリキュラムが終了する。

軍上層部は、ルーンエンジェル隊が強力人間になり今まで以上に手の付けられない状態になることを恐れ、彼女たちに有給休暇を与える。

某所に旅行に来たルーンエンジェル隊は、ひょんなことから男祭りに参加する。すると、そこに現れたのはサカエ教官だった。

教官とその生徒たちの運命の戦いが開始される。

感想:
今回は、ほとんど超人間サカエ教官の一発ネタですね。サカエ教官は良くあるネタとはいえ悪くないと思います。よそ様で書かれているほど、面白くないとは思わないですね。

でも、やっぱりストーリーというかエピソードというか、それがそれほど面白くない。それをパロディで逃げているのが気に食わない。なんで、最近のアニメは、すぐパロディに逃げるんだろう。ガンダムネタやエバのカヲルくんネタ、後なにげにいつも古いネタを出すナノナノのガンバネタとかをやる前に、話自体を面白くしてほしいなぁ。

さて、最近はアニスが主人公ですね。やっぱり動かしやすいキャラクタだからそうなるんでしょう。でも、やっぱり主人公はリコちゃんなので、もっとリコちゃんを動かして欲しいなぁ。

で、次回は家政婦は見たネタですか。
上手くやらないと、またサスペンス劇場のコードをなぞるだけの話になりそうな予感...。

ギャラクシーエンジェる〜ん「豪華!セレブのトラベる〜ん」

Josepscl ギャラクシーエンジェる〜ん「豪華!セレブのトラベる〜ん」です。

ギャラクシーエンジェる〜んって、GARって略しているんですが、これが一般的でしょうか?ゲームだとGAIIですよね。漫画だと、GA3ですか。
難しいですね。

あらすじ:
ミントさんに泥沼の借金があるアニスは、お金持ち、セレブになりたいと「ブロッコリー神社」で神頼み。

すると、どこかで聞いたことのある神様の声で、神社を出て最初に手にしたものが、望みを叶えてくれると御告げが。

アニスは、神社の外で拾ったわらしべを取っかかりに、ナノナノをつれて長者になりにフリーマーケットへ。そこで、強引な物々交換に成功したアニスは、大金を手に入れる。

さらにセレブになるべく、アニスとナノナノは旅行に出かけるが、ルーンエンジェル隊の面々は面白くない。やっぱり、後を追跡。

しかし、豪遊するプチセレブのアニスとナノナノに比べ、お金のないリコちゃんたちは、変なエステに捕まる。

一方アニスとナノナノは、セレブのパーティに参加して、セレブの階段を駆け上ろうとしますが...、結局、あと一歩でセレブを逃す。

そして、パーティを台無しにしたアニスには、ホテルからの修理請求書が。借金だけが増えて残ったのでした。

感想:
まぁ、今までに比べてまだ面白かったのでないでしょうか。

しかし、このスタッフ下ネタが好きですねぇ。下ネタ考えるのだったなら、もっとギャグとかテンポとか、間の採り方とか中途半端なところ、基本的なことを改善してほしい。
元祖GAがブロッコリーの思惑と違って暴走していったのは、結構有名な話だと思うのですが、中途半端は、GARではその轍を踏まないように縛りを強めているためでしょうか。でも、下ネタの方がよっぽどひどいと思うぞ。

うちの子は、ギャラクシーエンジェル好きなんだけれど、これは見せにくいなぁ(怒)。

それはそうと、今回の絵は結構癖が強かったですね。好きな人には問題ないのかもしれませんが、藍麦はちょっと受け付けませんでした。

と、ず〜っと書いてきていますが、なぜ毎週見てしまうか。きっと、あのすばらしいオープニングが見たいのと、ミントさんが出ないかなぁというのでつい見てしまうのでしょう。

ということで、ここまできたなら最後まで見るんでしょうね。

ギャラクシーエンジェる〜ん「恐怖!雨の日のコーる〜ん」

Wgflx_f9 ギャラクシーエンジェる〜ん「恐怖!雨の日のコーる〜ん」です。

うちのちびッ子は、先週のGARを見て大喜びでした。
特にちとせに大笑い。
でも、今週のは怖がって見ないだろうなぁ。
って、親子でGARを見ているなんてどんな家庭だ(汗)。

あらすじ:
ヴィラ・エンジェルでは、土砂降りの雨の日には、恐ろしいことが起こるという噂があった。

それは、以前寮に住んでいたIT企業の人間たちが、同様の土砂降りの日にみんな消えてしまったというのだ。

そうとは知らず、ルーンエンジェル隊のメンバーは、思い思いの休日を過ごしていた。しかし、彼女たちに「メリッサ」という正体不明の人物からメールが届く。そしてそのメールを受け取った人物の前に、怪奇現象が起こり始める。

まず、クーヘンの前に幽霊が現れ、そしてカルーアが消えた。そしてアニスとリコにも恐怖が迫る。

感想:
あ〜、今までに比べてしっかりしていましたね。でも、面白いか?
まじめに、ホラーをやった雰囲気だけれど、結局オチがついていないし(クーヘンとメリッサのことね)。絵が全然だし。

この手のネタは、しょせん本物には敵わない(最近では「ひぐらし」や「地獄少女」、「ゴーストハント」と佳作が揃っている)し、テイストで留めるならばどんでん返しでもない限り面白くはならない。

なので、結局何がやりたかったの?になってしまうんですよね。GARでやるなら、もっと各キャラをデフォルメした展開ができると思うし。

今までよりはましだったかな?というのが巷の評価のようですが、これも15分ネタですよね。

ところで、紋章機が発進しなかった気がしますが、初めてでしょうか?
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ