藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

アニメ[あ]◆うた∽かた(完)

うた∽かた 13話「初冬の双夏」

Msb7befc エウレカセブンがお休みなので、特別興行です。(^_^;

テレビシリーズは全12話でしたが、DVD用に新たに追加された、うた∽かた 13話「初冬の双夏」です。

「うた∽かた」は、そもそも藍麦がblogを始めた当初のネタで、そのころ思いっきりはまっていました。終了してから約7ヶ月ほど経ちますか。(とーい目) 今読み返すと、ずいぶん読みにくい書き方をしてますね。(^_^;

そういうわけなので、まず「うた∽かた」のおさらいです。

まず、データーから。
企画、原作 : gimik
シリーズ構成: きむらひでふみ
監督    : 後藤圭二
キャラデザ : 門之園恵美
制作    : ハルフィルムメーカー、バンダイビジュアル

あらすじ。
『鎌倉女子学園に通う中学2年生の女の子「一夏」は、一学期の最後の日に、鏡の世界から訪れた「舞夏」という不思議な女の子と出会う。一夏はそれをきっかけに、想い出の夏休みを過ごすことになるのだった。それは、「神精霊(ジン)」の力を使った『試し』と言われるつらく、そして少し心温まるひと夏の経験だった。』

てな感じですか?全体として、少女の成長物語になっています。14歳という(ぢつは年齢が合わないことに13話で気づいた[E:shock]入院してたのね)多感な年齢の少女の目を通して、人間の内側にある欲望やエゴなどを暴き、それに触れることで成長していく「一夏」を描きます。暗いです。

ただ、質の高い作画と、丁寧に書き込まれた鎌倉の風景、必要以上に詰め込まれた「萌え」の要素がそれを中和しています。でも、変に萌えアニメだと思わずに見たほうが、絶対楽しめ(落ち込め[E:shock])ます。

さて、前置きが長くなりましたが、13話「初冬の双夏」の話題です。

相変わらず、絵の質は高くきれいです。藍麦はDVDを手に入れられずストリーミングで見たのですが、十分楽しめます。

ストーリー的には、テレビ放送の後日談となっています。

あらすじ。
『両親の海外への引っ越しに同行せず、また、留学した誓もおらず、鎌倉に残った一夏。誕生日のクリスマス前、彼女のところに、友人から舞夏を見たとの情報が届きます。そして一夏と出会った彼女は、舞夏の双子の妹「舞冬」と名乗るのでした。』

的なことが、DVDの紹介に書いてありますが、「舞冬」は「舞夏」です。隠す必要もございません。舞夏の冗談なので、ネタばれにもならない。っていうか、全体にネタになるような出来事は、ほとんど起きません。

それでも、本放送を見ていた人は、十分に楽しめます。スタッフも本当はこういう終わりにしたかったんだろうなぁ。この13話を10分ぐらいに集約して最終回に入れていれば、かなり後味が違っただろうに。この方が藍麦は好きですし、最後の「春」のシーンに出てくる「うた∽かた」の言葉が心に響いてきます。

本放送が好きだった人は、ぜひ見ていて損はないです。なにげに見ていた人は、30分のためだけに買う価値はあまりないのではないかな。
ただ、また、不必要なサービスシーンは満点ですが。(爆) だって、わざわざ風呂に入ってから冬の海に遊びに行くやつは、あまりいないぞ。(大爆)(^_^;

うた∞かた最終話

ついに最終回「うた∞かた」です。
このアニメって、結局14歳の少女の成長物語だけれど、それを大人の「穢れ」とどう向き合っていくか自分の心の中でどうけじめをつけていくかっていうウツウツな切り口でこなしているものですよね。きっと年齢によってとらえ方はいろいろありそうだけれど。こういうテーマってエバなんとかと共通しますね。変に隠さずに堂々と臆面もなく作っているだけ、うた∞かたの方が偉い気がします(美少女アニメの仮面はつけてますが)。ただ、内省的な分、各話明快な終わり方をしなかったので、フラストレーションがたまるでしょうね。

しかし、最終回ぐらいもう少し派手にするかと思いましたが、地味でしたね。うたかたらしいというか。結局、一つの部屋から出ていませんし。その部屋で、人類滅亡の危機が争われていたのか。

でも、普通に考えると、自分以外の人類が消えてしまったなら生きていてもしかたがないと思うんだけれど。
まぁ、それはいいとして、もう少しひねってほしいな。もう使い古された、小学生でも考えそうなネタ(電話とか)使わないで。絵がきれいだったのでいいか。

とはいえ、評価が分かれる作品だろうなぁ。個人的には、自虐的な暗い作品は好きです。
[E:sad]

うた∞かた第11話

ああ、ガンダムSEED録画失敗した。
一夏の神精霊の残りも少ない「うた∞かた」です。ついに、舞夏がルールを破って一夏を助けてしまいましたね。どうやって助けたのかイマイチわかりにくかったけれど、決意のほどが伺えましたね。
それはさておき、今回の絵もレベルは高いのだけれど、あの変身コスチュームは、イマイチですね。ナマズに見えてしまいました。
[E:shock]

うた∞かた 第10話

しかし、ますます暗い「うた∞かた」です。思い悩むのはわかるけれど、あの崖のシーンはよくないなぁ。って、結局舞夏が突き落としたことになるのでは?
毎週のエンディングのイラストと変身コスチュームを描く人は誰がきめてんでしょうか。マイナーメジャーというか、一部で有名そうな人のようですが。そのおかげで、千葉テレビのWebページには、毎週のエンディングがストリーミングできますが。
それはさておき、神精霊の残り2個ですし、夏も残り少ないですが、この話って全何話?

うた∞かた 第9話

この間、なにげにチャンネル回して(死語)、絵がきれいだったので、なにげに見てます。「うたかた」は、関西だとサンテレビ放送なので、見ている人も少ないかな。
絵だけ見ているといわゆる萌え系なんだけれど、なんだかどんどん話が暗くなる。今回なんて主要登場人物皆不幸状態。う〜ん。(制作がHALだから?)
でも、ペースメーカーがおかしくなっると必ず胸を押さえるのは変だと誰も気づかないのかねぇ。比率的には、脳貧血を起こす確率の方が高いと思うけれど。

ところで、うたかたのエンディングのイラストは、ケロロ軍曹の原作の吉崎観音せんせです。何で??
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ