Lw01

Lostorage incited WIXOSS 04「再会/光明と混沌」です。

『Lostorage incited WIXOSS』ですが、前のシリーズの『selector infected WIXOSS』、『selector spread WIXOSS』はかなり好きで、映画版まで見て感想も書いていました。

『selector infected WIXOSS』シリーズの感想はここ

劇場版『selector destructed WIXOSS』の感想はここ

ということで、今回の『Lostorage incited WIXOSS』のシリーズも感想を書こうと思っているわけですが、前回の『selector WIXOSS』シリーズのシリーズ構成をしていた岡田麿里さんが抜けたこと、キャラクターデザインが自分の大好きな坂井久太(坂井久美子)さんでなくなったことが気になっています。

先週の第3話では、ブックメーカーという存在と、コインを全て失うと、ルリグとセレクターが入れ代わるのではないかということが提示されました。ただ、ルリグとセレクターが入れ代わっているのかは、言動を見ての状況判断なので、実際に何が怒っているのかは、まだ不明瞭ですよね。

今週は、どうやらブックメーカーを中心にお話しが進んでいくのでしょうか。

では、Lostorage incited WIXOSS 第四話「再会/光明と混沌」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていません。

あらすじ:公式から引用)引用できず

コインを失うとルリグとセレクターが入れ代わるのではと疑う穂村すず子と御影はんなは、その事実を確認すべく、ブックメーカーという人物を探すことにした。

ブックメーカーと出会ったすず子とはんなだったが、そこではんなは、ブックメーカーからある人物の名前を聞く。

Lw02

感想:

ということで、『Lostorage incited WIXOSS』 第4話「再会/光明と混沌」です。

第1話では穂村すず子ちゃん、第2話では森川千夏ちゃん、そして先週の第3話では再び穂村すず子ちゃんが、中心に描かれました。こういう風に交互に描かれるのかと思いきや、今週はすず子ちゃんを中心に二人の邂逅が描かれました。

さてさて、そんな二人が出会う切っ掛けになったブックメーカーですが、どうやらセレクターでもなんでもないようで、ただセレクターが苦しむのを見るのが好きだという感じですね。今後は、彼がキーマンになっていくんでしょうか。その楽しみためだけにやっているとは、どうも思いにくいのですけれど。

しかし、森川千夏ちゃんは、どうなんでしょう。既に記憶を少し失っているという雰囲気がありましたが、今週はどうやらすず子ちゃんのことを忘れたわけではないことがわかりました。想像するに、今の彼女の置かれた状況がすず子ちゃんに会いたくないというキモチに変わっていて、そのため二人の記憶を忘れたいと考えているように思えました。

お話しとしては、今週からスタートしたような感じですが、この先まだまだ泥沼になっていくのではという気がして、気になりますね。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/lostorage-inc-3.html