Ny01_2

夏目友人帳 伍 第四話「連鎖の陰」です。

ひさしぶりにやってきました『夏目友人帳』。前の感想をみますと2012年ですか。ということで、4年半ぶりなんですね。先週を見ますと、やはり間が空いたためか、ちょっと入り込むのに時間が掛かりましたが、雰囲気は昔のまま、優しい感じだったと思います。

『夏目友人帳』はざっくりいうと、普通の人には見えるはずのない妖怪(あやかし)が見えてしまう夏目 貴志。そんな彼は見えてしまうがために、関わり合う人々から疎まれていた。そんな彼が、祖母である夏目レイコの遺品「友人帳」を巡って、妖怪のニャンコ先生と知り合い、また学校の仲間と友達関係を築くうちに、心を開いていく様子を描くものです。

恐らくは、今までの無印と続、参と肆は変則2クールずつだったので、今回も変則2クールになるのではないかと思うんですがどうでしょうか。

先週は、的場の登場でした。どうやら的場は夏目を使って何かをしようとしているような感じです。祓い屋を狙う動きがあって、名取さんも狙われましたから、それに対してのこととも考えられますが、どうなのでしょうか。手紙の内容も気になりますね。

ということで、夏目友人帳 伍 第4話「連鎖の陰」感想行きます。

原作は既読です。最新刊は第21巻です。

あらすじ:公式から引用)

的場からの誘いを受けた夏目は、祓い屋の会合に参加する。しかしそこは、最近起きている祓い屋を襲う犯人をおびき出す為に開いた会合だった。犯人は祓い屋内に潜んでるらしく、夏目は素性を隠すため一門の式に変装をして犯人捜しを始めるのだった。

Ny02

感想:

夏目友人帳 伍 第四話「連鎖の陰」です。

手元に原作を抱えていないので、不確かな部分もありますが、今週は先週に引き続いて、原作の13巻「連鎖の陰」の後半部分だったと思います。

先週の前半部分については、かなり文句をいいましたが、今週も先週とスタッフがかなり被った状態で、やはりかなり残念な内容でした。ただ、作画だけを採れば、先週よりはましだった気がします。その分、演出的な構成がかなり残念な内容だったように思います。名取さんの式神が夏目を助けていたのも分かりにくかったですし。

このシリーズをどうまとめるのかはわかりませんが、的場が出てきて二話使いましたし、ラストの名取さんの締め方からすると、この話しは全体の軸になるようなものではないかと考えると、ますます残念でした。

それはそうと、今週はかなり的場一門についても名取さんについても突っ込んだ内容が語られました。そういう意味では、しっかりと内容は抑えておきたいところです。気になるのは、的場の右目と名取さんの左足の類似性でしょうか。的場から夏目への手紙に何が書かれていたのかも分かりにくいですし。

さて、次週は、今期の夏目でなぜかずっと温存されてきた(?)、多軌のエピソードですね。さらに、多軌については、色々伏線が張られていたので、次週が非常に楽しみです。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/102504-3f0e.html