Ny01

夏目友人帳 伍 第三話「祓い屋からの手紙」です。

ひさしぶりにやってきました『夏目友人帳』。前の感想をみますと2012年ですか。ということで、4年半ぶりなんですね。先週を見ますと、やはり間が空いたためか、ちょっと入り込むのに時間が掛かりましたが、雰囲気は昔のまま、優しい感じだったと思います。

『夏目友人帳』はざっくりいうと、普通の人には見えるはずのない妖怪(あやかし)が見えてしまう夏目 貴志。そんな彼は見えてしまうがために、関わり合う人々から疎まれていた。そんな彼が、祖母である夏目レイコの遺品「友人帳」を巡って、妖怪のニャンコ先生と知り合い、また学校の仲間と友達関係を築くうちに、心を開いていく様子を描くものです。

恐らくは、今までの無印と続、参と肆は変則2クールずつだったので、今回も変則2クールになるのではないかと思うんですがどうでしょうか。

先週は、原作の一つのエピソードを綺麗にまとめた内容でした。本当に良くできたエピソードで、ラスト部分では、2度見て2度泣けてきました。こういうエピソードが『夏目友人帳』の本筋だと思うのですが、今週はもう一つの『夏目友人帳』ですかね。

ということで、夏目友人帳 伍 第3話「祓い屋からの手紙」感想行きます。

原作は既読です。最新刊21巻は今月発売されました。

あらすじ:公式から引用)

ある日、祓い屋一門の頭首・的場静司から手紙が届き動揺する夏目。そんな時、若い祓い人が妖怪を封じる儀式に巻き込まれ、手紙を風で飛ばされて失くしてしまう。焦って手紙を探す夏目だったが、若い祓い人が持っていた小さな壺を見つける。壺からは禍々しい気配が漂い、このままでは封印が解けそうだと感じた夏目は、助けを求め名取に相談をする。

Ny02

感想:

夏目友人帳 伍 第三話「祓い屋からの手紙」です。

手元に原作を抱えていないので、不確かな部分もありますが、今週は原作の13巻「連鎖の陰」の前半部分だったと思います。時系列的には、第一話からどんどん原作を遡っている感じになります。ただ、このエピソードより前は、既にアニメ化されているので、遡るのはここで打ち止めですね。

さて、内容ですが、先週が素晴らしいできだったのですが、実はちょっと作画がいままでと変わっている感じがしていました。で、今週なのですが、これはちょっと酷いですね。顔が違うというだけでなくて、突然夏目の身長が伸びて名取さんを追い越したり入り口より背が高くなったり、またパース自体が狂ったりと構図から何からだめなので、恐らくコンテが間に合っていないのでしょう。ちょっと勘弁してほしいレベルでした。作画監督が7人の時点で破綻している気もしますけれど。

さて、あまりの作画にお話しが頭に入ってきていないのですが、今週は、宿敵(?)的場の登場でした。ただ、このエピソードの表向きの犯人は、どうやら的場とは別であるような描写があるので、どういう立ち回りをするのかなぜ夏目を巻き込むのかは、祓い屋の会合を待った方がよさそうです。

もう一つ気になるのが、先週今週と多軌の「禁術」と言われる能力の描写がチラチラあることでしょうか。それでありながら、多軌は一度も登場していませんから、何かの伏線だとは思われますね。多軌ファンには、かなり気になるところです。

さて、次週は今週を受けて祓い屋の会合となるわけですが、どうやら今週と同じスタッフのようなので、作画がかなり心配です。