Rw01

Rewrite -リライト- 第12話「滅びの歌です。

今週もしっかり、遅れてしまいました。

うちのブログでは、相変わらず『Rewrite』がアクセストップです。というか、後2話なので、ここまで来たら、夏アニメでは一番アクセスがあったということですね。 Keyの作品なのでゲームが、ベースにあって、ゲームのファンも多いということでしょう。Keyのゲームとアニメの親和性は高そうですし。

ということで、『Rewrite』は、Keyのゲームが原作です。ゲームは疎いので良く知らないのですが、リメイク版のゲームも出るみたいですね。ゲーム脚本も、田中ロミオさん、竜騎士07さんということで、有名どころの外部脚本のようですね。

先週の第11話は、ラストに向けて、色々な設定を整理していくというような内容でした。どうやら収穫祭が期限で、そこに向けてエピソードが集束していくという感じになっているようです。そして、「鍵」の存在が、ガイアにもガーディアンにもバレ、いよいよメインバトルが始まるという感じでしょうか。

ということで、Rewrite 第十二話「滅びの歌」感想行きます。

ゲームはやっていません。

あらすじ:公式から引用

次第に様子がおかしくなる篝。ルチアとちはやと合流した瑚太朗たちのもとに結界を破壊し地竜を連れたミドウがやってくる。

Rw02

感想:

Rewrite -リライト- 第12話「滅びの歌」です。

先週、収穫祭が期限だということが初めて提示されたように思いましたが、今週はいきなりといいますか、どこかで説明があったのかもしれませんが、その収穫祭になっていました。収穫祭がやってくるまでの時間の推移は、魔物使いのミドウがあのでかい魔物を操って森にやってくることで示されました。

で、結局ミドウの扱いは、瑚太朗たちにあまり時間がないことを示す役割でしょうか。それと、ガーディアン側がガイア側よりも先行していることを示す役割りなんでしょう。先に巨大な力を森に持ってきましたから。ただ、あのでかい魔物はどうやら、ガーディアン側の意識をそらすためのものというか、朱音ちゃんが瑚太朗たちを逃がすために場をかき乱すのに使った感じもしますね。

実際、先行していたガイア側にガーディアン側が追いついたときには、朱音ちゃんとの約束で、ミドウが瑚太朗を助けましたし。

ただ、よく分からないのは、ガイア側があの「滅びの歌」で「鍵」をコントロールでき、そして「鍵」の人類に大使の審判を待つつもりがないのならば、最初から「滅びの歌」を使えば良かったのではということです。まぁ、「滅びの歌」を使うと聖女は死んでしまうとかならば、篝ちゃんが「鍵」として降臨していることが明確にならないと使えないということなのかもしれませんけれど。

次週最終回ですよね。今週で静流ちゃんが合流しましたが、あと2回は必要な感じがしますが、回収されない伏線は何があるんでしょうか。

・瑚太朗の右手とルチアちゃんの身体に埋め込まれた篝ちゃんのリボンの秘密

・瑚太朗の記憶

・タイトルになっている「Rewrite」能力の意味

・オカ研の復興

・人類の未来

絶対にやらないといけないのは、これくらいでしょうか。間に合うのかな?