Kbm03

このにはがある 第10話「思い出のターコイズブルー/宇佐美塾/バスターかおり」です。

このアニメは、夏アニメの日常枠(?)との認識です。原作漫画を読んでいるのですが、美術漫画というよりは、日常ギャグ漫画という感じですね。今までのお話しでも、そういう感じでしょう。良くも悪くも。

のんびり楽しく見れています。

先週の第9話は、久々に三本興行でした。三本になったことで、ちょっと幕間的なお話しだったような感じがします。。

Aパートは先週の続編、Bパートは先々週の続編ということで、確かに幕間的な感じだった気もします。さらに、Cパートは部長メインのお話しということで完全に番外編でしたから。いや、実は少女がメインだったのかもしれませんが。

ということで、この美術部には問題がある! 第十話「思い出のターコイズブルー/宇佐美塾/バスターかおり」感想行きます。

原作漫画は既読です。最新6巻は、6月に発売されました。

あらすじ:公式から引用

Aパート:思い出のターコイズブルー

まだ宇佐美さんと内巻くんが出会ってまもない頃のお話。宇佐美さんは武田先生から生徒会に立候補しないかと勧められる。まったく乗り気ではない宇佐美さんであったが、武田先生の勢いにおされ、なかなか断れずにいると…

Bパート:宇佐美塾

テストの点数が悪かった内巻くんとコレットさんは、夢子先生から週明けに特別テストを受けるように言われてしまう。もしそのテストもダメだった場合、部活 にも出れなくなるかもしれないと不安になる内巻くんであったが、それを阻止すべく宇佐美さんは勉強合宿を提案するのであった。

Cパート:バスターかおり

かおりが隠し撮りした写真には、仲良さそうな内巻くんと伊万莉さんが写っていた。宇佐美さんの恋路を心配するかおりは、さやかと涼子が止めるのも聞かず、伊万莉さんを尾行することに…

Kbm02_2

感想:

この美術部には問題がある! 第10話「思い出のターコイズブルー/宇佐美塾/バスターかおり」です。

今週も先週に引き続いて三本興行でした。

「思い出のターコイズブルー」、「宇佐美塾」は原作ですと第5巻でした。ただ「バスターかおり」って、オリジナルでしょうか。少なくともコミックスになっている部分にはないですよね。

今週は何か通してのテーマがあったのでしょうか。先週は、メインの流れに過去に一同登場したサブキャラが絡むネタでした。それを考えると、「思い出のターコイズブルー」が1年生のとき「バスターかおり」がまりあちゃんがやってきた辺りで、どちらも過去だったあたりが共通でしょうか。

あと共通しているのは、宇佐美ちゃん可愛いですかね。(適当)

ところで、見たけれどやっぱり「バスターかおり」って、オリジナルですよね。でも結構なじんだ感じだったので、作者が監修しているのかな?小ネタ拾ったわけでもない気がするけれど。初見の感じだったので、他の2本よりも面白く見れました。