Rw01

Rewrite -リライト- 第10話「ただ、友としてです。

うちのブログでは、相変わらず『Rewrite』がアクセストップです。うちのブログでは、もう夏アニメで一番人気でいいんでしょう。というか、 Keyの作品なのでゲームがベースにあって、ゲームのファンも多いということでしょう。Keyのゲームとアニメの親和性は高そうですし。

ということで、『Rewrite』は、Keyのゲームが原作です。ゲームは疎いので良く知らないのですが、リメイク版のゲームも出るみたいですね。ゲーム脚本も、田中ロミオさん、竜騎士07さんということで、有名どころの外部脚本のようですね。

先週の第9話は、小鳥ちゃんの様子が描かれる回でした。小鳥ちゃんは「宿り木」で継承されるドルイドの力を受け継いだ「魔物使い」ということですか。彼女はどうやら鍵を守る役目を負っているようです。

一方、瑚太朗は、小鳥ちゃんの封印された庭を訪れることになります。そして鍵は篝ちゃんだということも分かり、瑚太朗と篝ちゃんは、再び小鳥ちゃんの元に身を隠すことになりました。

ということで、Rewrite 第十話「ただ、友として」感想行きます。

ゲームはやっていません。

あらすじ:公式から引用

小鳥と再会し、小鳥と篝の秘密を知る瑚太朗。そんな中、結界を壊し秘密基地へ侵入してくる者が現れる。

Rw02

感想:

Rewrite -リライト- 第10話「ただ、友として」です。

鳳 咲夜に小鳥ちゃんの庭を発見されたことから始まりますが、なぜか咲夜は、瑚太朗たちの仲間になるところから始まります。ガイアでありながらも、友情を採ったということですね。元々ちはやもガイアっぽくない動きをしていましたし。

そしてその友情の流れは、朱音ちゃんからルチアへと繋がって行きます。オカ研の活動は止まってしまい、バラバラになったように見えますが、実はキモチは繋がったままだったという感じでしょうか。

今週の様子からもう一度「鍵」について整理しておくと、鍵は「判定者」ということでいいんでしょうか。人類を存続対象とするか滅亡の対象とするかを決めるということですね。ガーディアンは、人類を守るためにその鍵を討伐対象とする、そしてガイアは地球をやり直すために保護対象にするということですか。

ただ、今週の様子を見ると篝ちゃんは、人類を滅亡の対象とは見ていない感じですよね。その場合には、どうなるんでしょうか。鍵の生まれ変わりを促すために、保護対象としていたガイアからも討伐対象とされるんですかね。

しかし、前にコメントでも予想をいただきましたが、瑚太朗の右手は篝ちゃんに再生されたものっぽいですね。なので、反応するし、今週はその右手に残る記憶が流れ込んだと。

一方、ルチア委員長はどうなったんでしょうか。崖オチは、死んでいないというのがパターンですが・・・。

それにしても、今週は絵が綺麗だった。このペースでラストまで行ってほしい。