Am02

あまんちゅ! 第8話「秘めた思いのコト/まだまだ知らないコト」です。

『あまんちゅ!』は『ARIA』の天野こずえさんのコミックスが原作のダイビング、日常学園アニメです。総監督は、アニメ 『ARIA』シリーズと同じ佐藤順一さんですね。佐藤さんは、その後も『たまゆら』シリーズなどもやっておられて、スローな優しいアニメをやられてきた方です。恐らくは、今回もそういう形になるかと思います。

ちなみに、原作版の『あまんちゅ!』の感想はここ

アニメ版の『ARIA』の感想はここ

ということで、『ARIA』も『たまゆら』も大好きで、原作も追いかけてきましたので、当然アニメ版『あまんちゅ!』も行きますよ。この夏アニメでは、一番楽しみにしています。

先週は、第七話ということで、資格取得の続きかと思いきや、真斗先生のモノローグで進む、おまけ話という感じでした。ARIAのころからやっているメインのストーリーには関係なくおまけ的なちょっと不思議とかハートウォーミング的なお話しですね。

今週は、メインの軸のお話し進むのでしょうか。

では、あまんちゅ! 第八話「秘めた思いのコト/まだまだ知らないコト」感想行きます。

原作は既読です。全巻持っています。最新巻は、7月、9月と刊行です。7月の10巻はドラマCD付特装版を買いました。ただCDは上下なので、9月の11巻に付いてくる下巻を買ってから聞こうかな?

あらすじ:公式から引用

足癖の悪い姉の愛に振り回される弟の誠は、姉の将来が心配でならない。ところが、愛の下駄箱で一通の手紙が見つかったことで、誠の知らない姉の一面が……。

一方、姉は姉で、物を片付けられない悪い癖を持つ弟の将来が心配でならない。ところが、散らかった誠のロッカーには愛の知らない一面が……。

ぴかりが知るてこの悪い癖は、イヤな事から逃げてしまうこと。体力測定に気乗りせず、最後の持久走を走る前からやりたくないとイヤがるてこに、ぴかりはひとつアドバイスをする。そして頑張るてこに、ぴかりは知らない一面を発見するのだった。

Am01_2

感想:

ということで、あまんちゅ! 第8話「秘めた思いのコト/まだまだ知らないコト」です。

先週が真斗先生のモノローグで進むSpecial Editionという感じだったので、今週はメインのお話に戻ってくるのかなと思いきや、別視点のSpecial Editionでした。

ということで、今週もダイビングのお話はなし。まぁ、もともとダイビングアニメというわけではなく、原作でも「日常ときどきダイビング。」がキャッチフレーズですから、今は日常に重心がかかっている感じでしょうか。

その今週のAパートは姉ちゃん先輩のことを見直すお話し。原作3巻ですね。なかなか、楽しくできていたと思います。で、後半Bパートは、いきなり飛んで原作6巻のお話しです。でもつながったお話でもなく、もともともっと前にあるべきお話しだったので、ここでやるのは良かったと思います。運動が苦手だと信じて疑わない(?)てこちゃん。そんなてこちゃんですが、ぴかりちゃんには、運動が苦手にはみえなくって・・・というお話し。

先週と今週のSpecial Editionについては、モノローグがてこちゃんではありませんでした。メインのお話しはてこちゃんなので、てこちゃん以外のモノローグだと余談になりますね。次週は、てこちゃんのお話っぽいので、モノローグもてこちゃん一人称に戻りますか。

おそらくアニメのラストは、原作5巻のてこちゃんメインの連続話しかと思ったのですが、この調子だと恐らく4巻のラストの方かもって思えてきました。次週が恐らく2巻ラストのお話でしょうから、あとエンディングからすると「ちゃ顧問」と「お姫」のお話があるでしょうし、ダイビングもあるでしょうし。