Am01

あまんちゅ! 第5話「仲間と初めての海のコト」です。

『あまんちゅ!』は『ARIA』の天野こずえさんのコミックスが原作のダイビング、日常学園アニメです。総監督は、アニメ 『ARIA』シリーズと同じ佐藤順一さんですね。佐藤さんは、その後も『たまゆら』シリーズなどもやっておられて、スローな優しいアニメをやられてきた方です。恐らくは、今回もそういう形になるかと思います。

ちなみに、原作版の『あまんちゅ!』の感想はここ

アニメ版の『ARIA』の感想はここ

9巻の感想を書き忘れてますね?映画版のARIAも。どこかで補てんしよう。

ということで、『ARIA』も『たまゆら』も大好きで、原作も追いかけてきましたので、当然アニメ版『あまんちゅ!』も行きますよ。この夏アニメでは、一番楽しみにしています。

先週は、第四話ということで、てこちゃんとぴかりちゃんがダイビング部に入部して、活動を開始していくお話しでした。

前半は、海でダイビングするぴかりちゃんと、それを見ながらダイビングの魅力について考えるてこちゃんという感じでお話しが進みました。そして、二人はその海である人たちと出会いました。それは今週に続くということですね。

後半は、学校のプールでダイビングの実技をする展開でした。初めてのダイビングでてこちゃんがパニックになる様子と、バディと協力してそれを乗り越えると いう展開でした。

そして今週は先週を受けて部活に本腰ですね。

では、あまんちゅ! 第五話「仲間と初めての海のコト」感想行きます。

原作は既読です。全巻持っています。最新巻は、7月、9月と刊行です。7月の10巻はドラマCD付特装版を買いました。ただCDは上下なので、9月の11巻に付いてくる下巻を買ってから聞こうかな?

あらすじ:公式から引用

体力をつけるため、てこはぴかりと一緒にジョギングをすることに。

そんな中、海女人屋でダイビングを見学したときに出会った愛と誠が、部の先輩であることが判明。しかも、部室に無断侵入した新入部員を絶対に許せない!と、愛が激怒しているのを知って恐怖するぴかりとてこ。怒りに我を忘れて追ってくる愛! 

その怒りを静めるためにとったぴかりの行動! 

それらすべてはまたしても、てこにとっては知らない世界の出来事だ。しかし、それは大切な出会いでもあった。

Am02

感想:

ということで、あまんちゅ! 第5話「仲間と初めての海のコト」です。

今週は、先週の海のダイビングでの出会いを受けて、本格的に部活動が始まる展開でした。そう、海で出会ったのは、姉ちゃん先輩と弟先輩だったのですね。今週は、ぴかりちゃんとてこちゃんが、二人と出会って、お互いにダイビング部員になることを知ってという感じでお話しが進みました。

実際には、先輩後輩がお互いを認識したというだけなんで、特になにが起こったということではないんですが、すごく面白かったです。ひとまずこれで出揃ったメンバーの性格などの紹介が終わって、ここから本格的に物語りの展開ですね、というほど特になにか大きなエピソードが起きることはないと思います。

物語りを見ているとわかるように、エピソードは、てこちゃんの成長物語りとしての軸を持っていますよ。そのてこちゃんがここに引っ越してきたときには落ち込んでいましたが、今ではすっかりまじんでいます。ただ、冒頭で見ていたメールのお話しなどがまだ解決していないので、その辺りがダイビングエピソードと交差するてこちゃんの成長物語りというもう一つの軸のエピソードとして提供されるのでしょう。

それにしても、今週はなんだかテンポが良くってすごくおもしろかったですね。今までと同じように特に何が起きるというわけではないのですが、今までのてこちゃん視点よりも少し外側からの視点が多かったのでしょうか。

それでも、ラスト付近のてこちゃんのはずかしいセリフ禁止部分は良かったです。