Kk01

甲鉄城のカバネリ 第三話 「捧げる祈り」です。

今週はゴールデンウィークなので、感想を書く時間が朝から採れるということで(予定ないのかw)、早々に書いておきます。

さて、恐らくこの春アニメのうちのブログの感想で一番重い内容になるであろう『甲鉄城のカバネリ』です。実はこのアニメを見ようと思い始めたのは、はっきり言って歌なんですね。主題歌がEGOISTですし、音楽が澤野さんですから。

ということですが、製作スタッフは『進撃の巨人』のメンバーですね。監督は『ギルティクラウン』や『進撃の巨人』の荒木哲郎さんですか。ただ、荒木さんは自分にとっては、『ギャラクシーエンジェル』の人なんですけれどね。

そしてPVを見たり、先行上映会の評判を聞くと、なかなか好評価だったので、かなり期待していました。まぁノイタミナなので、そんなに悪い出来にはならないと思うのですけれどね。

先週の第二話は、甲鉄城に乗って顕金駅を出発するというエピソードでした。先週わかったこととしては、「カバネ」は「屍」から来た名前で「死」を知らない屍だから「カバネ」といい、そして無名ちゃんと生駒が「カバネ」にではなく「カバネリ」ということのようです。

ということで、甲鉄城のカバネリ 第3話 「捧げる祈り」です。

オリジナルアニメです。先行上映会は見ていません。

あらすじ:公式から引用

顕金駅を脱出した甲鉄城は、幕府の要害――金剛郭を目指す。
しかし、甲鉄城の人間たちは早くも内部対立し、生駒たちカバネリを追い出そうとする。
急遽リーダーになった菖蒲にそれを治める力はなくて……。

Kk02

感想:

ということで、甲鉄城のカバネリ 第三話 「捧げる祈り」です。

今週は甲鉄城に乗って顕金駅を出発した人間たちの様子が描かれました。というか、あまり人間たちの様子ということもなく、その人間たちの中で、生駒と無名ちゃんがどういう立場に置かれたかということが描かれた感じですか。

どうやら、生駒と無名ちゃんは身体的には「カバネ」であり、そして人間たちの中での立場も「カバネ」だったということでしょうか。人間たちを救ったにも関わらず、人間たちは彼らを「カバネ」として恐れ殺そうとするわけですね。ただ、それを理不尽と感じるのは視聴者で、恐らく一般の人間たちには、恐れ遠ざけるしかしようがないということでしょう。

とはいえ、それを余儀なくされた生駒と無名ちゃんも戸惑うばかりで、何かするわけでもなく、一方人間たちも大きな行動に出るわけでもなく、すこし展開的には停滞した週だったように思います。

それでも、菖蒲ちゃんたちと、生駒と無名ちゃんが一緒に行動するためには避けることはできないエピソードではありますね。難しい。生駒の妹のエピソードは、伏線かなぁ。そういう仕込みはあまりやらなそうなアニメに思えますが。

さて、生駒と無名ちゃんは身体は「カバネ」なわけですから、食生活も「カバネ」なようですね。そしてあの行動を見ると、生駒はお腹がすくとより「カバネ」になってしまう感じでしょうか。まだ、「カバネリ」になって時間が経っていないからかもしれませんが。

次週は、その辺りの解決策が示されて、甲鉄城がまとまる感じなんでしょうか。そうすると、二週に分けてやるほどでもないかも。

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/04/kaba-3.html