Um01

うたわれるもの 偽りの仮面 第25話「意志を継ぐもの」です。

秋から2クールのアニメである『うたわれるもの 偽りの仮面』ですが、1クールの間は特に大きな展開はなく、日常パートを繰り返すという感じでした。それでも、2クール目からはいよいよ戦争が始まりま したが、後一話でどうまとめるつもりなのでしょうか。

さて、元々人気があって有名だった『うたわれるもの』の続編なのですが、前作からの続きではないということでした。ただ、実際は『うたわれるもの』 三部作の第二部という噂もききますので、前作を見ておかないといけなかったのかなという気もしています。なので、ちょっと旧作をみています。まぁ、世界が同一ということだけは確かなようですが。

ということで、先週は、ミカドの意思を継ごうするオシュトルとミカドの後を継ごうとするヴライとの決戦でした。ヤマトという国を守ろうという考えはどうやらずれてはいないように思えますが、その方法が違うということでしょうか。

今週は最終回ですが、いったいどうまとめるのでしょうか。

ということで、うたわれるもの 偽りの仮面 第25話最終回「意志を継ぐもの」感想行きます。

前作(『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』)は10話まで見ましたが中断しています。ゲームは、やっていません。あらすじは、公式から引用します。

あらすじ:公式から引用

ハクは死んだ――オシュトルの口から語られた真実がクオンを打ちのめす。それは同時にクオンにとって、この旅の終わりを意味していた。

別れも告げず去っていくクオンをネコネはただ黙って見送ることしかできなかった……

Um02

感想:

ということで、うたわれるもの 偽りの仮面 第25話「意志を継ぐもの」です。

サブタイトルが「意志を継ぐもの」ですが、先週までを見ていると、オシュトルがミカドの意志を継いで、ヤマトという国を守ろうという展開かなという気もします。もちろんその意味もあったようには思えますが、実はハクがオシュトルの意志を継ぐということなのですね。

ということで、結果として「おれたちの闘いはこれからだ」エンドになったようにも思えますが、まるまる2クール使ってこれはどうよという気もします。1クールでここまで持ってきて、タイトルを回収して「偽りの仮面」をつけたハクがどう生き抜くかを残りの1クールでやるというのが良かったのではという気がすごくします。

姫殿下を殺そうとした犯人も分かっていないですし、この世界の秘密、恐らくは今週クオンちゃんが訪れた場所の秘密も分かっていないですから、何もかも終わっていない感じですよね。

どうやらゲームでもここで終わりのようですから、三部作の第三部に続くなんでしょうけれど、アニメでは続編の告知もなかったですね。そうなると、ゲームをやった人向けのアニメという感じさえします。

ということで、色々と不完全燃焼の最終回でした。