Hc01

ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ #12「共鳴トライアングル」です。

さていよいよ最終回ですが、橋本環奈&セクゾン佐藤勝利で実写映画化も決まった『ハルチカ』です。映画だと原作の形態でやるのは難しい気が。恐らくキャラ設定と、ミステリ部分だけを使うのかなと思います。

さて、『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』は、ミステリ小説が原作です。元々その原作のファンということもあったので、アニメを見ることにしま した。そういうことなので、実はアニメが始まる前から、小説の感想を書いていますので、参考までにそのリンクを貼っておきましょう。

原作の『ハルチカ』シリーズの感想はこちら

この『ハルチカ』シリーズの内容を簡単に説明しますと、主人公の穂村 千夏(チカ)と、幼なじみの上条 春太(ハルタ)の所属する弱小吹奏楽部が、吹奏楽部の甲子園・普門館(全日本吹奏楽コンクール)出場を目指す青春小説である一方、校内で起こる事件(日常 の謎)を解決する学園推理小説でもあります。

”ハルタ”と”チカ”で『ハルチカ』というわけですね。

先週の第十一話「エデンの谷」は、原作の第四巻の『千年ジュリエット』からのエピソードでした。恐らくは、ラストを草壁先生をテーマにして収めたいという思いもあって、先週は「エデンの谷」を持ってきたんでしょう。実際原作の『空想オルガン』は草壁先生をテーマにしたお話しですし。

ということで、ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ 第12話最終回「共鳴トライアングル」感想行きます。

原作小説は、単行本になっていない短編を除けば、全作既読です。ハードカバーで買っているほどのファンです。ネタバレは、ミステリなので厳禁のつもりで感想書いていきます。

あらすじ:公式から引用

大会まで一週間を切り、気合だけは充分のチカ。しかし、ある日の練習帰り、草壁が交響楽団の男たちと会っているところを、ハルタと一緒に目撃してしまう。 指揮者としてオファーを受けたのではと、推測するハルタ。それを知り、落ち込むチカだったが、芹澤から檄を飛ばされて持ち直す。

一方、片桐をはじめ何も知らない部員たちは、今までのお礼も兼ねて、草壁に新しいタクトをプレゼントしようと考えていた。楽器店からの帰り道、自宅とは異なる方へ向かう草壁を見かけたチカとハルタは、思わずそのあとを追うのだった。

Hc02

感想:

ということで、ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ 第十二話最終話「共鳴トライアングル」です。

予想通り最終回の十二話は、オリジナルエピソードでした。

これから原作を読まれる方もいらっしゃると思うので詳しくは言えないのですが、元々原作でこの位置に嵌まって来る作品は、ちょっとイレギュラーなものですから、アニメの最終回にするには合わないでしょう。そのため、ラストはオリジナルエピソードになるんだろうなと思ったのですが、その通りでした。まぁ、オリジナルというかあれですが。

最終回としては、今までの伏線をさらった形で、草壁先生の過去をキーにして、さらには芹澤直子ちゃんの立ち位置に決着をつけ、コンクールも結果が出るということでうまくまとまっていたと思います。

ただ、見せ方としてラストをああいう形で映画的にまとめる必要はなかったんではないかなぁ。もっとあっさりとするか、演奏シーンにするかしても良かった気がします。吹奏楽としては、芹澤直子ちゃんが言い訳してましたが、ベースがない中であっさりと東海大会まで行ってしまったので、少し残念ですよね。

まぁ、最後にご贔屓の芹澤直子ちゃんの素晴らしい作画があったのであまり強くは言いませんが。

総括すると、終盤になってキャラクターを一人歩きさせるようになって面白くなった気がしますが、ちょっと勢いが付くまで時間が掛かりすぎたように思います。ミステリを軸にして、色々な要素が盛り込まれた作品だったので、欲張ってしまったのかもしれません。

原作はまだ続いてますので、2期までなら作れないこともないと思いますが、ハルチカの活躍は少し控え目になるので、あるとすればOVAかな?