Um01

うたわれるもの 偽りの仮面 第24話「覇者たるもの」です。

秋から2クールのアニメである『うたわれるもの 偽りの仮面』ですが、1クールの間は特に大きな展開はなく、日常パートを繰り返すという感じでした。それでも、2クール目からは、いよいよ戦争が始まりま したが、どちらかというとヤマトの内紛がメインのようですね。

さて、元々人気があって有名だった『うたわれるもの』の続編なのですが、前作からの続きではないということでした。ただ、実際は『うたわれるもの』 三部作の第二部という噂もききますので、前作を見ておかないといけなかったのかなという気もしています。なので、ちょっと旧作をみています。まぁ、世界が 同一ということだけは確かなようですが。

ということで、先週は、オシュトルと毒に侵されたアンジュ姫を救おうとするハクとクオンちゃん、そしてその仲間たちが奮戦するというものでした。ハクはオシュトルを囮としてアンジュ姫を逃がそうと大門をめざし、クオンちゃんはアンジュ姫を連れて、当初のもくろみ通り船に乗りました。

しかし、ハクとオシュトルの前にはヴライが立ちはだかってというところで今週です。

ということで、うたわれるもの 偽りの仮面 第24話「覇者たるもの」感想行きます。

前作(『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』)は10話まで見ましたが中断しています。ゲームは、やっていません。あらすじは、公式から引用します。

あらすじ:公式から引用

ハクたちの前に立ちはだかったのは八柱将最強の男ヴライだった。オシュトルを討ち、ミカドの意志を継ごうとするヴライ。自らの志を貫かんとするオシュトル。

仮面の男たちの最大最後の決戦の幕が切って落とされた。

Um02

感想:

ということで、うたわれるもの 偽りの仮面 第24話「覇者たるもの」です。

サブタイトルが「覇者たるもの」ですが、よくわからないサブタイトルですね。統治者としての覇者であればミカドのことなのでしょうから、ミカドを継ぐ者という意味になるのでしょうか。いや、それなら今までに習って漢字のサブタイトル「覇者」でいいわけで、「覇者たるもの」ということは、例えばヴライが覇者となるには当然オシュトルを倒せないといけないという意味なんでしょうか。

などと考えながら見ていたわけですが、結局このアニメが2クールかけてやりたかったことが未だによくわからないんですね。『うたわれるもの』シリーズ全体の目指すところは、ミカドたち人間の復活ということなんでしょうけれど、この『うたわれるもの 偽りの仮面』ではそこまでいかないです。

ならば、どこを目指しているかというと、ヤマトの崩壊ということなんでしょうか?ただまだ、三部作のラストが原作でも発売されていない状況で、そのような壊したままでは、絶対にまとまらない中途半端な終わり方になりますよね

ということで見ていくと、今週はなんだか八柱将それぞれの思惑がバラバラで、ヤマトが壊れていく様が描かれました。残りを考えると壊れたままで終わって、事件の犯人もわからずに終わりそうですね。恐らくは、ハクがトゥスクルにたどり着いてクオンと合流するところで終わりでしょうか。ちょっと締まらない終わり方になりますか。

あ、ヴライの仮面がありますね。それで終わりかな?主人公のハクの活躍で終わってほしいですね。