Um01

うたわれるもの 偽りの仮面 第23話「脱出」です。

秋から2クールのアニメである『うたわれるもの 偽りの仮面』ですが、1クールの間は特に大きな展開はなく、日常パートを繰り返すという感じでした。それでも、2クール目からは、いよいよ戦争が始まりましたが、ヤマトの内紛もあって、どこに向かっているのかわからなくなってきました。

さて、元々人気があって有名だった『うたわれるもの』の続編なのですが、前作からの続きではないということでした。ただ、実際は『うたわれるもの』 三部作の第二部という噂もききますので、前作を見ておかないといけなかったのかなという気もしています。なので、ちょっと旧作をみています。まぁ、世界が 同一ということだけは確かなようですが。

ということで、先週は、ヤマトの国の平穏のために、全ての罪をその背負って、自ら命を絶つことを決意するオシュトルと、それはおかしいと彼とアンジュ姫を救おうとするハクたちが描かれました。結果として、ハクはオシュトルを説得して、ヤマトの国から脱出しようとするのですが・・・という展開でした。

脱出しようとするオシュトルと、ヴライを初めとするヤマト側との戦いという感じですか。

ということで、うたわれるもの 偽りの仮面 第23話「脱出」感想行きます。

前作(『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』)は10話まで見ましたが中断しています。ゲームは、やっていません。あらすじは、公式から引用します。

あらすじ:公式から引用

帝都からの脱出――その途上で散り散りになってしまったハクたちをヤマトの兵たちが容赦なく襲い掛かる。

ハクはオシュトルとネコネと共に、クオンは毒に侵されたアンジュを救うために、それぞれの道を信じて突き進む!

Um02

感想:

ということで、うたわれるもの 偽りの仮面 第23話「脱出」です。

先週が「救出」で、今週が「脱出」ですか。描きたいところがどこにあるかにもよりますが、先週から今週分を1話もしくは1話半ぐらいにまとめてほしかったような内容でした。

今週は、あらすじに書かれている通り、オシュトルと毒に侵されたアンジュ姫を救おうとするハクとクオンちゃん、そしてその仲間たちが奮戦するというものでした。ハクはオシュトルを囮としてアンジュ姫を逃がそうと大門をめざし、クオンちゃんはアンジュ姫を連れて、当初のもくろみ通り船に乗ります。

ただ、どうやらハクとオシュトルの行動はヤマト側といいますかライコウには筒抜けなようです。掌で踊らされているという感じで、結局はヴライの元へとおびき寄せられたような感じです。ここだけ見ると、ライコウが黒幕っぽいですが、彼は気に乗じただけっていう可能性もありますか。

一方クオンちゃん側は、ヤマト軍がどうやらアンジュ姫の命も合わせて奪おうとして容赦がないことから、窮地に陥ります。そこで、クオンちゃんが何やら覚醒するようですが、仮面の力と同様のものなのでしょうか?クオンちゃん自身は気づいているんですかね。まぁ、あの被害の様子からすると、気づいていると悩まないといけないので、おそらくは気づいていないのでしょう。

どうやら、クオンちゃんたちは脱出ができたように見えましたが、ハクというかオシュトルは、ヤマト軍と真っ向勝負に追い込まれているようです。ヴライとオシュトルの対決ということにもなりますが、仮面を失ったオシュトルが不利なようにも見えますが、次回予告を見る限り、オシュトルは仮面を取り戻すようです。ならば、あの仮面を拾った人物はヴライということで、タイマンを望んでくるということですかね。