Hgg01

灰と幻想のグリムガル episode.9「休暇の過ごし方」です。

『灰と幻想のグリムガル』ですが、十文字青さんのラノベが原作のようです。十文字青さんといえば、自分の中では薔薇のマリアシリーズなんですが、面白かったですよね。っていいつつも、途中までしか読んでいませんし、完結していないと思いますが。

このアニメのポイントは、まずは舞台設定でしょうか。世界観自体は、どうやら仕掛けになりそうなので深追いしていませんが、舞台設定はちょっと今までのRPGベースのものから一捻りしてあるように思いました。

先週の第八話は、一つの山場でした。ハルヒロたちのパーティーがマナトの仇を討ちました。以前は、はぐれゴブリンだけを狙っていたパーティーが、集団で作戦を練って戦ってくるようなゴブリンの群れと戦い勝利を勝ち取りました。格段の進歩ですね。

そしてもう一つ、メリイちゃんが本格的にハルヒロたちのパーティーの仲間になりました。そうすると、もう一つ課題が残っていますね。

今週は、山場を越えて一休みというところですか。

ということで、灰と幻想のグリムガル 第9話「休暇の過ごし方」感想行きます。

原作のラノベは未読です。

あらすじ:公式から引用

ゴブリンとの戦いに一区切りをつけることができたハルヒロたちは、連日の戦いの疲れを癒やすべく休みをとることに。のんびりと体を休めたり、どこかへぶらりと出かけたり、パーティの面々はそれぞれゆったりとした時間を過ごすのだった。

そしてその夜、酒場に集まったハルヒロたちは、通いつめたダムロー旧市街に異変が起こっているとの情報を聞く。

身の危険を案じ、狩場を変更しようとハルヒロが提案した場所は――

Hgg02

感想:

灰と幻想のグリムガル episode.9「休暇の過ごし方」です。

今週は先週までで一区切りがついたこともあって、のんびりと休暇を過ごすという展開でした。表面上は特に何も起こらずという感じですね。

表面上は、そうなんですが、内部ではハルヒロの心境を中心に、少し動きがあるのでしょう。裏では、ダムロー旧市街での異変も起こっていますし。ダムロー旧市街の異変は、ハルヒロたちパーティーの今後の動きを変更させることになりました。そしてハルヒロが向かおうと考えたその場所は、メリイちゃんがかつて悲惨な状況に陥った場所でした。

そうすると、残りの数話でラストまでにまとめられるのは、恐らくメリィちゃんの敵討ちということになりそうですか。ハルヒロたちがマナトの敵討ちを達成したので、残る目標としてはそうなりますよね。

ただし、メリィちゃんがそれを望んでいるかというと、今週の様子を観ていると、望んではいないようにも見えます。

ところで、先週に引き続いて今週は、また音楽が流れました。このアニメはこういうものだというように考えれば、さほど問題がないように思えます。というか、BGMとして歌付きの音楽が流れているだけで、前面で会話が続いていれば問題はないかなという気がしています。