Mf02

無彩限のファントム・ワールド 第9話「幕末ファントム異聞」です。

『無彩限のファントム・ワールド』ですが、ちょっと軽く感想を書けるアニメということで、感想を書く対象にしています。実際、内容的にはちょっとどうかなという部分もないではないですが、らくーな気分で面白く見て楽しんでいます。

スタート時点を見た感じでは、内容的には同じ京アニですと『境界の彼方』っぽい世界観のようで、『境界の彼方』の妖夢の代わりにファントムが登場し てというところでしょうか。妖夢退治をして生計を立てるところをファントム退治でというところですし。異界士が脳機能エラーというか能力者になった感じで すかね。

先週の第八話は、第七話に続いて、皆が協力してファントムに立ち向かうエピソードになっていました。いや立ち向かったというのはちょっとどうかという感じの、温泉水着回だったと思いますが。

恐らくラストには何か大がかりなエピソードがあるとは思いますが、暫くはこのパターンで、チーム皆でファントムに立ち向かっていく各話完結パターンになるのでしょう。

無彩限のファントム・ワールド 第9話「幕末ファントム異聞」感想行きます。

原作のラノベは未読です。

あらすじ:公式から引用

今度の依頼は、廃部寸前の演劇部の助っ人。

部員数一名。このままではコンクールに出ることができないホセア学院演劇部の助っ人を頼まれた晴彦たち。唯一の部員・北島亜弓が考えたシナリオを手に、新撰組の芝居の練習を始める。

だがその時、小糸が演劇部内にファントムの気配を感じ取る……。

Mf01

感想:

無彩限のファントム・ワールド 第9話「幕末ファントム異聞」です。

今週は、時代劇でした。アバンで時代劇とわかったので、てっきりタイムスリップか何かかなと思いましたが、文字通り時代劇ということで、演劇がテーマでした。というか、部長さんの名前は、北島亜弓なんですね。『ガラスの仮面』の北島マヤと姫川亜弓を合わせた名前ですか。部長さんの正体が分かっていれば、自分で付けたのだろうなと納得できるんですが。まぁ、可愛かったのでいいですけれど。

ということで、楽しく観れてはいるんですが、改めて感想を書こうとすると、書くことがあまりないんですよね。

そう言えば、楽しい内容ではあるんですが、メンバーの能力があまり目立たなくなってきている気がします。特に、和泉玲奈ちゃんは、先週も何も食されていなかった気がしますし、舞先輩は、本人も行ってましたが、ここ暫くずっと狂言回し的な役割になっている気がします。

まぁ、熊枕久瑠美ちゃんは、使うとそれだけで目立つアルブレヒトを使役してますから、目立っていましたが。いや目立っていたのは、久瑠美ちゃんではなくアルブレヒトだけだったかも。

まぁ、和泉玲奈ちゃんが可愛ければ自分は満足なんですが。

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/03/pw-9.html