Hgg01

灰と幻想のグリムガル episode.8「君との思い出に」です。

『灰と幻想のグリムガル』ですが、十文字青さんのラノベが原作のようです。十文字青さんといえば、自分の中では薔薇のマリアシリーズなんですが、面白かったですよね。っていいつつも、途中までしか読んでいませんし、完結していないと思いますが。

このアニメのポイントは、まずは舞台設定でしょうか。世界観自体は、どうやら仕掛けになりそうなので深追いしていませんが、舞台設定はちょっと今までのRPGベースのものから一捻りしてあるように思いました。

先週の第七話は、ハルヒロを中心に、メンバーがパーティーとして本当にまとまっていくという展開だったかと思います。そして、パーティーが目指していることがわかりました。彼らは、既に次のステップに進めるだけの状況にありながら、マナトの仇を討つこと目指して留まっていたようです。

そしてもう一つ、メリイちゃんの過去が明らかになり、彼女もパーティーに徐々に馴染んできていることがポイントだったでしょうか。

今週は、その一区切りという感じですか。

ということで、灰と幻想のグリムガル 第8話「君との思い出に」感想行きます。

原作のラノベは未読です。

あらすじ:公式から引用

連日ダムローでゴブリンを狩り続け、実力を身につけたハルヒロたちは、遂にマナトの仇である鎧ゴブリンの根城へ挑むことを決心する。装備は万端、なにより メリイや仲間との結束は強固なものになっていた。

そして、迎える決戦の時。メリイは仲間に語りかける――「もうこれ以上、仲間を死なせたりしない」と。それぞれが同じ思いの中、根城へと突入する。苦戦しながらもハルヒロたちは鎧ゴブリンを追い詰めたかのように思われたが――

Hgg02

感想:

灰と幻想のグリムガル episode.8「君との思い出に」です。

今週は予想通り、一つの山場でした。どうやら、ディスク販売情報からすると1クールアニメのようなので、ここが一つの山場で、ラストにもう一つという感じでしょうね。
ゆったりと進んでいたので、2クール少なくとも分割かと思っていたんですけれど。

そういうことで、今週も先週の展開を受け継ぐ形で、大きくは二つの展開でした。

一つは、メリイちゃんが本格的に仲間になったということでしょうか。ただ、先週からそういう感じはありましたけれどね。能力的には、パーティーの誰よりも上でしょうから、大きな戦力になりますね。そして、実際にそういう展開になりましたが、どうやらハルヒロはかなりマナトの姿を彼女に重ねているのではないでしょうか。

そして、もう一つの展開が、ハルヒロたちのパーティーがマナトの仇を討つことですね。以前は、はぐれゴブリンだけを狙っていたパーティーが、集団で作戦を練って戦ってくるようなゴブリンの群れと戦えるようになっただけでも大層な進歩ですが、それに勝利してマナトの仇をとりました。マナトに報告するシーンは、なかなか感動的だったかと。

演出的には、今まで同様にBGMとして曲を重ねるというものでしたが、今までほど違和感がなかったですね。一つは、歌よりも語りや効果音の方が勝っていたからでしょうか。あと、エンディングがなかったからもありそうです。Cパートの組み合わせ方といい、余韻を持たせるには上手い展開だったように思います。