Mf03

無彩限のファントム・ワールド 第7話「シュレーディンガーの猫屋敷」です。

『無彩限のファントム・ワールド』ですが、ちょっと軽く感想を書けるアニメということで、感想を各対象にしています。実際、内容的にはちょっとどうかなという部分もないではないですが、今までは、らくーな気分で面白く見れています。

スタート時点を見た感じでは、内容的には同じ京アニですと『境界の彼方』っぽい世界観のようで、『境界の彼方』の妖夢の代わりにファントムが登場してというところでしょうか。妖夢退治をして生計を立てるところをファントム退治でというところですし。異界士が脳機能エラーというか能力者になった感じですかね。

先週の第六話は、熊枕久瑠美ちゃんがメインのお話しでした。ここしばらく一人ずつの紹介的なお話しが続きましたが、先週に久瑠美ちゃんが仲間になる理由付けと合わせて彼女の深掘りをするという感じでした。ただ、この各メンバーの紹介になってから今一つ面白くないんですが。

ということで、各メンバーの紹介も終わったので、今後はどう展開していくんでしょうか。

無彩限のファントム・ワールド 第7話「シュレーディンガーの猫屋敷」感想行きます。

原作のラノベは未読です。

あらすじ:公式から引用

今度の依頼は、行方不明の猫の捜索。

晴れた良い日。あまりに気持ちの良い快晴に、誰もがだらけていた。だらけるどころか、あちこちで丸くなってゴロゴロ、ゴロゴロ……まるで猫みたい。

そこに舞い込んできた、迷い猫捜索依頼。だらけた気持ちをしゃんとさせ、何とか迷い猫を見つけようと動き出すが……。

Mf01

感想:

無彩限のファントム・ワールド 第7話「シュレーディンガーの猫屋敷」です。

今週は、各メンバーの紹介から離れて、少し下世話なお話しも交えながらの展開でした。下世話といいながらも、下ネタではなく、猫属性といいますか。久々になかな面白かったと思います。

シャフトっぽいと言いだす人がいそうな感じもしますが、印象的には、『ビューティフルドリーマー』でしょうか。猫が出ているので、ARIAのケット・シーのときののお話しっぽい感じもしますが。ただ作画的には、さすが京アニって感じでした。実は、後半の幻想的な部分に行く前は、ちょっと京アニにしては作画が今一つかもなんて思ったんですが、後半の幻想的なシーンにパワーをかけていたんですね。

特に、自分のご贔屓の和泉玲奈ちゃんが可愛くて可愛くて良かったですねー。本当は、各メンバーの猫シーンをキャプって組み合わせてとか考えていたんですが、玲奈ちゃんのどのキャプを使おうか考えているうちに、全部玲奈ちゃんになってしまいました。(苦笑)

全体には、「シュレーディンガーの猫」ということで、最近では使い古されたネタを使いながらも、ニューサイエンス的なネタを交えながらなかなか面白くまとめていたと思います。

ただ、やはりもう少し舞ちゃんに活躍してもらいたいですねぇ。

http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1701.html