Hgg01

灰と幻想のグリムガル episode.6「彼女の場合」です。

『灰と幻想のグリムガル』ですが、十文字青さんのラノベが原作のようです。十文字青さんといえば、自分の中では薔薇のマリアシリーズなんですが、面白かったですよね。っていいつつも、途中までしか読んでいませんし、完結していないと思いますが。

このアニメのポイントは、まずは舞台設定でしょうか。世界観自体は、どうやら仕掛けになりそうなので深追いしていませんが、舞台設定はちょっと今までのRPGベースのものから一捻りしてあるように思いました。

先週の第五話は、先々週のマナトの死を受けて、ハルヒロたちパーティーの面々が、様々に悩むという、まぁありがちの展開でした。ただ、そうはいいつつも、メンバーの特にランタの今までとは違った面が見れて面白かったと思います。

もう一つのポイントは、新しいヒーラー、神官であるメリイの登場ですか。ツンデレなのかどうなのかはわかりませんが、今のところパーティーに馴染む様子はないので、彼女がハルヒロたちパーティーと関わっていくのかがポイントになりそうです。

ということで、灰と幻想のグリムガル 第6話「彼女の場合」感想行きます。

作のラノベは未読です。

あらすじ:公式から引用

新たに仲間になったメリイとの見えない距離を縮めようとする5人だったが、相変わらずまともなコミュニケーションをとることができない。

せめて戦闘時の行動くらいは相談できるようにならないかと、機会を見つけてはメリイに話しかけるハルヒロ。しかし、彼女の反応は頑なまま。

戦闘を終え、シェリーの酒場に集うハルヒロたちの前に現れたメリイは、声をかけることもなく一人カウンターへと腰を掛ける。そして、そのメリイに話しかける人物が現れ――

Hgg02

感想:

灰と幻想のグリムガル episode.6「彼女の場合」です。

今週もなかなか面白かったですね。先週を受けて、今週はユメとハルヒロの関係ではなくって、メリイちゃんがどうパーティーに馴染んでいくのかが描かれました。まだ結論は出ませんでしたが、彼女の置かれている立場的なものが見えてはきました。

最近のアニメにはないゆっくりとした展開で進んでいたのですが、先週、今週はとそれが良い方向に出ていると感じます。ジリジリとした感じではありますが、第1話からパーティーメンバーは、確実に成長していますので、ゆっくりとした展開でもそれがあってなのだと思います。歌パートの回については、置いておいて。

今週も、ハルヒロが自分のやるべきことに気付き、それをうけてメリイちゃんの様子が少しずつ打ち解けてくるという展開でした。まぁ、良くあるといえばある展開なのでしょうけれど、それをひとつのエピソードではなく、今までのモグゾーの様子などと絡めて見せるのが良いですね。

まぁ、個人的には、ユメちゃんの胸の問題も気になりますけれど。いや、お尻の方がメインか?(苦笑)