Hgg01

灰と幻想のグリムガル episode.4「灰の舞う空へ」です。

『灰と幻想のグリムガル』ですが、十文字青さんのラノベが原作のようです。十文字青さんといえば、自分の中では薔薇のマリアシリーズなんですが、面白かったですよね。っていいつつも、途中までしか読んでいませんし、完結していないと思いますが。

このアニメのポイントは、まずは舞台設定ですね。世界観自体は、どうやら仕掛けになりそうなので、深追いしていませんが、舞台設定はちょっと今までのRPGベースのものから一捻りしてあるように思いました。

先週の第三話は先々週のランタの覗きを受けて気まずくなったハルヒロたちのパーティーが、ゴブリンの狩りに成功することで、どうにか修復の方向に向かうという展開でした。雨降って地固まるといいますか、パーティーの仲が以前よりも強固になったように思われます。

ただ、色々といやな雰囲気が感じられる部分もありますので、どうなのか気になります。

ということで、灰と幻想のグリムガル 第4話「灰の舞う空へ」感想行きます。

原作のラノベは未読です。

あらすじ:公式から引用

最初のころは1匹ですら苦戦していたゴブリンも、今では3匹くらいまでは同時に相手ができようになったハルヒロたち。貯えが増えてきたことで、それぞれが 新しい装備やスキルを身につけ、戦闘時の役割分担、連携もできるようになってきた。

生活の水準もさらに上がり、パーティ内の人間関係も順調。すべてがうまくいきはじめたのだが――

Hgg02

感想:

灰と幻想のグリムガル episode.4「灰の舞う空へ」です。

今週は一つの山場だった感じですね。先週から軌道に乗り始めたハルヒロたちのパーティー。ゴブリンに対しても、ある程度戦えるようになっているようでした。ただ、一々言葉の端々に、伏線っぽい言葉がチラつくので、いやな感じではありましたが。また、淡々と物語りが進むので、余計にそういう感じがしますよね。

そして、そのいやな予感そのままに事件が起きるわけですが、少しわかりにくかった感じもしますね。

ヒーラーであるマナトが自らが傷ついたときにどうして、光魔法を使えなかったのか。直前にハルヒロがあまりにも痛がったので、光魔法を使いすぎてMPが足りなかったのかとか。

それは置いておいて、少し展開がゆったりだったこともあって、伏線に目が行きすぎてすこし盛り上がりに欠けたかもしれません。後パーティーのメンバーの哀しみの描き方が第2話と似た感じに歌を流すという演出だったため、違いが感じられなかったからかもしれません。

ただ、ここまでゆったりとした展開で、背景を描写していくアニメはなかったと思うので、この展開はそのままで自信をもってやっていっていただければいいかと思います。

さて、ヒーラーを失ったパーティーはこのままこの世界で闘い抜けるのか、シホルがマナトの代わりになるのかはこれからでしょう。恐らくマナトの最後の言葉は、ハルヒロにリーダーになれだと思うのですが、どうでしょうか。

で、タイトルの「灰」は、したいを焼いた後のものだとわかりました。それだけたくさん人が死んでいくということでしょうか。