Fw02

無彩限のファントム・ワールド 第3話「記憶コピペ作戦」です。

『無彩限のファントム・ワールド』ですが、ちょっと軽く感想を書けるアニメということで、感想を各対象にしています。実際、内容的にはちょっとどうかなという部分もないではないですが、今までは、らくーな気分で面白く見れています。

今までを見た感じでは、内容的には同じ京アニですと『境界の彼方』っぽい世界観のようで、『境界の彼方』の妖夢の代わりにファントムが登場してというところでしょうか。妖夢退治をして生計を立てるところをファントム退治でというところですし。異界士が脳機能エラーというか能力者になった感じですかね。

先週の第二話では、新しい登場人物である水無瀬小糸ちゃんの紹介という意味合いが強かったように思います。どうやら、水無瀬小糸ちゃんは、このアニメの登場人物の中では、シリアスな部分を受け持っているように思えますので、彼女が登場するときは、アニメの本筋が動くときなんでしょう。

先週も阿頼耶識社絡みで何かあるのでは、という雰囲気も醸しだしていましたが、実際にはどうなるんでしょうか。

無彩限のファントム・ワールド 第3話「記憶コピペ作戦」感想行きます。

原作のラノベは未読です。

あらすじ:公式から引用

今度の退治依頼は……弁慶ファントム?
逢魔が時に、橋を通せんぼするファントムを退治してくれと頼まれた晴彦たち。目的の橋に到着した時、川神舞はその場所に懐かしい既視感を憶えた。

現われた格闘を得意とするファントムに、舞が意気揚々と前に出る。しかしそのファントムの狙いは、初めから舞だった――。

Fw01

感想:

無彩限のファントム・ワールド 第3話「記憶コピペ作戦」です。

今週は、あまり下世話なシーンもなく、お話しとしてはまとまっていたように思えます。ただ、まとまっていたからと言って面白いかというと、まとまりに欠けたように見えた今までの回の方が、ラスト部分の勢いがあって面白かったように思いました。難しいものです。

さて、今週のポイントは何かと考えたわけですが、恐らくは、次週以降の種まきという感じなんでしょう。一つは、今までもちょこちょこ出てきた熊枕 久瑠美ちゃんが今まで以上に出てきたというところでしょうか。何かしたという家ではないのですが。

もう一つが、ラスト近辺での和泉玲奈ちゃんの態度ですよね。今までもお小遣いをもらっていないとか、どうも家庭環境に問題がありそうな発言をしていました。それに加えての発言ですから、今後何かなるのでしょう、きっと。

とはいえ、今週は全体としては川神舞ちゃんの回でした。彼女は、今までも活躍はしていましたが、モノローグがないからかどうも主人公っぽくない感じがありました。それを補う感じでしょうか。

ということで、次週はもう少し下世話なエピソードが戻ってくるか、玲奈ちゃんが活躍するお話しになって欲しいですね。

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/01/pw-3.html