Mf01

無彩限のファントム・ワールド 第2話「迷惑UFOをやっつけろ!」です。

『無彩限のファントム・ワールド』ですが、ちょっと軽く感想を書けるアニメということで、これにしました。実際、内容的にはちょっとどうかなという部分もないではないですが、第一話はらくーな気分で面白く見れました。というか、まぁ、これからですよね。

第一話を見た感じでは、内容的には同じ京アニですと『境界の彼方』っぽい世界観のようで、『境界の彼方』の妖夢の代わりにファントムが登場してというところでしょうか。妖夢退治をして生計を立てるところをファントム退治でというところですし。異界士が脳機能エラーというか能力者になった感じですかね。

先週の第一話では、その世界観の説明と、主人公である日々ファントムと戦う高校生・一条晴彦と、彼とチームを組む先輩の川神舞ちゃんの紹介という感じでした。そこに、晴彦にくっついている妖精ファントムのルルちゃんと、そのチームに加わる和泉玲奈ちゃんが加わってというところでしょうか。

まぁお馬鹿っぽいところが面白かったのですが、この先はそうは行かないような気もします。

無彩限のファントム・ワールド 第2話「迷惑UFOをやっつけろ!」感想行きます。

原作のラノベは未読です。

あらすじ:公式から引用

次の依頼は、暴走する警備ロボットファントムの退治。

和泉玲奈をチームに加えて三人となった晴彦たちは、顧問の姫野アリスから依頼を受けて廃工場へと向かった。しかし先にそこで戦闘を行っていたのは、美しい歌声を響かせ戦う赤い髪の少女・水無瀬小糸だった……。

Mf02

感想:

無彩限のファントム・ワールド 第2話「迷惑UFOをやっつけろ!」です。

ううう~ん、前半と後半でがらっと変わりますね。まぁ、第1話も少しそういう感じだったのですが。
前半は、あらすじにある通り、阿頼耶識社の廃工場に現れる警備ロボットのファントムを退治するというエピソードでした。というよりも、水無瀬小糸ちゃんの紹介という色合いの方が強かった気もします。

ただ、前半あまり面白くなかった気が。どこがと言われると、水無瀬小糸ちゃんの能力が間が悪いからですかね。あの声を出して攻撃するときの内田真礼ちゃんの声が、ちょっと攻撃っぽい感じがしなかったからかも。声で攻撃って難しいです。

ところで、あの警備ロボットのファントムの最後の言葉といい、謎のアイテムといい、やはり阿頼耶識社が何か鍵を握っているんでしょうね。

その前半に比べて、後半はテンポが良くて、下世話で面白かった気がします。少しやりすぎかもという気もしますが。ただ、川神舞ちゃん先輩の活躍があまりなかった気もするのが残念ですが。いや、闘っていたか。あの五行で五臓を触るパロールシーンがなかったからそう感じたのかも。

いや、自分的には断然玲奈ちゃんが好きですが。彼女一人で解決できそうですが、暴れられると対処できないから、弱らしてからなんでしょうね。

パロールと言えば、フェルディナン・ド・ソシュールとか、無駄な知識が山盛りで、非常に楽しいですね。中二病患者といいますか、サブカル好きといいますか、そういう人間には嬉しいのではないでしょうか。

それにしても、先週のリンボーダンスといい、今週の指なめといい、ラストにそういうシーンを盛り込むのが決まりなんでしょうか。素晴らしいですが。(笑)

http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1660.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/01/pw-2.html