Cr01

コメット・ルシファー #12「星と少年」です。

『コメット・ルシファー』は、PVを見た時点では、オリジナルのSF冒険ファンタジーという感じで一番期待していたのですが、ちょっと予想と違ったかなぁと思います。今週で最終回なので、ラストだけでもまとめてくれるとうれしいですが。

そもそも、このアニメを見ようと考えたのは、PVを見たからです。いや映像も悪くないんですけれど、fhánaさんのOP、TRUEのイメソンが非常に良い感じだったのですね。音楽に惹かれた感じです。いや元々fhánaさんは好きなんですけれどね。

ただ、実際のOP、EDは、このPVやCMのやつとはちょっと違ったようです。そちらの方がよかったのになぁ。

ということで、先週の第十一話は、フェリアちゃん連れ去った黒いガーディアンが秘書さんだったことがわかりました。そして、フェリアちゃんが天使であり黒いガーディアンが天使の守護者ということのようです。ならば、黒いガーディアンが一体何をしようとしているのかですが、その辺りが今週のポイントとなるんでしょうね。

恐らくは、残り一話では全体の収拾は無理でしょうから、フェリアちゃんとソウゴとの関係が中心になるのでしょう。

ということで、コメット・ルシファー 第12話最終話「星と少年」感想行きます。

オリジナルですが、あまり事前情報は仕入れていません。あらすじは省略かあとがきということで。

あらすじ:公式から引用)できず

Cr02

感想:

ということで、コメット・ルシファー 第12話「星と少年」です。

なるほど、こうまとめますかという感じです。残り一話でどうなるのかと思いましたが、ひとまずがんばってまとめていたのではないでしょうか。雰囲気やまとめ方としては、やはり『エウレカ・セブン』的な感じですね。

この天使と守護者という設定については、かなり初期に描かれていましたし、星の話しも第一話にあったように思います。そういう意味では、きちんとまとまっていた感じではあるんですが、どうしても全体としては迷走したイメージがあります。

やりたかったのは、無印の『交響詩篇エウレカ・セブン』なんだろうなという感じがしますし、だからボーイミーツガールということなんだろうなと思います。また、最終回だけ見れば、結構それはできていた気がします。そこだけ見れば、伏線も回収しているし、悪くはないですね。

ただ、行政軍やド・モンの存在とかが全然本編と関係ないものになっていましたし、一番はソウゴがなぜ鍵となっていたのかがわからないところが問題でしょうか。つまり、ソウゴが主人公として機能していなかったという感じですね。

もっと、ソウゴが石を探す理由や彼が紋章持つ理由などにフォーカスして、ソウゴの母親の重要度をあげるなどして、機能していなかった枝葉を刈り取れば、面白くできたような気がします。

絵は、、ロボットの戦闘シーンは良かったと思います。好みではないのですが、最終回のフェリアちゃんは、今までになく可愛くて良かった気もします。あと、劇伴も結構好きでした。