Um02

うたわれるもの 偽りの仮面 第12話「鎖の巫」です。

『うたわれるもの 偽りの仮面』ですが、うちのブログの秋アニメ感想では、アクセスがトップです。ただ、アクセス数自体は、ちょっと下降気味で、お話自体は少し停滞なのかもという感じです。

さて、元々人気があって有名だった『うたわれるもの』の続編なのですが、前作からの続きではないということでした。ただ、実際は『うたわれるもの』 三部作の第二部という噂もききますので、前作を見ておかないといけなかったのかなという気もしています。なので、ちょっと旧作をみています。まぁ、世界が 同一ということだけは確かなようですが。

先週の第十一話は、先々週に引き続いての茶番劇シリーズでした。姫殿下の言いなりというのもなんですが、騒ぎに引きずられて状況が悪化する一方でした。そんな騒動の原因である姫殿下ですが、そんな問題を自覚していないことが問題で、オシュトルはそこを自覚させるための教育を施すという感じでした。

さて今週は、そのドタバタ騒ぎも終わって、前半のラストスパートですかね。

ということで、うたわれるもの 偽りの仮面 第12話「鎖の巫」感想行きます。

前作(『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』)は10話まで見ましたが中断しています。ゲームは、やっていません。あらすじは、公式から引用します。

あらすじ:公式から引用

皇女救出の褒美として、ハクは宮殿に上がり、ミカドとの謁見を許された。八柱将が居並ぶ中、ハクに与えられたのは鎖の巫と呼ばれる双子の少女だった。

それがどれほどの意味を持つのかハクはわからないでいた……

Um01

感想:

ということで、うたわれるもの 偽りの仮面 第12話「鎖の巫」です。

今週は、先週の幕引きを受けて、ハクがその皇女救出働きを認められ評されるという展開でした。いや、その評価が正しいものなのかということは置いておいて。

それを行ったのは、ヤマトのミカドでした。あそこまであからさまな茶番劇であるにもかかわらず、ミカドへの謁見まで許されて、大宮司ホノカの娘たちである「鎖の巫」を預けられるというのはどういうことよですが、どうやらミカドはハクのことを知らないわけではないようです。

ということで、「鎖の巫」は意味があってハクのもとにやってきたようで、飴屋のおっちゃんも含めて、舞台は整ったようですね。

Cパートで、どうやら戦が始まったことがわかりましたので、次回からは本格的な戦い、シリアスパートに突入するようです。ヤマト八柱将の力も、いよいよ発揮されるわけですね。

それにしても、ミカドはもっと穏やかな人なのかと思っていましたが、かなりアグレッシブな人のようですね。殲滅って言葉を使っていましたし。

ということで、腐安定な状況も今週で終わりですね。これはこれで、楽しかったのですけれど。(苦笑)