Cr01

コメット・ルシファー #11「堕ちた天使」です。

『コメット・ルシファー』は、PVを見た時点では、オリジナルのSF冒険ファンタジーという感じで一番期待していたのですが、ちょっと予想と違ったかなぁと思います。そろそろ終盤なんですが、ちょっと盛り返すのは難しそうです。

そもそも、このアニメを見ようと考えたのは、PVを見たからです。いや映像も悪くないんですけれど、fhánaさんのOP、TRUEのイメソンが非常に良い感じだったのですね。音楽に惹かれた感じです。いや元々fhánaさんは好きなんですけれどね。

ただ、実際のOP、EDは、このPVやCMのやつとはちょっと違ったようです。そちらの方がよかったのになぁ。

ということで、先週の第十話は、フェリアちゃんがソウゴを意識し始めて、二人の間が近付いていくという展開でした。それでいて後半では、モ・ウラをはじめ新たな機体が登場して、大きく状況が動きました。どうやら、新たな機体はゾーンボイルを中心とする行政軍側に関係するようです。

ついにフェリアちゃんは、ゾーンボイルの手に落ちたようですが・・・。

ということで、コメット・ルシファー 第11話「堕ちた天使」感想行きます。

オリジナルですが、あまり事前情報は仕入れていません。あらすじは省略かあとがきということで。

あらすじ:公式から引用

ゾーンボイルの研究所『フォンゲルフ』に捕われてしまったフェリアを救い出そうと、急行するソウゴとガーディアンたち。しかし『フォンゲルフ』の周りは行 政府軍に囲まれ、なおかつシールドに覆われており近づくことが出来ない。

だがその間にも、刻一刻とフェリアに命の危険が迫っていて……!

Cr02

感想:

ということで、コメット・ルシファー 第11話「堕ちた天使」です。

こうご都合主義的な展開が続くと、どういう話しをやりたいのか、段々わからなくなってきます。いや、元々分かっていたわけではありませんが。一番わからないのは、ゾーンボイルとその周りの人間たちとの関係です。

先週フェリアちゃんは、黒いガーディアン(?)によって連れ去られました。その行く先は、ゾーンボイルの元だったわけです。そして、エリアシールドの中に閉じ込められるわけです。それを守るのが行政軍なので、こうなってくると、行政軍自体がゾーンボイルのコントロール配下だと考えた方がよさそうです。

そうなってくると、黒いガーディアンがどういう位置づけなのかが全く不明です。

あと、行政軍が弱すぎて、たくさん軍人が死んでいくのもちょっと気になりますね。簡単にやられすぎだというか、火力が民間人の方が大きいのではというのも問題ありでは。

さて、今週作品タイトルの「ルシファー」がフェリアちゃんであり、堕天使の意味だということがわかりました。秘書さんが、きちんと説明してくださったので。そうなると、天使はどうなるのかですが、どうやら希望を失ったときにその力を最も発揮するらしいので、それが天使から堕天使へということのような気がします。

そうすると、コメットが何かがポイントですかね。あと、ソウゴの母親がどこまで知っていてソウゴがどういう存在なのかでしょうか。