Um02

うたわれるもの 偽りの仮面 第11話「皇女の火遊び」です。

『うたわれるもの 偽りの仮面』ですが、うちのブログの秋アニメ感想では、アクセスがトップです。ただ、アクセス数自体は、ちょっと下降気味で、お話自体は少し停滞なのかもという感じです。

さて、元々人気があって有名だった『うたわれるもの』の続編なのですが、前作からの続きではないということでした。ただ、実際は『うたわれるもの』 三部作の第二部という噂もききますので、前作を見ておかないといけなかったのかなという気もしています。なので、ちょっと旧作をみています。まぁ、世界が 同一ということだけは確かなようですが。

先週の第十話は、オシュトルに恋をしたアンジュ姫にクオンちゃんたちが振り回されるというお話でした。それぞれのキャラを生かす形で、ドタバタ騒ぎを巻き起こすという形でした。それはそれで面白かったのですが、メインのお話の形を見せてほしいところです。

さて今週は、そのドタバタ騒ぎの後編のようですが・・・。

ということで、うたわれるもの 偽りの仮面 第11話「皇女の火遊び」感想行きます。

前作(『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』)は10話まで見ましたが中断しています。ゲームは、やっていません。あらすじは、公式から引用します。

あらすじ:公式から引用

皇女アンジュの恋心を、忠義の士ノスリが救い上げ、たまたま来たハクを巻き込んで、偽りの誘拐という悲劇が引き起こされた……そうとしつつもオシュトルは皇女を救うべく出陣する。

かくして、盛大なる茶番劇の幕が今、上がる。

Um01_2

感想:

ということで、うたわれるもの 偽りの仮面 第11話「皇女の火遊び」です。

結局、今週も先週に引き続いての茶番劇シリーズでした。何か仕掛けがあるのかなと思っていたのですが、あまりそういったものはなく、茶番に終始するという感じでした。面白かったんですけれどね。

ハクもノスリもオシュトルの思惑に乗せられる形で、なんだかいいようにあしらわれてしまったのが笑えますね。結果として、オシュトルはハクの臣下にノスリを組み込みました。元々、オシュトルはハクとの関係を構築していますから、彼の別動隊の力を上げていくということを途中で策略したのかもしれませんね。そこが、今後に続く部分かもしれません。

それにしても、オシュトルのこの茶番を使った皇女アンジュへの教育は見事でした。そして、最初はぐだぐだでも、最後にはしっかりとその意思をくみ取る皇女アンジュもなかなかでした。

うどんを啜って、楽しんでだけいた人たちとは違いますね。(苦笑)

さてさて、次週はまた新キャラクター登場ですか。2クールなので、1クール目は伏線に使う感じですね。